帝王切開だと母乳が出にくい

帝王切開だと母乳が出にくい!?母乳育児を続ける秘訣について!




普通分娩と異なる帝王切開での出産は、昔から「母乳が出にくい」などといわれることがあります。

帝王切開の場合、本当に母乳育児は難しいのでしょうか?また、母乳育児へ導くヒントなどはあるのでしょうか?

そこで今回は、

・帝王切開だと母乳が出ないの?
・帝王切開でも母乳育児がしたい!

といった方に、帝王切開で出産した場合の母乳育児について詳しくご紹介します。

帝王切開で出産すると母乳は出にくい?

帝王切開で出産

帝王切開で出産した場合、昔から母乳が出にくいなどといわれることがありますが、これは真実ではありません

お母さんの体は、赤ちゃんを取り出したことで出産したと認識しますので、母乳はしっかり出るようになります。

母乳を出そうと働くホルモンが正常に分泌され始めますので、帝王切開だからといって母乳育児をあきらめる必要はありません

実際に多くの病院が、帝王切開でも母乳育児をすすめています。

では、母乳育児を続けていくためにはどんなことに注意していけばいいのでしょうか?まずは母乳育児の初期段階の、出産後の授乳から見ていくことにしましょう。

母乳育児のはじめの一歩

帝王切開後、母体、胎児などに問題がない場合、多くの病院が授乳を許可しています。

もちろん帝王切開による分娩では、麻酔処置が行われるため、その症状に合わせて初乳を与えられるまでの時間が異なります。

帝王切開出産後の初の授乳について、各麻酔処置ごとに一緒に見てみることにしましょう。

脊髄、硬膜外麻酔の場合

通常分娩のお母さんは、おおよそ出産の1時間後にまず初乳を与えるのが一般的です。

部分麻酔を行い、帝王切開で出産された場合には、一般的な出産同様、術後1時間程度で初乳を与えることができます。

麻酔の胎児への移行など心配してしまうお母さんも多いですが、脊髄や膜下麻酔などは神経の近くに処置を行うため、全身を回る麻酔量は大変少ないです。

そのため、胎児への麻酔の影響はほとんどなく、母乳も安心して与えることができます

スキンtoスキンコンタクトや、カンガルーケアで初乳の授乳を行っても、問題はありませんので、初乳の役割を考えた上でも、与えることのほうがメリットがあります。

術後1時間経過したら、まずは初乳を与えてもOKと覚えておきましょう。

全身麻酔の場合

麻酔から覚め、お母さんが授乳できる準備が整えば、初乳を与えることができます。

目安としては術後4時間といわれていますが、もちろん個人差がありますので、医師の指示に従いましょう。

部分麻酔と異なり、全身に回る薬の量は多くなりますが、赤ちゃんへの影響は少ないと考えて問題ありません。

赤ちゃんが眠くなる、呼吸が弱くなるなどのケースも実際にありますが、薬の作用が減少することで症状が改善される程度ですので、初乳を与えて問題はありません。

初乳には、生まれたばかりの赤ちゃんを守る免疫物質が多く含まれており、生まれた赤ちゃんを守る唯一の防御策ですので、体調など問題がないようであれば、できるだけ初乳を与えることが大切です。

初乳を与えられないケースもある

病院によってはお母さんの回復を待って、次の日から母乳を与えるようすすめめているところもあります。

しかし、NICUに赤ちゃんが入院している場合などは、直乳ができませんので、搾乳し母乳を与えるなど、与え方が限られることもあります。

また、お母さんの血圧の状態が高い、蛋白尿があるなど、健康状態によっては授乳が禁止されることもありますので、その場合は医師の指示に従いましょう。

帝王切開は母乳が出にくいといわれるのは?

帝王切開の場合、このように生まれてすぐ、初乳を与えることを病院などでも広くすすめています。

しかし、そういった現状があるにもかかわらず、「母乳が出にくい」といわれるのには訳があります。

それは、お母さんの術後の体調に理由があります。帝王切開での出産は、体に傷が残るため、じっとしていても痛みを感じることがあります。

赤ちゃんに母乳をあげる際には、抱きかかえる必要がありますから、その痛みに耐えながら母乳をあげなければなりません。

そうなると、やはり母乳育児は困難なものになりがちです。

また、赤ちゃんに乳首を吸ってもらい、その刺激によって母乳の出もよくなるため、それができなくなると、母乳の出が悪くなってしまい、母乳育児から遠ざかってしまいます。

術後の痛みが和らぎ、消えれば、抱っこも問題ありませんが、いくら母乳育児をしたいからといっても、この痛みに耐えることは難しいことから、帝王切開での母乳育児が難しいといわれるのです。

では、どのように母乳育児にもっていくことが理想なのでしょうか?

