赤ちゃん ファンデーション

赤ちゃんに優しいファンデーションの選び方

赤ちゃんがいても綺麗にしていたいと思うお母さんはたくさんいます。すっぴんで出歩くのはちょっと…というお母さんも多いでしょう。

しかし、化粧品の成分は赤ちゃんにとってよいものばかりではありません。

抱っこなどで、お母さんの顔に近づいたり、口や舌がお母さんの顔に付いたりすることの多い赤ちゃんのためにも、安全で安心なものを使いたいと思っているお母さんもいるではないでしょうか。

そこで今回は、

・ファンデーションが赤ちゃんに与える影響は?
・ファンデーションはしない方がいいの?
・赤ちゃんに優しいファンデーションの選び方とは?

といった方に、赤ちゃんがいても安全に使えるファンデーションについて詳しくご紹介します。

赤ちゃんにも優しい成分の商品を選んで、ママ自身のおしゃれもしていきましょう。

ファンデーションは赤ちゃんが食べたら危険?

赤ちゃんにとって、食べてもまったく問題ないというファンデーションは存在しません。ファンデーションはそもそも肌に付けるために開発されており、食べてしまうということは想定していません。

しかし、肌に付けているファンデーションを舐めた程度では、ほとんどの場合害があることはありません。

ですが、目を離したすきに化粧品ポーチなどに入っているファンデーションを誤って食べてしまった場合や大量に呑み込んでしまった場合に、何らかの症状が出る可能性もあります。

できるだけ吐かせてあげた後で様子を見て、異常がある場合には病院で診察してもらいましょう。

肌同士が触れ合った場合、赤ちゃんへの影響は?

ファンデーションを付けていても、頬ずりした程度では特に問題はありませんが、気になるようでしたら清潔なガーゼなどで拭いてあげるようにしましょう。

ですが、赤ちゃんの肌は非常にデリケートなため、かぶれなどの症状があらわれることもあります。
そうした場合まず考えられるのが、アレルギー反応です。
化粧品にはアレルギーの原因物質とされる成分が含まれていることもあるためです。

赤ちゃんがもし、ファンデーションとふれたことで腫れや赤み、湿疹、かぶれなどの症状があらわれたなら、直ちにファンデーションの使用をやめて、製品に記載されている成分表を持参の上、かかりつけの小児科や皮膚科で診察してもらいましょう。

意外と知らない化粧品の危険成分

セラミド、ヒアルロン酸、コラーゲン、クエン酸、ビタミンC、Q10など、最近のファンデーションや化粧品には実にさまざまな成分が含まれています。

肌によいとされる成分が含まれている一方、赤ちゃんにだけでなく、お母さんにとっても、肌にとってもよくない成分が含まれているものがあるのも事実です。

最近では、こうした物質を含まないものも多くなっていますが、それでもまだファンデーションなどの化粧品には肌に刺激や負担を与える成分が含まれていることがあり、お母さんが使用して、万が一赤ちゃんの口にしたり、または肌にふれたりした場合、なにも影響がないとは言い切れません。

できることなら天然素材でできたものなど、できるだけ肌にやさしい成分のみのファンデーションを使用したいものです。

危険と指摘されている成分

まずは、どういった成分が危険なのか見ていくことにしましょう。ファンデーションのパッケージ成分表をチェックしてみましょう。以下の成分が入っていないかじっくり見て下さい。

パラベン

近年ではパラベンフリーと記載されている化粧品が増えてきていますが、化粧品の中でも目立って警戒されている成分です。

パラベンは防腐剤として多くの化粧品に使用されており、人体への影響は低いとされています。しかし、化粧品を使用し続けると乳がんを招くことが懸念されています。

ソプロピルメチルフェノール

防腐剤や酸化防止剤として使用されています。

粘膜に付着すると刺激を受けることがあるため、粘膜に使用する可能性のある薬には含有量の規制があります。

このため、赤ちゃんが口の中に入れてしまうと口の中の粘膜にダメージを与える恐れがあります。

ウロカニン酸エチル

紫外線吸収剤として使用されている成分で、免疫力を弱めてしまう他、アレルギーを引き起こし、皮膚がんへの関与も疑われています。

これらの物質が含まれている場合、赤ちゃんにとって悪い影響を及ぼしかねません。ただちに赤ちゃんにとって安全な製品に変える必要があります。では、どのようにファンデーションや化粧品を選んでいけばよいのでしょうか。

無添加表記には注意が必要

化粧品には14,000種類以上もの成分が使用されています。以前はその中で特に有害性が認められている物質102種類のみに表示指定成分が定められていましたが、2001年からは全成分の表示が義務付けられました。

成分表示を見ればその化粧品がどんな成分で作られているのかひと目でわかるので、成分表示を確認しながら肌に合わない成分が含まれていないか確認しましょう。

また、実際に使用してみて肌質にあわない場合も、ママ自身の肌のためにも使用を控えましょう。

赤ちゃんにも優しいファンデーションの選び方

赤ちゃんに完全に安全といえる化粧品は少なく、選ぶのが難しいという現状もあります。
その中でも安心して使うことのできるファンデーションはやはり、オーガニックを使用したものです。

しかし、「オーガニック」にもいろいろありますので、オーガニック認証団体等の認証を受けた確かな商品の方がなお安心です。

また、敏感肌にも使えるファンデーションなどは有害な物質をできる限り排除している製品が多いので、比較的安心して使用することができます。

ファンデーション選びの4つのポイント

では、ファンデーション選びのポイントをいくつかご紹介します。

リキッドよりも固形(プレスト)タイプを選ぼう

リキッドタイプよりは、赤ちゃんが舐めたり触ったりすることを考えてパウダーファンデーションを選びましょう。

その中でも触っても落ちづらい固形タイプがおすすめです。

無香料のファンデーションを選ぼう

日本製よりも海外製の製品に多い香料ですが、ファンデーションの表記には香料に対し細かな規定がありません。有害な物質を含んでいる可能性も高いため、できることなら避けましょう。

