妊娠中の洗顔方法

妊娠中の肌荒れの原因と妊娠中の洗顔で注意すべきこと



初めての妊娠は赤ちゃんを待つ楽しみがありつつも、初めての経験に戸惑うことばかりです。
特に体は赤ちゃんの成長に合わせてお腹が出てきたりするなどどんどん変化していくなかで、妊娠したことを実感するママも多いでしょう。

お肌の変化もその中の1つです。

妊娠中の一時のことなのですが、顔のシミやニキビ、赤みが出るなど妊娠中は初期のころから肌トラブルが急に増えるものです。

肌トラブルへの対策は自分の肌質に合ったスキンケア用品を使用する、栄養補給をして体の内側から肌環境を整えるなどさまざまありますが、妊娠中の肌ケアのポイントは適切な洗顔です。

そこで今回は、

・妊娠中の肌荒れの原因とは?
・妊娠中の洗顔方法について知りたい!

といった方に、妊娠中の肌荒れの原因も踏まえながら、洗顔方法について詳しくご紹介します。

肌荒れの原因

通常の肌荒れは、日焼け止めなどで紫外線など外部の刺激から肌を守り、適度な保湿などのスキンケアを徹底することで改善します。

しかし、妊娠中は肌の状態が妊娠前と比べて大きく変化するので普段から使用していたスキンケア化粧品が合わなくなってしまうことも少なくありません。

妊娠中の肌荒れの原因として、次のような事が考えられます。

急激なホルモン変化

妊娠初期の頃は体に大きな変化はまだ見られませんが、体内では赤ちゃんを育てるために急激な変化が始まっています。

女性ホルモンの変化もその中の1つです。

女性ホルモンは卵巣から分泌されるものでプロゲステロン(卵胞ホルモン)とエストロゲン(黄体ホルモン)の2つの種類があります。
これらのホルモンは同じ量が分泌されているというよりは交互に増減を繰り返してバランスを保っています。

プロゲステロンは妊娠をサポートするホルモンで、排卵後に徐々に分泌量が増えて子宮内膜を着床に適した状態に成熟させます。
排卵後二週間ほどして着床が起こらなければ分泌が急激に低下して成熟した子宮内膜が剥がれ落ち、月経が引き起こされます。

一方、妊娠をする着床した受精卵を守るために分泌量が増えていくのです。
生理前に、肌荒れで悩む人も多かったと思いますが、全ては、このプロゲステロンというホルモンによる影響です。

プロゲステロンは「肌荒れホルモン」との異名を持ち、皮脂の分泌を促進するなど肌荒れの原因を引き起こす作用があります。

妊娠中はこのホルモンが大量に分泌され続けているために、肌荒れを起こしやすくなります。

妊娠中の肌荒れはいつまで続くのか

残念ながら女性ホルモンの大量分泌は出産という大仕事を乗り切るまで続きます
このため、初期から出産直前まで、妊娠中は常に肌荒れを起こしやすいと考えてよいでしょう。

肌の水分・栄養不足

もう一つの女性ホルモンであるエストロゲンはプロゲステロンとは逆に水分を保持して美しく艶のある肌を導きます。

エストロゲンは、生理後から排卵するまでプロゲステロンより優位に分泌されるため、この時は肌の状態がよいと感じている女性も多いでしょう。

妊娠すると、エストロゲンも多く分泌されるようになりますが、同時にプロゲステロンの量も増えるためエストロゲンの持つ肌への水分保持効果が十分に発揮されないことがあります。

このため、妊娠中は肌が乾燥しやすくなるのです。

また、肌には水分だけでなくビタミンやミネラルといった栄養素も、美容面などで深く関わりがあります。
妊娠中はつわりなどの影響で食事が偏りがちになり、赤ちゃんへも多くの栄養が供給されるためママ自身の栄養が十分でないことも少なくありません。

肌をサポートしてくれる栄養の不足状態も、肌トラブルを引き起こしている一因ともいえます。

ストレス

ホルモンの変化、水分・栄養不足の他に、睡眠不足・ストレスも妊娠中の肌荒れに大きく関与しています。

妊娠中は身体やホルモンバランスの変化によって睡眠も満足に取れなくなってしまう方もいます。

良質な睡眠をとることは、ストレスの発散にも良い方法ですが、肌の新陳代謝(ターンオーバー)にも関係があります。

眠れなくなってくる理由はいくつかありますが、ぐっすり眠れないということが精神的にストレスとなってしまい、さらに睡眠不足を悪化させるという悪循環に陥ることも少なくありません。

