赤ちゃんのファーストシューズ!履かせるタイミングや選び方

赤ちゃんにファーストシューズを履かせるタイミングと選び方




赤ちゃんが生まれて初めて履く靴のことをファーストシューズといいます。ファーストシューズは、どのタイミングで準備すればよいのでしょうか?

ファーストシューズの準備が早すぎてしまうと、足のサイズが変わり、結局履くことができないままとなってしまうので注意が必要です。

そこで今回は、

・赤ちゃんにファーストシューズを履かせるのはいつ?
・赤ちゃんのファーストシューズの選び方は?
・赤ちゃんがファーストシューズを履いてくれない!

といった方に、赤ちゃんのファーストシューズの選び方や、シューズを履かせる際の注意点などに関して詳しくご紹介します。

ファーストシューズはいつから履かせるの?

ファーストシューズはいつから履かせるの

ファーストシューズはいつから履かせればよいのかと悩んでしまうお母さんはとてもたくさんいます。

お座りができて、その後はつかまり立ちをするようになりますが、そろそろ歩くだろうといった段階でファーストシューズを準備してしまうのは、まだ早いです。

あまりにも早い段階でファーストシューズを履かせてしまうと、靴が嫌いになってしまうことや足に負担をかけることになりますので、適切なタイミングを選びましょう。

あんよができたばかりではまだ早い?

つかまり立ちをはじめとして、自分で1歩、2歩、3歩と歩けるようになった赤ちゃんは、自分で立って歩くということに楽しみを覚えていきます。

歩くことによって自立心が芽生えるのはもちろん、この他にもさまざまな視界が広がっていきますので、自分の目的とするおもちゃに向かって歩いたり、ママに向かって歩いたりするようになります。

しかし、2歩3歩と歩けるようになったばかりで、ファーストシューズを履くのはまだまだ早いといえます。

この頃の赤ちゃんの足は、しっかりとした構造を作り始めたばかりですので、ファーストシューズを履かせても、単純に歩きにくいといった感覚を覚えてしまい、すぐに座り込んで、歩くことはほとんどありません。

無理に歩かせてしまうのは赤ちゃんにとって負担になります。

自分で10歩程度歩けるようになったら

赤ちゃんが自分1人だけで10歩程度歩けるようになったら、この段階でファーストシューズを履かせてあげましょう。

最初はシューズに慣れないため、やはり座り込んでしまうこともあります。

それでも毎日のようにファーストシューズを履くことによって、靴を履いたまま歩くということを覚えてくれるのです。

ファーストシューズというのは、屋外で履くものではなく、基本的には屋内から練習を始めるものとなっていますので、まずはお家の中でシューズを履き歩くことに少しずつ慣れさせてあげましょう。

ファーストシューズのサイズについて

ファーストシューズのサイズについて

ファーストシューズをいつから履かせれば良いのかは、赤ちゃんが1人で10歩前後歩けるようになったらです。

また、ファーストシューズにもしっかりとサイズがありますので、このサイズと赤ちゃんの足のサイズを合わせて購入してください。

もっとも小さい市販品は10.5㎝

ファーストシューズで市販されている商品の中で、もっとも小さいのは10.5cmになります。

10.5cm のファーストシューズはお母さんの手のひらに乗せても本当に小さく、こんなにも可愛らしい靴を履いて、よちよち歩く我が子の姿を思わず思い浮かべることでしょう。

10.5cmから5mm刻みで12.5cmほどの大きさまでファーストシューズが販売されているので、履かせるタイミングを迎えたらファーストシューズ売り場で赤ちゃんの足のサイズを測り、適切なサイズのシューズを選びましょう。

