赤ちゃんと過ごす初めてのクリスマス

赤ちゃんと過ごす初めてのクリスマス!飾りつけやプレゼントは?




赤ちゃんと過ごす初めてのクリスマス、とっても楽しみですね。

まだ赤ちゃんが小さいからこそ、かわいい服で写真を撮ったり、特別な日として過ごしたいですよね。

そこで今回は、

・赤ちゃんとクリスマスを楽しみたい!
・赤ちゃんにおすすめなクリスマスプレゼントは?

といった方に、赤ちゃんと一緒に過ごすクリスマスの楽しみ方をご紹介します。

クリスマスまではプレゼントを選んだりお部屋の飾り付けをしたり、ワクワクした気持ちで準備をしていきましょう!

赤ちゃんとの初めてクリスマス

初めてのクリスマス

去年は夫婦で過ごしたクリスマスも、今年は赤ちゃんと3人で迎えるという家庭もあるでしょう。

旦那様と二人きりだったときとは異なり、赤ちゃんがいることで、また違った雰囲気でクリスマスを楽しむことができます。

赤ちゃんと一緒のクリスマスでは、どのような過ごし方ができるでしょうか。クリスマスをより楽しむ方法をご紹介していきます。

クリスマスはどう過ごす?

クリスマスの過ごし方はいろいろありますが、外出もできるくらいの赤ちゃんか、まだ外出はできない赤ちゃんなのか、月齢によって過ごし方が少し変わります。

クリスマス時期は人混みも増えるので、生後間もない赤ちゃんは菌などに感染する危険性もあります。

イルミネーションもきれいな季節ですが、月齢にあわせて無理のない範囲で外出を検討してみましょう。

おうちで過ごすクリスマス

赤ちゃんがまだ小さいうちは、おうちで過ごすクリスマスが安心です。パパとママと3人でも良いですし、お互いの祖父母や両親を呼んで、大人数で過ごすのも楽しいです。

部屋やツリーに飾り付けをして、クリスマスソングを歌えば赤ちゃんもにこにこです。同じ年代の仲良しな家族がいれば、合同でクリスマスパーティーをするのも素敵です。

ママ同士もお話したり、育児の情報共有をしたりもできますし、パパ同士も仲良くなれば、来年の夏には一緒にキャンプに行ったりとお出かけの幅が広がります。

暖かい室内で過ごすクリスマスも楽しいです。

街のクリスマスムードを楽しみに行く

クリスマスが近づくと、街中にはイルミネーションが溢れてキラキラときれいです。赤ちゃんも、初めて見る色とりどりのイルミネーションには興味を示すはずです。

パパとママと赤ちゃんの3人で街に出かければ、デート気分も味わえますし、赤ちゃんもクリスマスソングの流れる街の景色にワクワクするでしょう。

夜の時間帯だと人通りも多く気温も下がりますので、少し暗くなってきた夕方の時間帯のお出かけがおすすめです。

外は冷えますので、赤ちゃんの防寒対策はしっかりしてお出かけしましょう。

ショッピングに出かける

外出ができる月齢の赤ちゃんなら、ショッピングモールやアウトレットなどに買い物に出かけるのも楽しいです。

パパも一緒に出かけて、お互いのクリスマスプレゼントや、赤ちゃんへのプレゼントを選ぶとよりクリスマス気分が高まります。

また、ショッピングモールやデパートであれば赤ちゃんのオムツ交換台もあるので、オムツ替えや授乳の場所を心配しなくても大丈夫です。

プレゼントと一緒にディナーの買い出しもすれば、おうちに帰った後は、すぐに料理の準備に取りかかれます。

クリスマスの飾りは赤ちゃんにも安心なツリーを選ぶ

安心なツリー選ぶ

赤ちゃんと過ごす初めてのクリスマス。せっかくなのでクリスマスツリーを買おうかと悩んでいる方もいるのではないでしょうか。

一つだけ購入する前に注意してほしいことが、動き回れるようになった赤ちゃんの安全面です。

キラキラピカピカしてきれいなツリーに興味津々の赤ちゃんが、飾りを引っ張って倒してしまったり、ツリーの飾りを口に入れて飲み込んでしまったり、クリスマスツリーにも危険がたくさんあります。

