妊娠中 美容液

妊娠中の肌荒れは美容液でケアを!妊婦さんの美容液の選び方



妊娠中、急な肌質の変化に驚くことはないでしょうか?
早ければ妊娠してすぐ肌荒れに悩まされることもあります。
妊娠中の肌トラブルはホルモンバランスの乱れが主な原因に挙げられます。

そんなときこそ、美容液などを使用して肌ケアをこまめにしていきたいですが、妊娠中は今まで使っていたスキンケア化粧品が合わないことも多いです。

一時のこととはいえ、適切なケアを行わなければ肌トラブルは増えていく一方…妊娠中に安心して使える美容液はないのでしょうか?

そこで今回は、

・妊娠中に起こる肌トラブルとは?
・妊娠中でも安心して使える美容液を教えて欲しい!
・美容液の効果的な使い方とは?

といった方に、妊娠中の肌荒れにおすすめの美容液と、その使い方について詳しくご紹介します。

妊娠中に生じやすい肌荒れ

美容液は化粧水と乳液に並ぶ代表的な基礎化粧品ですが、使う人・使わない人が分かれる化粧品でもあります。

しかし、妊娠中は今まで使っていなかった人でも使った方がよいと考えられます。

その理由は、肌トラブルの数の多さ。考えられる肌トラブルは次の通りになります。

皮脂の過剰分泌

妊娠中は皮脂の分泌を促すプロゲステロンと呼ばれる女性ホルモンの分泌が急増します。
このため、肌のテカリやベタつきなどのトラブルが起こりやすくなるのです。

また、過剰な皮脂が分泌されることで毛穴詰まりなどを引き起こし、吹き出物やニキビができやすくなります。

さらに、過剰な皮脂は肌に炎症を引き起こして肌のバリア機能を担う角質層の構造を乱すため、些細な刺激に痛みなどを感じる敏感肌になりやすく、かさつきなどの原因にもなります。

シミ・肝斑

妊娠中はシミや肝班ができやすくなります。

生理前の肌荒れと同じくプロゲステロンの分泌が多くなることが原因とされ、数が増えるといった特徴もあります。

特にシミは妊娠中の肌トラブルの中で一番多いといわれており、確かに1度シミができてしまうと中々治らず悩むママがほとんどです。

特に妊娠中は、ホルモンバランスの変化が原因となる肝斑ができやすくなります。肝斑は両頬に左右対称のシミが広がるのが原因で、通常のシミよりも範囲が広くなるため深刻な悩みの種となるママも少なくないでしょう。

アレルギー反応

アレルギー体質ではなかったのに、妊娠してからアレルギーが出るようになってしまう例は多いです。

なににアレルギーが出てしまうのかは人それぞれ異なり、特定は難しいのですが埃に反応してしまうママもいれば、スギなどの花粉、食べ物が原因のこともあります。

これまでなかったアレルギーが出るようになるのは、妊娠による体質の変化が大きく関係しています。

妊娠中は、赤ちゃんをお腹で育てている時期ですから、体は赤ちゃんを異物と捉えないように免疫力を低くしていくことがわかっています。

このような免疫力の変動がアレルギー発症に関係していると考えられているのです。

妊娠中だからこそ美容液が必要

妊娠中の肌トラブルはこれだけではありません。妊娠中は特に肌荒れになりやすいので対策は必須です。

このトラブルに対抗するにはやはり、自分に合ったスキンケア用品を選ぶ必要があります。

美容液は、美容というだけあって肌をきれいに整える成分が配合されています。
それまで使わなかったママでも、妊娠を機に使用してみてはいかがでしょうか?

美容液の効果とは?

美容液の効果は保湿効果を初め、美白効果にアンチエイジングなどメーカーによってさまざまです。

保湿であれば化粧水で補うことができそうですが、美容液はたとえば保湿なら、その効果のある美容成分を濃密に配合しているので、化粧水のように顔全体に使うのではなく、悩んでいる部分にのみ直接使用するといった有効成分を直接補給することができるのです。

つまり、化粧水と乳液だけを使っているよりも、使い方次第で早めの解決が期待できます。
美容成分が濃密なぶん、値段は少し高めですが、効果を考えれば持っていて損はないでしょう。

安心して使える美容液とは?

