新生児の原始反射について知りたい!どの赤ちゃんにも起きる?

新生児の原始反射について知りたい!どの赤ちゃんにも起きる?




赤ちゃんは出産後、誰が教えたわけでもないのに、すぐママのおっぱいを飲んだり、その他にも、口に指を近づけると吸い付こうとするようなしぐさを見せます。

さらには、赤ちゃんの手のひらにママが指を置くと、ギュッと握ってくれるといった可愛らしい反応を見せてくれます。

このような反応は赤ちゃんの原始反射と呼ばれるものであり、どの赤ちゃんにも基本的には見られます。

赤ちゃんは時折、不思議な仕草を見せることがありますが、そういった動作は仕草ではなく、原始反射のケースが多く、こうした原始反射は、赤ちゃんの中枢神経が正しく機能しているかどうかの一つの目安となっています

そこで今回は、

・新生児の原始反射って何?
・新生児の原始反射にはどんな種類があるの?
・新生児の原始反射のチェックは何のため?

といった方に、新生児の原始反射とはどのようなものなのか、その種類と動作・時期なども含め詳しくご説明します。

原始反射ってなに?

原始反射ってなに

産まれたばかりの赤ちゃんは、大きな音にビクっと反応したり、手の平を触るとギュッと握り返したり、口に近づけたものに吸い付いたりします。

このように、赤ちゃんがある刺激に対して無意識に反応することを原始反射といいます

原始反射は、生まれてから始まるものではなく、早いケースでは胎児の頃から見られます

ママのお腹の中にいても手をニギニギしていたり、その他にも大きな音がするとびっくりするような反射を起こすこともあります。さらには、ママのお腹の中で、自分の指を吸う指しゃぶりなども見られます。

基本的にはすべての新生児に見られ、中枢神経系の発達、成熟の評価にも用いられています。赤ちゃんが最低限生きるために必要な反射ともいわれています。

原始反射は沢山あります

原始反射は、たくさんの種類があります。一つ一つ把握することによって、赤ちゃんがしっかりと原始反射を起こしているかどうかを確認することができます。

原始反射は本当にさまざまな動作なので、一つ一つを見るたびにママも嬉しくなることや愛しくなることが増えていきます。

あくまでも中枢神経の働きによる自然な反応ですので、大人が真似しようと思っても簡単に真似できるものではありません。

唯一大人でも無意識におこなってしまうのは、モロー反射と呼ばれる原始反射や、パラシュート反射ではないでしょうか。以下で詳しく一つ一つの原始反射についてもご紹介していきましょう。

それぞれの原始反射によって、どの程度まで続くのかも違っていますので、そういった期間的なものについてもご紹介します。

原始反射の種類

原始反射の種類

原始反射には数十種類もありますが、今回は主な原始反射10個ついて、具体的に一つずつご紹介します。

緊張性迷路反射

胎児の頃から始まり、3歳頃まで続くこともある緊張性迷路反射は、赤ちゃんをうつ伏せにした時には手足が曲がり、これに対し仰向けに寝かせると手足が伸びるという反射です。

成長していくに従って体を曲げる、伸ばすといった動作を行うようになりますが、このような動作、そしてバランスをしっかりと培っていくために必要な反射です。

うつ伏せにした際の手足の曲がりは4ヶ月から5ヶ月程度で無くなることが多く、仰向けにした際に手足が伸びてしまう、さらには背中が反りかえてしまうといった反射は、3歳くらいまで残ることがあります。

ギャラント反射

胎児の頃から生後6ヶ月を目安に続く、ギャラント反射は、主に赤ちゃんがお尻を振っているような反射です。

赤ちゃんの胸を支えた状態でうつ伏せに寝かせ、背骨の右側を触ると右側に、左側を触ると左側に下半身がくねくねと反射を起こします。

くすぐったがっている仕草のように見えるのですが、生後6ヶ月まではギャラント反射だと思って大丈夫です。

非対称性緊張性頸反射

胎児の頃から6ヶ月までは続くことがある、非対称性緊張性頸反射は、仰向けに赤ちゃんを寝かせ、左右のどちらかに顔を向けた際には顔の向いた方の手足が伸びる、そして反対側の手足は曲がるといった反射です。

これは赤ちゃんが何かを見ながら触るといった動作の基礎的なもので、非常に早く胎児の内から出てくる反射です。

また、しっかりと赤ちゃんが自分の意思で、おもちゃなどに手を伸ばせるようになる頃には、こちらの反射が消えていきますので、生後6ヶ月頃までを目安に非対称性緊張性頚反射が出ることを覚えておきましょう。

