妊娠中・産後の敏感肌に注意して!控えたい化粧品の成分とは




赤ちゃんが生まれる前からすでに体は赤ちゃん中心の機能にシフトし、変化を始めます。その変化に伴い、つわりや腰痛、便秘などのトラブルが連続でやってきます。

特に敏感肌は、出産後も続く場合がほとんどです。そんなときに困ってしまうのが、肌のお手入れで使用する基礎化粧品です。それまで使用していた化粧品が合わなくなることが大半なので、選び直すママも多いでしょう。

そこで今回は、

・妊娠したら化粧品が合わなくなった
・化粧品での赤ちゃんへの影響が気になる
・妊娠中・産後の敏感肌の化粧品の選び方を知りたい

という方に、妊娠中・産後の敏感肌になる原因と、使用を控えたい化粧品の成分について詳しくご紹介していきます。

関連記事
>>妊娠中の化粧品は「オーガニック・無添加・天然由来」どれがいい?
>>妊娠中はやっぱりオーガニック化粧品!失敗しない選び方と注意点

妊娠中の敏感肌の原因

妊娠中に起こる敏感肌の原因を知っておけば化粧品に頼るだけではない対策もとることができます。敏感肌に考えられる原因について詳しくご紹介していきます。

ホルモンバランス

妊娠すると、程度に差はありますが肌の乾燥や肌質が急に変わったことを感じるママがほとんどです。妊娠中の敏感肌の原因には妊娠によるホルモンバランスの変化が挙げられるからです。

ホルモンがバランスを崩してしまうのは黄体ホルモン(プロゲステロン)と卵胞ホルモン(エストロゲン)と呼ばれる2つのホルモンが、妊娠するとどちらか一方の分泌が増えてしまうことに起因しています。

妊娠初期は黄体ホルモンが子宮を整え、赤ちゃんを育てやすいように体を整えていくために分泌が多くなります。流産をしないようにする役割も持っているので黄体ホルモンの分泌は安定期に入るまで続きます。

安定期に入ると産後に備えて体は準備を始めるので卵胞ホルモンの分泌が増します。このことから、妊娠中はずっと黄体ホルモン(プロゲステロン)と卵胞ホルモン(エストロゲン)のバランスが崩れた状態になります。

卵胞ホルモンはバリア機能を強化する役割を持っていますから、卵胞ホルモンの分泌が極端に少ない妊娠初期は、敏感肌になりやすい特徴があります。

体調・肌質の変化

妊娠中はホルモンバランスが崩れることにより起こる、つわりなどのマイナートラブルで食事ができなくなってしまったり、便秘やむくみなど体の不調も後を絶ちません。

初めての妊娠の場合には、出産への不安や情緒不安定になってしまうことも多く、心身共に疲れやすい状態です。そうした体調が本調子でないのも敏感肌の原因になり、肌の刺激に対する抵抗力が下がってしまっています。

お腹にいる赤ちゃんのため、体で集められる水分と栄養を赤ちゃんへ送ってしまうので、妊娠中は急に肌質も変化し、乾燥しやすくなります。水分不足で肌が乾燥してしまうと肌のバリア機能も弱まってしまい敏感肌になりやすいのです。

産後の敏感肌の原因

妊娠中には大きく体質が変わりますが、産後すぐに体質が戻るわけではなくしばらくは注意が必要です。産後の敏感肌の原因を知ってケアに役立てましょう。

回復が追いつかない

産後もホルモンバランスの変化に苦しめられます。妊娠中と異なるのは、ホルモンの分泌が増えるのではなく、激減することです。

産後の6~8週間くらいは産褥期と呼ばれる母体が普段通りの状態に戻ろうと、出産後のダメージを回復させながら少しずつ変化をしています。このときは肌のバリア機能は低下したままの状態です。そのため、肌は刺激に敏感な状態が続きます。

ホルモンバランスが変化を起こしているため、肌を新しくキレイに生まれ変わらせてくれる肌の新陳代謝(タ―ンオーバー)もスムーズにできませんから、肌がボロボロの状態が長く続いてしまいます。

育児ストレス

妊娠中と産後の違う点は、生活環境も挙げられます。赤ちゃんとの新生活を迎えるからです。夫婦2人の生活と、赤ちゃんが加わった生活はやはり勝手が違います。

特にママは慣れない育児を回復していない体で行うわけですから、体には相当な負担がかかるのです。育児をしっかりしようとするプレッシャーや赤ちゃん中心の生活で睡眠不足にもなりやすく、疲れだけでなくストレスも感じやすいです。