せっかく美容液を使うのなら、ニキビなどに効く薬用成分が配合された物や、美白効果のある物など自分の肌トラブルに効果的な美容液を使用したいところです。

しかし、一方で気になるのはお腹にいる赤ちゃんへの影響です。

肌トラブルに効いてくれるのが嬉しいのですが、効き目があると成分が赤ちゃんに害を与えていないか気になってしまうママも多いでしょう。

妊娠中は効果があって赤ちゃんにも影響がない美容液が一番です。この条件に見合う美容液とは、どんなものでしょうか?

刺激の少ない成分配合

シミは妊娠中の肌トラブルに必ず挙げられる症状です。
美白効果のある美容液は効果が現れるわけではありませんが、使うごとにシミが薄くなっていきます

美容液の中でも、美白効果のある美容液ですぐに効果が表れるわけではありませんが、使うごとに配合された美白成分によりシミが薄くなっていきます。

しかし、ここで妊娠中のママが気を付けておきたいのは、肌がいつも以上に敏感になってしまっていることです。そのため、配合されている成分が刺激の少ないものを選ぶ必要があります。

例を挙げれば、ビタミンC誘導体の代わりに、アルブチンと呼ばれるビタミンC誘導体と変わらない効果を持つ、肌への刺激が少ない成分のみが含まれている美容液もあります。

妊娠中は、今まで使用していた化粧品も肌に合わなくなる場合もありますから、敏感肌用に成分にまで気を遣った美容液を選ぶと安心です。

赤ちゃんにも安全なものを

化粧品すべてにいえることではあるのですが、妊娠中は配合された成分の赤ちゃんへの影響も心配です。

特に美容液は効果が高い反面、美容成分が濃密なエッセンスのようなものですから、肌から吸収された成分が血液に乗って赤ちゃんへ届いてしまう恐れが通常の化粧水や乳液より高くなるからです。

ハイドロキノンと呼ばれるシミの漂白剤と呼ばれる成分もその1つで、高い美白効果が期待できますが妊娠中や授乳中が使用することができません。

美容液の安全性を細かく説明している製品も多いので、不安な場合には購入する前に調べてみましょう。

美容液の効果的な使い方

基礎化粧品を使う上で、美容液は化粧水の後に使った方が効果的です。

化粧水の後に乳液、化粧水の前に美容液という順番で使用する人もいますが、乳液の後に使用してしまうと、乳液によってはられた油膜によって、せっかくの美容液の成分が浸透しにくくなってしまいます。

化粧水は肌を整え、成分を浸透しやすくする効果がありますから、その前に美容液を使っても、乳液の後のように十分に肌へ浸透していかない可能性があります。

基礎化粧品の鉄則「水分の多いもの→油分の多い物」に沿って正しく順番を守れていると、美容液の効果も得やすくなります。

また美容液を使うとき、少しずつ使ってしまうと効果がありません。もったいないと躊躇せず、製品によって決められた量を守って使いましょう。

こんな成分が含まれていると安心!

妊娠中の肌荒れに使う美容液で、特に含まれていてほしい成分がいくつかあります。美容液に含まれていてほしい成分について、詳しくご紹介していきます。

美容液を選ぶ際に、その成分が含まれているかどうかチェックしましょう。

ヒト型ナノセラミド

ヒト型ナノセラミドとは、セラミドの一種で酵母を利用して生成されたものです。保湿力や浸透力が高く、刺激が少ない特徴があります。セラミドにはほかに、合成セラミドや天然セラミド、植物性セラミドがあります。

ヒト型を選ぶには理由があります。ヒト型と呼ばれる理由でもある人間の体内にもともと存在しているセラミドとほぼ同等の化学構造を持っていて、肌に不足しているセラミドを補い、角質層の水分保持力を高くすることが理由に挙げられます。

肌とくっつく性質が高いのもポイントです。セラミドは体に存在する成分ですし、お米にも含まれる成分なので、副作用もほとんどなく赤ちゃんへの影響も少ないでしょう。

グリセリン

グリセリンは肌表面に働きかける成分です。セラミドに似て肌にくっつきやすく塗るとダメージから守るように肌表面を覆い、高い保湿力も持っています。

妊娠中、乾燥が気になる部分などに塗ると肌の水分をがっちり掴み、乾燥による痒みも防いでくれます。

無色透明なので塗っても目立たないですし、ねっとりした粘り気のある特徴から垂れる心配がなく、塗り心地も伸ばしやすいことから顔だけでなく体周りのさまざまな部分で使用することが可能です。