足踏み反射

足踏み反射というのは、新生児から3ヶ月頃までに見られる原始反射で、赤ちゃんのわきの下を抑えて立たせようとした際に、まるで赤ちゃんが1人で歩きたがっているかのように右足、左足と動かす反射のことをいいます。

こちらに関しては原始歩行と呼ばれることもありますが、正しくは足踏み反射といいます。

バビンスキー反射

胎児の頃に始まり、2歳までの間にはほぼ無くなっていくバビンスキー反射は、赤ちゃんの足を触った時に、赤ちゃんの足の指が大きく開き、さらには、足の甲に向かって赤ちゃんの足先が反り返るといった反射です。

またこのバビンスキー反射は、赤ちゃんの足の裏を触る際に、小指側の踵(かかと)から親指の付け根までをゆっくりとなぞっていくと、はっきりとわかりやすい反射をします。

モロー反射

モロー反射に関しては多くのママがご存じではないでしょうか。

眠っている赤ちゃんでも起きている赤ちゃんでも、静かな状態で突然音が出た場合に、両手両足を伸ばして驚くような素振りをみせ、ママに抱きつこうとしたり、泣き出してしまうような反応をしいます。

お風呂に入る時にも両手を広げ、さらには足をピンと伸ばすような仕草を見せることがありますが、これもモロー反射です。

大きな音だけに限らず、とても小さな音であっても突然音が立ったときには、モロー反射を起こすことがあります。こちらの反射については新生児から6ヶ月頃まで見られます。

吸啜反射(きゅうてつはんしゃ)

誰が教えたわけではなく、ママのおっぱいを飲もうとすることや口元に近づいてきたものを、吸おうとする反射のことを吸啜反射と呼びます。

この吸啜反射は、新生児から1歳頃までは見られます。2ヶ月を過ぎたあたりから、赤ちゃんが眠っているときに、自分で自分の唇を吸っているような動作を見せることがありますが、これについても吸啜反射といえます。

ママのおっぱいや哺乳瓶だけでなく、おしゃぶりやママの指、さらにはおもちゃなどが口元に近づいた時に、吸いつくような仕草を見せるのも吸啜反射です。

パラシュート反射

パラシュート反射は新生児の頃には見られず、生後7ヶ月頃から1歳ごろまで見られる反射です。

うつ伏せにした状態の赤ちゃんを、抱き上げて飛行機のように頭を下げながらママが腕を下ろしていくと、腕を大きく広げて、まるでパラシュートのように自分の体を支えようとする反射になります。

こちらに関しては、赤ちゃんが意識的にバランスを取ろうとしているのではなく、大人になってからでも転びそうになったときには無意識に手が出ますが、これと同じで自分の体を支え守ろうとする反射です。

対称性緊張性頸反射(たいしょうせいきんちょうせいけいはんしゃ)

生後6ヶ月を過ぎるあたりから1歳頃までに見られる反射に、対称性緊張性頚反射というものがあります。ハイハイをする前の段階でこちらの反射が見られるケースがほとんどです。

四つん這いにした赤ちゃんは頭を上げることによって、腕が伸び、さらには足が曲がります。そして頭を下げると腕が曲がって足は伸びるといった反射です。

この反射を繰り返すことによって、いずれはハイハイを覚えるようになります。

把握反射(はあくはんしゃ)

生まれて間もない赤ちゃんの手のひらを触ると、ママの指をずっと握ってくれますが、これは把握反射と呼ばれるものです。

新生児から1歳頃までは見られるので、特に足の把握反射については、1ヶ月を過ぎても無くならないからといって、心配する必要はありません。

基本的に手の把握反射に関しては、生後6ヶ月くらいまでを目安に無くなっていきますが、眠っている時などは無意識ですので、生後6ヶ月を過ぎても把握反射が見られます。

原始反射が無くなるのはいつ?

原始反射が無くなるのはいつ

原始反射の中には、赤ちゃんの時にしか見ることのできない動きが沢山ありますが、原始反射は成長と共に見ることができなくなります。

原始反射は胎児の頃から始まりますが、いつになったら無くなるのかと心配になるママもいます。

1歳を過ぎたあたりでも原始反射が見られると、我が子には何か発達障害があるのではないか、と不安になってしまうママもいます。

しかし、原始反射の中には、2歳頃や3歳ごろまで見られるものもあり、必ずしも早い段階で原始反射がなくならないからと、心配する必要はありません。多くの場合で3歳頃までには無くなっていきます。

