妊娠中・産後の敏感肌に注意して!控えたい化粧品の成分とは



妊娠中はホルモンバランスの急激な変化に伴い、つわりやめまい、便秘などの症状が起こりやすく、体型も変化することで腰痛に悩まされるママも少なくありません。

そんな妊娠に伴うトラブルの一つである敏感肌は、出産後も続く場合があります。

そんなときに困ってしまうのが、肌のお手入れで使用する基礎化粧品です。それまで使用していた化粧品が合わなくなることがあるので、選び直すママも多いでしょう。

そこで今回は、

・妊娠したら化粧品が合わなくなった
・化粧品での赤ちゃんへの影響が気になる
・妊娠中・産後の敏感肌の化粧品の選び方を知りたい

という方に、妊娠中・産後の敏感肌になる原因と、使用を控えたい化粧品の成分について詳しくご紹介していきます。

妊娠中の敏感肌の原因

妊娠中はなぜお肌が敏感になりやすいのでしょうか?敏感肌に考えられる原因について詳しくご紹介していきます。

ホルモンバランス

妊娠中の敏感肌の原因には妊娠によるホルモンバランスの変化が挙げられます。

これは、黄体ホルモン(プロゲステロン)と卵胞ホルモン(エストロゲン)と呼ばれる2つの女性ホルモンが、妊娠すると急激に上昇することに起因します。

卵胞ホルモンは潤いをキープして、お肌の状態を美しく保つ作用があります。

一方、黄体ホルモンは皮脂の分泌を促し、肌の状態を悪くしてしまう作用を持ちます。

生理前に肌荒れに悩む女性が多いのは、この黄体ホルモンが生理前に多く分泌されるからです。

妊娠中は卵胞ホルモンも多く分泌されますが、黄体ホルモンも多くなるため肌トラブルが起こりやすくなるのです。

体調・肌質の変化

妊娠中はホルモンバランスが崩れることにより起こるつわりなどで、マイナートラブルでの食事ができなくなってしまったり、便秘やむくみになったりと体の不調が後を絶ちません。

初めての妊娠の場合には、出産への不安や情緒不安定になってしまうことも多く、心身共に疲れやすい状態です。

そうした体調が本調子でないのもストレスを引き起こして肌トラブルの原因になります。

また、妊娠中は脱水になりやすく、水分不足が原因で肌が乾燥してしまうと肌のバリア機能も弱まってしまい、敏感肌になりやすいのです。

産後の敏感肌の原因

妊娠中はホルモンバランスの原因など、産後すぐに元の状態に戻るわけではなくしばらくは注意が必要です。産後の敏感肌の原因を知ってケアに役立てましょう。

回復が追いつかない

産後もホルモンバランスの変化に苦しめられます。妊娠中と異なるのは、ホルモンの分泌が増えるのではなく、激減することです。

お肌を良い状態に保つ卵胞ホルモンの分泌量も激減するため、肌がボロボロの状態が長く続いてしまいます。

本格的にホルモンバランスが元に戻るのは産後半年~1年ほどとされていますので、それまではより丁寧な対策が必要です。

育児ストレス

生活環境の変化も敏感肌の原因として挙げられます。夫婦2人の生活と、赤ちゃんが加わった生活はやはり勝手が違います。

特にママは、慣れない育児を回復していない体で行うわけですから、体には相当な負担がかかるのです。育児をしっかりしようとするプレッシャーや赤ちゃん中心の生活で睡眠不足にもなりやすく、疲れだけでなくストレスも感じやすいです。

1つ1つは小さなものですが、体の疲労やストレスが積み重なると、お肌の状態は悪くなります。肌のケアが疎かになってしまう時期でもあるため、敏感肌が悪化してしまいがちで注意が必要です。

基礎化粧品によるスキンケアが必要

敏感肌になる原因をみると、疲れやストレスなどによる体調やホルモンバランスの増減が関わっていることがわかります。

疲れやストレスは体調管理に気をつけるなど、自分に合ったストレス解消法でも対応できますが、ホルモンバランスの変化は生理的なものが大きな原因である以上、基礎化粧品によるスキンケアが必要不可欠です。

使ってはいけない化粧品の成分

妊娠中、産後に使用する化粧品を選ぶポイントとしては大まかに、敏感肌に優しい低刺激であることと、赤ちゃんに悪影響のない成分を使用していることの2点があります。

化粧品は肌に塗るものなので薬などを飲用するより影響は少ないものの、赤ちゃんへの影響を考慮するのは肌に浸透した成分が、血液を巡って赤ちゃんまで届いてしまう可能性が否定できないためです。

