おすすめの子供乗せ自転車

おすすめの子供乗せ自転車の紹介!移動時に便利な自転車は?



買い物など近所に出かける際、行きは良いですが、子供の面倒を見ながら荷物を持って帰るのはとても大変です。

子供乗せ自転車は、そんな時に便利なママのマストアイテム。

重い荷物をカゴに乗せられますし、ついでに子供も乗せられるのでとても便利です。

そこで今回は、

・どんな子供乗せ自転車がある?
・子供乗せ自転車の選び方のポイントは?
・おすすめの子供乗せ自転車を教えて欲しい!

といった方に、子供乗せ自転車の選び方や、おすすめの子供乗せ自転車をご紹介します。

子供を乗せるタイプを決める

子供を乗せるタイプ

子供乗せ自転車には、大まかに2つのタイプに分けることができます。

1つが子供を前に乗せるタイプ。もう1つが子供を後ろに乗せるタイプです。

どちらがより良いというわけではありませんので、自分のライフスタイルと照らし合わせながら、使いやすいと思うタイプを選びましょう。

使用目安、子供の対象年齢を確認することも忘れないで下さい。

安全性の確認

基本的に、子供を乗せることを目的とした子供乗せ自転車は、安全性にこだわったものがほとんどですが、選ぶ際には安全性や自転車本体の強度を確認することも選ぶ時のポイントになります。

座席ベルトが付いているものや、ハンドロック機能が付いているなど、製品説明だけでなく実物を手に取って確認することも大切です。

先輩ママたちの口コミも参考にしてみましょう。

さらに、「BAAマーク」といった自転車安全基準を満たしているもの、製品安全協会が定めたSG基準に適合している「SGマーク」があるかないかも確認してみて下さい。

電動?それとも手動?

最近の自転車は、自分達の力でこぐ普通自転車だけでなく、電気で走る電動自転車も活躍しています。

子供乗せ自転車も、電動と普通に分けることができます。

電動自転車は坂道や重い荷物、子供を乗せていても楽に走れるのが特徴で、反対に普通自転車は、重量が軽く電動に比べて安価に手に入るのが特徴です。

これだけ読むと電動の方が良い気もしますが、電動には充電が必要だったり、雨の日に走れないなどのデメリットもありますので、普段走行する距離や坂道が多いかなど、住んでる土地の地形、経済面をよく確認の上、選ぶようにしましょう。

おすすめの子供乗せ自転車

それでは、人気のあるおすすめの子供乗せ自転車をご紹介していきましょう。

Panasonic(パナソニック) 2017年モデル ギュット・ミニ・DX

BAA安全基準に適合した、電動タイプの子供乗せ自転車になります。

スピードセンサーはコンパクト。そのため、駐輪機にも当たりにくいのが嬉しいところ。

スタンドを立てると同時にハンドルが固定されるので、自転車を止めるのも簡単です。

また、足踏みの部分形状を工夫しているから、足も届きやすくなっています。充電は太陽光で充電するから、電気代の節約にもなり省エネ。

一灯の明るいLEDを採用しているので、暗い夜道の走行も安心です。

Amazonで商品を見る

BRIDGESTONE(ブリヂストン) 2017年モデル ハイディツー

子供が座るチャイルドシートは、5点式ベルトになっているので子供を落ちないようにしっかり固定することができます。

また、ベルトの調整もしやすいから嬉しいところ。大型フットガードも付いているので、万が一の場合でも、お子様の足を守ってくれます。

バッテリーは長距離も余裕で走れる12.3A/hと大容量。駐輪時にはテモトデロックツーにより、手元で簡単にロックが可能。

丈夫でしっかりした作りなので重い荷物を載せても安心です。

Amazonで商品を見る

Maruishi(マルイシ) ふらっか~ず スティーナ

子供乗せ自転車のスタンダードタイプで、3段変速をすることができます。本体のフレームにはスチールを使用。

そのため、頑丈で長く使うことが可能です。「素敵でいいな」という願いから、デザインは子供乗せ自転車ながらカワイイ作り。

モスグリーンを含めた6種類のカラーから選ぶことができるので、ママお気に入りの一台を選ぶことができるのも嬉しいところ。

チャイルドシートは前側に搭載。子供の様子がいつでも確認できて安心です。

Amazonで商品を見る

Bambina 前後チャイルドシート付き 3人乗り三輪自転車

前輪が2輪になった、珍しいタイプの子供乗せ自転車です。その前輪により、子供2人を乗せても走行が安定。

安定感のある乗り心地でお出かけを楽しむことができます。また、ニーズに合わせてチャイルドシートは3つの仕様から選ぶことが可能です。

そのチャイルドシートは5点式シートベルトを搭載。足ガードも付いているので、子供を安心して乗せることができます。

子供の安全を守るヘッドレスト、足ガード共に2段階で調整できるから嬉しいです。

Amazonで商品を見る

voldy(ボルディー) SHIMANO(シマノ) 子供乗せ自転車

前側にチャイルドシートが付いたタイプですが、3人乗りもできるので後ろにもチャイルドシートを取り付けることができます。

嬉しいのが、子供が自分で自転車に乗るようになっても、チャイルドシートを取り外して荷物カゴに交換することもできること。

そのため、長く使うことができます。また、6段変速になっているので乗り心地も抜群。

子供用シートは3段階に調整できるヘッドレスト付きだから、子供が眠ってしまっても走行できます。

Amazonで商品を見る

YAMAHA(ヤマハ) 2017年モデル PAS Baddyun(パスバビーアン)