赤ちゃんの足のサイズを測る道具に関しては売り場に設置されているケースがほとんどです。

ぴったりではなく少し余裕のあるものを選ぶ

ファーストシューズを購入する際には、赤ちゃんの足に対し全く余裕がなくぴったりのものよりも5mm程度大きなものを選びましょう。

あまりにもピッタリすぎるものは赤ちゃんの足が窮屈に感じるので、すぐに脱いでしまうことや、履いていても足に痛みを感じて嫌がることがあります。

少し余裕のあるファーストシューズであれば、赤ちゃんの足に負担を抱えてしまうこともなく喜んで履いてくれるケースが多いといえます。

ファーストシューズ選びの重要性

ファーストシューズ選びの重要性

ファーストシューズを選ぶ際には、しっかりとシューズの構造などをチェックしながら選ばなければなりません。

リーズナブルだからといって、実物を見もしないままネットで購入をすることは避けましょう。

ファーストシューズといってもデザインだけではなく、使用されている素材などもさまざまです。

ファーストシューズを履くことによって赤ちゃんは足首などがどんどん強くなり、靴を履いて歩くという楽しさを覚えてくれるのです。

そのため、ファーストシューズを選ぶ際には、赤ちゃんが不愉快に感じない素材を選んであげることも重要です。

また、足に負担をかけてしまうと、赤ちゃんの骨格にも影響を及ぼすことがありますので、そういった部分からも、ファーストシューズ選びの重要性を知りましょう。

適当に選んでしまうのではなく、本当に赤ちゃんの足のことを考えたファーストシューズ選びが大切です。

足の構造を助ける

ファーストシューズを履くことによって、足の構造を助けてくれるといったメリットがあります。

ファーストシューズを履かずに次のステップのシューズを初めに履かせてしまうと、素材が硬いといったデメリットや、その他にも赤ちゃんが足を入れた時、重たくて歩けないといった状態になってしまうことがあります。

赤ちゃんは歩き出してからはじめて足の構造がしっかりと強くなっていきますので、ファーストシューズを履いて少しずつ足の構造を助けて行くことを意識しましょう。

靴を履くことに喜びを覚える

生まれてからファーストシューズに足を入れるまでは、靴下などを履くことはあっても、足をすっぽりと覆ってくれるようなものを履くことがありません。

また、赤ちゃんが生まれた時期によってはファーストシューズを履くまで靴下も履かないことがあります。

そういった状況の中、ファーストシューズを履くことによって、靴を履くということに喜びを覚えてくれるのです。

靴を履けば歩きやすくなることや、足がしっかりと支えられること、さらには、足の裏で感じる感覚までが違っています。

そのため、靴を履くことに喜びを覚えるためにもファーストシューズをまずは活用し、赤ちゃんが靴を履くことに慣れるといった目的もあります。

外を歩く練習になる

赤ちゃんは自分で歩けるようになるまで、お母さんに抱っこされて外出するというケースがほとんどです。

また、家庭内で歩けるようになってからもしばらくの間は外を歩くことがありません。ある程度歩けるようになると、ファーストシューズを履いて外を歩くことになりますが、外を歩く際には家の中とは違い、道路上のさまざまな凹凸や段差などが気になるようになってきます。

こういった外の環境の中で上手に歩いていくためにも、ファーストシューズを履いて練習することはとても大切なのです。

ファーストシューズの選び方

ファーストシューズの選び方

続いてファーストシューズを購入する際のデザインや構造、さらには用途に応じた選び方をご紹介していきましょう。

室内と屋外を使い分ける

ファーストシューズを選ぶ際には、室内と屋外でそれぞれを使い分けていきましょう。

最初は室内で練習をすることになりますが、徐々に屋外でも靴を履いて歩くという練習をしなければなりません。

しかし、室内と屋外で同じシューズを履いてしまうのは衛生的にも良くありません。

また、しっかりとそれぞれで履く靴を分けることを赤ちゃんに覚えてもらうためにも、室内用と屋外用は使い分けてください。

はじめのうちは室内で練習をしますので、同じタイミングで屋外用のファーストシューズを準備する必要もありません。

室内でのファーストシューズに慣れて、靴に対する違和感がなくなった頃に屋外で練習するのがベストです。

室内は全体的に柔らかい素材のもの

室内で練習するために準備するファーストシューズは、全体的に柔らかい素材のものを選んでください。

クッション性に優れており、足首の周りなども全てが柔らかいものが望ましいです。

商品によっては足首の周りや、つま先部分が硬い素材のファーストシューズがありますので、こういったものを避け、全体がスポンジで作られているような柔らかいファーストシューズが良いです。

