下痢は陣痛の兆候

下痢は陣痛の兆候?臨月に起こる陣痛のサインはどんなもの?




臨月に入るといよいよ待望の赤ちゃんとの対面も間近です。出産に向けての準備をしながら心待ちにしていることでしょう。

ですが、気になるのは「陣痛」です。初産の場合には「陣痛がきたらわかるのだろうか」「どのくらい痛いのだろう」と不安も募ります。

ドラマなどでは陣痛は突然起こることが多いですが、実際には陣痛が起こる前になにかしらの兆候があらわれます。

そこで今回は、

・陣痛が起きたら赤ちゃんは直ぐ生まれるの?
・どうして陣痛が近づくと下痢になるの?
・陣痛の痛みと下痢の痛みは区別がつくもの?

といった方に、出産前に発生する「下痢」の症状や陣痛の特徴やタイミングなどについて詳しくご説明します。

陣痛とは?

陣痛とは

陣痛とは出産時に赤ちゃんを子宮外へ押し出そうとして、子宮が収縮する動きと痛みのことをいいます。陣痛が起こる仕組みについてはまだはっきりとわかっておらず、ホルモンの作用によって起こるといわれています。

陣痛は、一度起こってしまえば妊婦さんの意志でコントロールすることはできず、お産が終わるまで続きます。しかし、出産が終わるまでの間、常に痛みがあるわけではありません。

陣痛が始まった最初の頃は痛みが不規則で、徐々に規則的な間隔へ移行していきます。赤ちゃんが産道を通るときが痛みのピークといわれ、その痛みは「鼻からスイカ」などさまざまな例え方で表現されます。

陣痛は二段階に分かれる

陣痛は二段階

陣痛はお腹の張りなどを伴う不規則な痛みから始まり、分娩の瞬間が近くなるごとに一定の間隔で規則的にやってくる痛みへと徐々に移行していきます。

初めの陣痛は「前駆陣痛」といい、移行後の陣痛を「本陣痛・有効陣痛」などと呼びます。それでは、それぞれの陣痛について特徴を説明していきます。

前駆陣痛の特徴

前駆陣痛は後に起こる本陣痛の予行のようなものです。具体的にはどのような感じなのでしょう。

痛みの程度

波のように押しては寄せてといった痛みが、不規則に長めの間隔で訪れ、最初は便秘時のような痛みや普段の生理痛を強くした痛み程度のもので、中には前駆陣痛ではあまり痛みを感じないという妊婦さんもいます。

我慢出る程度の痛みなので、姿勢を変えると痛みが和らぐ時もあります。

どのくらいの時間で本陣痛に移行するか

前駆陣痛から本陣痛に移行するまでにかかる時間には個人差があります。そのため、時間については一概にはいえません。

前駆陣痛が起こってからすぐ本陣痛に移行した方もいれば、一日経っても本陣痛に移行せず、一週間かかったというママもいます。

本陣痛・有効陣痛の特徴

痛みは少しずつお腹全体に広がっていき、体勢を変えても痛みはなかなか治まりません。本陣痛・有効陣痛の特徴を簡単にご説明します。

本陣痛に移行すると

痛みの間隔が徐々に短くなり、規則性がでてくれば本陣痛の始まりです。本陣痛は間隔が短くなるにつれて痛みも増していきます。

痛みの間隔の目安

初産の場合では、陣痛の間隔が10分おき、経産婦の場合では15分おきに規則的な痛みが訪れると入院のタイミングです。

前駆陣痛と本陣痛の違い

陣痛の違い

前駆陣痛→痛みの間隔、つまり子宮が収縮するタイミングが本陣痛に比べて不規則でその間隔も長く、痛みも我慢ができるレベルです。

本陣痛→子宮収縮のタイミングは、初産で10分置きと間隔が規則的になり、また痛みも強くなります。ところが、経産婦の方でも、今起きている陣痛が前駆陣痛なのか本陣痛なのかを判断するのは難しいです。

痛みがまだ鈍いため本陣痛ではないだろうと思って、ギリギリまで病院に行かなかったというケースも少なくありません。

反対に、前駆陣痛の段階で病院へ行くと「まだ早い」といわれ一度家に帰ることになる場合もあります。

このようなことから臨月に入ったら、通常のお腹の状態を確認しておきましょう。前駆陣痛と本陣痛の最大の違いは子宮の収縮が起こるタイミングです。

お腹にいつもと違う張りや鈍い痛みがある場合は、その痛みを記録し、頻度や痛みの程度などと合わせて、時間などを書き入れておくとわかりやすいです。

陣痛が始まるタイミングはわかる?

