人気のあるベビーオイル

敏感肌の赤ちゃんに大活躍!人気のあるベビーオイルとは?



デリケートな赤ちゃんの肌を保湿するのに便利なベビーオイル。

乾燥肌、敏感肌でも安心して使うことができるベビーオイルですが、どのような基準で赤ちゃんのベビーオイルを選んであげればいいのでしょうか?

今回は、

・赤ちゃんのお肌の保湿にベビーオイルが欲しい!
・どんなベビーオイルを選べばいいの?
・おすすめのベビーオイルは?

といった方に、赤ちゃんのお肌を保湿するベビーオイルの選び方とおすすめの商品をご紹介します。

ベビーオイルを選ぶ注意点

ベビーオイルを選ぶ注意点

さまざまなメーカーからベビーオイルが販売されていますが、どんなオイルを選べばいいのかポイントをご紹介します。

含まれる成分に目を通す

メーカーごとに数多くの種類が販売されているベビーオイルですが、大まかに分けると植物油と鉱物油の2種類に分けることができます。

植物油は文字通り、植物の種や実などを絞って生成されるオイル、鉱物油は石油から精製されるオイルのことで、どちらも肌に影響が少ないという共通点があります。

とはいえ、すべての赤ちゃんの肌に優しいというわけではなく、個人差や肌の相性によって影響に差が出てきます

そのため、ベビーオイルを選ぶ際には成分表を確認して、含まれる成分のメリット・デメリットを理解しておくことが大切です。

少量のものを選ぼう

先にも触れたように、ベビーオイルとして販売されているものでも赤ちゃんの肌に影響がまったくでないとは限りません。

例えば、含有成分はすべて天然で添加物を一切使用していない商品であったとしても、赤ちゃんの肌の相性によっては、植物系の天然成分でかぶれてしまうことも考えられるのです。

また、赤ちゃんの肌質だけでなく季節や月齢など、赤ちゃんのその時の体調にも左右されることもあります。

そのため、ベビーオイルを初めて使用する時は、容量が多い物ではなく少量タイプの物を選ぶことがポイント。

お試し品があれば、それをママが試してから購入を検討するのも良い方法です。

人気のあるベビーオイルとは?

