砂時計

暇つぶしで終わらせない!妊婦さんの有意義な時間の過ごし方




妊婦さんになると突然暇になって時間をもてあましてしまうという人が多くいます。特に妊娠するまでバリバリ仕事をしていた人は、

・突然一人の自由時間ができて戸惑ってしまった
・何をして過ごしたら良いのか分からなくなってしまった

という人も多いのではないでしょうか?

今回は、そんな時間の使い方が分からないという妊婦さんのために、妊娠中の貴重な時間を有意義に過ごす方法をご紹介します。せっかくの時間なので、出産や育児、生涯役立つことに使いましょう。

せっかくの暇をのんびり過ごす

妊娠前は仕事で忙しかった方も、せっかくできた時間を利用してのんびり過ごしてみてはいかがでしょうか。

ひたすらボーっとする

せっかく暇になったんだから何かしたい、何かしなければ、と自分でも良く分からないまま、焦ってはいませんか。ものは考えようで、実はボーっとすることほど贅沢なことはありません。

特に今まで自分の時間を作るのにも苦労していた人なら尚更、この妊娠中の時間を利用してボーっとしてみましょう。

日本人は特にボーっと過ごすのが苦手な人が多く、なぜか暇なことに罪悪感を感じ、マイナスイメージを持つ人も多いのですが、ボーっと何のストレスもなく過ごすことは精神的にも良い影響を与え、忙しい暮らしをフラットな状態に戻すチャンスでもあります。

出産したその時からその後、子供たちが自分一人で何でもこなしていけるようになるまで、ママには自分の時間などほぼありません。そう思うと最後の暇な時間も貴重です。このチャンスを有効に使う意味でも、暇を楽しんでみましょう。

暇つぶしに散歩する

過度なスポーツによる疲れや体への負担は妊婦さんにとって大敵です。しかし、妊婦さんだからといって家にこもってばかりいるのは運動不足にもなりますし、精神的にも良くありません。

妊婦さんにとっての運動は「歩く」ことが一番です。毎日、近所の同じコースを季節や太陽の光を感じながら自分のペースでのんびりと歩いてみましょう。

またちょっと郊外に出ていつもと違った風景を楽しむのも良いです。一人で歩くも良し、旦那様と歩くも良し、疲れない程度の散歩はおすすめです。

妊婦さんは病人ではありませんが、お腹の赤ちゃんのことは常に考えておきましょう。転ばないように安定したシューズを選んだり、外気で体が冷えたりして風邪を引かないように注意したり、水分補給も忘れずに行いましょう。

妊娠中は紫外線によってシミもできやすい時期なので、帽子をかぶったりして日焼け対策も忘れずに。

極端に暑かったり、寒かったり、天気が悪い日はいくら日課になっている散歩でも体を気づかって休むよう心がけましょう。

足がむくんだり、お腹が張ったりするときは無理して運動してはいけません。主治医の先生とよく相談して適度な散歩をしましょう。

暇つぶしに映画館に行く

せっかくできた自由な時間を思いっきり映画鑑賞やドラマ、また音楽鑑賞の時間に使ってみるのも楽しいものです。

胎教に良いコンサートに出かけるのも良いですし、自分の好きなアーティストのコンサートに行くのもおすすめです。

映画などは映画館で観ると作品に集中できます。レディースディなどを利用すると料金がぐっとお安くなるので活用してみましょう。

映画館などは時間に余裕のある妊婦時代だからこそ大手を振って行けるのであって、出産後しばらくは映画館などに行く機会はなくなります。

やっと映画館に行けるようになっても、まずしばらくは子供対象の映画作品に限定されて自分の見たい作品を自由にみることはできないので、この機会を逃してはいけません。是非大人の作品を堪能しましょう。

妊娠中にしかできない生の芸術鑑賞を楽しみましょう。

ドラマやDVDを見る

レンタル店で、借りてきたドラマや音楽を家で聞く、というのも実に楽しいもので、自宅で見れるとあってリラックスもできます。

今は、わざわざレンタルショップに行かなくて便利なサービスもあるので、それらを活用すれば、安静が必要な妊婦さんでも十分に楽しむことができます。

DMM.com
ネットで借りて~自宅に届き~ポストへ返却♪のCMで有名でも有名なDMMの宅配レンタルDVDサービス。

今ならお試し1ヶ月無料>>【DMM.com】TVCM放送中!

