赤ちゃんの突発性発疹

赤ちゃんの突発性発疹!高熱後に発疹?どんな症状が出るの?



赤ちゃんは少しの気温の変化や、環境の変化などでもすぐに体調を崩したり熱を出します。

その中で、ママも驚いてしまうほどの高熱が出たのち、赤ちゃんの全身に発疹が広がってしまう、突発性発疹は赤ちゃんがかかりやすい感染症の一種で、2~3歳までにかかることがほとんどです。

そこで今回は、

・突発性発疹の症状を教えてほしい!
・突発性発疹になったら受診したほうが良いの?
・1度感染したらもう感染しないの?

といった方に、突発性発疹の症状や、赤ちゃんが突発性発疹になったときの対処法・治療法などについて詳しくご説明します。

突発性発疹とは

突発性発疹とは

突発性発疹とは、ヒトヘルペスウイルスに感染することによって発症する感染症で、40度近くの高熱が出たあと、赤ちゃんの全身にたくさんの発疹が広がります。

生まれてから2歳もしくは3歳までの間に多くの赤ちゃんが経験しますが、高熱が出るわりに食欲の低下や機嫌の悪さ、ぐったりした様子などが見られにくいのが特徴です。

2歳までに大半の赤ちゃんが罹患(りかん)する

突発性発疹は、生後2歳または3歳までの間に、ほとんどの赤ちゃんが罹患するといわれています。
突発性発疹は40度前後の高熱が出るため驚き焦ってしまうママもおおいでしょう。

また、突発性発疹は高熱があるにもかかわらず、比較的赤ちゃんが元気という特徴から、熱が上がり始めてからしばらくしてママが気付くというケースも少なくありません。

高熱が出るので赤ちゃんにとって初の試練となることが多い

発性発疹は、赤ちゃんの初めての発熱となるケースが多いとされています。
大人の場合には高熱と共に寒気がしたり、関節などが起きてもある程度自分で我慢する、もしくは対処することができます。

しかし、赤ちゃんはこのような症状を、自分で伝えることができず、泣いたり機嫌が悪くなったりします。

こういった状況の中、できるだけ早く受診するということも重要ですが、熱を下げるための工夫や脱水症状を起こさないための工夫もしっかりと取り入れていきましょう。

また、突発性発疹は熱性けいれんを引き起こすこともありますので、熱の上がり始めなどには注意が必要です。

熱が下がり始めると発疹が出てくる

突発性発疹の症状の大きな特徴は、40度前後の高熱が3日ほど続いて解熱した後に、お腹や背中、顔、手足などに赤く小さな発疹が現れることです。

発疹が出てきた場合、麻疹や水疱瘡(みずぼうそう)になってしまったのではないか、とママはさまざまな不安を抱えてしまいます。

しかし、麻疹や風疹・水疱瘡の場合はと発熱が同時に見られたり、発熱自体がない場合もあるため、先に高熱が出てからその後発疹がポツポツと出てくるようであれば、突発性発疹を疑いましょう。

また、突発性発疹による発疹はかゆみや痛みなどを伴わないのも特徴の一つです。

突発性発疹と熱性けいれんについて

主な症状

突発性発疹は高熱や全身に広がる発疹などが特徴的ですが、発熱時に熱性けいれんを引き起こすことがあります。熱性けいれんは適切な対処が必要なため、痙攣が起きたときは次のような対処法を講じましょう。

熱性痙攣とは?

熱性痙攣は高熱が出た時に引き起こされる痙攣のことです。1分から3分程度でほとんど治まりますが、初めて赤ちゃんが熱性痙攣を起こした時はママも慌ててしまいます。しかし、そんな時だからこそママは冷静になりましょう。

1分間程度赤ちゃんの様子をみる

痙攣が始まると、驚いて救急車を呼ぶママもいますが、まずは1分間程度赤ちゃんの様子を見てください。

熱性痙攣といっても、必ずしも同じ症状とは限らず、赤ちゃんによって症状が違います。抱っこしていても全身に力が入っており、まったく反応を示さないというケースや、白目になってしまい名前を呼んでも反応がないというケースもあります。

