スマホの使い方

赤ちゃんができたらスマホの使い方を見直そう!使いすぎは要注意



近年ではガラケーではなく、スマホを使用するママさんがどんどん増えています。全国的に見てもスマホの利用者は増えていますが、赤ちゃんができたらスマホの使い方について一度見直してみる必要があります。

スマホはさまざまなアプリケーションなどもあり、ゲームをして楽しんだり、写真を加工すしたり、さらにはインターネットやメール、LINEなどと多くツールがあります。

そのためスマホが1台あれば私生活も充実して便利というママさんは多いのではないでしょうか。しかしスマホが赤ちゃんに与える影響は思いのほか大きく、また良い影響よりも悪い影響が大きいのです。

そこで今回は、

・子育てにスマホを活用するのはいけないの?
・スマホによる赤ちゃんへの影響は?
・子育て中に上手にスマホを使う方法は?

といった方に、赤ちゃんとスマホの関係や、スマホの使用方法について詳しくご紹介します。

スマホと赤ちゃんの関係

スマホと赤ちゃんの関係

スマホと赤ちゃんの関係については、メリットもデメリットもあります。

メリットとしては、赤ちゃんのかわいい写真や動画を気軽に撮影できること、それを仕事中のパパや遠方の両親にリアルタイムで送ることができることなどが挙げられます。

また、お気に入りのアプリケーションなどを見せることによって赤ちゃんのご機嫌が直り静かにしていてくれることもありますので、公共交通機関を利用すす際などに便利といったことも考えられます。

しかし、赤ちゃんに対して使用するのさまざまなリスクも考えていかなくてはなりません。

スマホによる具体的な赤ちゃんへのメリット

赤ちゃんへのメリット

さて、スマホによる赤ちゃんへのメリットについてまずは考えていきましょう。スマホを活用することで、どのようなメリットを生み出してくれるのでしょうか?

外出先で気が紛れる

外出先などで赤ちゃんの機嫌が極端に悪くなってしまったときには、スマホを使うことによって赤ちゃんの気が紛れるため、非常に助かります。

あまりにも長時間赤ちゃんが泣いてしまうと、周りにいる方々にも迷惑となってしまうことがあります。

そういった場面で赤ちゃんの気を紛らわすことができれば、多少なりとも周りの方々に対する迷惑を減らすことができます。

ママにとってのスマホのメリット

ママのメリット

赤ちゃん自身にとってのメリットだけではなく、ママにとって赤ちゃんとの関係の中にスマホを取り入れることにもメリットがあります。

あやす手間が省ける

赤ちゃんがぐずってしまった時をはじめとして、その他にも赤ちゃんの相手をする時間が減るため、あやす手間が省けるといったメリットがあります。

赤ちゃんの機嫌が悪くなった時でもスマホを見せておけば静かにしていてくれるので、ママが赤ちゃんを抱っこして、なだめるようなことも減ります。

家事の合間が楽になる

さまざまな家事をする間にも赤ちゃんは不機嫌になってしまうことがあります。そういった中、抱っこ紐やおんぶ紐などを使って常に赤ちゃんの相手をしなくても、スマホがあれば赤ちゃんが集中してくれるので、このような家事そのものや、家事が終わり少し休憩したいといった場面でもママは楽になるメリットがあります。

外出時におもちゃなどの荷物が減る

外出をする際に、赤ちゃん専用のおもちゃなどを持って行かなくてもスマホが一つあれば、それだけで十分だといったメリットもあります。

わざわざ複数のおもちゃを持ち歩くのは大変ですがスマホであればとてもコンパクトですので、荷物として邪魔になってしまうこともありません。

赤ちゃんとスマホの関係にはどんな意見がある?

どんな意見がある

上記のようにスマホを活用することは赤ちゃんにもママにもある程度のメリットがあります。しかし、赤ちゃん本人に対するメリットよりも、ママに対するメリットの方が多いのではないでしょうか。

育児をする上で、赤ちゃんにスマホを触らせることやスマホを見せることについて、スマホ頼りになってしまうのは決して良いことではありません。世の中では、どのような意見があるのでしょうか。

否定的なもの

基本的には否定的な意見が多くなります。赤ちゃんはママを始めとした周囲の人と接し、たくさんの愛情を受けることで情緒や言葉、身体的能力が成長しています。
このため、スマホなどの便利なものに頼りすぎると赤ちゃんの成長によくないとの意見があります。

またスマホのように電磁波や電波を発するようなものは赤ちゃんの脳への悪影響があるといった意見や、赤ちゃんの目が悪くなってしまうといった意見があります。

育児の中にスマホを取り入れていくことはあくまでも育児を担う大人が楽をするためであり、赤ちゃんのためにはならない、といった意見もあります。

肯定的なもの

スマホを取り入れることに対し肯定的な意見としては、ママが少しでも楽になるならそれが1番といったものになっています。また赤ちゃんが泣き止むならどんなものでも活用すれば良いといった意見などもあります。

