母乳に含まれるカルシウム

母乳に含まれるカルシウムの働き!不足するとどんな影響がある?




赤ちゃんを母乳育児で育てようと考えているママはたくさんいます。母乳には栄養成分が豊富に含まれており、赤ちゃんの発育に良いといわれているからです。

また、粉ミルクなど人工栄養で育てられた赤ちゃんよりも感染症にかかりにくかったり、母乳を吸う動作が脳の成長に良い影響をもたらすという話もあります。

カルシウムは、そんな母乳に含まれる豊富な栄養素の中のひとつです。

骨や歯を丈夫にしてくれるカルシウムは、母子ともに欠かせない栄養素ですが、母乳育児を進めるにあたり、このカルシウムが不足してしまう場合があります。

そこで今回は、

・母乳に含まれるカルシウムの働きを教えてほしい!
・赤ちゃんに粉ミルクではダメなの?
・カルシウムの補い方を知りたい!

といった方に、母乳に含まれるカルシウムの働きや、不足した時の影響、摂取の仕方などについて詳しくご説明します。

母乳に含まれる栄養素について

母乳に含まれる栄養素

母乳は赤ちゃんにとって最高の食事と称されることもあるほど、栄養バランスに優れています。

含まれる栄養素としては、ホエイ・ガゼインなどのタンパク質、各種アミノ酸にビタミンA、D、Eなどのビタミン群、脂肪、炭水化物や糖質、そしてカルシウム、リンなどを代表とするミネラルが挙げられます。

これらの栄養素がバランスよく含まれていることも考えると、授乳期の赤ちゃんにとって、母乳以上に優れている食事はないことがわかります。

カルシウムの働き

カルシウムの働き

母乳に含まれる栄養素のひとつであるカルシウムですが、母乳100gのうち約27mg程度と、ミネラルの中でも多く含まれていることがわかっています。

カルシウムは骨や歯を作るのに大切な栄養素ですから、赤ちゃんの発育を考えるとそれ位の量が必要になるのも不思議ではないかもしれませんが、実際のところカルシウムは別のところでも働いています。

では、どんなところでカルシウムは働いているのでしょうか。その働きについて確認してみましょう。

血液を良質にする

カルシウム=骨、歯というイメージですが、カルシウムは血液にも関わっています。摂取したカルシウムのうち、1%は必ず血液へと回されているのです。

血液へ回されたカルシウムは、血液をサラサラとした良質な状態にしてくれる働きがあります。

つまり、血液中のカルシウムが不足すると、血液はドロドロになってしまうわけです。

これだけだと、母乳に含まれるカルシウムとは関係ないような気がしますが、元を正せば、母乳は血液からできているので、良質な母乳を赤ちゃんにあげるためにも、この働きはとても大切になります。

イライラを防止

カルシウムがイライラを防止してくれるという話を聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。

カルシウムには精神を安定させる、つまりイライラを和らげる働きがあります。

この神経伝達物質としての働きは、母乳に含まれるカルシウムにもあります。

赤ちゃんにも個性がありますので、夜泣きが多い子や落ち着きがない子もたくさんいますが、中にはカルシウムが不足していることが原因になっている赤ちゃんもいます。

きちんと母乳からカルシウムが取れていると、赤ちゃんのイライラの防止にも繋がります。

心臓など臓器を強くする

歯や骨を強くする働きと通じるものがありますが、カルシウムには心臓などの臓器を強くしてくれる働きもあります。

筋肉の収縮、神経の働きなど身体のさまざまな場所に働いてくれるのです。

そのため、カルシウムが不足してしまうと身体にたくさんの影響が出てきます。代表的なのは骨粗鬆症という骨が弱くなってしまう症状です。

また赤ちゃんの発育が遅れてしまったり、動脈硬化など思い病気に繋がってしまう恐れもあります。

母乳が赤ちゃんの発育に良いというのは、カルシウムにこのような働きがあることからも頷けます。

カルシウムはどこから供給しているの?