このようなファーストシューズであれば、赤ちゃんが窮屈に感じることや痛みを感じることも少なく、靴を履いたことによる多少の違和感は覚えても、上手に靴を履いたまま歩いてくれる可能性が高くなります。

この段階で痛みを感じてしまうことや、その他にもあまりにも違和感が強すぎてしまうと、靴を履くことを嫌がるので、やはり柔らかい素材で赤ちゃんの足にフィットするようなものを選んであげましょう。

屋外は底が硬く足首周りは柔らかいもの

屋外用のファーストシューズに関しては、底の部分がある程度硬いものを選んでください。

室内用は底の部分もクッション性に優れており、柔らかいもので構いませんが、屋外に関しては足の裏をしっかりと守ってくれるような素材にしましょう。

樹脂で靴の底が作られているファーストシューズなどが望ましいです。ただし、足首の周りに関しては、柔らかくクッション性に優れているものを選んでください。

足首を守るように、しっかりとした作りのファーストシューズは足に負担をかけてしまう可能性が高くなります。

また、赤ちゃんが歩いていく上で足首が何度も口にぶつかってしまい、擦れて傷痕になってしまうこともあるので、必ず柔らかいものを選びましょう。

基本的には、ファーストシューズの調節部分はマジックテープになっていますが、マジックテープではなく、ゴムで伸びるような素材のものは避けましょう

赤ちゃんの足首はとても柔らかく、靴を履かせるのも簡単ではありません。

そのため、マジックテープで足首の部分が大きく開くファーストシューズを選ぶ方がスピーディに履かせやすいといえます。

素足より靴下を履く方が良い

ファーストシューズを履かせてあげる時には、素足の状態よりも薄手の靴下などは履かせてあげましょう

素足のままファーストシューズを履かせると、靴の内側で指や足の裏などがベタベタとくっついてしまい、これだけでも強い違和感を覚えてしまうことがあるからです。

赤ちゃんの足の裏は代謝が良く、たくさんの汗をかきますので、素足でファーストシューズを履かせた際に多くの汗をかくと、これだけでも靴の中で足が微妙に動いてしまい転ぶ原因になってしまうこともあります。

通気性の良い靴下などを履かせてからファーストシューズを履かせてあげましょう。

ファーストシューズを履く際の注意点

ファーストシューズを履く際の注意点

ファーストシューズを履く際には注意点があります。赤ちゃんの足に対し負担がかからないのはもちろんですが、その他にもいくつかのポイントに気をつけてください。

室内から練習をする

ファーストシューズを履く際には必ず室内から練習をしましょう。

初めてファーストシューズを使い、屋外を歩かせてしまうようなことがあると、赤ちゃんはあまりにも不慣れな環境から、靴も嫌いになってしまうことがあります。

また、屋外は歩きにくく怖いと感じてしまうこともあるので、その後お散歩などが嫌いになってしまう可能性もあります。

必ず室内でたくさん歩くことを練習してから、屋外での練習へとステップを進めていきましょう。

屋外は平坦で安全な場所

室内で靴を履いたまま、15分から30分程度遊ぶことができるようになったら、次のステップとして屋外で練習を始めていきましょう。

ただし、屋外で練習をする際には必ず平坦な場所であり、小石などが転がっていない場所を選んでください。

赤ちゃんはファーストシューズを履いて屋外で歩くようになっても、歩き方そのものが安定していませんので、転んでしまうことや尻もちをつくことが多々あります。

また、尻もちではなく前屈みになって倒れ込む際にも、手を着いた先に小石などがあると大怪我をするので、必ず安全な場所を選んで練習をしてください

夏場などは、アスファルトによる熱で熱中症になる可能性が高いので、昼間の練習を避け屋外で使用すると良いです。

ファーストシューズを履いて屋内のデパートに出向いたり、夕方になってから屋外で練習をするといった方法を取り入れましょう。

ファーストシューズを嫌がる時

ファーストシューズを嫌がる時

注意点を意識しながら、ファーストシューズを履いての練習を続けることになりますが、赤ちゃんがファーストシューズを極端に嫌がってしまうときは、どうすればよいのでしょうか。