スマホが赤ちゃんに与えるデメリット

赤ちゃんに与えるデメリット

続いてスマホそのものが赤ちゃんに与えるデメリットについて、お話していきましょう。どのようなデメリットがあるのかを知ることで、今後の育児においてスマホの活用方法や使用方法も変わってくるはずです。

視力が悪くなる

第1に、スマホの画面を赤ちゃんに見せてしまうことによって視力が悪くなるといったデメリットがあります。赤ちゃんは自然界にあるさまざまなものを見ながら視力がUPしていきます。

しかし、そういった環境ではなくスマホの画面ばかりを見せてしまうことは、自然界とは違い画面の中に限られた小さな映像を見ることだけになります。

そのため視力の発達が妨げられるというデメリットがあります。
また、スマホの画面から発するブルーライトが赤ちゃんの脳を覚醒させ、夜はぐっすりと眠ってくれないデメリットや興奮してしまい長時間にわたって泣いてしまうことも少なくありません。

サイレントベイビーになる

スマホばかりを見せていると、サイレントベイビーになってしまう可能性が増えます。サイレントベイビーは笑顔が少なく、体の動作などでコミュニケーションを取ろうとしない赤ちゃんのことをいいます。

常に無表情で誰かが声をかけても笑顔が少ないため、静かな赤ちゃんといったイメージを与えるのですが、実際には表情がなく、感情などを強く出すことがないため、このようにサイレントベイビーといわれているのです。

サイレントベイビーは将来的にコミュニケーション能力が低下してしまうことで知られており、様々な感情などを伸ばしていかなくてはならない時期にサイレントベイビーになってしまうことで、その後の情緒の成長にも悪影響を与えるといわれています。

スマホ依存になる

赤ちゃんのうちからスマホを頻繁に触ることがあれば、大人と同じようにスマホ依存になってしまうことがあります。

スマホがなければ落ち着かないといった心理状況になってしまうため、どこにいても手元にスマホがなければ泣き出してしまうことや、騒いでしまいママの言うことを聞かなくなってしまうといった状況になります。

子供のおもちゃで遊ばなくなる

子供向けのおもちゃなどを買い与えても、スマホがあればスマホのみに興味を示してしまうため、おもちゃでは遊ばなくなってしまうことがあります。

その場合、保育園や幼稚園などに入ることを考えても、スマホがなければ楽しめないという赤ちゃん子どもになってしまう可能性があります。

保育園や幼稚園にはもちろんスマホはありませんので、登園しても集団生活を行う中でスマホがないことによる不満などを爆発させてしまい、先生の言うことを聞かない、集団生活の中で生活がしにくい、といったデメリットが生じてきます。

言葉を使ったコミュニケーションが減る

スマホは簡単にさまざまな映像などを見ることができますが、このような映像を見たりスマホから流れてくる音楽ばかりを聞くことによって、言葉を使ったコミュニケーション能力が低下してしまうといったデメリットもあります。

言葉を使わなくてもスマホからは自分の好きなキャラクターが話しかけてくれたりすることもあるので、あえて言葉を使ったコミュニケーションをしなくても大丈夫だと思ってしまうのです。

そのため、ママが話しかけてもしっかりとした意思表示がなく、スマホにばかり集中してしまうような可能性があります。

子育てをする中でのスマホのデメリット

スマホのデメリット

上記のように、赤ちゃんにスマホを持たせるまたは長時間見せてしまうことによるデメリットはとてもたくさんあります。中には本当に深刻なものもあります。

しかし日常生活の中からスマホを完全に排除するというのも難しいことです。そういった状況の中、ママがスマホを使いすぎてしまうと、どのようなデメリットがあるのでしょうか?

赤ちゃんだけではなく、ママが子育てをする中でスマホを多用してしまうことによるデメリットを挙げていきましょう。

親子でのコミュニケーションが減る

親子でしっかりとコミュニケーションをとらなくてはならない時期に、ママがスマホばかりを触っていると親子でのコミュニケーションが減ってしまいます。その結果として、前述したようなサイレントベイビーになってしまうリスクが高くなるのです。

親子のコミュニケーションが減ってしまえば信頼関係を作ることも難しくなり、ある程度自我が芽生えた赤ちゃんは、ママの言うことを聞かなくなってしまうこともあります。

ネグレクトの可能性が高まる

ママがスマホばかりを触っていたり、赤ちゃんに長時間スマホを見せて自分の好きなことをしていると、赤ちゃんと触れ合う時間がどんどん少なくなります。その結果としてネグレクトになってしまう可能性が高まります

自分ではネグレクトではないと思っているママさんもしっかりとコミュニケーションをとらず、赤ちゃんを放置していたり、赤ちゃんの欲求に応えてあげないというのは精神的なネグレクトになる、ということを覚えておきましょう。

言葉や動作を覚えるのが遅くなる

スマホばかりに集中してしまい、親子での会話が少なくなってくると、言葉や動作そのものを覚えるのが遅くなってきます。

その結果としてママは、うちの子の成長は他の子に比べて遅いのではないか?といった心配にかられることも少なくありません。

赤ちゃんを育てながらのスマホにはルールを決める

スマホにはルールを

赤ちゃんを育てながらスマホを使用する上でのデメリットやリスクについて、ご理解いただけたでしょうか?とはいえ、スマホを全く使用せず生活をしていくのも難しいことです。

