赤ちゃんにテレビは危険なの

赤ちゃんにテレビは危険なの?視力に影響があるのは本当?




小さな赤ちゃんにテレビを見せるのは、なるべく避けた方が良いといわれています。

しかし、お母さんの立場にしてみるとテレビを見ていてくれれば、静かにしてくれることや、その他にも楽しそうにしている赤ちゃんの姿を見て安心してしまうことでしょう。

近年ではどのご家庭でも頻繁にテレビを見るということが、珍しいことでは無くなっています。

そのため、赤ちゃんの時からテレビを見るのも当然といった認識になってしまうのかもしれません。

そこで今回は、

・赤ちゃんにテレビを見せてもいい?
・赤ちゃんにテレビを見せるデメリットは?
・テレビを見せると赤ちゃんの視力は悪くなる?

といった方に、赤ちゃんにテレビを見せるメリットとデメリット、視力に影響は出るのかどうかについて、詳しくご紹介します。

赤ちゃんとテレビの関係は一長一短

赤ちゃんとテレビの関係

テレビを見ていて視力が低下するのは、赤ちゃんだけではありません。大人であっても同じように視力の低下を招いてしまうものです。

しかしながら赤ちゃんにテレビを見せるというのは、デメリットばかりではありません。一長一短となっていますので、メリットとデメリットをそれぞれ知る必要があります。

その上で赤ちゃんにテレビを見せる環境を考えていきましょう。

まったくテレビを見せなければいい?

日々生活をしていく中で、赤ちゃんにまったくテレビを見せないというのは非常に難しくなります。

テレビから得られる情報というのは大きなものがあり、テレビから赤ちゃんが学んでくれることもあります。

とはいえ、長時間にわたって毎日テレビを見せてしまうのは、やはり視力の低下などが心配されます。

必要最低限が良い

赤ちゃんにテレビを見せるのであれば、必要最低限にとどめることが重要になります。一日中テレビがついているような環境は避けましょう

赤ちゃんが好んで見てくれる番組を短時間だけ見せるといった方法や、その他にもお母さんがニュースなどを見る時間帯に、赤ちゃんも一緒になってテレビの画面を見ているといった状況であれば、絶対に悪いものとは言い切れません。

赤ちゃんにテレビを見せるメリット

それでは、具体的に赤ちゃんがテレビを見る上でのメリットについてを考えてみましょう。

音楽に合わせて楽しそうに過ごす

赤ちゃんが好むような番組はいくつか存在しています。このような番組を見ることによって赤ちゃんは楽しそうに体を動かし、音楽に合わせながらニコニコとした時間を過ごしてくれるでしょう。

音楽に合わせて手を叩いている姿や、テレビに出てくるキャラクターをじっと見つめている姿はとてもかわいいものです。

テレビを見ている時間の赤ちゃんは本当に楽しそうにしているので、どうしてもテレビを見せたくなってしまうものではないでしょうか。

お母さんの家事がはかどる

静かにテレビを見ていてくれるため、お母さんもさまざまな家事をする上ではがどるといったメリットがあります。

お洗濯物を干す時間に洗い物をする時間、さらにはご飯の準備をする時間などもテレビを見せていれば、泣くこともなく静かにしているので助かっているというお母さんもたくさんいます。

お母さんは、赤ちゃんのお世話をしながらも、その他の家事をこなしていかなければなりませんので、特に後追いが始まってしまう時期の赤ちゃんなどは、テレビを見せていればお母さんも安心して家事をすることができるのも事実です。

お友達との会話に困らない

赤ちゃん向けの番組をお母さんも知ることによって、ママ友との会話が弾むメリットがあります。

またその他にも、赤ちゃんが1歳2歳と年齢を重ねるに従って、お友達も一緒に見ているような番組の歌を、子供たち同士で歌いながら一緒にダンスをするといった場面もあるでしょう。

まったくテレビを見せず、どのような番組が赤ちゃんに人気を集めているのかを知らなければ、ママ友との会話についていくことができません。

そういった部分では、多少なりともテレビを見せているほうがメリットになります。

テレビを見せるデメリット

テレビを見せるデメリット

では次に、テレビを赤ちゃんに見せる上でのデメリットについて、具体的に考えていきましょう。

メリットも多いテレビですが、赤ちゃんの視力の低下をはじめとして、その他にも考えられるデメリットが存在するのです。

サイレントベイビーのリスク

長時間テレビを見せてしまうことによって、赤ちゃんがサイレントベイビーになってしまうリスクが高くなります。

サイレントベイビーというのは、ニコニコとした表情などがなく、常に無表情でお母さんが声をかけたり、一緒に遊ぼうと思っても自分の意思表示もせず、常に大人しく静かにいる赤ちゃんのことをいいます。

