出産がどうしても怖い!恐怖の原因、克服する方法はあるの?

出産がどうしても怖い!恐怖の原因、克服する方法はあるの?



待望の赤ちゃんと対面するために、出産は避けて通れない道です。妊娠中もお腹が大きくなっていくと共に、つわりや腰痛などさまざまな症状が襲いかかり、身体の変化に戸惑ってしまうママも多いですが、出産への恐怖はまた別物です。

出産予定日が近付くにつれて、我が子に会えるのを楽しみにしていた気持ちが萎み、不安でいっぱいになるママもいます。

妊娠した時点で出産することも理解できているはずなのに、唐突に出産の恐怖が襲ってくるのはどうしてなのでしょうか?また、乗り越える方法はあるのでしょうか?

そこで今回は、

・出産が怖くてたまらない!
・出産はどれくらい痛いの?
・どうしたら出産に対する恐怖がなくなるの?

といった方に、出産に対する恐怖の原因と克服する方法について詳しくご紹介します。

どうして出産に恐怖を感じてしまうのか?

どうして出産に恐怖を感じてしまうのか

出産に対する恐怖は、伝え聞く「痛み」が大きな原因です。とくに初めての出産のときには、経験したことがない陣痛に対する怖さが強くなります。さらに、インターネットなどで様々な情報が簡単に入手できるようになった現代では、その情報に振り回されてネガティブな情報ばかりが目に付くことも多く、怖さが倍増してしまうことも少なくありません。

出産には「今まで感じたことのない痛み」だとか「男性だったらショック死する」という痛みや苦しさがあるといわれていますから、怖いと思わない方が難しいかもしれません。

知らない怖さ、情報による怖さの詳細は以下の通りです。怖い気持ちをこじらせてしまうと、精神的に良くありませんし、身体にも障ります。怖いと思う気持ちを少しずつほぐしていきましょう。

出産が未知であるという怖さ

特に初産婦のママが陥りやすい恐怖で、始めての出産で経験したことがない、知らないため、伝え聞く情報から出産=怖いといイメージが埋め込まれていることが多々あります。

初めてだからこそ、今が順調でも実際に出産になった時に、自分がどうなるかわかららないという恐怖、そして、出産のイメージにある痛みや苦しさ、辛いというのだけが先行して、悪い方向へ想像してしまうママもいます。

知らないからこそ悪い方向へ考えてしまうのが人なので、その傾向が余計に恐怖に拍車をかけます。ただし、1度経験すれば、2人目以降の出産の時には落ち着くママが多くなります。

出産に対する情報に振り回される

知らないというのも、怖いイメージを増幅させますが、知り過ぎてしまうのも考え物です。

ママの中には、情報を収集して出産について知ろうと努力するママもいます。情報化社会である現代は情報で溢れかえっており、簡単に情報を入手することができますが、

安心したくて集めた情報によって、恐怖が増してしまうこともあります。例えば、出産では付き物になる痛みなら「男性ならショック死する」などの不安を掻き立てるような表現があります。

また、出産で起こり得るリスクを見ることもあります。そうして、必要以上に情報を知り過ぎることで悪い方へイメージが膨らんでしまい、出産への恐怖が増してしまいます。

出産の痛みにも種類がある!?

出産の痛みにも種類がある

娠中のママが出産に対して恐怖を感じるのは、未知の世界だからであり、また、陣痛の痛みへの恐ろしさがあります。

陣痛の痛みに関しては、たとえ妊娠中のママでなくても、女性であれば1度は恐怖を感じたことがある人も多いのではないでしょうか。そんな恐怖の原因の1つである陣痛の痛みですが、実は痛みにも段階があり、ずっと痛いというわけではありません。

想像するだけで嫌、というママもいるかもしれませんが、自然分娩を例に痛みを感じる時、感じない時の流れを見ていきましょう。正体を知らないからこその恐怖もあるので、知っておくと出産の怖さの軽減にも繋がります。

おしるし

自然分娩はまず、おしるし。

おしるしというのはお産が近いサインとされており、子宮口が徐々に開くことによって赤ちゃんを包む卵膜が、子宮から剥がれたときの出血と頸管粘液が合わさったものです。

出血量については個人差があり、大量に出ることもないため、お手洗いに行った時に下着を見て気づきます。

出血と聞くと痛みを伴いそうな気がしますが、おしるしの時点で痛みを感じることはまずありません。おしるしがないという人もいる位です。

また、おしるしが来ても陣痛がすぐに来るママもいれば、数日経っても始まらない人もいるので、赤ちゃんが準備を始めたくらいに考えておきましょう。

前駆陣痛

陣痛は、子宮が収縮することによる痛みであり、出産の恐怖もこの陣痛によるものが大きいです。

そのため、おしるしが来ると次は陣痛…と思うかもしれませんが、陣痛にも2つの段階があります。その最初の段階である陣痛が前駆陣痛で、痛みはあるものの想像しているより感じる痛みは強くありません。