Hulu
ゴシップガールやデスパレートな妻たちなど、女性に人気の海外ドラマも多数。他にも人気の海外ドラマや映画が月額933円(税抜)で見放題。スマホやタブレットからも続きが簡単に見られるので、病院の退屈な待ち時間も楽しく過ごせます。夜更かし厳禁。

今なら2週間お試し無料>>hulu公式サイト(スマホ専用)

実際に「hulu」の2週間無料体験をしてみての感想はこちら
>>海外ドラマ好き妊婦さん必見!「hulu」無料トライアルを試してみて

暇つぶしに本やマンガを読む

暇な時間に本やマンガの世界にどっぷり浸るのも幸せなひと時です。今まで忙しくてなかなか読破できなかった作品に一日中向き合えるのは、とても貴重な時間です。

特にお腹が張りやすかったり、体調があまり良くないので安静にするようにいわれている妊婦さんなどは不安な気持ちになることなく、リラックスして家でのんびり読書するのは良いストレス発散方法です。

家でのんびり読書三昧する場合などは、運動不足やお菓子の食べすぎになる恐れがあるので、だらだらリラックスするのは良いですが、適度な運動、食事のバランスなどを充分考えて楽しみましょう。

暇つぶしに旅行や大人のレストランに行く

せっかくの幸せな妊娠中に、旅行するのも良いものです。子供と一緒に旅行するのも楽しいものですが、大人だけの旅行と子供連れの旅行は趣が全く違います。

最近では優雅に乳児を連れてハワイなど海外に出かける人も多いですが、いざ乳児を旅行に連れて行こうとすると、オムツや哺乳瓶、着替えなど色々な赤ちゃんグッズの持ち運びだけでも想像以上に疲れてしまいます。

また、大人と生活のサイクルが違うので活動時間も制限されますし、ゆっくり食事をしにレストランにも入ることができません。

これはいざ子供を育ててみると分かることですが、全くその経験のない妊婦時代には想像することさえ難しいのです。

今まで当たり前にできていたことが、出産したその瞬間から不可能になることが多いので、是非近場でも良いのでこの機会に旅行に出かけてみましょう。

ただし、妊婦さんが旅行に出る場合、常に体調をよく把握しておかなければいけません。国内、国外を問わず、必ずかかりつけの専門医に相談して許可をもらってから行くことが大切です。

