妊娠中 美容液

妊娠中の肌荒れは美容液でケアを!妊婦さんの美容液の選び方




妊娠中、急な肌質の変化に驚くことはないでしょうか?早ければ妊娠してすぐに、肌荒れになることもあります。妊娠中の肌トラブルはホルモンバランスの乱れや、お腹の中にいる赤ちゃんに合わせて体が変化することが原因に挙げられます。

そんなときこそ、美容液などを使用して肌ケアをこまめにしていきたいですが、妊娠中は今まで使っていたスキンケア化粧品が合わないことも多いです。

一時のこととはいえ、使わなければ肌トラブルは増えていく一方…妊娠中に安心して使える美容液はないのでしょうか?

そこで今回は、

・妊娠中に起こる肌トラブルとは?
・妊娠中でも安心して使える美容液を教えて欲しい!
・美容液の効果的な使い方とは?

といった方に、妊娠中の肌荒れにおすすめな美容液と、その使い方について詳しくご紹介します。

妊娠中に考えられる肌荒れ

美容液は化粧水と乳液に並ぶ基礎化粧品ですが、使う人・使わない人が分かれる化粧品でもあります。しかし、妊娠中は今まで使っていなかった人でも必要になってくることが考えられるのです。

その理由は、肌トラブルの数の多さ。たとえ今まで経験したことがない肌トラブルがあったとしても、妊娠中は関係ないので注意が必要なのです。考えられる肌トラブルは次の通りになります。

シミ・肝斑

妊娠中はシミや肝班ができやすくなります。生理前の肌荒れと同じくホルモンバランスの乱れが原因とされ、できやすくなるだけでなく、数が増える特徴もあります。

特にシミは妊娠中の肌トラブルの中で一番多いといわれており、確かに1度シミができてしまうと中々治らず悩むママがほとんどです。

ホルモンバランスが関係するシミは肝斑とも呼ばれていて、妊娠中にできやすいシミの一種です。しかし、シミと肝班は別物なのですが両方とも原因が同じなので、妊娠中はこの2つに悩んでしまうママもいます。

また、シミが多くなるのは体の水分や栄養が全て赤ちゃんに回されてしまうことにより天然のバリア機能、皮脂膜が弱くなってしまっていることも原因に挙げられます。

正常にバリアが働いていないので、肌を外部の刺激から守ることができず、紫外線などの影響を受けやすく、できやすい状態になってしまうのです。

アレルギー反応

アレルギー体質ではなかったのに、妊娠してから反応するようになってしまう例は多いです。なににアレルギー症状が出てしまうのかは人それぞれ異なり、特定は難しいのですが埃に反応してしまうママもいれば、スギなどの花粉、食べ物にアレルギー反応が出てしまう場合もあります。

そうなってしまうのは、体質の変化が大きく関係しています。妊娠中は、赤ちゃんをお腹で育てている時期ですから、体は赤ちゃんに必要な栄養などを異物と捉えないように免疫力を低くしていくことがわかっています。

つまり、アレルギー物質への抵抗力も弱くなってしまうので、普段以上にアレルギー症状が酷く肌荒れしてしまう傾向にあるようです。

妊娠中だからこそ美容液が必要

肌荒れからくる肌トラブルはこれだけではありません。妊娠中は特に肌荒れになりやすいので対策は必須です。

このトラブルに対抗するには、肌ケアだけでなく食生活の改善など内面からアプローチすることも必要です。

外からケアをしていくにはやはり、自分に合ったスキンケア用品を選ぶ必要があります。美容液は、美容というだけあって肌をきれいに整える成分が配合されています。

それまで使わなかったママでも、妊娠を機にお世話になることが多いです。妊娠中の外からの肌のケアに美容液はかかせないものです。

美容液の効果とは?

美容液の効果は保湿効果を初め、美白効果にアンチエイジングなどメーカーによって効果は多種多様です。

保湿であれば、化粧水があれば補うことができそうですが、美容液はたとえば保湿なら、その効果のある美容成分を濃密に配合しているので、化粧水のように顔全体に使うのではなく、悩んでいる部分にのみ直接使用するといった有効成分を直接補給することができるのです。

つまり、化粧水と乳液だけを使っているよりも、使い方次第で早めの解決が期待できます。美容成分が濃密なぶん、値段は少し高めになってしまうのでママにしてみれば安い買い物ではないかもしれませんが、その後の効果を考えれば持っていて損はないでしょう。

安心して使える美容液とは?