その痛みを感じるのは1~2分程度で、不規則な間隔で生じます。イメージとしては軽い生理痛や腰痛に近く、その痛みに拍子抜けしてしまうママもいます。

本陣痛による痛み

先に挙げた前駆陣痛を繰り返しているうちに、微弱だった痛みはだんだん重くなっていきます。

これが本陣痛で、腰を叩かれるような、重い生理痛のような強く激しい痛みを感じるようになります。

本格的な陣痛が始まると、赤ちゃんを産むタイミングとされる、子宮口が10cmに開き切るまで、ママはこの痛みに耐えることになります。

この時の痛みは、下腹部を初め、背中や股関節などに感じやすく、足先や上半身に痛みは感じないようですが、非常に辛く苦しいといわれています。

会陰切開

子宮口が全開大になると、自然分娩であれば流れとしては最後のいきみに入るところですが、病院やクリニックによっては子宮口が全開した時点で、ママに会陰切開と呼ばれる方法をとるかどうか判断が下されます。

基本的に会陰を切らなくても赤ちゃんが出てこれられるようであれば、選択されることはほとんどありませんが、ママの会陰の伸びが悪かったり、赤ちゃんの頭部が大きくとても出てこられそうにない場合や会陰が裂けてしまいそうな場合にはこの方法がとられます。

もしくは、ママ本人に選ばせることもあります。方法としては、局部麻酔を施してから会陰を切開するというもので、局部麻酔をする時に痛みを多少感じます。

ただし、痛みには個人差があり、逆に全く感じない人もいれば、痛みを感じても陣痛の痛みに比べれば怖くなかったというママもいます。

回復に時間はかかる?

会陰を切開することになるので、出産後は切った部分を縫い合わせる処置が行われることになります。局部麻酔が効いている時に行うので、処置をしている間は痛みを感じたり、感じなかったりします。

ただし、陣痛と分娩が終わった後ですから、耐えられる痛みともいえます。ただし、切ってしまうので、産後の何日かは痛みを感じるようで、座ったり排便したりするのがつらいと言うママもいます。

ただし、個人差はあれど、回復にはそれほど長い時間はかかりません。多くは一週間程度で傷口がふさがります。また、酷い時は痛み止めを処方してもらえるようですが気になるママは、出産前に1度、医師に確認をしましょう。

生まれる瞬間の痛み

生まれる瞬間の時は、痛みもピークだろうと想像してしまいがちですが、産む瞬間というのは陣痛の痛みと赤ちゃんを産む息みに紛れてしまっており、生まれる瞬間の痛みというのはどれかわからない状態です。

また、ママによって意見はわかれますが、出産する瞬間と直後は自然と痛みを感じないという意見が多くあります。

実際、出産直後は赤ちゃんとの対面で今までの痛みを忘れてしまうほどの感動と達成感があるといわれています。

後産

分娩が終わっても、それで出産は終了ではありません。赤ちゃんがお世話になった胎盤も出さなくてはいけないからです。

胎盤を出す時は再度、強い子宮収縮が生じるので後産と呼ばれています。この陣痛では、再び痛みを感じることもありますが、感じ方には個人差があります。

痛みを感じる間もなく、あっさり出てしまったという人や、中々、胎盤が出ずに医師と助産師さんに手を入れられるなどして出産より痛かったという意見もあります。

出産の恐怖を解消する方法は?

出産の恐怖を解消する方法は

出産のプロセスを理解しても、実際にそのような流れ、痛みを感じるかどうかはママそれぞれの体質や状況によって変わってきてしまうのが現状です。

そのため、出産を終えた先輩ママに話しを聞いてみると、もう妊娠はしたくないという意見や思ったより痛くなかったという意見を聞くこともあります。

しかし、だからといって恐怖が解消されないママがいるのも事実。出産の流れを知る以外に、恐怖を解消できる対処法は他にあるのでしょうか。

体力をつけておく

出産予定日まで時間があって、身体の体調も安定しているようであれば、身体を動かすのも恐怖への対処法の1つです。

無理のない範囲でできるウォーキング、自宅であれば簡単に掃除をしたり、新生活に向けて家の模様替えを行うのもおススメ。とにかく身体を動かすことで、気持ちをそちらに集中することができますし、ストレスや不安の解消にも効果的です。