1つ1つは小さなものですが、体の疲労やストレスが積み重なると、肌のバリア機能は低下します。肌のケアが疎かになってしまう時期でもあるため、敏感肌が悪化してしまいがちで注意が必要です。

基礎化粧品によるスキンケアが必要

敏感肌になる原因をみると、疲れやストレスなどによる体調やホルモンバランスの増減が関わっていることがわかります。

疲れやストレスは体調管理に気をつけたり、自分に合ったストレス解消法でも対応できますが、ホルモンバランスの変化は生理的なものが大きな原因である以上、基礎化粧品によるスキンケアが必要不可欠です。

使ってはいけない化粧品の成分

妊娠中、産後に使用する化粧品を選ぶポイントとしては大まかに、敏感肌に優しい低刺激であることと、赤ちゃんに悪影響のない成分を使用していることの2点があります。

化粧品は肌に塗るものなので薬などを飲用するより影響は少ないものの、赤ちゃんへの影響を考慮するのは肌に浸透した成分が、血液を巡って赤ちゃんまで届くからです。

低刺激な化粧品でも妊娠中、産後は避けておきたい成分が配合されていることは少なくありません。妊娠中、産後に避けておきたい成分を知り、安心して使用できる化粧品を選びましょう。

パラベン

化粧品の防腐剤として配合されるパラベンは、2001年まで過去にアレルギーなど皮膚に影響を与える成分のため表示が義務付けられた「指定成分」の1つでしたが、現在では石油系の界面活性剤のように皮膚のバリアを破壊して、皮膚内部に侵入することはないとして市販の化粧品のほとんどに防腐剤として配合されています。

メチルパラベンなど種類によっては少量でも持続性が高いことや、比較的安価に済むという理由や、毒性も低いことで皮膚への影響は少ないと考えられているようです。妊娠するまで市販の化粧品を使用していたママから検出されることもあります。

しかし、パラベンは体内で蓄積されていると妊娠中は赤ちゃんの成長の阻害、出産後も赤ちゃんに肥満の傾向が強いようです。更に、刺激が強い成分なので、肌が敏感になっている妊娠中などはパラベンが配合された化粧品は避けましょう。

ハイドロキノン

妊娠中や産後は敏感肌だけでなく、ニキビやシミ、肌荒れなどさまざまな肌トラブルが起こります。そのため、肌を少しでもキレイにしようと美白成分が配合された化粧品を選ぶママもいます。ハイドロキノンは美白効果が高い成分の1つで、メラニン細胞を抑制する働きを持つ美白化粧品やサプリメントなどには必ず含まれている成分です。

しかし、効果が大きい分だけ扱いに注意が必要な成分でもあり、高濃度ハイドロキノンの化粧品では塗った部分だけに白班ができてしまうケースがあり、3%以上の高濃度のハイドロキノンが配合されている化粧品は避けましょう。

日本では、5%までの濃度であれば化粧品への配合が認められてしまっているので、敏感肌用と宣伝されていたとしても自分でもう1度、表示を確認しましょう。

ビタミンA

ビタミンAは化粧品の成分としてはレチナール、トレチノイン、レチノールの3つで表記されています。ビタミンAは人間が生きていく上でなくてはならない栄養素の1つで、主な働きは目の健康維持や骨や歯の成長に関わるといった組織形成、風邪の予防などですが、肌に関係している効果として皮膚を正常に保ってくれる働きを持っています。

ビタミンAは体に必要な栄養成分ですが、摂り過ぎると体に良くありません。これは肌にもいえることで、つけ過ぎることで肌から過剰に摂取したビタミンAが胎児の催奇形リスクを上げてしまいます。

肌の乾燥や唇のひび割れを起こすといわれているので、敏感肌に使用すると更に荒れてしまう可能性があります。使用を避けるか、もしくは使用量に注意することが必要です。

フェノシキエタノール

防腐剤の一種で、パラベンに比べ危険性が低いことからパラベンの代わりの防腐剤として配合される化粧品が増えてきています。しかし、安全といいきれるわけではなく過剰に使用してしまうのは避けるべきといわれています。

フェノキシエタノールは殺菌力がとても強い成分なので、敏感肌になってしまっている妊娠中や産後は殺菌力が強すぎて肌を傷つけてしまう可能性もあります。また、蒸発するとのどに悪影響を与えるともいわれているので注意しましょう。

