赤ちゃんにはどんなパジャマ

赤ちゃんにはどんなパジャマを着せたらいい?冬支度を始めよう




赤ちゃんのいる生活にも慣れてきて、隣で眠る子供の寝顔を見るのは幸せなひとときですね。赤ちゃんも少しずつ成長してきた頃に、ふと疑問に感じるのが「パジャマ」です。

昼間と夜の服装が同じでいいのかな、と思っているママもいるのではないでしょうか。赤ちゃんの昼夜の着替えはいつ頃から始めたらいいのでしょう。

そこで今回は、

・赤ちゃんの冬の服装は?
・赤ちゃんにパジャマは必要?
・赤ちゃんのパジャマはどんなものを選べばいい?

といった方に、寒くなるこれからの季節、赤ちゃんのパジャマはどうしたらいいのか、冬の服装や寝るときのパジャマについてご紹介します。

赤ちゃんの冬の服装は?

冬の服装

赤ちゃんは代謝機能が活発で、大人の倍以上汗をかくといわれていすすが、生後3ヶ月までは体温機能が未熟なのです。

気温が低く寒いと、大人と同じように風邪をひくこともあります。そのため、服装も大人と同じで構いません。

3ヶ月を過ぎる頃には、体温調節機能が発達してくるので、着るものは1枚を減らしてちょうど良いくらいになります。

新生児の頃は大人より1枚多め、生後3ヶ月までは大人と同じ服装で、生後3ヶ月を過ぎたら大人よりも1枚少なくするような着せ方をしましょう。

赤ちゃんは暑がり?寒がり?

赤ちゃんは、体重あたりの体表面積が大人の3倍といわれているため、低体温や高体温になりやすいのです。

自分で温度調節ができないので、寒さを感じるときには激しく泣いて訴えます。

寒さにさらされているということを周囲に知らせるのと同時に、泣くことで体温を上げて自ら発熱して身を守ろうとします。

しかし、暑い場合には体内に「うつ熱」を溜め込んでしまうことがあります。

うつ熱とは、周囲の気温が高い環境で過ごしていることで、体温がこの気温に合わせて高まり体に熱がこもってしまう熱中症の症状の一つです。

赤ちゃんは、暑くても自分で着ている物を脱ぐことができないのでうつ熱を発症しやすく、現在ではうつ熱がうつぶせ寝や喫煙と並んで、乳児突然死症候群の原因の一つともいわれています。

赤ちゃんが寒いのでないかと思い、ついついたくさん着せてしまいがちですが、着せ過ぎや温め過ぎは逆効果なので注意しましょう。

赤ちゃんが暑いかどうかを判断するには?

赤ちゃんが暑がっているか寒がっているかの判断は、顔を見ただけではわからないことが多いです。

そんなときは、背中に手を入れてチェックしてみましょう。手足が冷たくても顔色が良く、背中が温かければ温度に問題はありません。

背中が汗ばんでいるようなら暑がっている証拠です。冬だからといって着せたままにしていると、あせもになってしまうかもしれません。一枚着るものを少なくしてあげましょう。

逆に、背中が冷たく顔色も悪いようであれば寒がっているので、着るものや羽織るものを足すなどして温度調節をしてあげます。

冬場の赤ちゃんの寝るときの服装は?

ママが起きている日中やお昼寝であれば、赤ちゃんが暑がっているのか寒がっているのか確認することはできますが、夜寝ているときには赤ちゃんの状態がわからないので、心配になります。

寝るときの服装も、生後3ヶ月を過ぎたら大人より1枚少なめを目安にします。

大人が寒いと感じていても、赤ちゃんは意外と汗をかいていることが多いです。

大人も寝るときに外出着のようなしっかりした洋服を着て寝ることはないのと同じで、赤ちゃんも肌着にカバーオールで十分です。

特に冷え込む時期には、肌着を短肌着・長肌着の重ね着にして調節しましょう。

大人の女性では冬場靴下を履いて寝る方がいますが、体温の高い赤ちゃんには不要です。

赤ちゃんのパジャマはいつから着せる?