帝王切開で母乳育児をしたいなら

帝王切開で母乳育児

帝王切開で出産し、初乳までは看護婦さんの付き添いの下行われますが、そうでない場合もあり、授乳の進め方についてどうしたらいいのか、お母さんにとってわからないこともたくさんあります。

帝王切開で出産した場合でも、母乳育児の流れを理解しておくことで、本格的な母乳育児へとスムーズにつなげることができます。

一昔前までは、こうした帝王切開後の授乳への意識が足りなかったこともあり、母乳育児のハードルとなっていたのかもしれません。

まずは、どのように母乳育児につなげれば良いのか順に見ていくことにしましょう。

早期授乳が母乳育児につなげるカギ

帝王切開で出産した場合、お母さんや赤ちゃんの状況によって、母乳の開始時期が異なるという事情があります。

母乳育児のポイントは、やはり早期授乳の開始です。

個人差があり、授乳が許可される時期も早い方、遅い方とそれぞれですが、できるだけ早く赤ちゃんへの授乳を開始するよう心がけましょう。

痛みなどがある場合には、内服薬や座薬など処方されることがありますが、こうした薬の赤ちゃんへの影響を考え飲まない、我慢してしまうお母さんもいます。

しかし、産科で処方される薬は赤ちゃんへの影響も少ないですので、薬で症状を抑え、授乳していくことも時には必要です。

また、「母乳育児をしていきたい」と病院側に伝えることで、授乳の開始時期が早まることもありますので、自分の意思をしっかり伝えましょう。

看護師などを通じて、できるだけ早い授乳の許可をお願いしてみましょう。

事前に病院の授乳状況も知っておけるとベスト

帝王切開の場合だけに限らず、病院によっては授乳を開始するのが遅いところもあります。

授乳の開始時期が遅ければ遅いほど、母乳育児は難しくなりますので、帝王切開時も含めて、事前に授乳の開始時期について確認しておくことも大切なことの一つです。

母子ともに問題がなくても、産後数日たってからしか授乳をさせてくれない病院も少なくありませんので、そうした事情を把握しておくことも、母乳育児を目指すお母さんにとっては必要なことといえます。

はじめのうちは授乳に介助が必要

術後初乳を与えたとしても、その後も母乳を継続して与えることが、やはり母乳育児を続けていくためには大切です。

ここで母乳を与えないでいると、どうしても母乳の出に影響が出てしまいます。ですが、術後の痛みはそう簡単に消えるものではありません。

中には1日経過したことで、痛みが少なくなったと感じるお母さんもいますが、こうした例は非常に稀なケースです。

個人差があることですので、正確な日数はいえませんが、痛みが和らぐにはそれなりの時間がかかります。

そのため授乳をすることも、ままならないことでしょう。約1週間は誰かの手助けが必要かもしれません。

もちろん、横になったまま授乳するなど工夫は可能ですが、授乳が初めてのお母さんと赤ちゃんにとっては、こうした体勢も上手くいくとは限りません。

慣れるまでは、病院スタッフ、看護師、家族などにお願いし、授乳しやすい体勢が取れるよう手助けをお願いしてみましょう。

また、看護師などに相談し、お母さんと赤ちゃんにとって楽な授乳姿勢のアドバイスをもらってみることも良い方法です。

授乳が難しい場合には搾乳を心がけよう

授乳の際に介助を受けたからといって、誰もが痛みもなく授乳を続けていけるわけではありません。

通常分娩のお母さんでも、授乳は赤ちゃんと共に試行錯誤し覚えていく必要がありますから、帝王切開で出産した場合も同様、簡単にはいきません。

どうしても授乳が難しいというのであれば、搾乳で母乳育児を継続していくというのも方法です。

母乳は出し続けることで刺激を受け、その量を増やしていくものですので、与えなくなってしまうとより母乳育児から遠のいてしまいます。

搾乳でも構いませんので、赤ちゃんに与え続けていくことが大切です。搾乳であれば、お母さんが必ずしも与える必要はありませんので、他の誰かに授乳をお願いすることもできます。

無理に直乳をするというのではなく、母乳育児につなげていく方法ならOKと考えましょう。

また、搾乳で哺乳瓶に慣れてしまうのではと考えているお母さんも少なからずいますが、母乳から哺乳瓶への移行は難しくても、哺乳瓶から母乳への移行は比較的スムーズです。

心配はいりませんので、搾乳し、母乳を出し続けていくことをまずは考えてみましょう。

授乳頻度を守ろう、増やそう!

