母乳だけだと不足する

母乳だけだと不足する?ビタミンD3の働きと必要性について




母乳は、赤ちゃんの成長に必要な栄養素がいっぱい詰まった実にすばらしいものです。

このことからも、赤ちゃんのための自然の完全栄養食として科学が進んだ現代においても、赤ちゃんに与えるべきものは母乳が一番だといわれています。

しかし、母乳に含まれる栄養素のうちビタミンD3という栄養素は、赤ちゃんの成長には非常に重要な栄養素でありながら、母乳に含まれる量が非常に少ないということはあまり知られていません。

そこで今回は、

・ビタミンD3の働きとは?
・母乳に含まれるビタミンD3だけだと足りないの?
・赤ちゃんがビタミンD3を摂取するには?

といった方に、母乳に含まれるビタミンD3の働きやビタミンD3が不足している場合はどうしたらいいのかなどについて詳しくご紹介します。

ビタミンD3は骨を強くする

ビタミンD3骨を強くする

ビタミンには色々な種類があります。その中でもビタミンDというのは、ビタミンD2からD7まで6種類あります。

ビタミンDは人間の体の中のカルシウムのバランスを整えることを助ける働きを持ち、丈夫な骨を保つために非常に重要な栄養素ですが、人間の体に重要なビタミンDとしては、ビタミンD2とビタミンD3の2つとされています。

基本的にはビタミンD3とビタミンD2の働きはほぼ同じであるとされていますが、ビタミンD3の働きはビタミンD2の働きに比べて2倍ほどの働きがあります。

また、ビタミンD2が植物由来のものであるのに対して、ビタミンD3は動物由来のものです。

ビタミンD3不足になるとどうなる

ビタミンD3はカルシウムとリンを体内に吸収させて骨を成長させたり、骨を作ったりします。

また、遺伝子の働きをコントロールして免疫力をアップさせたり、糖尿病を予防したり、発がん性を抑えたりする働きもあります。

そのため、ビタミンD3が不足すると一般的には骨が弱くなる骨軟化症、骨がもろくなる骨粗しょう症、糖尿病、動脈硬化、免疫力低下、自閉症、うつ病、花粉症などになりやすくなります。

子どもや赤ちゃんの場合は、くる病のリスクが高まります。

ビタミンD3の不足により子どもはくる病に

子どもや赤ちゃんがビタミンD3不足になると、くる病になりやすくなります。くる病とは、骨が軟化する病気です。

成長期の子どもに骨のカルシウムが不足することで骨が曲がったり、柔らかくなったり、折れやすくなる骨の病気です。

骨の成長にはカルシウム、リン、ビタミンDが必要です。食糧難の頃の日本では子どものくる病が問題になっていましたが、現代の一般的な栄養事情からは、くる病の心配はあまり深刻なものでありません。

ですが、食生活の乱れや偏った食事をしているとビタミンD(ビタミンD3やビタミンD2)の不足でくる病になる可能性があります。

子どもや赤ちゃんがくる病になると、手足などの関節が膨らんできたり、骨が曲がって成長するために重度のO脚になったり、頭の頭蓋骨が手で押しただけで凹んでしまうということもあります。

また、歯の色がくすんだり、虫歯になります。成長期でありながら、骨の形成ができないので体重や身長も伸びませんし、筋肉痛や筋力の低下もあります。

血中のカルシウム濃度も低くなりますので手足がしびれたり、麻痺もあります。

成長期にビタミンD3が不足して、くる病になってしまうと、体の成長に大きく悪影響を及ぼします。

一般的なビタミンD3の摂取方法は?

ビタミンD3の摂取方法

成長期の子どもや赤ちゃんにビタミンD3が不足すると、骨がしっかり成長できなくなります。

ですので、成長期の子どもたちにはしっかりビタミンD3を摂取させる必要がありますが、一般的にはどのようにすればビタミンD3を摂取できるのでしょうか?

人間がビタミンD3を摂取するには、食べ物から摂取する方法と、日光を浴びて紫外線によってビタミンD3を生成する方法があります。

ビタミンD3とビタミンD2はほぼ同じ働きをするとされていますが、ビタミンD3を摂取するためには、動物性である魚や肉、レバー、卵から、ビタミンD2を摂取するためには植物性の天日干ししいたけ、きのこ、海藻などを食べることによって摂取することができます。

食品として摂取したビタミンD類は、肝臓や腎臓で加工されてから人間の骨の形成に役立つビタミンDになります。

また、ビタミンD3は人間の皮膚にある7-デヒドロコレステロール(プロビタミンD3)が、太陽の光を浴びることで活性ビタミンD3に変化し、体内で骨の成長を助けます。

ビタミンD3を体内にしっかり摂取するためには、ビタミンD3を含む食品を積極的に食べ、太陽の光をしっかり浴びてビタミンD3を体内で作ることが大切なのです。

母乳しか飲まない赤ちゃんは大丈夫?

