新生児のあくびに隠れた病気のサイン!あくびが多い時は要注意

新生児のあくびに隠れた病気のサイン!あくびが多い時は要注意



赤ちゃんがする「あくび」ってかわいいものです。

しかし、かわいいと思って見ていたら、実は病気のサインだった・・・なんてことがあります。まだ言葉で話せない新生児だからこそ、仕草の一つひとつには、思わぬ理由が隠れている場合があります。

そこで今回は、

・あくびはどんな時にでるの?
・新生児のあくびで考えられる病気を教えてほしい!
・新生児のあくびってよくないの?

といった方に、どうして赤ちゃんのあくびに注意が必要なのか、新生児のあくびに隠れた病気のサインを詳しくご説明していきます。

そもそも「あくび」はどうして出るの?

そもそも「あくび」はどうして出るの

あくびが出るのはどんなときでしょう。おそらく大半の方が、「寝不足・睡眠不足」のときと答えます。しかし、大事な会議や仕事中、もしくは誰かと会話しているときにもあくびが出てしまった、という経験はないですか。

あくびは眠いときだけではなく、緊張しているときにも出ます。そして、そんな「どうしてあくびが出るのかわからない」ときこそ、実は要注意なのです。

あくびが出る原因はいくつかあり、場合によっては病気の症状としてあらわれることもあります。大人のあくびにも、病気のサインが潜んでいるかもしれないのです。

あくびが出る原因を知ろう

あくびが出る原因を知ろう

残念ながら、あくびについてはそのメカニズムはまだよくわかっていません。あくびが出る原因はいくつか考えられますが、体の不調が原因である場合と、一時的に出る場合があります。

眠くて出るあくびは放っておけばとまりますが、体調が悪いと何度も繰り返し、あくびが出ることがあります。まずはあくびが出るシチュエーションをみていきましょう。

眠いとき/退屈なとき

これまで、睡眠不足で眠たいとき、もしくはその状況を退屈だと感じているときは脳への血流が一時的に低下しているため、あくびをすることで酸素をたくさん取り入れ、脳内の血流を良くしていると考えられてきました。

しかし、様々な実験や研究の結果、この説は否定されつつあります。

その他にも、口を大きく開けることで、顔の筋肉が刺激され、その刺激が大脳に伝わり、瞬間的ではありますが、意識を張り詰めることができるとい説もあります。

しかし、いずれにせよ新生児にはおそらく「退屈」と感じるほどの感情の分化はないので、赤ちゃんのあくびは、このパターンは当てはまりません。

緊張しているとき

あくびは、気持ちが緩んでいるときだけでなく、逆に緊張しているときにも出ます。この理由は、緊張をほぐすために脳から送られた信号があくびとして発生するのです。

人が緊張状態のときには、交感神経(自律神経のひとつで、緊張・活動・ストレス状態にあるときに働く神経)が優位になっています。

つまり、その緊張状態から少しでも開放されるために、副交感神経(これも自律神経のひとつで、休んでいる・リラッス状態に働く神経)の方にバランスが傾くために、あくびが出ると考えられています。

度合いによりますが、緊張してあくびが出るのは、極度の緊張状態のときです。赤ちゃんのあくびも緊張が関係している可能性があります。

脳の温度調節

脳内はたいへん体温が上がりやすいため、呼吸により外の空気を脳に取り入れ、温度を下げるようとします。その呼吸法のひとつとして、あくび出ることがあります。

外温が関わりますので、脳が温度調節をしやすい空気の冷たい冬の方が、夏よりあくび出る確率が上がると考えられています。

人からうつるあくび

あくびしている人を見て、あくびが出てしまった経験はないでしょうか。この現象が科学的にも実証されていて、人間だけではなく動物でも同じ現象が起こります。

あくびがうつるのは、感情や行動移入が関係していて、あくびをしている人を見ると反射的にあくびが出てしまうのです。

つまり、感情移入ができるほど、その人への関心と共感性があれば、小さな子どもでも、もらいあくびをしてしまうのです。
実際に、他者への関心が薄い自閉症児はあくびがうつりにくいという実験結果もあります。

脳には感情移入をつかさどる部分があり、その部分が反応することで、反射的にあくびが出るのです。この感情移入は、他人よりも知り合いや家族など、親しい人ほど高い確率であくびがうつるとされています。

病気のときに出るあくび

最初にも触れましたが、あくびは病気の症状として出ることもあります。眠いときや脳の温度調節など、本来あくびは自然に出るものです。

しかし、不自然にあくびを繰り返す「生あくび」の場合はもしかしたら病気の症状としてあらわれている可能性もあります。

大人であれば、睡眠障害、低酸素血症、脳梗塞、狭心症、自律神経失調症、更年期障害などの病気が挙げられますが、子どもが生あくびをしている場合には、どんな病気が隠れているのでしょうか。

新生児のあくびにはこんな病気が

上記でも触れましたが、通常のあくびとは異なり、眠気や緊張などが理由ではないあくびのことを「生あくび」といいます。新生児が生あくびをするときは、病気のサインの可能性子供の生あくびには要注意もあるので注意が必要です。

自家中毒

子どもの場合は、自分の症状を伝えるのが難しいので、ママが観察してあげる必要があります。生あくびが増えたな、と思ったら気をつけなければいけないのは「自家中毒」です。