大きな声で名前を呼ばないこと

熱性痙攣を起こしている時は、大きな声で赤ちゃんの名前を呼ぶのは避けましょう。痙攣は脳の一部が異常興奮することによって引き起こされるため、大きな声で呼びかけてしまうことで、脳がさらに興奮して、状態となり痙攣が治まるまでの時間も長くなってしまいます

救急病院に連絡する

熱性痙攣は痙攣が治まった後にいつもと様子が変わらないようであれば、急いで病院を受診する必要はありません。

しかし、痙攣が長く続く場合や痙攣が治まった後に視線が合わない、ボーっとして呼びかけに反応しない、などの症状が見られた場合にはできるだけ早く救急病院に連絡したり、救急車を要請して病院へいくようにしましょう。

突発性発疹の治療法について

治療法

医療機関で突発性発疹だと診断された場合には、どのような治療法があるのでしょうか。治療方法についてご紹介していきましょう。

発疹が出るまでは診断ができない

突発性発疹は、熱が下がり発疹が出てくるまで診断を下すことができません。発疹が出る前の段階であれば、あくまでも風邪による高熱もしくは突発性発疹の可能性を持った高熱という診断になります。

このような状況の中での治療法は、解熱剤で高熱を落ち着かせるなどの対処療法が行われます。

また、なかには脱水症状などを起こす赤ちゃんもいますので、必要に応じて点滴を行うこともあります。

赤ちゃんは大人に比べると体内の水分含有量が多いため、高熱が続くと脱水症状を起こしやすいので注意が必要です。

解熱剤を用いて熱を下げる

お熱が高くぐったりしている状態であれば、まずは熱を下げることが必要ですので、処方された解熱剤を医師の指示通りに使用しましょう。突発性発疹の際に見られるような高熱の場合には、基本的には座薬が処方されますので、使い方が分からない場合は薬剤師などから説明を受けましょう。

基本的には解熱剤を服用することによってお熱は下がっていきます。

発疹への治療は特になし

突発性発疹は、熱が下がり始めるとともに発疹があらわれてきます。しかし、発疹そのものについての治療というものは行いません。

2日から3日程度で発疹のピークを迎え、その後は自然に治っていくものですから特別な治療を行わなくても大丈夫なのです。

また、ここでの発疹に関しても個人差がありますので、全身に驚くほどたくさんの発疹が出てしまうケースから、お腹や顔などの一部分だけ酷くなり、そのほかの部分はさほど酷くならないというケースまでさまざまです。

全身に発疹が広がってしまうこともあり、突発性発疹ではなくほかの病気ではないかと過剰に心配する必要はありません。

突発性発疹の原因について

突発性発疹の原因

多くの赤ちゃんが罹患するといわれている突発性発疹ですが、原因はどんなことなのでしょうか?また、ママとして突発性発疹の原因から赤ちゃんを遠ざけることもできるのでしょうか?

感染力は弱いが注意する

突発性発疹はうつるのかと心配するママはたくさんいます。突発性発疹は感染力こそ弱く、ほとんどの子は2~3歳までに感染して抗体が形成されますので大人が感染することはまずありません。

ヒトヘルペスウイルスが原因

突発性発疹はヒトヘルペスウイルスというものが原因で、このヒトヘルペスウイルスはママをはじめご家族などからの感染がほとんどです。

ヒトヘルペスウイルスには2つの種類があり、6型と7型で、突発性発疹に感染することがわかっています。

1度感染したら2度と感染しない?

突発性発疹には、1度罹患すればその後は2度と罹患しません

ただし、ヒトヘルペスウイルスは6型と7型があり、例えば6型の突発性発疹を罹患した後に、7型の突発性発疹になってしまうことがあります。

つまり、それぞれのヒトヘルペスウイルスで突発性発疹に感染してしまうため、中には2度突発性発疹を経験する赤ちゃんもいます

感染経路は複数あります

突発性発疹の感染経路についてですが、基本的には飛沫感染と接触感染になります。
飛沫感染というのは、せきやくしゃみなどによる、唾液の飛散によって感染してしまうことです。

