出産後はすぐに体重落ちる

出産後はすぐに体重落ちる?産後ダイエットで気をつけること




妊娠期間中は自然に体重が増えてしまうものです。これは赤ちゃんや羊水さらには、お母さん自身にも赤ちゃんを守るため脂肪などが増えているため体重が増えるのは当然です。

しかし出産を迎えた後、妊娠前のスタイルを維持するため体重を落としたいというママさんが、ほとんどではないでしょうか。

そこで今回は、

・出産後いつになったら体重が戻るの?
・産後ダイエットを始めるのはいつから?
・産後の体重の変化とは?

といった方に、産後の体重の変化やダイエットについて詳しくご説明します。必ずしも体重の変化が起きると決まっているわけではありませんので、どうしても体重が落ちないときの原因や、工夫方法などについてもご紹介していきましょう。

出産直後の体重の変化

出産直後の体重の変化

出産直後の体重の変化についてですが、出産直後に関しては赤ちゃんを産んだのだから、赤ちゃんと羊水の分で、4キロから5キロ程度は体重が減っているだろうと考えるママさんが多くいます。

しかし、必ずしも出産直後にこのような体重の変化があらわれるわけではありません。

赤ちゃんの分は落ちている?

実際のところ、出産直後に体重計を使用するという状況がありませんので、はっきりと申し上げるのも難しいですが、出産直後に赤ちゃんの分、そして羊水の分が減っているのかといえば必ずしもそうではありません。

確かに赤ちゃんと羊水は体の外に出ているので、この分は体重が減っていても当然です。

しかしながら、なぜ体重が落ちていないことがあるかといえば、それはママの体がむくんでいて水分を蓄えているときや、出産をするにあたって点滴から水分、そしてアミノ酸などを補給していた場合などさまざまです。

ある程度時間が経過するに従って、赤ちゃんや羊水、さらには胎盤などの分で目に見えて体重が減ってくることになります。

平均でどの程度落ちるの?

出産後の平均体重は、平均でどの程度落ちるのかについても個人差があります。入院期間中だけでも5キロ程度落ちるママさんもいれば、ほとんど体重が変わらず、退院してから自分の体重を気にしてダイエットをするというママさんもいます。

基本的には出産後2日から3日が経過した時点で、平均すると2キロ程度は落ちていると考えておきましょう。

出産後はいつから体重が減るの?

いつから体重が減るの

出産後に体重が減り始めるのは前述のとおり出産直後というケースがあります。しかし、これはあくまでも赤ちゃんや羊水胎盤という部分に関してです。

そのため、ママさんの体重そのものがしっかりと減り始めるのは、産後1週間が経過する頃だと思っておきましょう。

それまでは、今まで妊娠していて赤ちゃんを守っていたのですから、赤ちゃんが生まれた後、この部分が減るのは当然なのです。

それに加えて妊娠期間中に増えたママさんの体重が減っていくのが1週間後、というのが一つの目安になります。

一週間後から減り始める

一週間後といえばママさんは母乳の分泌量も増えており、入院期間中であっても赤ちゃんの授乳時間に合わせて夜起きるという取り組みもしていくことがほとんどです。

そのため、この頃には母乳を作るために体重が減る、または寝不足によって体重が減るという状況になってきます。

ただし、病院によっては非常にボリュームのある食事が出されることもあり、さらに空腹によって過食をしているママさんなどの場合には、スムーズに体重が落ちることが少なく、一週間後でも出産時と変わらない体重を維持してしまうケースがあります。

ただ、このように一週間後に体重が落ちていないからといって焦る必要はありません。

二ヶ月が経つ頃には本格的に減り始める

出産後一週間を迎える頃になって、体重が減らなくても焦らなくて大丈夫。退院して自宅に戻れば否応なしに体重は落ちていくものです。

24時間体制で赤ちゃんのお世話をするため寝不足になってしまい、食事をするといったエネルギーさえ減少してしまいます。

そういった中、たくさんの母乳を作るためにママの体は、水分や栄養分などをたくさん使っていきますので、体重が減るのです。

ですから、出産後二ヶ月が経過する頃には本格的に体重が減り始めるといえます。

出産後に体重を落とすならいつが良いの?

