赤ちゃんの防寒について

赤ちゃんの防寒について!服やアイテムどこに気をつけるべき?




冬が近づいてくると、赤ちゃんの防寒対策について考えていかなければなりません。

赤ちゃんは大人に比べると、お肌の厚みなどもありませんので、しっかりと防寒してあげないと、非常に寒い思いをさせることになります。

どんなに寒くても、口に出して寒いと言うことができない赤ちゃんは、寒い環境の中知らず知らずのうちに体を冷やしてしまい、風邪をひいてしまったり、体調を崩してしまうリスクがあります。

場合によってはしもやけなどが起きてしまうこともあります。

そこで今回は、

・赤ちゃんの防寒対策について知りたい!
・室内と室外によって赤ちゃんの服は変えるべき?
・赤ちゃんの防寒におすすめなアイテムは?

といった方に、冬場を快適に乗り超えるための、赤ちゃんの防寒について詳しくご紹介します。

近年ではさまざまな便利アイテムなども増えてきているので、こういったものを活用しながらしっかりと赤ちゃんの防寒をしていきましょう。

赤ちゃんの衣類は通気性に注意

通気性に注意

赤ちゃんの防寒をする上で、とても大切になるのは通気性です。

赤ちゃんに良いとされている素材は、とても柔らかく赤ちゃんの肌に低刺激となっていますが、通気性はどうなっているのでしょうか?

あまりにも通気性の良いものを選んでしまうと、冷たい風がお肌に直接当たってしまい、赤ちゃんはとても寒い思いをします。

通気性に関しては十分注意をしていきましょう。

綿は冷たい風を通しすぎる

赤ちゃんに良いといわれている綿は、柔らかくてお洗濯をした際にはすぐに乾いてくれます。しかし、綿は冷たい風を通しすぎてしまうといったデメリットがあるのです。

春先から秋までは、綿で作られた衣類などを使用することで赤ちゃんの温度調節ができますが、真冬の防寒対策にはあまり向いていない素材といえます。

もちろん通気性を考えれば綿も活用していくことが大切ですが、常に綿ばかりを着せてしまうのではなく、綿と違う素材を組み合わせながら、冷たい風を凌いでいきましょう。

フリースなどは汗をかく事が多い

とても暖かく、柔らかい素材の一つにフリースがあります。近年では赤ちゃんの衣類についてもフリースで作られているものが増えてきました。

しかし、フリースというのは通気性がまったくないに等しいので、赤ちゃんは汗をかいてしまうこともあるのです。

汗をかいたまま冷たい風に当たっていれば、体が一気に冷えてしまい、風邪をひく原因となります。

そのため、通気性の良い綿とフリースなどを上手に組み合わせながら、防寒対策を考えていきましょう。

あまり寒くない日に冬だからといってフリースを着せていると、たくさん動き回る赤ちゃんは汗をかいて、冬場でも「あせも」ができてしまうことさえあるので注意しましょう。

足元の通気性にも気をつける

赤ちゃんの防寒対策をする上で、足元にも気をつけることが大切です。足が冷えないようにと靴下やタイツを使用するケースがほとんどですが、ここでも素材には注意しましょう。

フリース素材などは滑って転倒してしまう恐れがある他、やはり汗をかいて、とても暑い思いをさせてしまうことがあります。

赤ちゃんの足の裏は非常に代謝が良く、多くの汗もかく部分ですので、できれば足元には通気性の良いものを選んであげましょう。

赤ちゃんのトップスは一回り大きなサイズを

赤ちゃんの防寒対策は、素材に注意してあげることが1番大切になりますが、その他にも気をつけるべきポイントがあります。

お洋服のサイズ選びをする際には、以下でご紹介するポイントに気をつけましょう。

インナーとトップスの間に空間ができると良い

インナーは体にぴったりとしているものでも良いですが、トップスを選んでいく際には、インナーとの間に少し隙間ができるようなサイズを選びましょう。

一回り大きなサイズを選ぶのがベストになります。なぜこのように大きなサイズを選ぶのかというと、インナーとトップスの間に空間ができることによって、ここに赤ちゃんの体から発せられた温かい空気が充満するからです。