せっかく美容液を使うのなら、ニキビなどに効く薬用成分が配合された物や、美白効果のある物など自分の肌トラブルに効果的な美容液を使用したいところです。

しかし、一方で気になるのはお腹にいる赤ちゃんへの影響です。きちんと肌トラブルに効いてくれるのが嬉しいのですが、効き目があると成分が赤ちゃんに害を与えていないか気になってしまいます。

できるなら、効果があって赤ちゃんにも影響がない美容液が一番です。この条件に見合う美容液とは、どんなものでしょうか?

刺激の少ない成分配合

シミは妊娠中の肌トラブルに必ず挙げられる症状です。実際は妊娠中でなくても紫外線などの影響で悩む人はいるのですが、そのときによく利用されるのが美容液になります。

美容液の中でも、美白効果のある美容液ですぐに効果が表れるわけではありませんが、使うごとに配合された美白成分によりシミが薄くなっていきます。

しかし、ここで妊娠中のママが気を付けておきたいのは、肌がいつも以上に敏感になってしまっていることです。そのため、配合されている成分が刺激の少ないものを選ぶ必要があります。

例を挙げれば、ビタミンC誘導体の代わりに、アルブチンと呼ばれるビタミンC誘導体と変わらない効果を持つ、肌への刺激が少ない成分に代えている美容液もあります。

妊娠中は、今まで使用していた化粧品も肌に合わなくなる場合もありますから、敏感肌用に成分にまで気を遣った美容液を選べると安心です。

赤ちゃんにも安全なものを

化粧品すべてにいえることではあるのですが、妊娠中は配合された成分による赤ちゃんへの影響も心配です。

特に美容液は効果が高い反面、美容成分が濃密なエッセンスのようなものですから、含まれる成分が赤ちゃんによくない成分であった場合に、より影響が強く出てしまう可能性が考えられます。

微量とはいえ化粧水に比べ濃度が高く、肌から吸収された成分でも血液に乗って赤ちゃんへ届いてしまう恐れがあるからです。

ハイドロキノンと呼ばれるシミの漂白剤と呼ばれる成分もその1つで、効果は期待されながら安全性が確認されていないといわれています。

妊娠中でも使える美容液にはハイドロキノンにしても、医療で使用されるハイドロキノンが配合されているなど、妊娠中でも安心な成分が配合されています。

美容液の安全性を細かく説明している製品も多いので、不安な場合には購入する前に調べてみましょう。

美容液の効果的な使い方

基礎化粧品を使う上で、美容液は化粧水の後に使った方が効果的です。

化粧水の後に乳液、化粧水の前に美容液という順番で使用する人もいますが、乳液の後に使用してしまうと、乳液によってはられた油膜によって、せっかくの美容液の成分が浸透しにくくなってしまいます。

化粧水は肌を整え、成分を浸透しやすくする効果がありますから、その前に美容液を使っても、乳液の後のように十分に肌へ浸透していかない可能性があります。

基礎化粧品の鉄則「水分の多いもの→油分の多い物」に沿って正しく順番を守れていると、美容液の効果も得やすくなります。

また美容液を使うとき、少しずつ使ってしまうと効果がありません。もったいないと躊躇せず、製品によって決められた量を守って使いましょう。

こんな成分が含まれていると安心!

妊娠中の肌荒れに使う美容液で、特に含まれていてほしい成分がいくつかあります。美容液に含まれていてほしい成分について、詳しくご紹介していきます。

美容液を選ぶ際に、その成分が含まれているかどうかチェックしましょう。

ヒト型ナノセラミド

ヒト型ナノセラミドとは、セラミドの一種で酵母を利用して生成されたものです。保湿力や浸透力が高く、刺激が少ない特徴があります。セラミドにはほかに、合成セラミドや天然セラミド、植物性セラミドがあります。

ヒト型を選ぶには理由があります。ヒト型と呼ばれる理由でもある人間の体内に元々存在しているセラミドとほぼ同等の化学構造を持っていて、肌に不足しているセラミドを補い、角質層の水分保持力を高くすることが理由に挙げられます。

肌とくっつく性質が高いのもポイントです。セラミドは体に存在する成分ですし、お米にも含まれる成分なので、副作用もほとんどなく赤ちゃんへの影響も少ないでしょう。

グリセリン

グリセリンは肌表面に働きかける成分です。セラミドに似て肌にくっつきやすく塗るとダメージから守るように肌表面を覆い、高い保湿力も持っています。

妊娠中、乾燥が気になる部分などに塗ると肌の水分をがっちり掴み、乾燥による痒みも防いでくれます。

無色透明なので塗っても目立たないですし、ねっとりした粘り気のある特徴から垂れる心配がなく、塗り心地も伸ばしやすいことから顔だけでなく体周りのさまざまな部分で使用することが可能です。

