赤ちゃん用のポンチョ

赤ちゃん用のポンチョは使い勝手抜群!便利な使い方や選び方!




アウターとしてだけでなく、敷物やひざ掛けとしても使えて便利なベビーポンチョ。

口コミでその使い勝手の良さが広がっています。今人気のベビーポンチョを購入するならどんなポンチョを選べばいいのでしょう?

そこで今回は、

・ポンチョって何?
・どんなベビーポンチョを選べばいい?
・バスポンチョって必要?

といった方に、今年の冬から1枚は欲しいベビーポンチョの選び方や、便利な使い方をご紹介します。ぜひ参考にして、お気に入りの1枚を探してみてください。

ポンチョとは?

ポンチョとは

ポンチョは、元は南米のペルーやボリビアなどのアンデス山脈地帯に住む原住民(インディオ)の民族衣装です。

布の中央に穴を開け、首を通して着る服のことをいいます。アルパカなどの毛を織って作り、民俗調の独特な幾何学柄で編まれます。

ケープやマントとは違うもの?

似たような形状で、ケープとマントがあります。パッと見て違いはわかりにくいですが、それぞれ定義は異なります。

ケープ

肩・背中・腕を覆う袖のない外衣のことです。デザインや丈は幅広く決まりはありません。いろいろな種類のものがあります。

マント

袖なしの洋服の上に着る衣服のことです。別名でクロークとも呼ばれます。ケープに比べて丈は長めです。全体的にゆったりとした印象があるのが特徴です。

ポンチョという言葉がトレンドになっているため、頭からすっぽりとかぶる形状のものはポンチョとして認識されています。

強いて言うなら、袖から裾にかけて比較的広がりが少ないもの(ひらひら感が少ないもの)がポンチョ、袖から裾にかけての広がりがあり(ひらひらしているもの)、丈が短いものをケープ、丈が長めのものをマントと覚えておくとわかりやすいです。

ベビーポンチョの良い点は?

赤ちゃん用のポンチョはベビーポンチョといいますが、ベビーマントとも呼ばれています。

冬場の寒さだけでなく、夏場も日差しや紫外線から赤ちゃんの肌を守るアウターとして活躍します。

また、赤ちゃんに着せるだけでなく、ベビーカーに乗せた赤ちゃんのひざ掛けや、外出先でのオムツ替えの敷物、授乳時には目隠しとしても使うことができ、用途が広く便利です。

ベビーポンチョは何歳まで使える?

ベビーポンチョは生後6ヶ月頃から2歳半くらいまで使用できます。

長めに使用できるベビーポンチョも販売されており、ベビー服のサイズがすぐに変わってしまう成長幅の大きいこの時期の赤ちゃんには大変重宝します。

使用する季節も、冬の上着としてだけでなく、春夏用に日差しや紫外線対策として使えるものもあります。

特に夏場の室内はクーラーで冷えていることもあるので、カバンの中に入れておけば、外出先で空調が寒いときにもサッと取り出して使うことができるので便利です。

ベビーポンチョを選ぶときのポイント

選ぶときのポイント

最近ではいろいろな種類のポンチョが販売されています。種類もたくさんあるので迷ってしまうかもしれません。

そんなときはポンチョを使うときの季節や、タイミングをポイントにポンチョを選んでみましょう。

季節感で選ぶ

ポンチョは冬だけでなく、春夏などオールシーズンで使うタイミングが考えられます。

どんな時にどんなタイミングで使うことが多いのか、そして季節がいつなのかを考えて選ぶようにしましょう。

冬に使うことが多ければ、暖かい素材のポンチョが良いでしょうし、春夏に使うことが多ければ、薄手で持ち運びが簡単にできるかさばらないものがおすすめです。

使う季節によって素材が異なってくるので、いろいろなものを実際に見て選ぶとわかりやすいです。

春夏と秋冬で使い分けるのであれば、薄手のものと厚手のものをそれぞれ1枚ずつ用意すると便利です。

秋~冬用

主に防寒対策としての活躍が見込まれます。生地は厚手かフリース素材がおすすめです。

赤ちゃんは冬場もたくさん汗をかくので、ポンチョは少し薄手のものを選び、肌着を重ね着してポンチョで微調整するという方法もあります。

赤ちゃんの体質にあわせて選んであげましょう。

春~夏用

生地は薄手の素材で汗をかく時期なので、通気性も重視しましょう。

野外で日よけや紫外線対策に使う他に、室内や移動中のクーラー対策や、肌寒さを解消するために使用します。色は濃い方が紫外線のカット率が高くなります。

夏用のポンチョはUVカット加工が施されているものも販売されているので、売り場で手にとって手触りなどを実際に確認してみましょう。

用途で選ぶ

季節も大切ですが、お出かけ用の上着なのか、防寒着として使うのか、お風呂上がり用なのか、どんなシチュエーションで使うのかその用途によっても選ぶ方が異なります。

用途によって選ぶ素材も違ってくるので、使い方を想像してみましょう。

素材で選ぶ

ポンチョは上着になることが多いですが、場合によっては赤ちゃんをポンチョの上に寝かせてオムツ替えをしたり、春夏用のものでは直接肌に触れることも多いので、素材で選ぶことも大切です。