赤ちゃんは初めて見るものや触れるものを口に入れて確認しているので、誤飲には十分に注意しなくてはいけません。

そこで、まだ小さい赤ちゃんがいる家庭でも安心なクリスマスツリーの作り方を、いくつかご紹介します。

フェルトで作るクリスマスツリー

緑色のフェルト生地をもみの木型に切り取り、その上から好きな色のフェルトで同じように飾りを作ります。

ツリーは壁に貼るので、すべてが平面になります。この方法で作るクリスマスツリーなら、赤ちゃんが倒してしまうことも、間違って飾りを飲み込んでしまうこともありません。

フェルトを使うと柔らかい風合いが出ますが、手に入らなければ画用紙でもOKです。

同じ作り方で、クリスマスリースも作ることができるので、いろいろな飾りを切って作ってみてください。

マスキングテープで作るクリスマスツリー

フェルトや画用紙がなくても、マスキングテープを使ってクリスマスツリーを作ることができます。

お部屋の壁を使って、もみの木の形にテープを貼っていけばでき上がりです。

マスキングテープを使えば、壁に貼ってもテープの痕が残りませんし、一番簡単にクリスマスツリーを作ることができます。

どのようなツリーに仕上げるかはアイディア次第です。インターネットでもさまざまなデザインのツリーが紹介されていますので、ぜひ参考にしてみてください。

黒板に書くクリスマスツリー

最近では、黒板シートというものが販売されていて、壁にシートを貼るだけでチョークやペンで絵が描けるという優れものです。

絵が得意なママにはぴったりなツリーです。絵以外に文字なども自由に描けるので、壁の広い範囲にシートを貼って、赤ちゃんと一緒にお絵かきするというのも楽しいです。

黒板シートは百円均一などにも売っていますが、もし近くのお店で見つからなければ、緑色の紙や古紙、付箋やポストカードなどの、家にあるものをツリー型になるよう壁に貼っていきましょう。

ツリーの形に貼れたら、その上に星の形に切り抜いた飾りなどを重ねて貼っていきます。最初はツリーに見えないかもしれませんが、飾りをつけるとツリーらしく見えます。

また、賃貸で壁に貼ったり留めたりすることが難しいときには、コルクボードを使うという方法もあります。

クリスマスのディナーは何を用意する?