どこから供給

基本的に、母乳に含まれるカルシウムはほかの栄養素と同様、食事で摂取することになります。

しかし、ほかの栄養素と少し異なるのは、カルシウムが不足した場合、身体が骨や歯を溶かしてまでその中に含まれているカルシウムを、赤ちゃんへ供給しようとすること。

先にも触れたように、摂取した栄養素の1%は血液に回されます。そして、残りのほとんどが骨や歯へ貯蔵されるわけですが、通常、ここで貯蔵されたカルシウムは何かあれば血液中に出されるようになっています。

つまり、カルシウムが日々の食事で十分に摂取できていないと、身体は何とかして補おうと、骨・歯の中にあるカルシウムを供給源として血液へどんどん流してしまうことになります。

カルシウム不足によるママへの影響

ママへの影響

骨に貯蔵されるカルシウムは、血液が1%なのに対して99%とされています。そう考えると、わざわざ食事から摂取しなくても大丈夫そうな気がしますが、これが大きな間違いです。

このカルシウムは母乳として赤ちゃんへ送られるわけですから、いってしまえば授乳する度にカルシウムを消費していることになります。

いくら貯蔵されているとしても、すぐに消費されてなくなってしまうことは明白です。

また、カルシウムが不足してしまうことで、ママの体調にも影響が出てしまうことがわかっています。考えられる影響は以下のとおりです。

突発性骨粗鬆症(とっぱつせいこつそしょうしょう)

骨や歯からカルシウムが不足することで陥りやすい代表的な病気が、骨粗鬆症です。主な症状としては歯や骨がもろくなりやすかったり、ちょっとした衝撃で骨が折れてしまうことが挙げられます。

一般的にいわれる骨粗鬆症は、加齢を原因とする骨の老化なので妊婦さんは関係ないように思われますが、授乳中のママの場合、突発性骨粗鬆症になってしまう心配があります。

普通の骨粗鬆症と異なるのは骨の老化ではなく、カルシウム不足により骨や歯を溶かしてカルシウムと供給しようとすることで起こる骨の減り

赤ちゃんを抱っこしたり、ちょっとした動作で骨粗鬆症と似たような痛みを伴う症状が起きる恐れがあります。

情緒不安定に

赤ちゃんと同様に、カルシウムが不足するとママもイライラしやすくなり、情緒不安定になります。

骨や歯からカルシウムが溶けだすということは、血液にあるカルシウムも空っぽの状態です。

血中のカルシウムは母乳に含まれるカルシウムと同様、神経の興奮を抑えてくれる働きがあります。

そのため、不足することで抑制が利かなくなり、少しのことでイライラしてしまったり、涙が止まらなくなったりと情緒不安定気味になってしまいます。

最悪の場合、疲労が取れにくくなったり、うつ病などの症状に繋がることもあるので注意が必要です。

粉ミルクではダメなの?

粉ミルク

まとめてみると、カルシウムが不足しないように授乳中は、食事など栄養摂取を小まめにする必要があることがわかります。

このようなことから、ママの体調面に影響の出ない粉ミルクを飲ませようかと考える方も少なくありません。

ミルク育児と呼ばれるこの方法は、母乳の代わりに粉ミルクを赤ちゃんに飲ませるというもので、母乳の出が悪いママを中心に利用されています。

免疫面のことを考えると母乳が良いといわれていることから、粉ミルクだけで育てるのは好ましくないとされていますが、実際のところは粉ミルクを赤ちゃんに飲ませるのも悪くはありません。

ただし、母乳が出るのであればやはり、母乳を赤ちゃんに飲ませてあげるのが理想的です。

混合育児という手も

母乳だけというのは、ママ自身が食事や生活習慣に注意しなければならず、ママの負担になりやすいのも事実です。

だからというわけではありませんが、ある調査結果では、母乳のみで育てているママは全体の40%と少ない結果が出ています。

しかし、母乳には粉ミルクにはないメリットがあるのも事実で、カルシウムのためだけに粉ミルクのみで育てるというのはできれば控えて欲しいところ。

それでもというママにおススメなのが混合育児、いわゆる母乳とミルクの組み合わせです。

ミルクの割合を大きくしないなどいくつか注意がありますが、どうしても母乳が出なくて心配したり、負担になっているママには役立ちます。

カルシウム不足は避けられない?