それでは、人気のあるおすすめのベビーオイルをご紹介していきます。

AMOMA カレンデュラオイル

100%植物性の合成香料、合成着色料無添加のベビーオイルです。

カレンデュラというのはマリーゴールドのこと。

その乾燥させた花弁を、低刺激で保湿力の高いライスオイル、肌のバリア機能をサポートするオリーブオイルをブレンドしたものにじっくり漬け込んで作られています。

そのため、妊娠中の会陰マッサージや、産後のママのスキンケアとしても使用可能。

ただし、植物性なことから特にキク科アレルギーをお持ちの方は使用を控えた方が良い場合もあるので注意しましょう。

Amazonで商品を見る

Burt’s Bees(バーツビーズ) ベビービー ベビーオイル

甘い香りがするので好みは分れるところですが、肌触りはさらさらとしていて伸びも良いのが特徴です。

肌に馴染みやすく、ベタつきがないのも嬉しいところ。

使用原料にはアンズ核油、ブドウ種子種、香料やローズマリー葉エキスなどの植物系が主な主原料になっています。

内蓋を外せばキャップを押すだけで好きな量のオイルが出せるプッシュ式と使いやすいよう工夫もされており、なるべく手間をかけたくないというママにもおすすめです。

Amazonで商品を見る

babybuba(ベビーブーバ) ベビーオイル

フランスの第三認証機関である「エコサート(Ecocert)」のオーガニックコスメ、ナチュラルコスメ認証を取得しているため、安心して使うことができます。

取り出しやすく、こぼれにくいプッシュ式ノズルを採用しているので、とても使いやすいのもポイントです。

ラベンダーやマカデミアナッツなど、原料に99%以上の天然由来成分を使ったオーガニックオイルのため、使い心地もなめらか。

赤ちゃんのデリケートな肌を優しく包み込んでくれます。

Amazonで商品を見る

熊野油脂 ディブ ベビーオイル

低刺激のミネラルオイルを使用しており、無香料・無着色のため赤ちゃんのデリケートなお肌でも使用することができます。

容器はポンプタイプで、一押しで適量が出てくる使いやすさも特徴です。

使い心地はさらさらとしており、伸ばしやすいというのもポイント。日本で作られているのも安心して使用できる理由です。

ベビーオイルとしてだけでなく、乾燥しがちな冬にスキンケア、ボディオイルとしてママが使用することもできます。

Amazonで商品を見る

ラフラ ベビーオイル

食用お米のオイルだけで作られた、珍しいベビーオイルです。敏感肌な赤ちゃんのことを考え、精油も一切配合していません。

そのため、赤ちゃんが万が一舐めてしまっても安心。生後0ヶ月からでも使用することができます。

お米特有の成分である、Yオリザノールにより肌をうるうるに、健やかな状態へ。伸びも良いので、少量でもしっかりした使用感があります。

容器には割れにくい素材を採用。片手間でも使えるワンタッチキャップで使い心地も抜群です。

Amazonで商品を見る

AMOMA ベビーオイル

原材料にライスオイルを使用しており、ビタミンEが多く含まれています。

石油由来成分を一切配合しておらず、香料や着色料も無添加。そのため、とても低刺激なオイルなので赤ちゃんに安心して使うことができます。

高い保湿効果が期待でき、さらに使い心地もベタつきがなくさらっとしているのも嬉しいところ。アロママッサージのキャリアオイルとして精油に混ぜることもできます。

Amazonで商品を見る

ベビーセバメド モイスチャーオイル

ベビーセバメドは、皮膚科学の研究に基づいて開発されたスキンケアブランドで、赤ちゃんのデリケートな肌のことを考慮に入れた商品が展開されています。

Phが皮脂膜と同じ5.5となっており、肌に優しく、少量でも伸びの良いベビーオイルとなっています。

肌にしっとりと馴染み、乾燥を防いで赤ちゃんの肌をつるつるにしてくれるのもポイント。

香り付きですが、植物系の優しい香りなのでリラックスしながら気持ち良く使うことができます。

Amazonで商品を見る

ピジョン ベビークリアオイル

赤ちゃんの胎脂に着目したベビーオイルで、胎脂に近い成分が配合されています。

無着色、無香料、植物性のため、デリケートな赤ちゃんの肌にもやさしく、おへそのゴマ取りや耳のお掃除などでも使用されています。

容器の口が短めのノズルになっており、使いやすいのも特徴。通常のベビーオイルと比較しても、リーズナブルな値段で購入できるというのも喜ばれる理由です。

ただし、他の商品と同様、使用前にはパッチテストが必要です。

Amazonで商品を見る

アトピコ スキンケアオイル

精製ツバキ油を100%使用した商品です。商品名はスキンケアオイルとなっていますが、椿油の主成分、オレイン酸トリグリセリドは皮脂中にも含まれる成分で、赤ちゃんの全身用ベビーオイルとして使うことができます。

肌に優しく馴染んで乾燥を防いでくれる効果が期待でき、少量でもよく伸びる使い心地です。

植物系のベビーオイルのため、万が一、赤ちゃんが肌についたオイルを舐めてしまっても安心。無香料・無着色で、低刺激なのも嬉しいところ。

Amazonで商品を見る

馬油 ベビーオイル

ヒアルロン酸や保湿成分のセラミドAP、うるおい成分として馬油が配合されています。

香料や着色料などを一切使用しておらず、低刺激なミネラルオイルを使っているので、敏感な赤ちゃんの肌を優しく守ってくれます。

たっぷりサイズなので、ベビーオイルとして使うだけでなく、髪のヘアケアやスキンケアオイルとしてママが使ってもOK。

塗った仕上がりはしっとりと馴染む感じで、口コミからも多くの満足したという声が寄せられています。

Amazonで商品を見る

この記事が役に立ったらシェアしよう!


おすすめアイテム&おすすめ記事

妊婦さんの口コミNo,1
ナチュラルマーククリームが今なら初回サンプル付きでお得!
妊娠中〜産後の肌荒れはこれひとつでOK!?人気のオールインワンゲルの秘密とは
お肌のお手入れ楽々!
妊娠中〜産後の肌荒れはこれひとつでOK!?人気のオールインワンゲルの秘密とは
ララリパブリック新パッケージ
お得なキャンペーン開催中!
葉酸サプリの失敗しない選び方と葉酸サプリおすすめランキング!
LINEでお得な情報をGET!
ココマガ公式「LINE@」始まりました!お得な情報をGETしよう!

葉酸サプリタイアップキャンペーン開催中

人気ブランドの葉酸サプリをお得にGETする大チャンス!ココマガ読者さまだけの限定特典をご用意していただきました。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 300円OFFクーポン!はこちら
  • 定期2,980円

キングオブ葉酸!ベルタ葉酸サプリ

  • 酵素サプリプレゼント!
  • 定期3,980円

妊活におすすめ!ママナチュレ

  • たんぽぽ茶プレゼント!
  • 初回3,980円
葉酸サプリの選び方を見る

はじめての方はこちら!


産後・育児のカテゴリー

産後授乳・母乳育児
新生児赤ちゃんとお出かけ赤ちゃんのお世話
赤ちゃんのスキンケア赤ちゃんの成長赤ちゃんの病気
育児グッズ寝かしつけ幼児教育
しつけ・コミュニケーション子育費用・助成金マタニティブルー・産後うつ
産後ダイエット・骨盤矯正産後の仕事産後の手続き
産後の抜け毛産後の美容産後の食事
産後授乳・母乳
育児新生児
赤ちゃんとお出かけ赤ちゃんのお世話
赤ちゃんのスキンケア赤ちゃんの成長
赤ちゃんの病気育児グッズ
寝かしつけ幼児教育
しつけ・コミュニケーション子育費用・助成金
マタニティブルー・産後うつ産後ダイエット・骨盤矯正
産後の仕事産後の手続き
産後の抜け毛産後の美容
産後の食事
目次
をみる
関連記事
をみる