赤ちゃんの可愛らしい姿を写真に収めることや動画として撮影することもあるでしょう。ママが自分の用事でスマホに触れることもあります。

そのため、赤ちゃんを育てながらスマホを使用するのであれば、きちんとルールを決めた上で使っていくことが大切です。

触れるのは連絡や撮影の時のみ

まずは赤ちゃんとの時間を最優先に考えていきましょう。そのためスマホに触れるのは誰かから連絡が来た場合や、自分からどうしても連絡をするとき、さらには赤ちゃんの撮影をする時などママの中でしっかりと一つのルールを作っておきましょう

常にスマホを握っているような状態になるとスマホ依存となってしまい、前述したようなデメリットも大きくなります。

子育てアプリは一緒に使う

子育てに向けてさまざまなアプリが開発されていますので、こういったアプリを活用する場面もあります。しかし、このような子育てアプリを使う時には赤ちゃんだけがスマホを触っているといった状況ではなく、ママも一緒になって楽しんであげましょう。

一緒にアプリを触りながら声をかけてあげることにより、サイレントベイビーなどのリスクを回避することになります。

基本的には赤ちゃんが一人で触るものではなく、ママがいなければ触れないものといった認識を持たせるためにもこのような方法が大切です。

音楽を聴かせるなら画面は消す

赤ちゃんがどうしてもぐずってしまうときなどは、赤ちゃんのお気に入りの音楽をスマホで聞かせてあげるのも良いです。しかし、このように音楽を聴ける聞かせる場合には、画面そのものを見せるのではなく、音楽だけを聞かせてあげるように工夫しましょう。

音楽をかけた状態でもスマホにロックをしておけば画面の映像が動いてしまうことがありません。音楽だけを聞かせるのであれば赤ちゃん専用のオルゴールメロディアプリなども大活躍してくれます。

スマホを使う場所を決める

外出先などで連絡があった場合には別ですが、そうでない時にはスマホを使う場所に関してもしっかりと一つのルールとして決めておきましょう。どこでもスマホを片手に赤ちゃんを連れているママもいますが、赤ちゃんに万一の危険が迫っても気づかずに、大変危険です。

どうしても必要な連絡などを行う以外には、外出先でスマホを使用することも避けましょう。赤ちゃんと一緒にお出かけする時には赤ちゃんに集中する時間を優先していきましょう。

スマホの活用と濫用を間違えないように

スマホの活用と濫用

いかがでしょうか。スマホにはデメリット、メリットのどちらも存在しています。
スマホを活用することとスマホを濫用することを間違えないようにしましょう。上手に活用することによって、ママも赤ちゃんもメリットを感じ本当の意味で子育てにスマホを役立てることができます。

supervisor_image_url_2

監修:成田 亜希子(医師)

プロフィール:弘前大学卒業後、内科医として地域医療に従事。その傍ら、保健所勤務経験もあり、国立保健医療科学院での研修も積む。感染症や医療行政にも精通している。プライベートでは二児の母。

この記事が役に立ったらシェアしよう!


ココマガ編集部厳選サプリ

ココマガが厳選した妊活サプリ、葉酸サプリをご紹介!お得なキャンペーンを実施中の商品もあるので、ぜひチェックしてくださいね。

男性用妊活サプリ「精育支援サプリ」

  • 精子観察キットがついてくる!
  • 定期3,582円
男性の妊活について詳しく知る

米仏でもNo,1獲得の葉酸サプリ「ララリパブリック」

  • 300円OFFクーポン!はこちら
  • 定期2,980円

キングオブ葉酸!ベルタ葉酸サプリ

  • 酵素サプリプレゼント!
  • 定期3,980円
葉酸サプリの選び方を見る

はじめての方はこちら!

赤ちゃんの基礎知識のカテゴリー

新生児(生後0ヶ月)生後1・2・3・4ヶ月生後5・6・7・8か月
生後9・10・11・12か月赤ちゃんのスキンケア赤ちゃんとの家での過ごし方
赤ちゃんとのお出かけ赤ちゃんの成長・発達寝かしつけ・夜泣き
離乳食・赤ちゃんの食事育児に便利なサービス・アプリ二人目育児
赤ちゃんの便秘ベビーカー抱っこ紐・おんぶ紐
絵本ベビー服ベビーシート・チャイルドシート
おもちゃ保険
新生児(生後0ヶ月)生後1・2・3・4ヶ月
生後5・6・7・8か月生後9・10・11・12か月
赤ちゃんのスキンケア赤ちゃんとの家での過ごし方
赤ちゃんとのお出かけ赤ちゃんの成長・発達
寝かしつけ・夜泣き離乳食・赤ちゃんの食事
育児に便利なサービス・アプリ二人目育児
赤ちゃんの便秘ベビーカー
抱っこ紐・おんぶ紐絵本
ベビー服ベビーシート・チャイルドシート
おもちゃ保険
目次
をみる
関連記事
をみる