トップスを一回り大きいサイズにすると、冷たい風が入ってしまうと心配するママさんもいますが、実は暖かい空気が赤ちゃんの身体を包んでくれるので、一回り大きなサイズを選ぶ方が良いのです。

ぴったりサイズは動きにくい

トップスを選ぶ際にピッタリサイズを選んでしまうと、赤ちゃんはとても動きにくくなります。

夏場であれば、Tシャツを1枚だけ着用するなどということもあり、ピッタリサイズでもたくさん動くことができますが、冬場はインナーなどを重ね着することも多いため、トップスはぴったりサイズよりも少し大きめのほうが、窮屈な思いをさせずストレスを与えてしまう事もありません。

特に、赤ちゃんが眠っている時などは、寝返りをすることによって衣類が引っ張られてしまい苦しい思いをすることがあるので、少々大きめサイズのトップスを選びましょう。

ボア素材などは2サイズ大きくても大丈夫

ボア素材で作られたアウターなどに関しては、二回りほどサイズが大きくても問題ありません

ボア素材で作られた衣類は、一番上にアウターとして着用する、またはトップスとして着用することになりますが、体にフィットするタイプのものは、赤ちゃんが暑いと感じてしまうことが多いのです。

赤ちゃんは大人に比べて新陳代謝が激しく、たくさんの汗をかきます。また呼吸の数なども多いため、こういった部分から体温が上がり、非常に暑いと感じることがあります。

二回りほど大きなサイズであれば、インナーやトップスなどを着用した上にもボア素材のアウターを着せることもできるため、比較的大きいと感じるサイズを選びましょう。

温度調節できるものを選ぶ

温度調節できるものを

赤ちゃんの防寒対策を考えるのであれば、必ず衣類で温度調節ができるように選んでいく事も大切です。

特に外出などをする際には、衣類で温度調節ができなければ、極端に暑くなってしまったり、寒くなってしまうことがあります。

屋内は暖房が効いているにもかかわらず、屋外に出た時には極端に寒いため、このような温度差に赤ちゃんの体がついて行くことができません。

ですから、衣類でしっかりと温度調節ができるように防寒に向いているものを選びましょう。

同じ素材を重ねない

例えばフリースや綿など、それぞれ同じ素材を重ねて着せないということは鉄則になります。

同じ素材を重ねることによって、通気性が非常に悪くなり、赤ちゃんのあせもや発汗などの原因となります。

また同じ素材を二枚重ね着させてしまうことで、動きにくさを感じてしまうことにもなります。

薄い綿素材などであれば、夏場と同じようにインナーとトップスで重ね着をすることもできますが、特にフリースなどに関しては、フリースのベストを着せた上に、フリースのトレーナーやパーカーを着せるといった方法は避けましょう。

ボタンやチャックで温度調節

ボタンやチャックなどで温度調節ができるというのも、赤ちゃんの防寒には大きなポイントとなります。

屋内に入った時にはボタンやチャックなどを外せば暑さを感じにくく、屋外に出る際には再び閉めることによって、しっかりと外からの冷たい空気を防いでくれるようなものにしましょう。

ニット類などに関してはセーター、さらにはベストを着用すると、こうした温度調節ができないため、薄めのニットを着用し、その上にパーカーなどを羽織るといった方法がおすすめです。

肌への刺激も意識する

赤ちゃんが寒い思いをしないように防寒対策を考えるのはとても重要です。しかし、赤ちゃんの体質によっては、衣類の素材で肌あれを起こしてしまうことや、かぶれを起こしてしまうことがあります。

特に、ニットやフリースは赤くなってしまうことなどもあるので、初めて着せる際には、赤ちゃんの肌の状態をこまめにチェックしてあげましょう。

万が一肌荒れやかぶれが起きるようであれば、同じ素材を選ばないことが大切になります。

室内と屋外の防寒アイテム

室内と屋外で、赤ちゃんの防寒にぴったりな衣類は変わってくるのですが、それぞれどのようなアイテムを選べばよいのでしょうか?