いつ陣痛が始まるのか、そのタイミングがわかればよいのですが、陣痛自体のメカニズムがはっきり解明されていないため、詳しいことはお伝えできません。一般的には、出産予定日の前後二週間のうちに陣痛が起こるとされています。

前駆陣痛が起こってから本陣痛に移行するタイミングについては、個人差が大きく妊婦さんによって違いますが、本陣痛に移行するまでに数日を要するケースも少なくないため、前駆陣痛期間中の過ごし方は重要です。

しかし前駆陣痛があまりにも長く続くと、母体が疲労して「微弱陣痛」になってしまうことがあります。微弱陣痛とは子宮の収縮する力が弱くお産が進まないことをいいます。

多胎妊娠や高齢出産では微弱陣痛になりやすく、お産が進まない不安が募ることでさらに出産が遅れます。

陣痛の兆候は?

陣痛は突然強い痛みが起こるものではありません。前駆陣痛が始まる前にはお腹の張りや痛み以外に「兆候」ともいえる症状があらわれます。

人によってどのような症状がでるかは異なりますが、いずれも赤ちゃんが出産に備えて子宮口近くまで降りてくることで起こる症状です。

徐々に痛みに変わるので初産の妊婦さんでも陣痛だとわかるはずです。臨月に入ったら体の変化には十分注意しておきましょう。

陣痛の兆候としての下痢

陣痛の兆候としての下痢

いくつかある陣痛前の兆候として、下痢のようなお腹の痛みを感じることがあります。なぜ下痢のような感覚が起こるのか、その仕組みついてご説明しましょう。

赤ちゃんが日々成長して大きくなっていくと、子宮周囲の臓器や器官が圧迫されます。ところが、出産が近づき赤ちゃんが子宮口まで下りてくると、それまで腸を圧迫していた子宮が下がり急に便意を感じます。

便の排出を妨げていた障害物がなくなるため、腸の運動が活発になるからです。しかし、逆に便秘になったり下痢になったりと便通が乱れることもあります。

これは出産が間近になるとホルモンバランスが急激に変化するため、腸の動きが鈍くなったり活発になりすぎたりしてバランスを崩すことで起こります。

快便も便秘も下痢も、どれも出産が近い証ですので、いつもよりトイレが近くなったと感じるときは、陣痛が起こる予兆かもしれません。

陣痛と下痢の感覚は似ている

実際に出産を経験したママ達の体験談でも「下痢だと思ったら陣痛だった」という話を聞くことは多く、前駆陣痛の痛みを「下痢のような痛み」と例えるかたもいて、以下のような症状になるママもいます。

・お腹を冷やしたときのような下痢の痛み
・下痢になったような不快感や痛み
・実際に下痢になる

お腹を下していると思い込んでトイレに駆け込んでも何も出なかったり、実際に下痢の症状がある場合には陣痛との違いがわからず、ギリギリまで病院に行かなかったかたもいます。

前駆陣痛で痛みを感じる箇所が下腹部の近くのため、下痢の症状と勘違いしてしまうのです。本陣痛に移行するときには「下痢の何倍も痛い」と痛みの感じ方に変化がでる場合もあります。

痛みの感じ方は個人差があるので、下痢のような感覚が必ずしも陣痛の予兆とは限りませんが、臨月に入りもし下痢のような腹痛を感じたら、陣痛が起こる兆候の可能性もあると心得ておきましょう。

病気の下痢と陣痛の下痢の違い

下痢の違い

臨月に入ると下痢のような症状や、実際に下痢になる可能性があることはわかりましたが、妊娠による下痢以外の可能性も考えられます。妊娠中は免疫力が落ちているため、違う病気にかかる可能性もあります。

免疫低下で見受けられる腹痛を伴う病気には、「過敏性腸症候群」や「食中毒」などが挙げられます。妊娠が原因の症状と思い込まず、体調に変化があるときは注意が必要です。

便の状態をチェック

・水便である(水分が多い、水っぽい便)
・腹痛が続く
・吐き気や嘔吐、発熱の症状がある
・普段と便の色が違う
・トイレに行く回数が多い

発熱や嘔吐を併発している場合は、妊娠性の下痢ではない可能性が高いです。食中毒などの細菌感染では潜伏期間を経て症状がでることもあるので、あまりにも下痢が続いたり一日に何度もトイレに行く場合は、一度かかりつけの病院へ相談しましょう。

下痢が引き起こす母体への影響

臨月による陣痛兆候の下痢だとしても、症状が長く続くようであれば母体への影響があります。下痢によって腸が収縮を繰り返すことは、子宮の収縮も一緒に引き起こしています。