無理強いはせず、靴に興味を持たせる

ファーストシューズを嫌がってしまう赤ちゃんに対し、無理強いをするのは良くありません。

さらに靴に対する抵抗を感じてしまいますので、まずは靴に興味を持たせてあげましょう

室内用を清潔にした上で、赤ちゃんが持って遊べるような状況を作ります。赤ちゃんが靴に興味を示し、どのように使うものなのかを自分なりに考える中で、ママは時々靴を履かせて歩かせてあげる、または抱っこしてあげると良いです。

また靴を履いた赤ちゃんをカッコ良いね!かわいいね!などと褒めてあげましょう。

そうすることによって赤ちゃんは靴に対する抵抗心を無くし、自分から靴に対する興味をどんどん強くします。

履いた所を見せる

どうしても赤ちゃんがファーストシューズを履いてくれない時には、ママが靴を履いたところを見せてみましょう

赤ちゃん用に購入したファーストシューズに、お母さんが自分の足の親指などを入れて、足に履くものだということを教えてあげるのです。

そうすると、赤ちゃんも自分の足に履くものだということを、しっかりと認識してくれます。

自分の足の上に靴を乗せるなどといった仕草を見せてくれるので、そうなったら実際に靴を履かせてみましょう。

サイズや素材を見直してみる

場合によっては、ファーストシューズの素材などが嫌で、履くのを嫌ってしまうこともあります。

そのため、何度上記のような工夫を取り入れてもシューズを嫌がってしまうようであれば、サイズの見直しや素材の見直しをしてみてください。

シューズのデザインによっては、シューズの内側に紐などが出ており、この感覚が嫌だという赤ちゃんもいます。

シューズの内側までしっかりと、デザインや構造などを見直した上で、違うタイプのシューズを購入してみるとスムーズに履いてくれるケースもあります。

走れるようになったらステップアップ

走れるようになったらステップアップ

ファーストシューズはいつから履かせれば良いのかといったタイミングや、練習をするステップなどをしっかりと心得ておくことは、とても重要です。

ファーストシューズを用いて屋外でもどんどん歩けるようになり、室内でも自分で走ることができるようになったら、ステップアップしてしっかりとした作りのシューズに変えていきましょう。

この記事が役に立ったらシェアしよう!


はじめての方はこちら!

葉酸サプリタイアップキャンペーン開催中

人気ブランドの葉酸サプリをお得にGETする大チャンス!ココマガ読者さまだけの限定特典をご用意していただきました。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 300円OFFクーポン!はこちら
  • 定期2,980円

キングオブ葉酸!ベルタ葉酸サプリ

  • 酵素サプリプレゼント!
  • 定期3,980円

妊活におすすめ!ママナチュレ

  • たんぽぽ茶プレゼント!
  • 初回3,980円
葉酸サプリの選び方を見る

産後・育児のカテゴリー

産後授乳・母乳育児
新生児赤ちゃんとお出かけ赤ちゃんのお世話
赤ちゃんのスキンケア赤ちゃんの成長赤ちゃんの病気
育児グッズ寝かしつけ幼児教育
しつけ・コミュニケーション子育て費用・助成金マタニティブルー・産後うつ
産後ダイエット・骨盤矯正産後の仕事産後の手続き
産後の抜け毛産後の美容産後の食事
産後授乳・母乳
育児新生児
赤ちゃんとお出かけ赤ちゃんのお世話
赤ちゃんのスキンケア赤ちゃんの成長
赤ちゃんの病気育児グッズ
寝かしつけ幼児教育
しつけ・コミュニケーション子育て費用・助成金
マタニティブルー・産後うつ産後ダイエット・骨盤矯正
産後の仕事産後の手続き
産後の抜け毛産後の美容
産後の食事

スポンサードリンク

目次
をみる
関連記事
をみる