他人から見れば泣くこともなく、おとなしくて子育てが楽だろうなどといわれることがありますが、サイレントベイビーは表情に乏しくなってしまい、コミュニケーションをとる上で困ることもあります。

赤ちゃんは、ニコニコと笑ったり泣いたりすることによってコミュニケーションを取り、さらには自分の意思表示をしていますので、このような意思表示がなくなってしまうのは赤ちゃんらしさ、そのものが失われてしまうといっても過言ではありません。

これはとても大きなデメリットになります。

脳が興奮しライフスタイルが乱れる

長時間にわたってテレビの画面を見続けてしまうのは、テレビからの電波さらには画像や音楽によって脳が興奮した状態になります。

このように脳が興奮した状態では、夜眠る時間になってもしっかりと寝付いてくれることが少なくなり、遅い時間まで夜泣きをしてしまうことや、テレビを消すともっとTVを見せてほしいと大泣きをしてしまうことがあります。

その結果、テレビをつけていなければおとなしくしてくれないという状況や、ご機嫌に眠ってくれないといった状況になってしまうことも考えられるのです。

外出する際や夜眠るときなどはテレビがない状態であっても、しっかりとメリハリのついた生活ができなければ困ります。

そのため、毎日長時間にわたってテレビを見せてしまうのは、赤ちゃんにとってデメリットだといえます。

テレビを見せないと癇癪を起こす

上でも少し触れていますが、食事の時間やその他にも来客があった時など、テレビを消してしまうと癇癪を起こして長々と泣いてしまうことや、その他にも、物に当たる、大きな声を出すといった状況になってしまうことがあります。

テレビをつけた瞬間におとなしくなり、テレビの画面に釘付けになってしまうという赤ちゃんもいます。

このような状況になってしまえば、常にテレビのある生活しかできなくなってしまうでしょう。

当然ですが、夜眠るときでもテレビを消してしまえばテレビに意識が向いてしまうため、素直に眠ってくれることもなく、赤ちゃんが満足するまでテレビを見せなければ、夜遅い時間でも構わず眠ってくれないという状況になります。

テレビと視力について

赤ちゃんにテレビを見せることは、メリットとデメリットもそれぞれが存在しています。

しかし、メリットではなくデメリットにフォーカスした場合には、やはりできるだけテレビを見せない方が良いといった判断になります。

また視力に関しても決して良い影響を与えるとはいえません。

視力が低下することは否めない

赤ちゃんにとってテレビの画面からの映像というのは、これから先、視力をどんどんアップさせていく中で、悪影響を与えてしまうのです。

色を覚えさせたり、その他にもキャラクターが動く点について、赤ちゃんが楽しそうにしていればさまざまな事を覚えるので、メリットばかりだと思ってしまうお母さんもいます。

しかしながら、テレビからのさまざまな色彩やキャラクター、さらには人物の動きにおいては、自然界に存在しているものではありませんので、画面を長時間見ることによって視力がどんどん低下していくのです。