症状が重症の場合は何度も腸が収縮して、お腹の張りや子宮の痛みを誘引するので注意が必要です。また下痢が続くと食事からの栄養を十分に吸収できません。

食べ物が栄養となる前に体外へ排出されてしまうので、母体だけでなく赤ちゃんへも必要な栄養が運ばれない状態です。

栄養不足から体力が消耗するのも早く、気がつかないうちに脱水症状など別の症状を引き起こしたり母体が衰弱していると出産にも影響がでるため、甘くみてはいけないのです。

下痢を繰り返す方は、下痢の症状が良くなっても今度は便秘になりやすい傾向にあります。腸にいた善玉菌が繰り返す下痢によって流れてしまっていると、排便する力が弱まり、便を押し出すことが難しくなるのです。

便秘が続くと、体の中に溜まった老廃物の分解にエネルギーを使うことになり、結果母体は栄養不足となります。

便秘が続くことで腸内環境が悪くなりまた下痢を繰り返すという悪循環が生まれ、ひどいときにはこのサイクルから抜け出せなくなります。

合併症がなくても下痢の症状が続くときは、お医者様に相談して解消するのが一番です。病院へ行く目安として、下痢の症状であれば3〜4日です。

下痢の症状を緩和する対処法

緩和する対処法

下痢が続くときは以下のような対処方法で症状を緩和してみましょう。

消化のよいものを食べる

妊娠中はバランスの良い食生活を心がけているかと思いますが、下痢の症状がひどいときは食物繊維を少しの間控えてみましょう。

繊維質は消化しにくく、またお腹を下しているようなときには症状を悪化させます。

うどんやおかゆなどの炭水化物を主食に、豆腐やささみなどでタンパク質を補います。野菜はほうれん草などの葉物は繊維が少ないのでおススメです。

体を温める

お腹が冷えて下痢をしている可能性もあります。夏場でもできるだけ薄着は控えて靴下を着用しましょう。また、飲み物も冷たいものは控えて常温か温かいものをとるようにします。

水分を補給する

下痢になると思っている以上に水分が排出されています。脱水症状にならないように水分補給をまめに行いましょう。

陣痛がなくても破水したら病院へ

破水したら病院へ

「陣痛はきていないけど破水してしまった」というときは、陣痛の有無にかかわらずすぐに病院へいきましょう。ただ、この状態は直接的に命にかかわる危険性はないので安心してください。

破水は陣痛が起こってからと思われがちですが、破水も陣痛が起こる兆候の一つです。破水してから陣痛が起こるということはよくあります。

しかし、破水後は赤ちゃんが感染症にかかるリスクが高くなりますので、できるだけ早めに病院で処置を受けてください。生理用のナプキンなどを使用して子宮口を清潔に保ち、それ以上破水しないよう寝た状態で病院へ向かいましょう。

それ以外のケースでも

・過去の出産が早産だった場合
・陣痛がきていないのにすでに子宮口が開いている場合
・なにかしらの合併症がある場合
・妊娠高血圧症候群での出産
・帝王切開になる可能性が高い場合

このような時には陣痛の有無にかかわらず早めに入院した方がよいです。出産にあたり心配事があるときには、事前にお医者様と相談して入院のタイミングを確認しておきます。

もちろん激しい腹痛があるときには、赤ちゃんに異常が起こっている可能性があるので早急に病院へ向かいます。

陣痛から起こってから出産までの時間は?

本陣痛に移行してから実際に赤ちゃんが産まれるまでにかかる時間も、個人によって開きがあります。

病院へ到着してから2〜3時間で産まれるケース、入院してからが長く産まれるまでに2〜3日かかったというケースなさまざまです。

一般的には、初産の場合で陣痛間隔が10分になってから大体12〜13時間くらいかかるのが平均的です。本陣痛に移行してからも時間はたっぷりあります。

陣痛が来ても慌てずに

陣痛が来ても慌てずに

このように陣痛がくる前には何かしらの予兆があり、実際に陣痛が始まっても赤ちゃんが産まれるまでにはしばらく時間があります。お腹が痛み出しても慌てずに落ち着いて、元気な赤ちゃんを産んでくださいね。

この記事が役に立ったらシェアしよう!


はじめての方はこちら!

葉酸サプリタイアップキャンペーン開催中

人気ブランドの葉酸サプリをお得にGETする大チャンス!ココマガ読者さまだけの限定特典をご用意していただきました。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 300円OFFクーポン!はこちら
  • 定期2,980円

キングオブ葉酸!ベルタ葉酸サプリ

  • 酵素サプリプレゼント!
  • 定期3,980円

妊活におすすめ!ママナチュレ

  • たんぽぽ茶プレゼント!
  • 初回3,980円
葉酸サプリの選び方を見る

妊娠周期ごとのまとめ記事

はじめての妊娠の方に、読んでもらいたい記事をまとめました。周期ごとのママや胎児の様子を把握しておきましょう。



関連するカテゴリー
出産

スポンサードリンク

目次
をみる
関連記事
をみる