体重を落とすならいつ

出産後二ヶ月が経過する頃には、体重もスムーズに落ちているママさんがほとんどです。しかし、自分の中でダイエットを意識していくのであれば、出産後どのくらい経過すれば良いのでしょうか?

体重を落とし始めるタイミングについてお話していきましょう。

三ヶ月頃からダイエットを意識する

二ヶ月が経過し、赤ちゃんの睡眠時間なども落ちつき始める三ヶ月目に入ったら、出産後の体重を減らしていくためダイエットに取り組んでも良いでしょう。

これまでの期間は、無理に体重を減らすことよりもまずは骨盤を引き締めるといった努力や、とにかく赤ちゃんのいる生活に慣れているため、ストレスを溜め込まないように食事内容や食事のタイミングも自由に過ごした方がおすすめです。

六ヶ月までを目安にすると良い

出産後の体重の変化については、三ヶ月頃を目安にある程度は落ちていき、産後六ヶ月までが痩せやすい時期だといわれています。

しかし三ヶ月を過ぎても食べ過ぎてしまい、なかなか体重が落ちないママさんもいます。そういったママさんの場合には、赤ちゃんの世話をしているうちに、体重は自然に落ちていくだろうと余裕な気持ちを持ってしまうこともあります。

ですが、ここであまりにも余裕を持ってしまうのは禁物。産後六ヶ月を過ぎる頃になると、体内の働きも妊娠前に戻っていくので、母乳などを出している状態でも体内の働きそのものが痩せにくい状況になっているケースがあります。

六ヶ月を過ぎて体重が減っていかないようであれば、本格的に産後ダイエットに取り組みましょう。出産後六ヶ月が経過する頃には誰でも体重が落ちているというわけではありません。

出産後に体重を減らす方法

体重を減らす方法

出産後にうまく体重を減らしていくためには、どのような方法が良いのでしょうか?無理をしてしまうのは1番避けたいことですので、おすすめの方法を紹介していきましょう。

食事のバランス

出産後の体重を元に戻していくためにもっとも重要となってくるのは、食事のバランスです。

入院期間中は基本的に栄養士さんが考えたメニューが提供されるので、栄養バランスも整っています。

しかし、退院して赤ちゃんとの生活を送るようになると、栄養バランスを考えながら食事を作るのも大変。そういった生活の中、ファストフードに頼ってしまうことや、その他にもコンビニ食などに頼ってしまうというママさんもいます。

さらには食欲が落ちてしまい、とてもシンプルなものばかりを食べてしまうママさんもいます。

栄養バランスが偏ってしまうと体内の代謝が落ちてしまいますので、痩せにくくなります。しっかりと栄養バランスを考えながら食事をとることで、出産後の体重もスムーズに減少していくでしょう。

しっかり体を動かす

出産後は赤ちゃんのお世話で寝不足になってしまうママさんがほとんどです。寝不足にならないママさんはほとんどいないでしょう。

しかし、このように寝不足になった状態でもしっかりと体を動かすことを忘れずに取り入れてみてください。

家事をする、その他にも適度なストレッチをする、さらにはヨガなどをしても良いです。激しく体を動かす必要はありませんが、じんわりと汗をかく程度の運動や動作を取り入れることによって体重は落ちやすくなります。

家事を頑張ってカロリーを使う

毎日運動を産後の生活に取り入れるというのは簡単なことではありません。特に妊娠前や妊娠期間中も運動不足だったママさんが、出産後になって運動するのは難しいです。

そういった中、せめて家事だけでも頑張って毎日行うようにしてください。どうしても体調が悪い時には家事もお休みして良いですが、

・お洗濯物を干す
・掃除機がけをする
・多少の雑巾がけをする

などといった家事はとても良い運動になります。無理のない範囲で構いませんので、こういった家事を一つの運動だと心得え、出産後には体重がスムーズに落ちてくれるように頑張ってみましょう。