大人や食べ物をしっかり食べられるようになった子どもは、ビタミンD3が含まれる食事をして、しっかりと日光を浴びることを意識することで、ビタミンD3の不足の心配がなくなります。

ですが、まだ離乳食も食べられない赤ちゃんは、ビタミンD3不足にならないのでしょうか。

特に、完全母乳で育っている赤ちゃんは、生まれてから離乳食が始まるまで、お母さんからの母乳からしか栄養をとれないということになります。

母乳は、赤ちゃんのために必要な栄養素が豊富に含まれている、完全食であるということはよく知られていますが、残念ながら母乳の中にはビタミンD3がほとんど含まれていないということはあまり知られていません。

母乳1Lあたり、ビタミンD類の含有量は0.6~3.0μgです。

赤ちゃんの月齢数にもよりますが、赤ちゃんが1日に母乳を飲む量は、1L未満とすると1日に3.0μgもビタミンD類を摂取できていないということになります。

生後1年ほどの赤ちゃんの1日のビタミンD類の摂取基準量は5.0μgが目安だといわれていますので、明らかに母乳だけではビタミンD類全般が不足しているということが分かります。

日本の人工ミルクは非常に栄養面も優れており、ビタミンD3の欠乏により骨の成長を遅らせることのないように、しっかりとビタミンDが添加されています。

ですから、人工ミルクを飲んでいる赤ちゃんはビタミンD3不足の心配はありません。

しかし、完全母乳で育っている赤ちゃんは母乳だけではビタミンD類が不足しがちになるので注意が必要です。

完全母乳育児で育てるということ

赤ちゃんにはお母さんからの母乳が一番いい、という完全母乳育児の考え方が広まっています。

確かに母乳で育てると、母乳からの生きた免疫細胞が赤ちゃんに与えられることになるので病気になりにくく、アレルギーが予防できるという点もあります。

また、お母さんと毎日何度もしっかり密着するので、精神が安定したり、母乳を飲むことでアゴが鍛えられ、脳の発達を促すということもいわれています。

しかし、お母さんの体で作られる母乳で育てるということは、毎日どれだけの量を赤ちゃんが飲んでいるのかということが、外からは分かりにくく、アレルギーが出ないようにお母さんは食生活をしっかり整える必要があります

また、完全食でありながら母乳だけではビタミンDの不足が懸念されます。

つまり、完全母乳で育てるということは、色々なメリットもある反面、デメリットもあるということをお母さんたちはしっかり理解して、母乳育児をする必要があります。

ビタミンD類の不足は、成長期にある赤ちゃんの骨の成長を抑制してしまう恐れがありますので、完全母乳に強くこだわらずに、人工ミルクなどの力を借りるということも時には必要です。

特に、赤ちゃんが生まれてすぐの時は、お母さんも母乳があまりよく出ませんし、赤ちゃんもしっかり母乳を飲むことが上手になっていません。

栄養不足になって成長しないのではないかと、強く心配してしまうお母さんも多いのですが、完全母乳に強くこだわらずに、時には人工ミルクを飲ませることができると、お母さんの気持ちも楽ですし、赤ちゃんのビタミンD3不足になることは少なくなります。

再び赤ちゃんのビタミンD不足が問題に

昔は国内の栄養状況自体が悪かったので、ビタミンD3だけでなく赤ちゃんの色々な栄養素の不足が問題視されましたが、社会の発展と共に、国民全体の栄養状態も回復してきました。

母乳ではなく、人工ミルクを飲んでいる赤ちゃんや母乳と人工ミルクで育っている赤ちゃんも多くいましたので、ビタミンD3の不足だけでなく、栄養不足で成長ができないという心配がほぼないという状態が続いていました。

しかし、完全母乳で育てるということが一番大切であるという風潮がだんだん世の中に広がってきたことに伴い、2000年頃から国内の赤ちゃんに徐々にビタミンD類の不足で、くる病などの患者数が増えてきています。