クレンジング不要のタイプが最適

赤ちゃんに万が一ついてしまった場合でも、簡単に落とすことのできるクレンジングフリーのファンデーションを選びましょう。

ですが、せっけんなどで落とせるタイプのものはカバー力の落ちる可能性が高くなります。赤ちゃんにとって優しいものですので、その点は理解した上で使用しましょう。

ほとんどの製品はクレンジングが必要なタイプです。
せっけんで落とすことのできる、または落とす必要のないタイプというだけで、かなり製品は絞られてきてしまうと思いますが、より安心した製品をとお考えならクレンジング不要のものがおすすめです。

おすすめのファンデーション

赤ちゃんへの影響が気になる、産後のママにおすすめのファンデーションやファンデーション機能をもった化粧品をご紹介します。

HANAオーガニック ウェアルーUV

HANAオーガニックのウェアルーUVは、天然100%のオーガニック乳液です。ファンデーションを使わなくても素肌にきらめきを与えてくれる一品です。

産後ママはホルモンバランスの影響もあり肌のダメージも受けやすいので、紫外線対策は欠かせませんが、これ一本で、

・ダメージケア
・日焼け止め
・化粧下地
・薄付きファンデーション

の4役を担ってくれます。

天然100%の乳液が、ファンデなしでも光をコントロールして、お肌に透明感と血色をプラスし、毛穴も目立たなくしてくれます。

カバー力自体は、一般的なファンデーションに比べるとどうしても弱くなりますが、赤ちゃんと肌が触れ合って全く心配がいらないのは大きなポイントです。

また、長時間の使用でも白浮きもしないのも、忙しい産後ママにおすすめです。

今なら、某有名コスメサイトでも堂々の1位を獲得しているトライアルセットが、お得な値段でご購入できます。

公式ページ>>>>HANAオーガニック|7日間トライアル

レイチェルワイン ミネラルメイクアップ

油分を含んでいない、クレンジング不要のファンデーションです。ミネラル成分を多く含み、肌トラブルを起こす成分も含まれていないことから、赤ちゃんのお肌への影響も最小限に抑えられます。

クレンジング不要タイプとは思えないカバー力で、毛穴を抑えてくれ、崩れにくいのが特徴です。

ただ、パウダータイプのため、赤ちゃんのそばでファンデーションを塗るのには注意が必要となりますが、香料や防腐剤、合成界面活性剤も使用されていませんので、まだまだ抱っこが必要な赤ちゃんのいるママにおすすめしたい商品です。

公式ページ>>レイチェルワイン 「ミネラルメイクアップ トライアルセット」

セパルフェ ザ・ブライトアップBBクリーム

ケミカルフリーのBBクリーム&パウダーで、多くの有名芸能人も愛用していることもあり、今注目のBBクリームです。植物性のオイルを使用しており、赤ちゃんにも比較的安全な商品です。

伸びも良く、ヒアルロン酸や植物由来のエキスを含み、しっかりとママのお肌も守ってくれます。

こちらも、リキッドタイプのため、赤ちゃんの手の届かないところに置くなどの配慮が必要となりますが、香料や防腐剤など、気になる成分も入っていないため、赤ちゃんがいても安心して使える商品です。

公式ページ>>つければつけるほど美肌になれるノンケミBB

supervisor_image_url_2

監修:成田 亜希子(医師)

プロフィール:弘前大学卒業後、内科医として地域医療に従事。その傍ら、保健所勤務経験もあり、国立保健医療科学院での研修も積む。感染症や医療行政にも精通している。プライベートでは二児の母。

この記事が役に立ったらシェアしよう!


ココマガ編集部厳選サプリ

ココマガが厳選した妊活サプリ、葉酸サプリをご紹介!お得なキャンペーンを実施中の商品もあるので、ぜひチェックしてくださいね。

男性用妊活サプリ「精育支援サプリ」

  • 精子観察キットがついてくる!
  • 定期3,582円
男性の妊活について詳しく知る

米仏でもNo,1獲得の葉酸サプリ「ララリパブリック」

  • 300円OFFクーポン!はこちら
  • 定期2,980円

キングオブ葉酸!ベルタ葉酸サプリ

  • 酵素サプリプレゼント!
  • 定期3,980円
葉酸サプリの選び方を見る

はじめての方はこちら!

妊娠周期ごとのまとめ記事

はじめての妊娠の方に、読んでもらいたい記事をまとめました。周期ごとのママや胎児の様子を把握しておきましょう。


出産・産後のカテゴリー

出産の兆候出産準備出産費用
保険陣痛分娩
帝王切開早産高齢出産
出産予定日産後の手続き出産祝い・出産内祝い
産後のダイエット・骨盤矯正産後のスキンケア産後の栄養・食事
授乳・母乳・ミルク産後のファッション産後うつ
妊娠線新生児(生後0ヶ月)
出産の兆候出産準備
出産費用保険
陣痛分娩
帝王切開早産
高齢出産出産予定日
産後の手続き出産祝い・出産内祝い
産後のダイエット・骨盤矯正産後のスキンケア
産後の栄養・食事授乳・母乳・ミルク
産後のファッション産後うつ
妊娠線新生児(生後0ヶ月)
目次
をみる
関連記事
をみる