また、産後は顔に付けた化粧品が抱っこのときに赤ちゃんの口に入ってしまうこともあります。

低刺激な化粧品でも妊娠中、産後は避けておきたい成分が配合されていることは少なくありません。
妊娠中、産後に避けておきたい成分を知り、安心して使用できる化粧品を選びましょう。

パラベン

化粧品の防腐剤として配合されるパラベンは、2001年まで過去にアレルギーなど皮膚に影響を与える成分のため、表示が義務付けられた「指定成分」の1つでしたが、現在では石油系の界面活性剤のように皮膚のバリアを破壊して、皮膚内部に侵入することはないとして化粧品に配合されています。

メチルパラベンなど種類によっては少量でも持続性が高いことや、比較的安価に済むという理由や、毒性も低いことで皮膚への影響は少ないと考えられています。

しかし、パラベンは体内で蓄積されていると妊娠中は赤ちゃんの生殖器の発育を阻害することが知られています。

さらに、刺激が強い成分なので、肌が敏感になっている妊娠中などはパラベンが配合された化粧品は避けましょう。

ハイドロキノン

妊娠中や産後は敏感肌だけでなく、ニキビやシミ、肌荒れなどさまざまな肌トラブルが起こります。

そのため、肌を少しでもキレイにしようと美白成分が配合された化粧品を選ぶママもいます。

ハイドロキノンは美白効果が高い成分の1つで、メラニン色素の酸性に必要な酵素を抑制する働きを持ち、美白化粧品に多く含まれています。

しかし、効果が大きい分だけ扱いに注意が必要な成分でもあり、高濃度ハイドロキノンの化粧品では塗った部分だけに白班ができてしまうケースがあり、3%以上の高濃度のハイドロキノンが配合されている化粧品は避けましょう。

日本では、5%までの濃度であれば化粧品への配合が認められてしまっているので、敏感肌用と宣伝されていたとしても自分でもう1度、表示を確認しましょう。

特に海外のものは、濃度の高い物があるので気をつけてください。

ビタミンA

ビタミンAは化粧品の成分としてはレチナール、トレチノイン、レチノールの3つで表記されています。

ビタミンAは人間が生きていく上でなくてはならない栄養素の1つで、主な働きは目の健康維持や骨や歯の成長に関わるといった組織形成、風邪の予防などですが、肌に関係している効果として皮膚を正常に保ってくれる働きを持っています。

ビタミンAは体に必要な栄養成分ですが、摂り過ぎると体に良くありません
肌からもビタミンAがは吸収されます。

肌から吸収される量はごく微量のため問題ないとされていますが胎児の催奇形リスクを上げてしまう可能性が否定できませんので、妊娠中は使用しない方が無難です。

また、肌の乾燥や唇のひび割れを起こすといわれているので、敏感肌に使用すると更に荒れてしまう可能性があります。使用を避けるか、もしくは使用量に注意することが必要です。

フェノシキエタノール

防腐剤の一種で、パラベンに比べ危険性が低いことからパラベンの代わりの防腐剤として配合される化粧品が増えてきています。しかし、安全といいきれるわけではなく過剰に使用してしまうのは避けるべきといわれています。

フェノキシエタノールは殺菌力がとても強い成分なので、敏感肌になってしまっている妊娠中や産後は殺菌力が強すぎて肌を傷つけてしまう可能性もあります。また、蒸発するとのどに悪影響を与えるともいわれているので注意しましょう。

その殺菌力から、化粧品に配合する際には全成分に対して1%以内と決められています。フェノキシエタノールが配合されていないもの、もしくは配合されていたとしても少量の化粧品を選びましょう。

エッセンシャルオイル(精油)

肌に優しいからと言って、それが必ずしも安全ではありません。エッセンシャルオイルと呼ばれる植物由来の成分だけを使用したオーガニック化粧品にも注意すべき点があります。天然成分のみなので肌に優しく、赤ちゃんにも安心といわれていますが、天然成分にも使用を避けたい成分はあります。

防腐剤の代わりに使用されるローズマリーや、カモミールやペパーミントなどは馴染みの香りで好きな人も多いですが、それらのハーブは使用することで子宮が収縮しやすくなることがあります。

また、天然成分なので、体質的に合わなければアレルギー反応で肌荒れをしてしまうこともあります。オーガニックなど自然由来で安心とうたっている化粧品でも、しっかり成分を確認しましょう。

サリチル酸

医薬品でも使用される成分ですが、化粧品では表示指定成分の1つに挙げられています。高い抗菌作用と殺菌作用を持っていることから化粧品では防腐剤としても配合されている成分で、皮膚上の雑菌の抑制もしてくれます。