良質な睡眠がとれないと新陳代謝が崩れやすくなってしまいますから、肌の状態も悪くなりやすく、肌トラブルなどを引き起こしやすくなってしまうのです。

便秘

妊娠中は、便秘に悩まされることが多くなります。
先に挙げたホルモンバランスの変化や、水分不足などが原因であり、そのまま放っておくと肌荒れを引き起こしてしまいます。

明確なメカニズムは解明されていませんが、慢性的な便秘になると吹き出物やニキビができやすくなるなど肌荒れを引き起こすことがあります。

妊娠中の便秘には、オリゴ糖の摂取がおすすめです。詳しくは、妊婦さんの便秘や下痢にオリゴ糖が良い理由とおすすめのオリゴ糖でご紹介しています。

妊娠中の洗顔の注意点

原因を知ってみると、ホルモンバランスなど体の変化やそれに伴う水分不足、皮脂の過剰分泌によって妊娠中は肌が普段より荒れやすい状態になっていることが分かります。

つまり、肌質ががらりと変わることもありますので、今まで使用していたスキンケア用品で肌トラブルが起きてしまっても不思議なことではないのです。

洗顔方法も同様で、普段通りの洗顔を行っているなかで肌をボロボロしてしまっている可能性も出てきます。

正しい洗顔方法を知っておくことは肌ケアをする上でとても大事なことです。

洗顔方法

基本的には、妊娠前と変わりありませんが、念のため確認しておきましょう。

1.手を清潔な状態に

手を清潔な状態にして始めましょう。ちょっとしたことですが、汚れていたりすると手についた汚れでこの後に石鹸を泡立てる際に泡立ちが本当に悪くなります。同じ理由で、泡立てネットを使用する場合にもネット類は普段から清潔に保つことが大切です。

2.ふわふわに泡立てる

次に、石鹸を手で十分に泡立てます。泡立てることで得られる効果は後に説明しますが、フワフワにすることを心掛けましょう。

3.ソフトに短時間で洗う

良く泡立てた石鹸をクルクルと渦を描くように肌に馴染ませるようにソフトに洗うのがベストです。泡立てているので強くこする必要はありません。

顔を洗う際には、指や手のひらを使って瞼など皮が薄い部分も優しく丁寧に洗うようにしましょう。

時間が経つにつれ、石鹸が肌に刺激を与えてしまいますから、長く時間をかけないように注意することが必要です。

顔の洗顔は1〜1分30秒くらいで終わるのが、お肌にとってベストです。。

4.シャワーは使わず流す

お湯でしっかり洗い流します。この時、シャワーはなるべく控えて下さい。

シャワーで洗うと簡単なのですが、シャワーは勢いよくお湯が肌に当たるので、刺激になってしまい良くありません。

洗い残しがあると、その部分が雑菌の良い住み処になってしまい、肌荒れが酷くなる原因になってしまいますから、しっかり洗い流すことを心がけましょう。

顔の場合、あごや鼻の部分など泡が残りやすいところがあるように、ご自身の流しにくいところを知っておきましょう。

5.拭かずに優しく押さえながら

きれいなタオルで、肌にあてるようにして水分を取りましょう。

洗い終わった後は、肌は不安定な状態です。拭いてしまうことで、肌にストレートにダメージを与えることになってしまいますので、優しく押さえて拭くようにしましょう。

お湯の温度設定

洗顔をする際や入浴時にお湯は必要なものですが、高い温度は肌を乾燥させてしまうといわれています。

肌のかゆみを引き起こす原因にもなってしまうのでお湯の温度は、少しぬるく感じるくらいの38〜39度くらいがオススメです。

肌を刺激から守ってくれる皮脂は、40度くらいの温度で溶けだしてしまいます。それ温度以上に熱くなってしまうと、皮脂を落とし過ぎてしまい肌にとって良くないのです。

顔の皮膚は体よりも薄いといわれていますから、顔を洗う時は体の時よりもぬるめの目安38度くらいで洗うようにしましょう。

泡立てる

洗顔や体を洗う時、泡立てず直接、石鹸を肌に石鹸などをつける人もいるかと思いますが、そのまま当ててしまうのは肌にとって強い刺激になってしまい、あまり良くありません。