肌触りが良いのはタオルのようなパイル生地です。他にもUVカット機能がついたものもあります。

ベビーポンチョの活用方法

それでは、ベビーポンチョの活用方法をいくつかご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

抱っこ紐をしたままで脱ぎ着が簡単

赤ちゃんは体温が高く汗をかきやすいですが、秋から冬にかけて寒くなる時期には、抱っこ紐をしたままの状態だと着替えがとても大変です。

特に外出先で厚手のジャンパーや、セーターなどを着ている上に抱っこ紐が組み合わされると、赤ちゃんがたくさん汗をかいてしまうこともあります。

汗をかいたまま放っておくとあせもになってしまうので、できれば洋服を一枚脱がせて温度調節をしてあげたいところですが、そんなときに限って赤ちゃんが寝ている・・・なんてこともよくあります。

寝ている赤ちゃんの着替えはとっても大変です。しかも外出先で抱っこ紐に入っている状態だと尚更です。

そこでポンチョが活躍します。上着の代わりにポンチョを着せておけば、首からポンチョを抜いてあげるだけで、脱ぎ着がとても簡単です。

抱っこ紐をした状態でも赤ちゃんの首から外せますし、寒くなったらかけてあげることも楽々できます。フードが付いているポンチョなら、外の強い風にも対応できて、暖かさも抜群です。

ベビーカーのひざ掛けとして

生後6ヶ月を過ぎると、赤ちゃんとベビーカーでお出かけすることも増えてくる時期です。このベビーカーでのお出かけにも、ポンチョはひざ掛けとして使うことができます。

ポンチョが1枚あれば、ベビーカー用の別途ひざ掛けを用意しなくても済みますので、外出時の荷物も少なくなります。

着せるためのポンチョなのに、ひざ掛けとして使えるの?と思う方もいるかもしれませんが、ポンチョは前のボタンを外すなどして広げるとかなりの大きさになるので、ひざ掛けとしても十分に活用できます。

オムツ替えの敷物にも

赤ちゃんとお出かけするときに悩むのがオムツ替えです。外出先にオムツ替え用のマットがあるとわかっているときは良いですが、場所によっては赤ちゃんに対応している施設ばかりではありません。

公園もオムツ替えのマットまではないことが多いですし、車で外出しているときにも急にオムツ替えしなくてはいけないケースもあります。

でも、赤ちゃんを地面に寝かせるとゴツゴツして頭が痛そうですし、お尻を地面につけると衛生的に不安もあります。

そんなときもポンチョがあれば、外出先でのオムツ替えに対応することができます。ポンチョは広げるとかなりの大きさになるので、赤ちゃんを寝かせるだけのスペースは十分確保できます。

ポンチョを敷物代わりに使うことで赤ちゃんの頭もお尻も守られますし、たとえ汚れてしまっても洗えば問題ありません。繰り返し使うことができる敷物としても大活躍します。

ベビーバスポンチョとは?

ベビーバスポンチョとは

ベビーバスポンチョとは、お風呂上がりの赤ちゃんをバスタオル代わりにサッと包めるポンチョ型のバスタオルです。

お風呂上がりや夏場の水遊びの際に、バスタオルの代わりに使います。フード付きなので羽織るだけで頭からかぶることができて、重宝しているお母さんが多いです。

春や秋の、季節の変わり目に使える防寒用の上着としても利用できます。タオル地なので外出先でも汎用性が高く、重宝しているお母さんが多い反面、バスタオルの代用品と思うと「自分では買わない」という方も結構います。

そのため、出産祝いや御祝品して贈るととても喜ばれます。洗い替えが必要なので、何枚あっても困りません。興味のある方は一度試してみてはいかがでしょうか。

バスポンチョの使い方

バスポンチョはバスタオルとそんなに変わらないのでは?と思いがちですが、動き回るようになった赤ちゃんには大活躍します。

お風呂上がりや水遊びの後に赤ちゃんに、素早く着せて軽く拭くだけで水気が取れますので、その後は赤ちゃんが多少動き回っても水浸しになることがありません。

まだ動き回らない赤ちゃんであれば、バスポンチョを広げた上に寝かせてあげて、体を拭きましょう。

ボタンのあるものは留めてくるんでしまえば、ママ自身が体を拭いている間にも、赤ちゃんは寒い思いをすることもありませんし、快適にママを待つことができます。

バスポンチョを使えばパパも協力しやすい

バスポンチョの良いところは、赤ちゃんの扱い方がわからないパパにも比較的簡単に湯上りのお世話をお願いできるところです。

赤ちゃんとお風呂に入った後は、赤ちゃんが風邪をひかないようにママ一人で湯上りの赤ちゃんをタオルで拭いていることが多く、赤ちゃんを拭いている間にママが湯冷めをして風邪をひいてしまうこともあります。