室内と屋外で、おすすめアイテムや衣類などをご紹介していきましょう。

室内での服装

まずは室内でのおすすめをご紹介します。室内は暖かい場合が多いので、そこまで厚着をさせたりする必要はありません。

トレーナーやフリースが便利

室内で過ごしている赤ちゃんは、暖房などの効いたお部屋で過ごすことになりますので、極端な厚着は必要はありません。

インナーに長袖のシャツを重ねれば、それだけで充分な場合もあります。裏起毛の素材であれば、薄手のインナーにこのような裏起毛のトレーナーを着せてあげましょう。

裏起毛ではない衣類を着せる場合には、トレーナーやフリースなどが便利です。

ただしフリース素材のパーカーなどは、室内で暑すぎることがありますので、赤ちゃんのほっぺが赤くなっているようなことがあれば、このようなものは脱がせて薄手のニットやパーカーに着替えさせましょう。

また、室内でフリースを着せるときには、トレーナーなどの長袖ではなく、ノースリーブタイプのベストなどが、おすすめとなります。

靴下を履かせて冷え対策

室内で過ごす場合には足元が冷えてしまうことを考え、家でも靴下など履かせておきましょう。

厚手の靴下は、赤ちゃんが嫌がってしまう可能性が高くなりますが、薄手のものであれば締め付けも弱く、うまく温度調節をしてくれるので適しています。

屋外の防寒アイテム

屋外に出る場合には、防寒もしっかりと行わなくてはならず、室内で過ごす場合とは大きな違いが出てきます。

フリースやニットで重ね着

冷たい風が赤ちゃんのお肌を冷やしてしまわないように、フリースやニットなどを使いながら重ね着をしていきましょう。

インナーの上には薄手の長袖シャツ、さらに、ニットのベスト、その上にフリースのアウターといった重ね着でも構いません。

また極端に寒い日には、長袖シャツの上に長袖のフリースパーカーなどを着せて、さらにアウターを着せるといった方法もあります。

ベビーカーに乗せてお買い物に出かけるというケースや、お散歩に出かけるというケースでは思った以上に赤ちゃんは冷たい風を浴びていますので、防寒にも力を入れましょう

カバーオールで全身ホカホカ

屋外に出向く際にもっともベストなのは、カバーオールとなります。

カバーオールでもさまざまな種類が販売されていますが、特に中綿タイプであれば赤ちゃんの熱によってしっかりと暖かさをキープしてくれるため、体が冷えてしまうことを防いでくれます。

ただし、オムツを替えたりする時には少々大変な思いをするので、室内などでオムツ替えができる場所に出かけるときにカバーオールを使用しましょう。

オムツ替えが難しい場所では、どうしてもカバーオールを脱がせ、おむつを替える間に体が冷えてしまいます。

ポンチョなどのアウターを着せる

ポンチョはさまざまなアウター類の中でも、赤ちゃんが動きやすくさらに、暖かいといった特徴があります。

また、ポンチョは裾部分が広がっていますので、温度調節がしやすいともいえます。

フリース素材のポンチョや、ニット素材のポンチョなどさまざまなものがありますので、赤ちゃんのお肌との相性を考えながら適しているものを選びましょう。

赤ちゃんの頭や耳もホカホカに

赤ちゃんの頭や耳も冷えてしまわないように、ホカホカアイテムも揃えておきましょう。

耳当て

小さな赤ちゃんの耳を守ってあげるための耳あてが販売されています。重たいものは取れてしまいますので、軽量素材で作られているものを選びましょう。

帽子

帽子はニット素材をはじめとして、フリース素材などさまざまなものがあります。

ボア素材の帽子などもあり、こういった帽子を被せてあげることで、おでこから後頭部にかけて冷えてしまうことを防ぎます。

ネックウォーマー

帽子を被せたいと思っても嫌がってしまう赤ちゃんがいますが、そういった赤ちゃんにはネックウォーマーがおすすめ。

首元を冷やさないように気をつけるだけで体全体の冷えを防いでくれます。

手袋

お洋服などで防寒を行っていても、手元が冷えてしまうと、場合によってはしもやけを起こしてしまうことがあります。

また、あかぎれやささくれがひどくなってしまうこともあります。そのためお出かけする際には必ず手袋をしてあげましょう。

ベビーカーの防寒もしっかり

ベビーカーの防寒

屋外に出向く際には、赤ちゃんの防寒対策として、ベビーカーに装着できるようなアイテム、さらには赤ちゃんの耳や頭などを寒さから守れるようなアイテムも準備することを忘れずに行いましょう。