母乳育児を継続させていくためには、早期授乳の開始、搾乳などが必要ですが、授乳頻度も大きなポイントになります。

もちろん産院で守られた授乳頻度を守ることは大切ですが、帝王切開の場合、一般的な出産よりも、入院中の母乳分泌や赤ちゃんの体重増加がゆっくりなことも多く、母乳が出ないなどと心配するお母さんも少なくありません。

ですが、これはあくまで早い時期の話です。退院後は通常分娩のお母さんと変わらない状態になってくるため、心配の必要はありません。

ただし、こうした状況を脱するためには、授乳頻度を増やすことが重要です。授乳頻度を増やすことで、母乳の分泌量を増やし、赤ちゃんの体重を増やすことにつなげていけます。

また、授乳頻度を増やすことで乳房が刺激され、母乳の分泌量も増えていきます。決められた頻度というのは、あくまでも通常分娩での基準となりますので、帝王切開のお母さんがそれをしっかり守っていく必要はありません。

お母さんと赤ちゃんの中で授乳のルールを見つけていくという方法が、一番の秘訣といえます。

体力を回復させることを第一に

母乳の出は、帝王切開かどうかというよりも、お母さんの体調などに影響されることも少なくありません。

そのため、まずは体調を整えることを第一に考えるようにしましょう。安静を心がけること、無理をせずゆっくり眠ることで、日に日に体力、体調も回復していきます。

手術後の傷の完治にも良い影響が出てきますので、今後育児をしていくためにも、体調管理を一番に考えましょう。

しっかり食べて母乳を出す

帝王切開は腹部を開くため大きな手術です。その影響からか、母乳の分泌量が少ないといわれることがあります。

母乳育児を続けていけないのではと、心配になってしまう方もいますが、母乳は血液からできていますので、手術で血液を失い、出産で体力も奪われることになるわけですから当然のことなのかもしれません。

だからこそ、やはり母乳を作り出すために食事をしっかり取ることが大切です。入院中の食事は、体の栄養バランスを考え作られた食事ですから、残さずしっかり食べて、体の中から回復を促し、母乳の分泌につなげていきましょう。

特に魚介類や肉類、海藻類、レバーやホウレン草、シジミ、パセリなどには血を作り出すことのできる鉄分などの栄養素が多く含まれています。残さず食べるようにしてください。

また、補助食として鉄分をより多く摂ることができるよう、差し入れなどを家族にお願いしてみましょう。

ストレスを溜めずに母乳育児と向き合うこと

母乳育児と向き合う

母乳育児をしていきたいと考えると、少しの母乳の出の悪さや、赤ちゃんの体重の増えなさに落ち込んでしまうこともあります。

しかし、母乳の分泌はこうした精神面が理由で、出が悪くなってしまうこともあるのです。

そのため、母乳が少しでも出ていればOKと、リラックスした気持ちで授乳と向き合っていくことが大切です。

特にご両親などは、古い時代の先入観から、帝王切開での母乳育児に誤った考えを持っていることも少なくありません。

出産後は精神的に不安定な時期でもありますので、こうした心無い言葉に傷ついてしまうこともありますが、正しい知識を持っていれば惑わされることも、落ち込むことも避けられます。

強い心をもって母乳育児を目指していきましょう。また、母乳がたとえ出なくなったとしても、ミルクで丈夫に大きく育っている赤ちゃんはたくさんいますので、過度に気を落とす必要はありません。

育児はあらゆる場面で、困難な壁にぶつかることも多く、それを乗り越えていくのもお母さんの大切な役目です。

子供を守っていける強いお母さんになるためにも、おおらかで柔軟な考え方をもって、母乳育児をはじめ、子育てに取り組んでいけると良いですね。

この記事が役に立ったらシェアしよう!


はじめての方はこちら!

葉酸サプリタイアップキャンペーン開催中

人気ブランドの葉酸サプリをお得にGETする大チャンス!ココマガ読者さまだけの限定特典をご用意していただきました。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 300円OFFクーポン!はこちら
  • 定期2,980円

キングオブ葉酸!ベルタ葉酸サプリ

  • 酵素サプリプレゼント!
  • 定期3,980円

妊活におすすめ!ママナチュレ

  • たんぽぽ茶プレゼント!
  • 初回3,980円
葉酸サプリの選び方を見る

産後・育児のカテゴリー

産後授乳・母乳育児
新生児赤ちゃんとお出かけ赤ちゃんのお世話
赤ちゃんのスキンケア赤ちゃんの成長赤ちゃんの病気
育児グッズ寝かしつけ幼児教育
しつけ・コミュニケーション子育て費用・助成金マタニティブルー・産後うつ
産後ダイエット・骨盤矯正産後の仕事産後の手続き
産後の抜け毛産後の美容産後の食事
産後授乳・母乳
育児新生児
赤ちゃんとお出かけ赤ちゃんのお世話
赤ちゃんのスキンケア赤ちゃんの成長
赤ちゃんの病気育児グッズ
寝かしつけ幼児教育
しつけ・コミュニケーション子育て費用・助成金
マタニティブルー・産後うつ産後ダイエット・骨盤矯正
産後の仕事産後の手続き
産後の抜け毛産後の美容
産後の食事

スポンサードリンク

目次
をみる
関連記事
をみる