ストレスを溜め込まない

ストレスというのは、健康的な生活や美容を維持していく上でもっとも大きな壁となってしまいます。ストレスが蓄積されているとさまざまなことに対する意欲が少なくなってしまいます。

イライラしたり、やる気が起きないといった状況になってしまえば、このようなストレスが原因で、結果的には家事や運動、さらには栄養バランスなどに気をつけるといった生活ではなくなってしまいます。

赤ちゃんの世話をするだけで目一杯になってしまいますので、ストレスを溜め込まず適度な発散を心がけながら過ごしてみましょう

食事や運動と合わせながらストレスの発散を行うことで、体重の落ちもスピーディーになります。

体重が減らないときの注意点

体重が減らないとき

出産後の体重がスムーズに減らない場合は、以下でご紹介する注意点を見直してみましょう。これらの注意点をしっかりと改善することによって出産後の体重が落ちやすくなります。

ストレスによる邪魔

上でも少し触れていますがストレスによる邪魔が入ると体重は落ちにくくなります。ストレスは体内で活性酸素を作り出してしまいますので、この活性酸素が体内機能を低下させるのです。

結果的には新陳代謝そのものが低下してしまい、痩せにくい状態となります。

不規則な生活によるホルモンバランス

出産後は赤ちゃんのリズムに合わせながらの不規則な生活となります。そのためこういった不規則な生活、さらには産後の体を通常時に戻すため、ホルモンバランスが大きく変化することになります。

ホルモンバランスが変化をすることによって、どうしても体内環境が変わり、便秘をしてしまうことなどもあります。こうした原因で体重が落ちにくいというケースもあります。規則正しい生活に戻っていくに従い、体重は落ちていきます。

飲み物

ある程度食事バランスに気をつけながらカロリーそのものを減らしていても、飲み物でカロリーを摂取していると体重は落ちていかない状況になってしまいます。

甘い飲み物やクリームなどの、油分の含まれている飲み物は控えましょう。

極度の食事制限

食事制限をしながら出産後の体重を落としていくのは、とてもよい方法といえます。しかし極度の食事制限を行ってしまうと、完全に栄養バランスが崩れてしまうため体内機能の低下を招きます。

栄養不足の状態になれば体は省エネの状態になってしまいますので、できるだけエネルギーを使わずに生活するといった状況になってしまうのです。

エネルギーをしっかり使っていくためには、やはり新陳代謝が大切。極度な食事制限などをせず、バランスの取れた食事をしながら先ほどもご紹介した工夫などを取り入れてみましょう。

出産後は体重が落ちて当たり前?

出産後は体重が落ちて当たり前

出産後は体重がスルスルと落ちていくママさんもたくさんいます。そういったママさんを見ていたり、話を聞いていたりすると出産後に体重が落ちるのは当たり前だといった認識を持つママさんもいます。

しかし、こればかりは人によって違いますので、体重が落ちて当たり前ということはありません。

不規則な生活の中でも極度のストレスを抱えてしまい、過食になってしまうママさんや食事制限をしてさらには運動も加えて、一時的には体重が落ちてもリバウンドしてしまうママさんもいるのです。