またフワフワに泡立てることで、毛穴の奥まで浸透して汚れを落とすことができ、皮膚をこするといった皮膚への負担を減らしてくれます。

泡は、肌のように表面が滑らかな場所についた汚れを吸い取って包み込む働きがあり、泡立てない時より洗浄力が強く、ゴシゴシこする必要がありません。

フワフワの泡は、荒れやすいな肌になってしまっている妊娠中のママにとても優しいのです。

泡立てには泡立てネットを使うのが簡単です。

低刺激のものを選ぶ

ここでは石鹸と書きましたが、中には洗顔料を使うママもいるかもしれません。

使いたい量を簡単に出せますし、香りを楽しめるなど石鹸とは違った良さがありますが、こうした洗顔料には香料や保存料、そして防腐剤などが配合されているものがあり、それが妊娠中のお肌の負担になっていることもあります。

普段使用している洗顔料を使用して肌に刺激がある時は、保存料などを使用していない「無添加石鹸」といった、肌へ低刺激な石鹸や洗顔料を使いましょう。

ただし、天然由来といっても体質に合わない場合もあり、低刺激とはいえ100%アレルギー反応が起こらないとはいえませんから、初めて使う時は肌の目立たないところで少し試してから使用するようにしましょう。

最後に保湿も忘れずに

洗顔後は肌をそのまま放置すると乾燥が進んでしまいますから、きちんとスキンケア用品などで水分を補給してあげましょう。肌荒れになってしまうと気なって仕方がありませんが、それも妊娠中だけと考え気にしすぎないことも大切です。

肌についてここまで考える機会も少ないでしょうから、勉強だと思ってこの変化を楽しんでみるくらいの気持ちでいてもいいでしょう。

supervisor_image_url_2

監修:成田 亜希子(医師)

プロフィール:弘前大学卒業後、内科医として地域医療に従事。その傍ら、保健所勤務経験もあり、国立保健医療科学院での研修も積む。感染症や医療行政にも精通している。プライベートでは二児の母。

この記事が役に立ったらシェアしよう!


ココマガ編集部厳選サプリ

ココマガが厳選した妊活サプリ、葉酸サプリをご紹介!お得なキャンペーンを実施中の商品もあるので、ぜひチェックしてくださいね。

男性用妊活サプリ「精育支援サプリ」

  • 精子観察キットがついてくる!
  • 定期3,582円
男性の妊活について詳しく知る

米仏でもNo,1獲得の葉酸サプリ「ララリパブリック」

  • 300円OFFクーポン!はこちら
  • 定期2,980円

キングオブ葉酸!ベルタ葉酸サプリ

  • 酵素サプリプレゼント!
  • 定期3,980円
葉酸サプリの選び方を見る

はじめての方はこちら!

妊娠周期ごとのまとめ記事

はじめての妊娠の方に、読んでもらいたい記事をまとめました。周期ごとのママや胎児の様子を把握しておきましょう。


妊娠のカテゴリー

妊娠報告・出産報告葉酸サプリ妊娠中のスキンケア
妊娠中のファッション妊娠中の外出・旅行妊娠中の家での過ごし方
妊娠中の運動妊娠線妊娠中に便利なサービス・アプリ
妊娠中の仕事妊娠中の服薬妊娠中の飲酒
妊娠中のカフェイン妊娠中の体重管理妊娠中の栄養・食事
妊婦健診産休・育休産院選び
保険胎動
妊娠報告・出産報告葉酸サプリ
妊娠中のスキンケア妊娠中のファッション
妊娠中の外出・旅行妊娠中の家での過ごし方
妊娠中の運動妊娠線
妊娠中に便利なサービス・アプリ妊娠中の仕事
妊娠中の服薬妊娠中の飲酒
妊娠中のカフェイン妊娠中の体重管理
妊娠中の栄養・食事妊婦健診
産休・育休産院選び
保険胎動
目次
をみる
関連記事
をみる