そのため、荒れた肌のニキビ予防にも効果がありますが、その殺菌効果の高さから妊娠中や産後の敏感肌になっている時期に使用すると刺激が強すぎて、肌の炎症や乾燥を引き起こしてしまう場合もあります。

高い濃度のサリチル酸は赤ちゃんの催奇形性のリスクもあるとされています。配合濃度によっては心配ないとの見方もありますが、使用の際には注意しましょう。

まとめ

妊娠中に避けたい成分を、産後なら使用しても大丈夫だとはいいきれません。妊娠中は、お腹に赤ちゃんもいるからこそ化粧品に含まれる成分の影響が心配ですが、産後でも赤ちゃんはママのおっぱいを飲みますから結局のところ、ママが摂取した成分が赤ちゃんへと渡るからです。

化粧品を塗った肌に赤ちゃんが触らないともかぎりませんし、舐めてしまうこともあるでしょう。避けたい成分は妊娠中だけでなく産後も継続して気をつけましょう。

これらの成分を全て避けたとしても、体質の問題がありますから肌が荒れない保証はできません。

体に良いといわれている成分で荒れてしまうこともありますから、使用前にはパッチテストを行って肌の反応を見てから使い始めましょう。避けたい成分を確認して、赤ちゃんがいても安心な化粧品を選びましょう。

supervisor_image_url_2

監修:成田 亜希子(医師)

プロフィール:弘前大学卒業後、内科医として地域医療に従事。その傍ら、保健所勤務経験もあり、国立保健医療科学院での研修も積む。感染症や医療行政にも精通している。プライベートでは二児の母。

メディプラスゲルは忙しいママでもお肌のお手入れ楽々!

メディプラスゲル
・定期初回特別 約2ヶ月分+サンプルセット 2,996円(税込)
・定期通常価格 3,996円(税込)

スキンケアの時間がなかなかとれないママにおすすめなのが、化粧水・乳液・美容液・クリームが1本になったオールインワンゲル「メディプラスゲル」です。

温泉水そのものが化粧水としても使われている、美肌の湯「出雲玉造温泉水」の水を使用。

スクワランとアボカド油がお肌をやわらかくし、ヒアルロン酸・コラーゲン・セラミドなどの66種類の美容成分と、温泉水が内側からもっちりとしたお肌に導きます。

オールインワンでもしっかりとうるおいが持続するため、洗顔後たった3秒でスキンケアが完了。片手で使いやすい便利なポンプ式で、赤ちゃんを抱っこしながらでも使えます。

30日間の全額保証が付いており、定期しばりもないため、ぜひ気軽に試してみましょう。

詳細はこちら>>妊娠中〜産後の肌荒れはこれひとつでOK!?人気のオールインワンゲルの秘密とは

メディプラスゲル:公式サイト

この記事が役に立ったらシェアしよう!


ココマガ編集部厳選サプリ

ココマガが厳選した妊活サプリ、葉酸サプリをご紹介!お得なキャンペーンを実施中の商品もあるので、ぜひチェックしてくださいね。

男性用妊活サプリ「精育支援サプリ」

  • 精子観察キットがついてくる!
  • 定期3,582円
男性の妊活について詳しく知る

米仏でもNo,1獲得の葉酸サプリ「ララリパブリック」

  • 300円OFFクーポン!はこちら
  • 定期2,980円

キングオブ葉酸!ベルタ葉酸サプリ

  • 酵素サプリプレゼント!
  • 定期3,980円
葉酸サプリの選び方を見る

はじめての方はこちら!

妊娠周期ごとのまとめ記事

はじめての妊娠の方に、読んでもらいたい記事をまとめました。周期ごとのママや胎児の様子を把握しておきましょう。


妊娠のカテゴリー

妊娠報告・出産報告葉酸サプリ妊娠中のスキンケア
妊娠中のファッション妊娠中の外出・旅行妊娠中の家での過ごし方
妊娠中の運動妊娠線妊娠中に便利なサービス・アプリ
妊娠中の仕事妊娠中の服薬妊娠中の飲酒
妊娠中のカフェイン妊娠中の体重管理妊娠中の栄養・食事
妊婦健診産休・育休産院選び
保険胎動
妊娠報告・出産報告葉酸サプリ
妊娠中のスキンケア妊娠中のファッション
妊娠中の外出・旅行妊娠中の家での過ごし方
妊娠中の運動妊娠線
妊娠中に便利なサービス・アプリ妊娠中の仕事
妊娠中の服薬妊娠中の飲酒
妊娠中のカフェイン妊娠中の体重管理
妊娠中の栄養・食事妊婦健診
産休・育休産院選び
保険胎動
目次
をみる
関連記事
をみる