実は、赤ちゃんにパジャマを着せる必要はあまりないのです。しかし、昼と夜に着る物を変えることで昼夜の区別をつけ、生活リズムにメリハリが出てきます。

そうすると、赤ちゃんも昼と夜を認識するようになり、夜中によく眠ってくれるようになります。

パジャマに着替えるのは、赤ちゃんがまとまって眠るようになってからが好ましいので、だいたい生後3〜4ヶ月頃からにしましょう。

赤ちゃんが大人と同じリズムで眠るようになってくれると、ママの毎日のお世話が少し楽になります。

朝起きたらパジャマを着替えて、夜はお風呂の後にパジャマに着替えるというようにリズムをつけていきましょう。

また、パジャマと普段着を着せ替えるもう一つのタイミングとして、赤ちゃんのお出かけが増えて着た頃を目安にするのもおすすめです。

生後3ヶ月くらいになると、赤ちゃんと一緒にお出かけする機会も増えてくるので、外出した服で寝ることに抵抗が出てきます。

そうすると自然と夜はパジャマに着せ替えるようになるのではないでしょうか。

赤ちゃんのパジャマ選びのポイント

パジャマ選びのポイント

赤ちゃんのパジャマとして売られているものはほとんどないので、今まで着ていたものをパジャマとして着せることになります。

大人が寝間着として、スウェットやジャージを着ているのと同じ感覚です。生後3ヶ月頃であれば、ロンパースやカバーオールをパジャマ代わりに着せることになります。

肌触りや吸水性がが良く、寝ているときでも快適な素材を選びましょう。

サイズが80センチからは、パジャマとして販売しているものがお店で選べるようになります。

お腹が出ないように、腹巻付きのものなど、赤ちゃんが風邪をひかないデザインのものが良いです。

また、赤ちゃんの首が据わってからは、ロンパースやカバーオール以外にもセパレートタイプの洋服が着られるようになるので、選べる種類も増えてきます。

肌触りが良く吸収性の高い素材

赤ちゃんは体温が高いため汗をよくかきます。ですので、汗を吸収してくれるフライス・スムース・ガーゼなどの、肌触りが良くサラッとした素材のものを選びましょう。

パジャマの素材によって寝つきが変わる赤ちゃんもいるので、素材選びにはこだわりたいポイントです。

お腹が冷えないデザイン

夜暑いときは、赤ちゃんがお布団を蹴飛ばしてしまうことがよくあります。夜中はママも一緒に寝ているので、赤ちゃんの寝相まで確認することは難しいです。

寝相の悪い赤ちゃんだと、パジャマの隙間からお腹が出てしまって風邪をひく可能性もあります。

冬は、厚手のロンパースや腹巻付きのパジャマなど、お腹が出ない工夫がされているデザインのものを選びましょう。

季節によって選ぶパジャマは違う?

基本的に赤ちゃんは暑がりです。季節によって着せるパジャマも変わります。

気温が10℃前後の日は、冬素材の肌着と冬用のパジャマ、気温が10℃以上であれば春素材の肌着と春物のパジャマが丁度良いです。

気温が上がれば、長袖を半袖や七分袖に変えるなどで調整してあげます。

生後3ヶ月頃まではパジャマとして売られているものが少ないので、基本的には肌着にカバーオールやロンパースというスタイルになります。

気温が10℃よりも下がり冷え込むときには、短肌着と長肌着の2枚を着せるなど、肌着を重ね着にして調節しましょう。夏の暑い時期にはボディスーツなどでも良いです。

季節ごとの赤ちゃんのパジャマの着せ方

それでは、赤ちゃんにどんなパジャマ着せてあげればいのか、季節ごとに詳しくみていきましょう。

春、秋

気温が10℃前後:冬素材の肌着と冬用のパジャマ
気温が10℃以上:春素材の肌着と春物のパジャマ(15℃以上で長袖を半袖や七分袖に変える)

夏素材の肌着やカバーオールやロンパースなど、ボディスーツ1枚でも平気です。

気温が10℃前後:冬素材の肌着と冬用のパジャマ
気温が10℃以下:冬素材の肌着を重ね着、冬用のパジャマの上にベスト型の服を重ね着、スリーパーなどを追加する

パジャマにはどんな種類がある?

どんな種類がある

80センチのサイズが着れるようになると、選べるパジャマの種類がグンと増えます。

これまでは、普段着もパジャマも同じようにロンパースやカバーオールだったものが、昼のおしゃれと夜のおしゃれを楽しめるようになります。

素材や機能性もよく、おしゃれなパジャマもたくさん販売されているので、ベビー服専門店に赤ちゃんと一緒にお出かけするのも楽しみの一つになります。

オーガニック素材

オーガニック素材は、普段着でもパジャマでもともに人気があります。オーガニックコットンを使用したパジャマは、寝ている間の肌触りが良く吸収性にも優れています

ママも安心して赤ちゃんに着てもらえるので、何着か揃えたい素材のパジャマです。少しゆったりとしたサイズで、上下がわかれているセパレートタイプを何着か用意しておけば、洗い替えとして組み合わせを変えて使うこともできます。

また、デザインによっては普段着として取り入れることもできます。

よりこだわる場合には、縫い糸もオーガニックコットンを使っているパジャマや、縫い目が盛り上がらないフラットシームが、肌へのあたりも少なく、着心地が大変良いと定評があります。

シンプル柄のパジャマ

赤ちゃんのパジャマには、ボーダーやドット柄など、シンプルな柄も人気があります。

普段着にはカラフルで元気な柄や、かわいい柄の洋服を着せているので、寝るときには落ち着いた柄のものを選ぶママも多くいます。

シンプル柄は何着あっても飽きませんし、ママやパパとおそろいで着ることもできるます。普段着ではおそろいコーデがはずかしいというママも、パジャマではたくさん出できます。