子供乗せ自転車となると、チャイルドシートの分だけ重くなってしまうものですが、こちらの商品は重量が軽く、とても扱いやすくできています。

電動タイプなので坂道の走行なども楽々。さらに、電動ロック機能や時計表示機能も追加され、とても便利になっています。

液晶5ファクションメーターと、大型の液晶画面を使用しているので、走行中でも機能を簡単に確認することが可能。

ハンドルストッパー付きだから、ハンドルがふらつく心配もなしです。

Amazonで商品を見る

BRIDGESTONE(ブリヂストン) 子供乗せ自転車 bikke POLAR e(ビッケポーラe)

クッション性が以前よりもレベルアップしているので、座り心地は快適です。

また、チャイルドシートが前側にあることでありがちなふらつきの問題も、ハンドル軸上の真上にお子様の体重が乗る設計にすることで解決。

ママも安心して走行することができます。さらに、スマートシートにより子供のヘッドガード調整も片手、それもワンタッチですることが可能。

本体をコンパクトにすることで駐輪場に止める際にもレールにぶつかりにくいから嬉しい。

Amazonで商品を見る

YAMAHA(ヤマハ) 2017年モデル PAS Kiss miniun(パス キッス ミニアン)

12.3Ahのバッテリー容量を持つ、子供乗せ自転車の電動タイプです。充電に時間がかかりそうな気がしますが、急速充電が約3.5時間と短いので電気代の節約にも役立ちます。

変速方式はリアハブ内装の3段式を採用。強モード、標準モード、オートエコモードプラスの3つから選択できるので、走行も楽チンです。

さらに、アシスト力がアップしているので急な坂道や、子供だけでなく重い荷物を載せている時でも走行が楽にできるようになっています。

Amazonで商品を見る

C.Dream(シードリーム) スイートママ 3人乗り対応

明るいLEDライトが搭載されているので、暗い夜道でも安心です。また、自動で点灯してくれるのもポイントといえます。

ブレーキは、軽い力でもしっかりと制動してくれるローラーブレーキ。音が鳴りにくいのも嬉しいところです。

さらにチャイルドシートは、SG規格をクリアしているハイシートタイプなので、1歳のお子様でも安心して使うことが可能。

ハンドルロック付きだから、お子様の乗り降ろしもスムーズにできます。

Amazonで商品を見る

この記事が役に立ったらシェアしよう!


おすすめアイテム&おすすめ記事

妊婦さんの口コミNo,1
ナチュラルマーククリームが今なら初回サンプル付きでお得!
妊娠中〜産後の肌荒れはこれひとつでOK!?人気のオールインワンゲルの秘密とは
お肌のお手入れ楽々!
妊娠中〜産後の肌荒れはこれひとつでOK!?人気のオールインワンゲルの秘密とは
ララリパブリック新パッケージ
お得なキャンペーン開催中!
葉酸サプリの失敗しない選び方と葉酸サプリおすすめランキング!
LINEでお得な情報をGET!
ココマガ公式「LINE@」始まりました!お得な情報をGETしよう!

葉酸サプリタイアップキャンペーン開催中

人気ブランドの葉酸サプリをお得にGETする大チャンス!ココマガ読者さまだけの限定特典をご用意していただきました。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 300円OFFクーポン!はこちら
  • 定期2,980円

キングオブ葉酸!ベルタ葉酸サプリ

  • 酵素サプリプレゼント!
  • 定期3,980円

妊活におすすめ!ママナチュレ

  • たんぽぽ茶プレゼント!
  • 初回3,980円
葉酸サプリの選び方を見る

はじめての方はこちら!


産後・育児のカテゴリー

産後授乳・母乳育児
新生児赤ちゃんとお出かけ赤ちゃんのお世話
赤ちゃんのスキンケア赤ちゃんの成長赤ちゃんの病気
育児グッズ寝かしつけ幼児教育
しつけ・コミュニケーション子育費用・助成金マタニティブルー・産後うつ
産後ダイエット・骨盤矯正産後の仕事産後の手続き
産後の抜け毛産後の美容産後の食事
産後授乳・母乳
育児新生児
赤ちゃんとお出かけ赤ちゃんのお世話
赤ちゃんのスキンケア赤ちゃんの成長
赤ちゃんの病気育児グッズ
寝かしつけ幼児教育
しつけ・コミュニケーション子育費用・助成金
マタニティブルー・産後うつ産後ダイエット・骨盤矯正
産後の仕事産後の手続き
産後の抜け毛産後の美容
産後の食事
目次
をみる
関連記事
をみる