フットカバー

ベビーカーに装着するためのアイテムで、フットレストやフットカバーと呼ばれているものがあります。

これをベビーカーのシート部分に装着することによって、赤ちゃんの下半身をすっぽりと包み込むことができるため、冷たい風が当たって足元から冷えてしまう事がありません。

またお腹を冷やすということも予防してくれますので、下痢をしてしまう心配に関しても軽減されます。

ケープでしっかり防寒

大人でもひざ掛けなどに使用することがありますが、薄手のケープは赤ちゃんを乗せたベビーカーの上からすっぽりと覆うことができるため、冷たい風などをシャットアウトすることができます。

ベビーカーに乗っている赤ちゃんは無防備な状態ですので、冷たい風をしっかりと防いでいくためにも、このようなベビーカー専用のケープを準備しておくと便利です。

抱っこの赤ちゃんにオススメな防寒アイテム

この他、ママと赤ちゃんが一緒に防寒対策をすることができるアイテムについてもご紹介します。

抱っこ用ポンチョ

赤ちゃんを抱っこしたままお母さんも、両手を離して動くことができるような、抱っこ専用のポンチョがあります。

このようなポンチョは暖かいだけでなく、見た目にも非常に可愛らしく、抱っこ紐を使った上に着用するタイプから、抱っこ紐が備え付けられているポンチョまでさまざまなものがあります。

比較的リーズナブルですので一つ持っておくと便利です。

抱っこ用ケープ

抱っこ用のケープは、とても大きなサイズになっており、赤ちゃんとお母さんの体がぴったりとくっつきますので寒さを感じにくくなっています。

防寒対策だけではなく、花粉よけや風よけ、UVカットなどにもなる物が販売されているので、多機能タイプのケープを準備しておくと便利です。

抱っこ用コート

とても寒い日には赤ちゃんだけでなく、ママもしっかりと防寒をすることが大切になります。そういった中、抱っこ紐付きのママコートがおすすめです。

赤ちゃんを抱っこした上からでも余裕をもって着ることができるようになっており、ママの足元や腰周り、お腹そして赤ちゃんの体をしっかりと温めてくれます。

早めの防寒で冬を乗り切る

冬を乗り切る

いかがでしょうか?上でご紹介したような、さまざまな防寒アイテムは、早い段階で売り切れになってしまうことがあります。

寒い冬を快適に乗り切っていくためにも、早めの防寒対策を考えていきましょう。

お気に入りのアイテムを見つけたら、その場で購入するということも意識すると、いざ必要になった時、売り切れていて困ることがありませんよ。

この記事が役に立ったらシェアしよう!


はじめての方はこちら!

葉酸サプリタイアップキャンペーン開催中

人気ブランドの葉酸サプリをお得にGETする大チャンス!ココマガ読者さまだけの限定特典をご用意していただきました。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 300円OFFクーポン!はこちら
  • 定期2,980円

キングオブ葉酸!ベルタ葉酸サプリ

  • 酵素サプリプレゼント!
  • 定期3,980円

妊活におすすめ!ママナチュレ

  • たんぽぽ茶プレゼント!
  • 初回3,980円
葉酸サプリの選び方を見る

産後・育児のカテゴリー

産後授乳・母乳育児
新生児赤ちゃんとお出かけ赤ちゃんのお世話
赤ちゃんのスキンケア赤ちゃんの成長赤ちゃんの病気
育児グッズ寝かしつけ幼児教育
しつけ・コミュニケーション子育て費用・助成金マタニティブルー・産後うつ
産後ダイエット・骨盤矯正産後の仕事産後の手続き
産後の抜け毛産後の美容産後の食事
産後授乳・母乳
育児新生児
赤ちゃんとお出かけ赤ちゃんのお世話
赤ちゃんのスキンケア赤ちゃんの成長
赤ちゃんの病気育児グッズ
寝かしつけ幼児教育
しつけ・コミュニケーション子育て費用・助成金
マタニティブルー・産後うつ産後ダイエット・骨盤矯正
産後の仕事産後の手続き
産後の抜け毛産後の美容
産後の食事

スポンサードリンク

目次
をみる
関連記事
をみる