接触感染は、ウイルスが付着したものや手に付着したウイルスを鼻や口に入れてしまうことで感染するものです。

多くの赤ちゃんが突発性発疹を経験するのは、このような感染経路によって大人が持っているウイルスに感染してしまうからです。

突発性発疹の時の対処法

対処法

赤ちゃんが突発性発疹に感染してしまったときは、どのような対処をすれば良いのでしょう。心配であたふたしてしまうのではなく、正しい対処方法で少しでも赤ちゃんが楽に過ごせるように工夫することが大切です。

水分補給をこまめに行う

突発性発疹は高熱が出てしまいますので、水分不足になりやすくなります。

そのため1度にたくさんの量ではなく、こまめな水分補給を行ってください。

赤ちゃん専用のイオン飲料などを小量ずつ摂取させることによって、水分不足による脱水症状を防いであげることができます。

熱を下げるためにクーリングをする

熱が出ている間は、クーリングをして少しでも赤ちゃんの体から熱を取り除いてあげましょう。

市販されている赤ちゃん用の冷却シートを使う方法や、小さな保冷剤にタオルを巻き、これを脇の下や首、足の付け根などに当てると効果的です。

また、熱が下がるとともに汗が出てくることがあるため、汗をかいたらこまめに着替えをさせる必要があります。

高熱が出ている間は入浴させない

熱が下がるまでの間はたくさんの汗をかいたり、お風呂に入れてあげたい気持ちになります。

しかしお風呂に入れてしまうと、さらに熱が高くなったり、症状がひどくなることがあるので、熱が下がるまでは入浴を避けてください。

ただし、衛生面を考えると、赤ちゃんの体を清潔に保ってあげることが大切です。ですから、こまめな着替えをするとともに、ホットタオルを使って体をしっかりと拭いてあげましょう。

冬場などは室温に気をつけながら、寒すぎる環境を避け赤ちゃんの体が冷えないように注意することも大切です。

突発性発疹を乗り越えるとママも一安心

ママも一安心

突発性発疹は突然の高熱が出ますので驚くママも多いでしょう。

ですが、正しい対処法で乗り切ることができます。
小さな赤ちゃんは突発性発疹のように、必ず一度罹患するといわれている症状がたくさんあります。

突発性発疹に関して詳しい知識を持ち、適切な対処方法を取り、治癒までの経過をしっかりと見守ることを心がけましょう。

この記事が役に立ったらシェアしよう!


ココマガ編集部厳選サプリ

ココマガが厳選した妊活サプリ、葉酸サプリをご紹介!お得なキャンペーンを実施中の商品もあるので、ぜひチェックしてくださいね。

男性用妊活サプリ「精育支援サプリ」

  • 精子観察キットがついてくる!
  • 定期3,582円
男性の妊活について詳しく知る

米仏でもNo,1獲得の葉酸サプリ「ララリパブリック」

  • 300円OFFクーポン!はこちら
  • 定期2,980円

キングオブ葉酸!ベルタ葉酸サプリ

  • 酵素サプリプレゼント!
  • 定期3,980円
葉酸サプリの選び方を見る

はじめての方はこちら!

赤ちゃんの基礎知識のカテゴリー

新生児(生後0ヶ月)生後1・2・3・4ヶ月生後5・6・7・8か月
生後9・10・11・12か月赤ちゃんのスキンケア赤ちゃんとの家での過ごし方
赤ちゃんとのお出かけ赤ちゃんの成長・発達寝かしつけ・夜泣き
離乳食・赤ちゃんの食事育児に便利なサービス・アプリ二人目育児
赤ちゃんの便秘ベビーカー抱っこ紐・おんぶ紐
絵本ベビー服ベビーシート・チャイルドシート
おもちゃ保険
新生児(生後0ヶ月)生後1・2・3・4ヶ月
生後5・6・7・8か月生後9・10・11・12か月
赤ちゃんのスキンケア赤ちゃんとの家での過ごし方
赤ちゃんとのお出かけ赤ちゃんの成長・発達
寝かしつけ・夜泣き離乳食・赤ちゃんの食事
育児に便利なサービス・アプリ二人目育児
赤ちゃんの便秘ベビーカー
抱っこ紐・おんぶ紐絵本
ベビー服ベビーシート・チャイルドシート
おもちゃ保険
目次
をみる
関連記事
をみる