美しい色などを覚えさせるのであれば、赤ちゃん専用のおもちゃを使用したり、その他にも自然界に存在している色で教えてあげましょう。

至近距離で見たからといってすぐに視力が悪くなるわけではありませんが、長時間見れば見るほどそのリスクは高くなります。

そして、その習慣が身についてしまうと、さらに視力に悪影響を与えることになります。

また、テレビ画面に近い状態でテレビを長時間見ていると、視力が低下するだけでなく、近視になってしまうことや、乱視になってしまうことも否めません。

視力が落ちると小さな頃からメガネが必要に

赤ちゃんの時にテレビを長時間見てしまい視力が低下すると、小さい時からメガネを使用しないと生活ができない状況になってしまうこともあります。

小さな子供に眼鏡をかけさせるというのは、子供にとって大きなストレスになるのです。

また、メガネをした生活は、転んでしまいレンズが割れた時の怪我のリスクや、その他にも色々な遊びをする場面では邪魔になってしまい、ストレスを与えることになります。

眼鏡をかけた状態で視力がアップするということは、ほとんどありません。基本的にはメガネをして生活をしていると、視力はどんどん低下していくものです。

そのため、大人になるまでの間には視力が更に低下してしまい、レンズの度数などもあがってしまうでしょう。

近視や乱視などを併発してしまい、裸眼での生活が厳しくなってしまうこともあります。

視力が低下し転ぶことが増える

赤ちゃんがテレビを見過ぎてしまい視力が低下すると、家の中でも外であっても転ぶことが増えてしまいます。

足元が見えにくい状況になるので、石につまずいて転んでしまったり、その他にも、ちょっとした段差に気がつかず転んでしまい、怪我をするといったリスクも高くなります。

例外のケースもあります

上記のように赤ちゃんにテレビを見せすぎてしまうというのは、決して良いことではありません。

ただし例外のケースもあり、赤ちゃんが弱視であった場合には、ある程度視力が出てくるまで、積極的にテレビを見せるといったアドバイスを受けることがあります。

弱視の場合にはピントを合わせるための筋力の働きが弱いので、テレビの画面などをたくさん見せて、沢山のものを見るといった力を強化していくのです。

しかし、これはあくまでも弱視といった例外になりますので、そうでない場合には、赤ちゃんの視力低下を防ぐためテレビは短時間にとどめるというのがベストになります。

またテレビを見せる場合には必ず電磁波や明るさなどを調節し、目に対しての負担を軽減するようなフィルムをテレビに貼りましょう。

赤ちゃんにテレビを見せる時の注意点

見せる時の注意点

赤ちゃんには絶対にテレビを見せてはいけないというわけではありません。しかしながら、赤ちゃんにテレビを見せるのであれば、フィルムを使用するなどの他にも、いくつか注意点があります。

長時間は見せない

こちらは当然のことになりますが、長時間にわたって赤ちゃんにテレビを見せてしまう事は避けましょう。

赤ちゃん向けの番組だけでなく、その後も大人が見る番組を一緒になって見ている状況になると、常にテレビの画面を見ていることになってしまいます。

また、赤ちゃんは気に入った番組を何度見ていても飽きずに楽しそうにしていますが、その分視力の低下を招いてしまう可能性が高くなります。

どうしても必要な時や、赤ちゃんがとても気に入っている番組の時のみテレビを見せて、その他の時間は可能な限りテレビのスイッチを切っておきましょう。

ボリュームは控えめにする

赤ちゃんにテレビを見せる際には、画面から離れた場所で見せてあげるということも大切になります。

同時にボリュームも控えめにすることも必ず意識してください。あまりにも大きなボリュームでテレビをみていると、視力の低下を招くだけでなく、聴力にも悪影響を与えてしまいます。

大きなボリュームでなければ、さまざまな音声などを聞き取ることができなくなり、成長するに従って難聴になってしまうこともあります。

そのため小さなボリュームでテレビを見るということも日常的に注意していきましょう。

一緒にテレビを楽しむ

赤ちゃんがテレビを見るときには、サイレントベイビーになってしまうことを防ぐため、お母さんも一緒になってテレビを楽しんでください。

子供向けの番組などを見る際にも、赤ちゃんに話しかけながら一緒にダンスをしたり、一緒にお歌を歌ってあげるといった工夫が必要になります。

家事などをするために助かるからといって、赤ちゃんが1人だけで静かにテレビを見ているといった状況はできるだけ避けましょう。

赤ちゃんの視力は外の景色で

いかがでしょうか?赤ちゃんにテレビを見せることは、視力低下を招いてしまう原因となります。

そのため、赤ちゃんの視力を伸ばすためにも、外の景色をたくさん見せてあげましょう

公園にお出かけしたり、その他にも、お散歩をして外の景色を見ることで赤ちゃんの視力はぐんぐん伸びていきます。

また、電磁波の影響によって脳が興奮してしまう状況も避けることができるため、テレビを見ながら楽しむことよりも、お散歩や近所の公園で遊ぶということに楽しみを感じられるようなライフスタイルを心がけましょう。

この記事が役に立ったらシェアしよう!


はじめての方はこちら!

葉酸サプリタイアップキャンペーン開催中

人気ブランドの葉酸サプリをお得にGETする大チャンス!ココマガ読者さまだけの限定特典をご用意していただきました。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 300円OFFクーポン!はこちら
  • 定期2,980円

キングオブ葉酸!ベルタ葉酸サプリ

  • 酵素サプリプレゼント!
  • 定期3,980円

妊活におすすめ!ママナチュレ

  • たんぽぽ茶プレゼント!
  • 初回3,980円
葉酸サプリの選び方を見る

産後・育児のカテゴリー

産後授乳・母乳育児
新生児赤ちゃんとお出かけ赤ちゃんのお世話
赤ちゃんのスキンケア赤ちゃんの成長赤ちゃんの病気
育児グッズ寝かしつけ幼児教育
しつけ・コミュニケーション子育て費用・助成金マタニティブルー・産後うつ
産後ダイエット・骨盤矯正産後の仕事産後の手続き
産後の抜け毛産後の美容産後の食事
産後授乳・母乳
育児新生児
赤ちゃんとお出かけ赤ちゃんのお世話
赤ちゃんのスキンケア赤ちゃんの成長
赤ちゃんの病気育児グッズ
寝かしつけ幼児教育
しつけ・コミュニケーション子育て費用・助成金
マタニティブルー・産後うつ産後ダイエット・骨盤矯正
産後の仕事産後の手続き
産後の抜け毛産後の美容
産後の食事

スポンサードリンク

目次
をみる
関連記事
をみる