離乳食を食べられる赤ちゃんであれば、食事もクリスマスバージョンにしてみましょう。

食材に、緑や赤のクリスマスカラーを使って盛り付けるだけで、赤ちゃん専用のクリスマスディナーに早変わりします。

クッキーの抜き型を使って、星型やトナカイ型に食材をくり抜く方法もオススメです。市販のケーキはまだ食べられなくても、離乳食期用のケーキを作ることはできます。

離乳食期の初期〜後期にかけて使用する食材が異なるので、月齢に合わせてレシピを調べてみましょう。

手作りケーキといってもあまり難しくはありません。当日簡単に作れるものも多いので、レシピサイトやアプリなどを使って検索するとたくさんヒットします。

手作りのケーキを用意すれば赤ちゃんも一緒にクリスマス気分です。

クリスマス限定!赤ちゃんに着せたいコスチューム

着せたいコスチューム

初めてのクリスマスだから、せっかくならかわいいコスチュームで着せて、ママも一緒に楽しみたいものです。

赤ちゃんとのおうちクリスマスは、仮装で過ごしてみてはいかがでしょうか。クリスマスがもっと楽しくなります。

赤ちゃんサンタのコスチューム

クリスマスまでの期間は、サンタさんのコスチュームで気分を盛り上げるのもおすすめです。

シーズンが近づくと、サンタさん仕様のカバーオールが販売されるので、ぜひチェックしてみましょう。

カバーオールだと、ねんね期の赤ちゃんから、つかまり立ちやよちよち歩きができる頃まで使えるので、一着あれば毎年可愛いサンタさんと会えます。

赤ちゃんトナカイのコスチューム

サンタさんも可愛いですが、トナカイのコスチュームも負けていません。クリスマス以外でも着やすいので汎用性があります。

スノーマン仕様のコスチューム

クリスマスシーズンに人気のある赤ちゃんコスチュームの一つが、スノーマンです。丸くてコロコロした感じがとっても可愛いです。

その他

サンタコスチュームをはじめ、クリスマスバージョンの赤ちゃんコスチュームには、いろいろなデザインが展開されています。

他にも、ジンジャーブレッドマンや七面鳥、クリスマスツリーなどもあります。赤ちゃんコスチュームは、ママやパパが着せたいものを選んで思い切り楽しみましょう。

記念写真を撮っておけば、赤ちゃんが大きくなったときにもきっと良い思い出になります。

コスチュームだと普段使いができない・・・と思う方は、サンタさんやトナカイの絵が入ったスタイや、クリスマスの刺繍やアップリケの入ったロンパースやカバーオールもあります。

緑と赤のクリスマスカラーやボーダーだとクリスマス感が出るので、普段使いもできるベビー服でクリスマスを楽しんではいかがでしょうか。

赤ちゃんにオススメのクリスマスプレゼント

せっかくのクリスマスなので、パパとママだけでなく、赤ちゃんにもクリスマスプレゼントを用意してみませんか。

月齢の小さい赤ちゃんには、ぬいぐるみなどの布製のプレゼントがオススメですが、一人座りができるようになった赤ちゃんには、これからも遊べるように少し複雑なおもちゃを選んであげると喜びます。

月齢の小さな赤ちゃんへのプレゼント

月齢が小さな赤ちゃんには安全性も考えて、口の中に入れても安心なプレゼントが良いです。

ぬいぐるみなどの布製のおもちゃが一番ですが、中でも洗えるぬいぐるみなら汚れても問題ありませんし、衛生的で長く遊んでもらえます。

ぬいぐるみも、子宮音が聞こえるものや歯固めとおもちゃがセットになっているぬいぐるみなどバリエーションが豊富にあります。

普通のぬいぐるみも良いですが、音やおもちゃで工夫されたぬいぐるみなら、赤ちゃんの興味も長く続きそうです。

布製のおもちゃは、ぬいぐるみ以外にもブロックや、体を使ったベビージムなども0歳から遊べる布製品として発売されています。

いずれも安全に配慮して作られていますが、必ず対象年齢を確認して購入するのがベストです。

月齢が大きな赤ちゃんへのプレゼント

首が据わるようになった赤ちゃんには、もう少し複雑なおもちゃで脳を刺激してあげましょう。

この頃から知育のおもちゃが使えるようになるので、はめこみ型のパズルや、数遊びができるものをプレゼントするのもオススメです。

知育おもちゃは形や色を認識して、そこから想像力や判断力を身につけられるように設計されています。

赤ちゃんの成長に伴って、遊びながら自然と数字を覚えたり、数に興味を持つようになれるので発育にもつながります。

また、赤ちゃんが興味を示しやすいおもちゃとして、音が出るものも良いプレゼントです。

赤ちゃんはママのお腹の中にいるときから聴覚だけは発達しているため、まだ視力が伴わない新生児の頃でも、ママとパパの声や周囲の音は非常によく聞こえているのです。

木琴やベルなどがついた音楽性のあるおもちゃであれば、音色の違いを楽しんだり、楽器を叩いてリズム感を養ったりできます。

また、指先を使うことで脳の発達にも良い影響があります。たくさんの楽器が一度に楽しめて、聴覚を刺激してくれる知育おもちゃはオススメのクリマスプレゼントです。

クリスマスプレゼントは一緒に選ぼう

クリスマスプレゼントは、パパやママが赤ちゃんにあげたいものを選ぶのも一つですが、赤ちゃんにも個性があるので、できればおもちゃ屋さんやデパートで一緒に選びましょう。