移動の際には、混み合う交通手段や、長時間の移動はできるだけ避け、途中休憩を取りながらゆとりのある計画で楽しむようにしましょう。

また、体調の急変などに備えて、母子手帳などは必ず持っていくようにしましょう。

詳しくは、妊娠中の旅行は安定期まで我慢!?マタニティ旅行の注意点の記事を参考にしてみてください。

妊婦さんの飛行機利用には制限がありますが、妊婦さんの飛行機利用に適している妊娠12週から28週頃が無理のない利用になります。

コーヒー好きの方はノンカフェインでゆっくりお茶の時間を

妊娠中にはおなかの赤ちゃんへの影響も考え、アルコールやカフェインを控えた生活をしなければなりません。

コーヒー好きの方にとっては、なんとも不自由な生活のように感じてしまいますが、たまにはお茶の時間を、大好きな飲み物と共に過ごしてみたいものです。

有名なカフェのメニューにも、ノンカフェインドリンクや、カフェインを極力少なくしたデカフェ飲料が販売されているところもあります。

また、ご自宅でもノンカフェインドリンクが楽しめるような商品も販売されていますので、妊娠中であっても、余暇を楽しむことができます。

赤ちゃんが産まれてからは、なかなかカフェに行くこともしばらくの間難しくなりますので、たまにはおしゃれなカフェで時間を過ごしてみましょう。

暇つぶしに自分磨き

せっかくできた自由な時間を自分のために使ってみましょう。出産後にも役立つものであれば一石二鳥です。

英会話レッスン

会社で必要な英語のスキルアップも仕事をしながらではなかなか時間が作れなかったという妊婦さんは、是非この機会を利用してじっくり英語の勉強をしてみましょう。

自分の子供には、海外に出ても不自由しない英語力をつけて欲しいと考えている親は多いですが、まずはママがちょっとした英語を話すことができると大きな強みになります。

自分は英語が話せないから・・と躊躇する前に、思い切って英会話学校に通ってみるのも良いでしょう。

大手の英会話学校は料金も高いので敷居が高いですが、最近では海外のネイティブスピーカーの先生と、インターネット上でのオンラインレッスンが安く利用できると人気です。

色々な会社があるので、体験レッスンだけでもかなり多くのレッスンを無料で受けることができます。まずはトライしてみましょう。

DMM英会話
1レッスンたったの99円〜で受講できる、格安のオンライン英会話。25分×2回のお試しレッスンもあるので、安価に英会話を学びたい方は、チャレンジしてみましょう。

無料体験レッスンについて詳しくはこちら>>DMMオンライン英会話無料体験レッスン

マッサージやエステに通う

妊娠中は体のむくみや、腰痛、イライラ、疲労感など色々なところに身体の不調があるものです。

最近では妊婦さんのためのマッサージ施術を専門にしているマッサージ店や専門の先生がいるところがあるので、そのようなお店を利用すると安心です。

腰痛などは出産後も育児疲労でひどくなる場合があるので、出産前から早めのケアをしておきましょう。

骨盤も出産で酷使されますので注意が必要です。エステなども、リラックスに最適です。妊娠中は皮膚もデリケートになっているので専門家に相談しながらケアしましょう。

妊娠線予防のケア

妊娠中期の頃になると、大きくなるおなかや、身体を支える太もも部分に妊娠線が出やすくなる時期でもあります。

妊娠線はできてしまってからだと消すのが難しく、何よりもできる前に予防をするのが重要なポイントです。

お腹がまだまだ膨らんでいない妊娠2~3ヶ月頃から妊娠線の予防クリームを使って優しくマッサージをしながらケアしてみましょう。何よりも、楽しみながら時間を過ごすことを優先しましょう。

歯の治療やケアに歯医者に行く

赤ちゃんが産まれると、赤ちゃんのお世話に追われ、毎日が慌ただしく過ぎていきます。それ以上に、赤ちゃんがハイハイしたり歩き出したりした時には、更に目が離せなくなり、休む暇もないほどになってきます。

妊娠中や出産後には、ホルモンのバランスが変化し、特に妊娠中には体調が優れない時も多く、歯のお手入れも行き届かなくなってしまうことも多くなります。

妊娠中でも歯医者に行くべき?妊婦さんの虫歯予防と治療の記事にて詳しくご紹介していますので、歯のケアをしに行きましょう。

また、産まれたばかりの赤ちゃんは虫歯菌を持っていないのですが、お母さんやご家族の方が虫歯菌を持っていると、赤ちゃんへも虫歯が移ってしまうことになりかねません。

赤ちゃんが産まれる前に、きちんと治療しておきましょう。さらに、赤ちゃんが大きくなればなるほど虫歯の治療に行くのも難しくなってきます。

仕事復帰を考えている方は、産休の間に治療を済ませておくと安心です。

カルチャーセンターに通う

妊娠中だからと家で引きこもってばかりいるのは、心身共に良くありません。だからといって目的もないのに散歩するのは苦手という人には、カルチャーセンターに通って趣味の幅を広げるというのも良いのではないでしょうか。

スポーツ系はなかなかお腹に負担がかかるので心配ですが、

・絵画
・洋裁
・文学
・音楽
・お習字

と文化系の教室なら気分転換にもなります。知らない人たちに囲まれて興味があることにチャレンジするのは、適度な刺激があって妊婦さんにもおすすめです。

期間限定ですが、この暇な時間を利用して趣味を広げておくと自分の時間を取り戻した時に楽しみも増します。

資格の勉強をする

出産を機に会社を長期で休んだり、退社した妊婦さんの中には、だらだらしたり、遊んだりすることに焦りを感じてしまう人もいるでしょう。

また、勉強したかったけれど時間がなかったという人には、この妊婦時代の暇つぶしに資格取得の勉強をすると良いのではないでしょうか。

自分の今後の仕事に役に立つ資格や、子育てが一段落したら社会復帰を考えている人はさまざまな資格がありますので調べてみましょう。

ハローワークや資格の専門学校などに出向けば仕事につながる資格のアドバイスも受けることができます。

ただし、自分が妊娠中であるという自覚を常に頭においておきましょう。資格を取ることに必死になって自分の体調を崩してしまっては元も子もありません。無理のない程度にがんばって資格にトライしてみましょう。