生後6ヶ月を過ぎると徐々に減ってくる

生後6ヶ月を過ぎる頃になると原始反射が少しずつ減っていき、これまでのような反応がなくなる時があります。

これは中枢神経がしっかりと発達し、赤ちゃんが物事をきちんと捉えているといった判断になります。

原始反射が無くなってしまうことは、決して心配することではありません。

3歳頃まで続く場合もある

原始反射は長い場合で3歳頃まで続きますので、こちらについても過度な心配をする必要はありません。

また原始反射そのものの反応は個人差があり、ママが見ていてもしっかりと原始反射が起きていないと感じることもあります。

ただし、こういった場合でも、単純に反応そのものが小さいだけであり、赤ちゃんはしっかりと原始反射を起こしているケースがほとんどです。

検診時にチェックされる

検診時にチェックされる

さまざまな原始反射は、主に検診時にチェックされます。なぜ検診の際にチェックされるのかについて理解しておきましょう。

中枢神経の発達に関係している

さまざまな原始反射をチェックするのは、中枢神経の発達そのものも確認しているからです。中枢神経が正常に機能していればいるほどに原始反射が見られることになります。

原始反射は、あくまでも中枢神経の働きとして赤ちゃんの体に備わっているものですから、赤ちゃんが意識的に行っているものではありません。

だからこそ、中枢神経の発達そのものを、チェックすることにつながっているのです。

発達障害などの早期発見

原始反射のチェックを行うことによって、発達障害などの早期発見につながります

極端に原始反射が見られない場合には、発達障害などの懸念が高くなりますので、その他にも、詳しいチェックをするなどといった方法が選択されることになります。

発達障害などはできるだけ早期発見をすることによって、早い内での対処が可能なため、その後の進行具合にも大きな影響を与えます。そういった部分からも、検診時には原始反射のチェックが行われることになっています。

基本的には、脊髄と脳の連携をチェックしているものだと思っておきましょう。

原始反射をママがチェックする必要は?

原始反射をママがチェックする必要は

原始反射に関して赤ちゃんの様子を伺いながら、もしかして、と不安になってしまうこともあります。

我が子がどのように成長しているのか、また成長具合は問題ないだろうかと心配になることもあります。原始反射をママがチェックする必要はあるのでしょうか。

基本的には必要ない

基本的には原始反射に関して、わざわざママがチェックするようなものではありません。赤ちゃんと触れ合っていくうちに、数々の原始反射を見ることになります。

ただし、生後6ヶ月を過ぎた頃からあらわれてくる対称性緊張性頚反射やパラシュート反射等に関しては、色々な遊びを取り入れていかなければ分からないこともあります。

心配になった時には、赤ちゃんを四つん這いにさせて、対称性緊張性頚反射のチェックを行うことや、赤ちゃんに飛行機の遊びを覚えさせながらパラシュート反射のチェックを行ってみるということも取り入れましょう。

ただし、このようなチェックをする際には、しつこく行ってしまうと赤ちゃんが疲れたり恐怖心を覚えてしまうことがあります。

そのため毎日のように何度もチェックをするのではなく、このような原始反射が一度でも見られたらそこで安心し、同じようなチェックを繰り返すことは避けましょう

どうしても気になる場合は専門家に相談してみる

赤ちゃんの原始反射はいくつもありますので、全てを確認することができるだろうかと心配になるママもいます。

しかし上記の通り、赤ちゃんの原始反射は、日常生活の中で見ることができる内容がほとんどです。

その中で、どうしても赤ちゃんの原始反射が見られず心配になるときには、専門家に相談しましょう。

赤ちゃんの検診時に相談したり、医療機関を受診し、そこで相談するといった方法などがあります。

原始反射が見られるタイミングや、無くなっていくタイミングは個人差があります。ママとしてはあまり心配せず、一度でも原始反射が見られれば、いずれは消えていくものだと思い、赤ちゃんとの生活を思いきり楽しみましょう。

この記事が役に立ったらシェアしよう!


はじめての方はこちら!

葉酸サプリタイアップキャンペーン開催中

人気ブランドの葉酸サプリをお得にGETする大チャンス!ココマガ読者さまだけの限定特典をご用意していただきました。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 300円OFFクーポン!はこちら
  • 定期2,980円

キングオブ葉酸!ベルタ葉酸サプリ

  • 酵素サプリプレゼント!
  • 定期3,980円

妊活におすすめ!ママナチュレ

  • たんぽぽ茶プレゼント!
  • 初回3,980円
葉酸サプリの選び方を見る

関連するカテゴリの記事一覧を見る
育児

スポンサードリンク

目次
をみる
関連記事
をみる