自家中毒とは、元気だった子どもが「急に嘔吐してぐったりして、また元気になる」というのを繰り返す病気です。数日間何度も吐き続けたと思ったらケロッと治ってしまうのが特徴で、再発を繰り返すことも少なくありません。

自家中毒には、体内で脂肪を分解してエネルギーを作る際に、副産物として生成されるケトン体という物質が関係していますが、このケトン体が血液中で増加しすぎると、一種の中毒症状を起こして吐き気をもよおしてしまうのです。

代謝機能が未熟な子供が発症しやすく、主に2~10歳くらいの子どもに発症する病気です。何度も嘔吐を繰り返すことから「周期性嘔吐症」や、その仕組みから「アセトン血性嘔吐症(ケトン血性嘔吐症)」とも呼ばれます。

生あくびは、自家中毒の前触れとして見られることがあります。子どもが頻繁にあくびをするようであれば、体調不良を訴えなくても、よく様子を観察して、何らかの症状がある場合は病院を受診しましょう。

自家中毒は赤ちゃんよりも少しお兄さん、お姉さんになった年頃の子どもが発症する病気なので、新生児の場合ではまずないでしょう。

胃腸トラブル

新生児のあくびにはこんな病気が

小さい子が生あくびをするときというのは、吐き気などで「気持ちが悪い」「体調が悪い」のサインの可能性があります。また、胃腸が弱っていることも考えられます。

そういったときは食欲もないので、総合的に判断して気付いてあげられるようにしましょう。また、無理に食べさせると逆効果なので、その前に医師に相談するのが一番です。

熱中症

生あくびは、初期の熱中症の症状の一つでもあります。

熱中症とは、暑い環境で体温調整がとれなくなることで体に熱がこもってしまう症状です。特に新生児は体温調節機能がまだ十分に発達していないので、熱中症には要注意です。
熱中症になった場合は、水分補給と体を冷やすことが大切です。

舌癒着症

舌癒着症とは、癒着症という名前のとおり、通常ならば離れているべき(くっついていてはいけない)ポイントで、舌とその他の粘膜が癒着している状態の病変を指します。

正式名称は「先天性舌癒着症、喉頭蓋・喉頭偏位症」といいますが、どちらも、あまり馴染みのない病名だと思います。

舌癒着症は、先天的に舌のつけ根が前に位置するので、舌の後ろにある喉頭蓋・喉頭が前上方に引っ張られ曲がっている状態です。

このままの状態だとおっぱいやミルクがうまく飲めません。
また、舌癒着症の赤ちゃんは、鼻と咽頭をつなぐ器官が癒着した舌で塞がれてしまうので、自然と口呼吸が多くなりがちです。口呼吸が多くなると、寝つきが悪かったり、いびきや睡眠時無呼吸症となる場合もあります。

こうした状態だと浅い睡眠が続き、ただでさえエネルギー消費の激しい赤ちゃんにとっては大きな負担となり、生あくびが増えるとされています。

舌癒着症は、先天的な病気です。母体の中で体を形成されている時、つまり胎児期の成長過程で、口腔内の舌と粘膜が分離不全を起こすことが原因です。

症状が強く出る場合には、まずは近隣の医師に相談してみましょう。

まとめ

新生児のあくびをするときは、眠い時や緊張している時などの生理現象であり、ほとんどは問題があるものではありません。
しかし、生あくびの場合は病気のサインである可能性もあるので注意が必要です。

赤ちゃんが何度も生あくびをしている場合は、赤ちゃんの体調に注意して見守るようにしましょう。心配な場合はかかりつけの病院に相談してください。

この記事が役に立ったらシェアしよう!


葉酸サプリタイアップキャンペーン開催中

人気ブランドの葉酸サプリをお得にGETする大チャンス!ココマガ読者さまだけの限定特典をご用意していただきました。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 300円OFFクーポン!はこちら
  • 定期2,980円

キングオブ葉酸!ベルタ葉酸サプリ

  • 酵素サプリプレゼント!
  • 定期3,980円

妊活におすすめ!ママナチュレ

  • たんぽぽ茶プレゼント!
  • 初回3,980円
葉酸サプリの選び方を見る

はじめての方はこちら!

赤ちゃんの基礎知識のカテゴリー

新生児(生後0ヶ月)生後1・2・3・4ヶ月生後5・6・7・8か月
生後9・10・11・12か月赤ちゃんのスキンケア赤ちゃんとの家での過ごし方
赤ちゃんとのお出かけ赤ちゃんの成長・発達寝かしつけ・夜泣き
離乳食・赤ちゃんの食事育児に便利なサービス・アプリ二人目育児
赤ちゃんの便秘ベビーカー抱っこ紐・おんぶ紐
絵本ベビー服ベビーシート・チャイルドシート
おもちゃ保険
新生児(生後0ヶ月)生後1・2・3・4ヶ月
生後5・6・7・8か月生後9・10・11・12か月
赤ちゃんのスキンケア赤ちゃんとの家での過ごし方
赤ちゃんとのお出かけ赤ちゃんの成長・発達
寝かしつけ・夜泣き離乳食・赤ちゃんの食事
育児に便利なサービス・アプリ二人目育児
赤ちゃんの便秘ベビーカー
抱っこ紐・おんぶ紐絵本
ベビー服ベビーシート・チャイルドシート
おもちゃ保険
目次
をみる
関連記事
をみる