そのため、肌トラブルの1つである妊娠線のように肌がひび割れている部分にも使いやすいです。もともと、皮膚科でも処方されている成分で、抗アレルギー作用がありますから敏感肌のママや、アトピーで悩んでいるママにも安心です。

赤ちゃんにも使える成分なので、影響はないといわれています。量を間違えるとベタつきを感じてしまうので、使用量には気を付けましょう。

ビタミンC誘導体

ビタミンC誘導体とは、ビタミンCを誘導化させた成分のことで持っている特徴はビタミンCとあまり変わりません。

ビタミンCは抗酸化作用に優れ、肌にできてしまったシミの原因になるメラニンの色素沈着を防ぐなど美白の効果がある成分ですが、壊れやすい性質からそのまま肌へ塗っても効果が発揮されないデメリットがありました。

ビタミンC誘導体は、そんなビタミンCの欠点を人工的に改良、皮膚への浸透力が格段にアップし、浸透してからビタミンCへと変わっていくので肌へ良い効果をもたらしてくれるのです。

ビタミンC誘導体は水溶性と油溶性の2種類に分けることができるのですが、美容液では皮膚に吸収されやすい特徴から主に水溶性が配合されます。

表示される際にはビタミンC誘導体、もしくはリン酸型ビタミンC、アスコルビルエチルと表示されていることもあります。

まとめ

妊娠中には特に肌荒れになりやすいので、美容液による肌のケアは必要です。美容液を使用する際に気になるのは赤ちゃんへの影響です。上で挙げた赤ちゃんにも影響の少ない成分を含んでいるものを選びましょう。

赤ちゃんへの影響がない美容液であったとしても、ママの肌が酷くなってしまうことも考えられ、万人受けする美容液が全て安心とは限らないことを知っておくことが大切です。

妊娠中は担当する医師が決まっているママもいるでしょうから、購入する前に医師に選ぶポイントを聞いておくのもいいかもしれません。

自分にあった美容液を選んで、妊娠中の肌トラブルに対応しましょう。

この記事が役に立ったらシェアしよう!


はじめての方はこちら!

葉酸サプリタイアップキャンペーン開催中

人気ブランドの葉酸サプリをお得にGETする大チャンス!ココマガ読者さまだけの限定特典をご用意していただきました。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 300円OFFクーポン!はこちら
  • 定期2,980円

キングオブ葉酸!ベルタ葉酸サプリ

  • 酵素サプリプレゼント!
  • 定期3,980円

妊活におすすめ!ママナチュレ

  • たんぽぽ茶プレゼント!
  • 初回3,980円
葉酸サプリの選び方を見る

妊娠周期ごとのまとめ記事

はじめての妊娠の方に、読んでもらいたい記事をまとめました。周期ごとのママや胎児の様子を把握しておきましょう。



妊娠のカテゴリー

妊娠初期妊娠中期妊娠後期
アルコールカフェインストレス解消
つわりマタニティブルー・産後うつ便秘・下痢
冷え・むくみ腹痛・お腹の張り妊婦検診・検査
妊娠中のおしゃれ妊娠中のスキンケア妊娠中の仕事
妊娠中の体重管理妊娠中の外出・旅行妊娠中の家での過ごし方
妊娠中の病気妊娠中の運動妊娠中の食事
妊娠中の栄養葉酸サプリ妊娠線・妊娠線予防
出産出産予定日出産準備
陣痛・おしるし高血圧・低血圧高齢出産
妊娠初期妊娠中期
妊娠後期アルコール
カフェインストレス解消
つわりマタニティブルー・産後うつ
便秘・下痢冷え・むくみ
腹痛・お腹の張り妊婦検診・検査
妊娠中のおしゃれ妊娠中のスキンケア
妊娠中の仕事妊娠中の体重管理
妊娠中の外出・旅行妊娠中の家での過ごし方
妊娠中の病気妊娠中の運動
妊娠中の食事妊娠中の栄養
葉酸サプリ妊娠線・妊娠線予防
出産出産予定日
出産準備陣痛・おしるし
高血圧・低血圧高齢出産

スポンサードリンク

目次
をみる
関連記事
をみる