動物コスプレパジャマ

特に冬場に人気がある動物コスプレのパジャマですが、最近ではいろいろな動物のものが売られています。

フードの耳や尻尾がついているので、ハイハイをしたときにもとてもかわいくて、ママも家族も癒されます。

パジャマとしてだけでなく、ルームウェアとして着せる方も多くいます。

もこもこ素材で作られていることが多いので、パジャマとして暑すぎるようであれば肌着などで調整しましょう。

パジャマ素材によく使われるフランネル素材のものを選ぶのがおすすめです。インターネットなどで購入するときにも、素材の表示をよく確認しておけば、ネットショッピングでの失敗も防げます。

パジャマの洗濯の頻度は?

赤ちゃんは、夏場に限らず冬場もたくさん汗をかいています。そして夜は寝汗をかいているので、洗濯はこまめに行いましょう。

洗濯せずに同じパジャマを使い続けていると、菌が繁殖しやすくなります。生後まもない赤ちゃんは皮膚の免疫力も弱く感染しやすいので、毎日清潔なパジャマを着せてあげましょう。

汗をたくさんかいているときには毎日、少なくても2日に1度はお洗濯してください。

どんなお布団をかけたら良い?

どんなお布団

寝るときの服装は大人と同じようになりますが、かけてあげるお布団は軽めにしましょう。

赤ちゃんは、大人よりも1枚少なめに着せるのが目安です。寝るときの服装が大人と同じであれば、大人と同じ枚数の布団をかけてしまうと、赤ちゃんにとっては暑過ぎます。

大人には少し寒いかも・・・と感じるくらいで赤ちゃんには丁度良いので、そのくらいの感覚を基準に、かけるお布団を選んでみましょう。

朝起きると、赤ちゃんがお布団を蹴ってしまっているということがよくありますが、それは暑過ぎて蹴ってしまっている場合が多いです。

しかし、お布団をかけていないと寝冷えや風邪をひいてしまわないか心配です。そんなときにはスリーパーを使ってみましょう。

スリーパーはベストの裾が長くなったような形をしていて、着たまま寝かせることができます。

お昼寝の場合

昼間のお昼寝であれば綿毛布やタオルケットで十分です。

夜寝る場合

綿毛布やタオルケット+軽めのお布団1枚が目安です。暑がる時には毛布やタオルケットで温度調節をしましょう。

寒くなってきたら室温はどうする?

冬場あまりにも寒い日があれば、エアコンなどの暖房器具で室内温度を調節しても構いません。

赤ちゃんにとって快適な温度は18℃〜24℃で、大人にとっては少し肌寒く感じる気温です。

室温が18℃以下になるようであれば、暖房器具を使って部屋を暖めてあげるようにします。

室内を暖める際に注意したいのは、換気と乾燥です。一日中暖房で暖めていると、部屋の空気がこもってしまい風邪をひく原因にもなります。

冬場も定期的に換気を行って、新鮮な空気を取り込みましょう。

特に、石油ヒーターやガス暖房などのエアコン以外の暖房器具を使用している場合は、一酸化中毒を防ぐためにも部屋の1時間に一度は室内の換気を行いましょう。

また、エアコンを使用している場合は、室内が乾燥していることが多いので、必要に応じて加湿器を使ったり、洗濯物を干すなどして湿度も保つように気をつけましょう。

部屋の温度は適温に保ち、暖め過ぎには注意して冬場も快適に過ごしましょう。

パジャマで生活のリズムをつける

生活リズムをつける

赤ちゃんのパジャマには、定義や意味はあまりないのですが、昼と夜の服装を変えることで生活のリズムができるというメリットがあります。

生後3ヶ月頃になったらパジャマに変えてみてあげてください。冬場は特に、気温や赤ちゃんの体温に注意してパジャマを選んであげるようにしましょう。

着替えのときに「あったかいね」、「これでたくさん眠れるね」など声をかけてあげると赤ちゃんとのスキンシップにもなりますよ。

この記事が役に立ったらシェアしよう!


はじめての方はこちら!

葉酸サプリタイアップキャンペーン開催中

人気ブランドの葉酸サプリをお得にGETする大チャンス!ココマガ読者さまだけの限定特典をご用意していただきました。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 300円OFFクーポン!はこちら
  • 定期2,980円

キングオブ葉酸!ベルタ葉酸サプリ

  • 酵素サプリプレゼント!
  • 定期3,980円

妊活におすすめ!ママナチュレ

  • たんぽぽ茶プレゼント!
  • 初回3,980円
葉酸サプリの選び方を見る

関連するカテゴリー
育児

スポンサードリンク

目次
をみる
関連記事
をみる