ヒューマンアカデミー通信医療事務講座

医療事務は、年齢や住む場所が変わっても、自分のスタイルで長く働ける、女性の生き方を変える価値あるスキルです。

通信でありながら医療事務の最高峰資格が目指せる、ヒューマンアカデミーの通信医療事務講座。修了後のキャリアサポートも万全です。

資料請求はコチラ>>ヒューマンアカデミー通信医療事務講座 資料請求

のんびりしないでコツコツ働く!

どうしても無駄な時間を過ごしたくないという方は、次のような方法はいかがでしょうか。

在宅の仕事をする

最近では、育児休暇などに在宅ワークができる企業も増えてきました。そのような会社だと妊婦さんでも安心して自宅で自分のペースで仕事ができるので、ありがたいです。

しかし、出産で会社を辞めても働きたいという場合には、内職など自宅でできる仕事にトライしてみましょう。内職専門のサイトで自分のできそうな仕事を見つけ、暇つぶしの時間を有効利用するというのも良いでしょう。

懸賞に応募したり、アンケートに応えたりして商品獲得ゲット

さまざまな懸賞や企業のアンケートに応えて、商品や賞金を獲得するというのも、ゲーム感覚で楽しめて利益もあるのでおすすめです。

専門の雑誌からも情報が得られますし、インターネットやテレビなどを駆使して情報を集めて応募してみるもの良いです。

妊婦さんの専門雑誌などから応募すると育児グッズがもらえたりするのでおすすめです。

産まれてくる赤ちゃんのために時間を使おう

妊娠中の妊婦さんにとっては、赤ちゃんが産まれてくる迄の時間は、使い方次第でどんな風にでも有効的になります。

出産や産後に向けての準備を整えよう

妊娠初期には体調が優れないことも多く、なかなか出産の準備を整えることは難しい場合も多いものです。

しかし、妊娠中期になると体調も比較的に落ち着いてきますので、出産の準備などを整えるのには、最適な期間です。

妊娠中に赤ちゃんの出産準備用品を揃えるのには、1度では難しいので、体調の良い時を見計らって、時間に余裕を持ったショッピングを、何回かに分けて楽しんでみましょう。

急な入院になってしまっても慌てることがないように、体調をみながら少しずつ買い揃えていきましょう。

ショッピングの際には、いくら体調が良いとはいえ、重い荷物を持ったり、長時間歩き続けたりすると、おなかがはってしまうなど体調が変化しやすくなります。

この時期にはまだ切迫早産などのリスクも伴いますので、無理のない範囲で計画を立てるようにしましょう。

事前に、お買い物リストを作っておくと安心です。最近では、赤ちゃん用品などのネット販売なども充実してはいますが、赤ちゃんが直接肌を触れるものは、できるだけお母さんの目を通して、実際に手に取って選んであげたいものです。

買い物中は運動不足の解消にもなりますし、ストレス発散にもなりますので、一石二鳥です。専門店のスタッフの方と話している中で、足りないものを教えていただいたり、発見があったりと楽しいものです。

赤ちゃんのベビーグッズを手作りする

街にはかわいらしく機能性にも優れたベビーグッズが溢れていますが、赤ちゃんを待ちわびながら愛情たっぷりのベビーグッズを手作りしてみるいかがでしょうか。

大型手芸店などを覗いてみると、かわいらしく手軽に手作りができるキットなども販売されていますので、活用してみると、材料を揃える手間なども省くことができます。

また、手芸が苦手という方は、市販のベビーグッズにかわいらしいテープやリボンを付けてみたり、おむつ入れの箱などを、マスキングテープを活用して作ってみたりするのも楽しいかもしれません。

マタニティヨガ

暇つぶしでもどっぷり妊婦生活を満喫、充実させたいなら妊婦ヨガがおすすめです。何かと身体に負担がかかる妊婦さんに効くヨガポーズや、出産が楽になるというポーズまで、妊婦さんならではのヨガがあります。