カルシウム不足

カルシウムは母乳に必要不可欠な栄養素のひとつであることから、授乳期のカルシウム不足は避けられないのが現状のです。

そのため、日々小まめにカルシウムの摂取をすることが求められます。

しかし、日本人は授乳中のママだけでなく、ほとんどの人が普通に生活を送っていても、カルシウム不足だといわれています。

つまり、授乳中のママは意識してカルシウムを摂取する必要があるのです。

では、カルシウム不足を防ぐために効率よくカルシウムを摂取するにはどうしたらいいのでしょうか?具体的な方法としては次のとおりです。

バランスのとれた食事を

カルシウム不足を補う方法としてまず挙げられるのが、栄養バランスのとれた食事をとることです。

カルシウムが豊富に含まれる食材としては、ヨーグルト、チーズや牛乳などの乳製品が代表的ですが、これ以外にもカルシウムが豊富に含まれる食材は数多くあります。

野菜類であればひじきや小松菜などが挙げられ、魚介類であれば干しエビやイワシ、海藻類、豆腐や納豆などの大豆製品にもカルシウムが含まれています。

栄養バランスのとれた食事をとるのはもちろんのこと、カルシウムが豊富に含まれる食材も摂取して、カルシウム不足を防ぎましょう。

しかし、母乳を与えている時期に、脂肪分が多く含まれてる乳製品を摂り過ぎると、乳腺炎を起こしたり母乳の質を悪くします。また、赤ちゃんの皮膚トラブルを招く恐れもあります。

乳製品を摂取する際には成分表を確認し、食べ過ぎ飲み過ぎには注意が必要です。

サプリメントの併用

食材から意識してカルシウムを補うにしても、カルシウムは元々体内に吸収されにくい栄養素ですので、食事だけではどうしても補い切れません。

その場合には、食事と併用してサプリメントを活用するのも、カルシウム不足を避ける方法のひとつです。

ただし、サプリメントはあくまで不足した分を補うのがメインですから、過剰摂取は禁物です。

日本人はカルシウム欠乏が問題になるくらいカルシウムが不足しているので、過剰摂取しても問題ないという話もあります。

しかし、飲み過ぎることで体調を崩したり、高カルシウム血症になる可能性も否定できません。

高カルシウム血症とは、血液中のカルシウムの濃度が異常に高くなった状態のことです。

軽度のうちは疲れやすい、脱力感があるといったものですが、重症になると意識を失ったり緊急なものになることがあります。

また、使用する際には自己判断せず、一度、医師に相談してから摂取することが大切です。

どれぐらい摂取できると安心?

1日に摂取しておきたいカルシウムの目安は成人女性で650mgと厚生労働省で定められています。

授乳中のカルシウム不足の時期の場合には多くのカルシウムを摂取するべきという考えから、目安としては700mgの摂取が理想です。

それ以上の摂取はサプリメントでも触れたように、栄養の過剰摂取も心配されますが、他国に比べると日本の摂取量が少ないだけで、世界的にみれば成人女性でも650mgでは足りず、もっと摂取した方がいいとされています。

その上限量は2,500mgと定められているくらいなので、たとえ1,000mg摂取したからといって副作用を心配する必要はありません。

体質によってはカルシウムを過剰に摂ることで、下痢や便秘になってしまうママもいます。高カルシウム血症を発症する恐れもありますので、1,000mgの摂取で体調を崩すときは無理をせず、少しずつ摂取量を減らしましょう。

カルシウムの強い味方!ビタミンD

カルシウムの強い味方

カルシウムが吸収されにくいのはご説明しましたが、母乳に含まれるカルシウムも上手く赤ちゃんに吸収されないことがあります。そんな時の強い味方が、ビタミンDです。

ビタミンDは母乳に含まれるカルシウムの補助的な役割をしてくれる栄養素でこのビタミンが少ないと、赤ちゃんのカルシウム吸収が悪くなるとさえいわれています。さらに、カルシウムと共に、骨や歯を作ってくれる役割もあります。

また、ビタミンDはママがカルシウムを吸収する上でも欠かせない栄養素。日光浴をすることでビタミンDは生成されるので、お散歩やベランダに出るだけでも構いません。

カルシウムを上手く補給するためにも、赤ちゃんと一緒に毎日5分程度の日光浴を楽しみましょう

この記事が役に立ったらシェアしよう!


はじめての方はこちら!

葉酸サプリタイアップキャンペーン開催中

人気ブランドの葉酸サプリをお得にGETする大チャンス!ココマガ読者さまだけの限定特典をご用意していただきました。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 300円OFFクーポン!はこちら
  • 定期2,980円

キングオブ葉酸!ベルタ葉酸サプリ

  • 酵素サプリプレゼント!
  • 定期3,980円

妊活におすすめ!ママナチュレ

  • たんぽぽ茶プレゼント!
  • 初回3,980円
葉酸サプリの選び方を見る

関連するカテゴリー
授乳育児

スポンサードリンク

目次
をみる
関連記事
をみる