そんなときに、パパが赤ちゃんの体を拭いてくれたら助かりますよ。バスタオルでは拭き方がよくわからないパパも、バスポンチョがあれば、「ポンチョを着せて包んで軽く拭く」と伝えるだけで、湯上りの赤ちゃんのお世話をすることができます。

新米パパでも扱いやすいのがバスポンチョの魅力です。

バスポンチョで赤ちゃんの機嫌も良くなる

お風呂上がりに押さえつけられて、バスタオルでゴシゴシ拭かれるのを嫌がる赤ちゃんも多いです。

動き回れるようになった赤ちゃんにとっては、自由を奪われるように感じるのでしょうか。湯上りに赤ちゃんの機嫌を損ねないためにも、バスポンチョは活躍します。

バスポンチョを素早く着せてしまえば、少しくらい動き回っても問題ありませんし、動きながらタオル生地が水分を吸収してくれます。

ポンチョを羽織っているので、冬場のお風呂上がりでも多少は寒くありません。

ママが自分の体を拭いて着替えを済ませた後、落ち着いてから赤ちゃんの体をしっかり拭いてあげることもできます。お風呂上がりにぐずついてしまうのを防止できるのがポイントです。

バスポンチョの選び方

バスポンチョは通常のポンチョとは違い、基本的にはお風呂や水遊びの後に使うために作られています。

そのため素材はパイル生地やガーゼ生地が多いです。種類も豊富にあるので、どのようなバスポンチョを選べばいいのかポイントを紹介しましょう。

形で選ぶ

バスポンチョはアウターとして使うポンチョとは違い、形もさまざまです。四角いバスタオルにフードが付いたマント型のものや、裾が広がった形のもの、バスローブのようなポンチョもあります。

袖付きのものは脱げにくいので、動き回れるようになったり、少し大きくなった赤ちゃんにはおすすめです。

ただし、マント型のものに比べると袖有りのものは形が複雑になるので、お洗濯の際には乾きにくくなります。

冬場は洗い替えがあると便利です。フードに動物の耳がついたバスポンチョも可愛いです。

色で選ぶ

バスタオルと同じように、バスポンチョにも豊富な色展開の商品があります。

男の子はブルー系、女の子はピンク系の色が一般的ですが、赤ちゃんが成長してもっと大きくなると、自分で好みの色を選ぶようになってくるので、赤ちゃんの頃はママが使っていて楽しい色を選んでみましょう。

赤ちゃんが可愛く見える色を選んであげてください。

ブランドやメーカーで選ぶ

ブランドやメーカーも、バスポンチョを多く展開しています。日本のメーカーだけでなく海外のブランドの商品もありますので、気になる方は比べてみましょう。

タオルメーカーが発売しているバスポンチョなら、素材や肌触りが良いでしょうし、ブランドから出ているバスポンチョなら、デザインが優れているでしょう。

バスポンチョは毎日使うものなので、何枚か洗い替えがある方が便利です。気になるものを数枚使ってみて、買い足す際にはその中から使い勝手が良かったものや、気に入ったものを選んで追加するのがおすすめです。

手作りのバスポンチョを愛用する

既製品のバスポンチョを使うことが多いですが、手芸や縫い物が好きなママは手作りしてはいかがでしょうか。手作りバスポンチョは世界に一つだけのオリジナルです。

好きな柄のタオルを使って作れるので、愛着も湧きます。一番簡単なバスポンチョは、数カ所を直線縫いするだけでできます。

他にもフード付きなど、いろいろなバスポンチョの作り方があるので、ぜひ挑戦してみてください。

ポンチョは使い勝手抜群のアイテム

使い勝手抜群のアイテム

ポンチョは、素材を選べばシーズンを通して活用できる便利アイテムです。防寒用品としてだけでなく、いろいろなシーンで使うことができるので、ぜひ1枚は持っておきたいですね。

この記事が役に立ったらシェアしよう!


はじめての方はこちら!

葉酸サプリタイアップキャンペーン開催中

人気ブランドの葉酸サプリをお得にGETする大チャンス!ココマガ読者さまだけの限定特典をご用意していただきました。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 300円OFFクーポン!はこちら
  • 定期2,980円

キングオブ葉酸!ベルタ葉酸サプリ

  • 酵素サプリプレゼント!
  • 定期3,980円

妊活におすすめ!ママナチュレ

  • たんぽぽ茶プレゼント!
  • 初回3,980円
葉酸サプリの選び方を見る

関連するカテゴリー
育児

スポンサードリンク

目次
をみる
関連記事
をみる