あくまでも妊婦さんなので、一般の人の通うヨガではなく、妊婦専門のヨガ教室や産院の妊婦ヨガコースに参加しましょう。

出産・育児の勉強

初めて出産や育児をするという人は不安や疑問がいっぱいです。暇な時間を使って、出産時の勉強や乳幼児の育児など事前に勉強しておくと、後々役立ちます。

色々な本を読んだり、インターネットで調べてみたり、産院の教室に通ってみたりと勉強の方法は色々です。

また、友人などの体験談を聞いてみたりするのも参考になりますが、出産や育児は一人一人状態も違いますし、価値観も違います。あまり先入観を持って決め付けたり、思い込み悩みとなることのないように、きちんとした知識を身に付けておくと安心です。

そこで、赤ちゃんを迎える準備として、病院や自治体などで行なっている、母親学級に参加してみてはいかがでしょうか。

近年では、育児参加をしてくれるお父さんも増えていますので、2人で参加できる両親学級も開催されているところが多くなっています。

そのような教室では、出産の流れや妊娠中の注意点、出産後の赤ちゃんのケアなど、幅広い内容を詳しく学べますので、新米のお母さんやお父さんにとっては、心強い味方になってくれるはずです。

最近では、お父さんも赤ちゃんと同じ重さのジャケットを着用して、お母さんの体の不自由さを体験したり、赤ちゃんの人形を使って、沐浴の練習をしたりもできるようになっています。

いざという状況にも慌てず対応できるよう、妊娠、出産、育児の疑問を解消しておきましょう。

まとめ

妊娠中には、妊娠前の生活と違って、食べ物や行動などに制約ができてしまい、何となく窮屈で、しかも暇なように感じてしまう方も多いかもしれません。

自由に動けずにストレスを感じてしまう方もいるかもしれませんが、妊娠中は、おなかの赤ちゃんには話しかけながら、一緒に赤ちゃんと過ごせる貴重な時間です。

少しでも楽しみを見つけつつ、ゆったりゆっくりした時間を過ごしてくださいね。

この記事が役に立ったらシェアしよう!


はじめての方はこちら!

葉酸サプリタイアップキャンペーン開催中

人気ブランドの葉酸サプリをお得にGETする大チャンス!ココマガ読者さまだけの限定特典をご用意していただきました。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 300円OFFクーポン!はこちら
  • 定期2,980円

キングオブ葉酸!ベルタ葉酸サプリ

  • 酵素サプリプレゼント!
  • 定期3,980円

妊活におすすめ!ママナチュレ

  • たんぽぽ茶プレゼント!
  • 初回3,980円
葉酸サプリの選び方を見る

妊娠周期ごとのまとめ記事

はじめての妊娠の方に、読んでもらいたい記事をまとめました。周期ごとのママや胎児の様子を把握しておきましょう。



妊娠初期・中期・後期のカテゴリー

妊娠初期妊娠中期妊娠後期
アルコールカフェインストレス解消
つわりマタニティブルー・産後うつ便秘・下痢
冷え・むくみ腹痛・お腹の張り妊婦検診・検査
妊娠中のおしゃれ妊娠中のスキンケア妊娠中の仕事
妊娠中の体重管理妊娠中の外出・旅行妊娠中の家での過ごし方
妊娠中の病気妊娠中の運動妊娠中の食事
妊娠中の栄養葉酸サプリ妊娠線・妊娠線予防
出産出産予定日出産準備
陣痛・おしるし高血圧・低血圧高齢出産
妊娠初期妊娠中期
妊娠後期アルコール
カフェインストレス解消
つわりマタニティブルー・産後うつ
便秘・下痢冷え・むくみ
腹痛・お腹の張り妊婦検診・検査
妊娠中のおしゃれ妊娠中のスキンケア
妊娠中の仕事妊娠中の体重管理
妊娠中の外出・旅行妊娠中の家での過ごし方
妊娠中の病気妊娠中の運動
妊娠中の食事妊娠中の栄養
葉酸サプリ妊娠線・妊娠線予防
出産出産予定日
出産準備陣痛・おしるし
高血圧・低血圧高齢出産

スポンサードリンク

目次
をみる
関連記事
をみる