完全母乳にしているのでビタミンD3が不足したことだけが原因ではなく、その他にも、アレルギーを心配するお母さんが増えて、離乳食を赤ちゃんに与える時期が昔よりも遅くなったことや、さまざまな情報に影響されたお母さんが、独自で除去食を赤ちゃんに与える人が増えたこと、アトピー性皮膚炎を患った赤ちゃんが増えたり、紫外線から赤ちゃんを守ろうとして日光を赤ちゃんに当てることを避けるお母さんが増えたことも、ビタミンD3の不足に影響を与えています。

母乳で育つ赤ちゃんをビタミンD3不足にさせないために

ビタミンD3不足にさせないために

では、母乳育児の赤ちゃんに、ビタミンD3を充分に摂取させてあげるためにはどうすればいいのか見ていきましょう。

離乳食の内容をしっかり考える

赤ちゃんが活発に動けるようになると、離乳食を与えても良い時期になりますが、あまり早い時期に離乳食を与えるとアレルギーのリスクがあるので、あまり早くから離乳食を始めないという流れが一般的になってきています。

最近では、離乳食を始める時期は生後半年前後からという赤ちゃんが多いのではなでしょうか。

完全母乳で育ててきたお母さんは、ビタミンD3不足のことが心配な人も多いでしょうが、離乳食が始まると、ビタミンD3の不足を離乳食で補うことが可能になります。

ビタミンD3不足を心配している場合は、離乳食にビタミンD類を含む食品を意識的に取り入れましょう。

ビタミンD類を多く含む離乳食には卵の卵黄、魚、しいたけなどです。急ぐ必要はありませんので赤ちゃんの様子を見ながらゆっくり離乳食を進めていってビタミンD3不足を補うようにしましょう。

完全母乳育児にこだわらない

完全母乳育児だけが育児の正解であるかのごとく、母乳に強くこだわるというお母さんもいますが、ビタミンD類に関しては科学的にも母乳には不足しているというデータがあります。

完全母乳でも極端にビタミンD類の不足を心配する必要はありませんが、骨の成長を心配する人は、ビタミンD類が含まれている人工ミルクを1日に一度与えるという風に、ミルクとの混合育児をすると栄養面での不足が補えるので安心です。

実際、人工乳だけで育った赤ちゃんの方が、完全母乳で育った赤ちゃんよりも成長が早い場合が多いです。

母乳中心の赤ちゃんの栄養面を支えるための人工ミルクが市販されていますので、それらを利用してみるという方法もあります。

日光を浴びる

ビタミンDを生成するためには日光は欠かせません。日光を浴びないと骨の成長が悪くなったり、骨がもろくなったりします。

赤ちゃんの肌は薄くデリケートなので日光に当てることを嫌がるお母さんもいますが、体の成長のためにはある程度の日光を浴びることが必要です。

紫外線対策をすることも大切ですが、1日に何度かは外に出て日光を浴びてビタミンDの不足を解消しましょう。

アレルギーやアトピー性皮膚炎などの赤ちゃんは気をつけて

ビタミンD3など、ビタミンD類の栄養素が赤ちゃんに不足すると骨の成長などに影響を与える可能性があるのですが、ビタミンD類を補足するために色々な食べ物を与えたり、日光浴をする時は、赤ちゃんの様子をしっかり見極めることが大切です。

食品アレルギーがあったり、アトピー性皮膚炎などの疾患がある赤ちゃんには専門医と栄養面を補給するための方法などを相談して進めていくことが大切です。

まとめ

まとめ

ビタミンD3は赤ちゃんの骨を作ったり、成長させたり、免疫力をアップする働きもあります。

しかし、母乳にはビタミンD3の含有量が非常に少ないので、母乳だけで育っている赤ちゃんはビタミンD3が不足して、くる病になる赤ちゃんも徐々に増えてきています。

このため、完全母乳で育っている赤ちゃんは人工ミルクを足したり、離乳食でビタミンD3を補ったり、ビタミンDの生成を助ける日光に当てるなどを、日頃から気をつける必要があります。

この記事が役に立ったらシェアしよう!


はじめての方はこちら!

葉酸サプリタイアップキャンペーン開催中

人気ブランドの葉酸サプリをお得にGETする大チャンス!ココマガ読者さまだけの限定特典をご用意していただきました。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 300円OFFクーポン!はこちら
  • 定期2,980円

キングオブ葉酸!ベルタ葉酸サプリ

  • 酵素サプリプレゼント!
  • 定期3,980円

妊活におすすめ!ママナチュレ

  • たんぽぽ茶プレゼント!
  • 初回3,980円
葉酸サプリの選び方を見る

関連するカテゴリー
授乳育児

スポンサードリンク

目次
をみる
関連記事
をみる