必ずしも出産後には体重が落ちるものではありませんので、やはりバランスの取れた食生活を取り入れながらゆっくりと体重を落とすことを意識しましょう。

人によってすぐに落ちるとは限らない

人によっては出産後すぐに体重が落ちるとは限りません。何度もお話しているように個人差があります。

なかなか体重が落ちないと思った時には、何が原因なのかを見つめてみることも大切です。

落ちなくても焦らずに取り組む

出産後すぐの段階で体重が落ちないからといって、焦る必要はありません。まずは焦らずにゆっくり体重を落としていくことを心がけてみましょう。

赤ちゃんにたくさんの母乳を飲ませることや体調の回復に合わせて上手に取り組んでいくことによって、徐々に体重が落ちていくケースがほとんどです。

出産前の体重管理をする際の注意

出産前の体重管理

出産後に体重が落ちないといった悩みを抱えないために、出産前から自分の中で厳しい体重管理をするというママさんも増えています。

特に芸能人などをはじめとして、女優さんやモデルさんなどの場合は、ほとんど自分の体重を変えずに出産を迎えるのではないでしょうか。

また、出産後にも短期間で出産をしたとは思えないほどのプロポーションに戻っています。しかしこのように出産前から体重管理を厳密に行い過ぎると、赤ちゃんへのリスクも出てきてしまうのです。

赤ちゃんの出生体重が減少している

ここ数年、赤ちゃんの出生体重が減少していることが問題視されています。

もちろん一般的には2500gを超えていれば特に問題はないといわれていますが、赤ちゃんの出生体重が減少しているということは、栄養分がしっかりと足りないままの状態で生まれてくる赤ちゃんも含まれているということになります。

小さく産んで大きく育てるというのは昔からいわれていることですが、あまりにも赤ちゃんの体重が少ない場合は、その後の健康的な生活を送れるまでにリスクを伴うことになります。

こういった部分を踏まえると、出産前から極端な食事制限などをしてしまうことや、ママさんが自分の体重ばかりを意識した生活を送ってしまうことは避けたいものです。

出産後の体重ばかりを気にしないこと

出産後の体重は、基本的にはのんびりペースで落としていくことを考えるべきです。出産後の体重ばかりを気にして妊娠中の生活を送っていると、赤ちゃんに十分な栄養が送られず未熟児になってしまうリスクもあります。

出産後の体重管理を上手に行い健康に過ごす

健康に過ごす

出産後の体重管理については上手な工夫でなど取り入れていくことによって、スムーズに落ちていきます。

焦る気持ちを捨てて、まずは育児に集中していきましょう。赤ちゃんのリズムに合わせながらも規則正しい生活を目指していくことで自然に体重は落ちていくものです。

途中で焦った気持ちを持つと、これがストレスになり暴飲暴食や間食といった状況を招きますので、焦りは禁物だということを肝に銘じましょう。

この記事が役に立ったらシェアしよう!


はじめての方はこちら!

葉酸サプリタイアップキャンペーン開催中

人気ブランドの葉酸サプリをお得にGETする大チャンス!ココマガ読者さまだけの限定特典をご用意していただきました。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 300円OFFクーポン!はこちら
  • 定期2,980円

キングオブ葉酸!ベルタ葉酸サプリ

  • 酵素サプリプレゼント!
  • 定期3,980円

妊活におすすめ!ママナチュレ

  • たんぽぽ茶プレゼント!
  • 初回3,980円
葉酸サプリの選び方を見る

産後・育児のカテゴリー

産後授乳・母乳育児
新生児赤ちゃんとお出かけ赤ちゃんのお世話
赤ちゃんのスキンケア赤ちゃんの成長赤ちゃんの病気
育児グッズ寝かしつけ幼児教育
しつけ・コミュニケーション子育て費用・助成金マタニティブルー・産後うつ
産後ダイエット・骨盤矯正産後の仕事産後の手続き
産後の抜け毛産後の美容産後の食事
産後授乳・母乳
育児新生児
赤ちゃんとお出かけ赤ちゃんのお世話
赤ちゃんのスキンケア赤ちゃんの成長
赤ちゃんの病気育児グッズ
寝かしつけ幼児教育
しつけ・コミュニケーション子育て費用・助成金
マタニティブルー・産後うつ産後ダイエット・骨盤矯正
産後の仕事産後の手続き
産後の抜け毛産後の美容
産後の食事

スポンサードリンク

目次
をみる
関連記事
をみる