その殺菌力から、化粧品に配合する際には全成分に対して1%以内と決められています。フェノキシエタノールが配合されていないもの、もしくは配合されていたとしても少量の化粧品を選びましょう。

エッセンシャルオイル(精油)

肌に優しいからと言って、それが必ずしも安全ではありません。エッセンシャルオイルと呼ばれる植物由来の成分だけを使用したオーガニック化粧品にも注意すべき点があります。天然成分のみなので肌に優しく、赤ちゃんにも安心といわれていますが、天然成分にも使用を避けたい成分はあります。

防腐剤の代わりに使用されるローズマリーや、カモミールやペパーミントなどは馴染みの香りで好きな人も多いですが、それらのハーブは使用することで流産をしやすくなってしまったり、赤ちゃんの発達障害、催奇形性のリスクが高くなるなど使用には注意が必要です。

天然成分なので、体質的に合わなければアレルギー反応で肌荒れをしてしまうこともあります。オーガニックなど自然由来で安心とうたっている成分でも、確認をしましょう。

サリチル酸

医薬品でも使用される成分ですが、化粧品では表示指定成分の1つに挙げられています。高い抗菌作用と殺菌作用を持っていることから化粧品では防腐剤としても配合されている成分で、皮膚上の雑菌の抑制もしてくれます。

そのため、荒れた肌のニキビ予防にも効果がありますが、その殺菌効果の高さから妊娠中や産後の敏感肌になっている時期に使用すると刺激が強すぎて、肌の炎症や乾燥を引き起こしてしまう場合もあります。

高い濃度のサリチル酸は赤ちゃんの催奇形性のリスクもあるとされています。配合濃度によっては心配ないとの見方もありますが、使用の際には注意しましょう。

まとめ

妊娠中に避けたい成分を、産後なら使用しても大丈夫だとはいいきれません。妊娠中は、お腹に赤ちゃんもいるからこそ化粧品に含まれる成分の影響が心配ですが、産後でも赤ちゃんはママのおっぱいを飲みますから結局のところ、ママが摂取した成分が赤ちゃんへと渡るからです。

化粧品を塗った肌に赤ちゃんが触らないともかぎりませんし、舐めてしまうこともあるでしょう。避けたい成分は妊娠中だけでなく産後も継続して気をつけましょう。

これらの成分を全て避けたとしても、体質の問題がありますから肌が荒れない保証はできません。体に良いといわれている成分で荒れてしまうこともありますから、使用前にはパッチテストを行って肌の反応を見てから使い始めましょう。避けたい成分を確認して、赤ちゃんがいても安心な化粧品を選びましょう。

この記事が役に立ったらシェアしよう!


はじめての方はこちら!

葉酸サプリタイアップキャンペーン開催中

人気ブランドの葉酸サプリをお得にGETする大チャンス!ココマガ読者さまだけの限定特典をご用意していただきました。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 300円OFFクーポン!はこちら
  • 定期2,980円

キングオブ葉酸!ベルタ葉酸サプリ

  • 酵素サプリプレゼント!
  • 定期3,980円

妊活におすすめ!ママナチュレ

  • たんぽぽ茶プレゼント!
  • 初回3,980円
葉酸サプリの選び方を見る

妊娠のカテゴリー

妊娠初期妊娠中期妊娠後期
アルコールカフェインストレス解消
つわりマタニティブルー・産後うつ便秘・下痢
冷え・むくみ腹痛・お腹の張り妊婦検診・検査
妊娠中のおしゃれ妊娠中のスキンケア妊娠中の仕事
妊娠中の体重管理妊娠中の外出・旅行妊娠中の家での過ごし方
妊娠中の病気妊娠中の運動妊娠中の食事
妊娠中の栄養葉酸サプリ妊娠線・妊娠線予防
出産出産予定日出産準備
陣痛・おしるし高血圧・低血圧高齢出産
妊娠初期妊娠中期
妊娠後期アルコール
カフェインストレス解消
つわりマタニティブルー・産後うつ
便秘・下痢冷え・むくみ
腹痛・お腹の張り妊婦検診・検査
妊娠中のおしゃれ妊娠中のスキンケア
妊娠中の仕事妊娠中の体重管理
妊娠中の外出・旅行妊娠中の家での過ごし方
妊娠中の病気妊娠中の運動
妊娠中の食事妊娠中の栄養
葉酸サプリ妊娠線・妊娠線予防
出産出産予定日
出産準備陣痛・おしるし
高血圧・低血圧高齢出産

スポンサードリンク

目次
をみる
関連記事
をみる