そのため、肌トラブルの1つである妊娠線のように肌がひび割れている部分にも使いやすいです。もともと、皮膚科でも処方されている成分で、抗アレルギー作用がありますから敏感肌のママや、アトピーで悩んでいるママにも安心です。

赤ちゃんにも使える成分なので、影響はないといわれています。量を間違えるとベタつきを感じてしまうので、使用量には気を付けましょう。

ビタミンC誘導体

ビタミンC誘導体とは、ビタミンCを誘導化させた成分のことです。

ビタミンCは抗酸化作用に優れ、肌にできてしまったシミの原因になるメラニンの色素沈着を防ぐなど美白の効果がある成分ですが、壊れやすい性質からそのまま肌へ塗っても効果が発揮されないデメリットがありました。

ビタミンC誘導体は、そんなビタミンCの欠点を人工的に改良、皮膚への浸透力が格段にアップし、浸透してからビタミンCへと変わっていくので肌へ良い効果をもたらしてくれるのです。

表示される際にはビタミンC誘導体、もしくはリン酸型ビタミンC、アスコルビルエチルと表示されていることもあります。

まとめ

妊娠中には肌荒れがおこりやすいので、美容液による肌のケアは必要です。美容液を使用する際に気になるのは赤ちゃんへの影響です。上で挙げた赤ちゃんにも影響の少ない成分を含んでいるものを選びましょう。

赤ちゃんへの影響がない美容液であったとしても、妊娠中のママの肌は敏感なので、万人受けする美容液すべて安心とは限らないことを知っておくことが大切です。

購入する前に医師に選ぶポイントを聞いておくのもいいかもしれません。

自分にあった美容液を選んで、妊娠中の肌トラブルに対応しましょう。

supervisor_image_url_2

監修:成田 亜希子(医師)

プロフィール:弘前大学卒業後、内科医として地域医療に従事。その傍ら、保健所勤務経験もあり、国立保健医療科学院での研修も積む。感染症や医療行政にも精通している。プライベートでは二児の母。

この記事が役に立ったらシェアしよう!


ココマガ編集部厳選サプリ

ココマガが厳選した妊活サプリ、葉酸サプリをご紹介!お得なキャンペーンを実施中の商品もあるので、ぜひチェックしてくださいね。

男性用妊活サプリ「精育支援サプリ」

  • 精子観察キットがついてくる!
  • 定期3,582円
男性の妊活について詳しく知る

米仏でもNo,1獲得の葉酸サプリ「ララリパブリック」

  • 300円OFFクーポン!はこちら
  • 定期2,980円

キングオブ葉酸!ベルタ葉酸サプリ

  • 酵素サプリプレゼント!
  • 定期3,980円
葉酸サプリの選び方を見る

はじめての方はこちら!

妊娠周期ごとのまとめ記事

はじめての妊娠の方に、読んでもらいたい記事をまとめました。周期ごとのママや胎児の様子を把握しておきましょう。


妊娠のカテゴリー

妊娠報告・出産報告葉酸サプリ妊娠中のスキンケア
妊娠中のファッション妊娠中の外出・旅行妊娠中の家での過ごし方
妊娠中の運動妊娠線妊娠中に便利なサービス・アプリ
妊娠中の仕事妊娠中の服薬妊娠中の飲酒
妊娠中のカフェイン妊娠中の体重管理妊娠中の栄養・食事
妊婦健診産休・育休産院選び
保険胎動
妊娠報告・出産報告葉酸サプリ
妊娠中のスキンケア妊娠中のファッション
妊娠中の外出・旅行妊娠中の家での過ごし方
妊娠中の運動妊娠線
妊娠中に便利なサービス・アプリ妊娠中の仕事
妊娠中の服薬妊娠中の飲酒
妊娠中のカフェイン妊娠中の体重管理
妊娠中の栄養・食事妊婦健診
産休・育休産院選び
保険胎動
目次
をみる
関連記事
をみる