赤ちゃんがどんなものに興味を持っているのかは意外とわからないものです。パパやママが良いと思っていても、赤ちゃんがまったく興味を示さないというケースもよくあります。

ですので、お出かけができる月齢の赤ちゃんであれば、実際に見て触って、本人の反応を見ながら選べるのがベストです。

もちろん、パパとママが「こんなおもちゃを使って欲しい」、「こんな子に育ってほしい」という願いを込めてプレゼントを選ぶのも素敵です。

また、赤ちゃんがもう少し大きくなってから、家族みんなで一緒に遊べるおもちゃもおすすめです。

クリスマスプレゼントは何を贈るか知らせておく

赤ちゃんにとって初めてのクリスマスだと、両親や祖父母からもプレゼントが届くこともあります。

すると、包みを開けたら同じおもちゃが入っていた!なんてことが実際に起こるケースがあります。

赤ちゃんには「良いおもちゃを使ってほしい」と思う気持ちは同じなので、同じ商品を選んでしまうこともあります。

お店の人にすすめられたおもちゃが同じだったということもあります。

せっかくのプレゼントでも、同じおもちゃを2つは使わないので、購入するプレゼントが決まっている場合には両親や祖父母へ知らせておけば、かぶることはありません。

また、赤ちゃんがどんなものに興味を持っているかを伝えておけば、赤ちゃんの好みでおもちゃ選びができます。

せっかくいただくプレゼントなので、赤ちゃんにはたくさん遊んでもらいましょう。

家族でハッピーなクリスマスを

家族でハッピーなクリスマス

クリスマスの時期は、どこに行ってもクリスマスのムードがあって楽しい気分になります。

赤ちゃんにはまだわからないかもしれないけど、そんな楽しい雰囲気を少しでも感じてもらえたらいいですね。

また、ママやパパも、クリスマスツリーや赤ちゃんのクリスマスコスチュームで気分を盛り上げて、おうちでもクリスマスを存分に楽しみましょう!

この記事が役に立ったらシェアしよう!


はじめての方はこちら!

葉酸サプリタイアップキャンペーン開催中

人気ブランドの葉酸サプリをお得にGETする大チャンス!ココマガ読者さまだけの限定特典をご用意していただきました。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 300円OFFクーポン!はこちら
  • 定期2,980円

キングオブ葉酸!ベルタ葉酸サプリ

  • 酵素サプリプレゼント!
  • 定期3,980円

妊活におすすめ!ママナチュレ

  • たんぽぽ茶プレゼント!
  • 初回3,980円
葉酸サプリの選び方を見る

産後・育児のカテゴリー

産後授乳・母乳育児
新生児赤ちゃんとお出かけ赤ちゃんのお世話
赤ちゃんのスキンケア赤ちゃんの成長赤ちゃんの病気
育児グッズ寝かしつけ幼児教育
しつけ・コミュニケーション子育て費用・助成金マタニティブルー・産後うつ
産後ダイエット・骨盤矯正産後の仕事産後の手続き
産後の抜け毛産後の美容産後の食事
産後授乳・母乳
育児新生児
赤ちゃんとお出かけ赤ちゃんのお世話
赤ちゃんのスキンケア赤ちゃんの成長
赤ちゃんの病気育児グッズ
寝かしつけ幼児教育
しつけ・コミュニケーション子育て費用・助成金
マタニティブルー・産後うつ産後ダイエット・骨盤矯正
産後の仕事産後の手続き
産後の抜け毛産後の美容
産後の食事

スポンサードリンク

目次
をみる
関連記事
をみる