特に、掃除であれば掃除が終わった後の達成感を味わうこともできます。また身体を動かすことで基礎体力もついてきますから、お産もスムーズになる効果が期待できます。

医師、看護師へ相談

医師や看護師に、思い切って相談してしまうのも出産の恐怖の解消に効果的です。出産が怖いなんて今更、と思ってしまい躊躇してしまうママも多いですが、出産に対して恐怖を感じないママはいません。

医師や看護師は、そんなママの姿を知っているエキスパートでもあり、出産中のいきみ方などを丁寧に指導してくれることもあります。

怖くなったら1人で抱えずに相談するようにして下さい。また、前述にもあるように先輩ママに話をしてみるのも不安解消が期待できます。

自分に合った気分転換を

出産だけでなく、人が恐怖を感じてしまうと1人で考え続けてしまうことも原因にあります。そのため、出産の恐怖を覚えたら、考えるのを一旦ストップして気分転換をしてみましょう。

楽しい気持ちになる映画を見たり音楽鑑賞するのもアリですし、お散歩やショッピングなどをして外の空気に触れるのもおススメです。

また、リラックス効果のあるアロマを使用して気持ちをリラックスさせたり、足湯などに浸かるのも効果が期待できます。自分に合った気分転換を楽しみましょう。恐怖が薄れて、心が軽くなります。

神頼みもアリ!

苦しい時の神頼みといいますが、意外と馬鹿にできません。特に安産祈願のご利益がある神社などに行くと、神聖な空気からかママの気持ちが落ち着くこともあります。

安産祈願のお守りも数多くありますから、参拝した後に購入するのも良いです。持っているだけでも安心しますし、出産に対して不安になってきてもお守りを見るだけで気持ちを和らげる効果が期待できます。

出産に対する発想の転換を

出産に対する発想の転換を

怖いと思ってしまうと、中々、その恐怖は薄れないものですが、ずっと恐怖を感じてしまうのもストレスになるので心身に良くありません。

個人差はあるので、絶対とは言い切れませんが怖いという感情が強いほど、出産時の痛みも強くなることがあります。

出産の流れや対処法についていくつか挙げてきましたが、出産はママの数だけさまざまなケースがあり、1つとして同じものはありません。

出産中に感じる痛みもママによって感じ方は違いますし、想像していたよりスムーズに終わることもあります。あまり、神経質になり過ぎないようにしましょう。

また、対処法の効き目には個人差がありますので注意しましょう。

出産は誰でも怖いと思うものです。1人で抱え込まないで、家族や医師など周囲の人と皆で乗り越えていきましょう。

supervisor_image_url_2

監修:成田 亜希子(医師)

プロフィール:弘前大学卒業後、内科医として地域医療に従事。その傍ら、保健所勤務経験もあり、国立保健医療科学院での研修も積む。感染症や医療行政にも精通している。プライベートでは二児の母。

この記事が役に立ったらシェアしよう!


ココマガ編集部厳選サプリ

ココマガが厳選した妊活サプリ、葉酸サプリをご紹介!お得なキャンペーンを実施中の商品もあるので、ぜひチェックしてくださいね。

男性用妊活サプリ「精育支援サプリ」

  • 精子観察キットがついてくる!
  • 定期3,582円
男性の妊活について詳しく知る

米仏でもNo,1獲得の葉酸サプリ「ララリパブリック」

  • 300円OFFクーポン!はこちら
  • 定期2,980円

キングオブ葉酸!ベルタ葉酸サプリ

  • 酵素サプリプレゼント!
  • 定期3,980円
葉酸サプリの選び方を見る

はじめての方はこちら!

妊娠周期ごとのまとめ記事

はじめての妊娠の方に、読んでもらいたい記事をまとめました。周期ごとのママや胎児の様子を把握しておきましょう。


出産・産後のカテゴリー

出産の兆候出産準備出産費用
保険陣痛分娩
帝王切開早産高齢出産
出産予定日産後の手続き出産祝い・出産内祝い
産後のダイエット・骨盤矯正産後のスキンケア産後の栄養・食事
授乳・母乳・ミルク産後のファッション産後うつ
妊娠線新生児(生後0ヶ月)
出産の兆候出産準備
出産費用保険
陣痛分娩
帝王切開早産
高齢出産出産予定日
産後の手続き出産祝い・出産内祝い
産後のダイエット・骨盤矯正産後のスキンケア
産後の栄養・食事授乳・母乳・ミルク
産後のファッション産後うつ
妊娠線新生児(生後0ヶ月)
目次
をみる
関連記事
をみる