おむつのサイズアップやタイプチェンジ

おむつのサイズアップやタイプチェンジのタイミングについて



生まれたばかりの赤ちゃんのおむつは、産院などで用意されている場合も多いですが、一番小さい新生児用のサイズから使い始めます。

しかし、生まれたときは小さかった赤ちゃんも、驚異的なスピードで日々成長をしていくのでどんどんおむつが小さくなってきてしまいます。

小さくなればもう一段階大きいサイズのおむつにしますし、成長に伴って行動範囲が広くなったり、よく動くようになると、今までテープで止めるタイプのおむつを使っていても、パンツタイプのおむつにタイプチェンジしていきます。

でも、どのタイミングでおむつのサイズアップをしたり、タイプをチェンジしたりすればいいかと迷ってしまうお母さんもたくさんいます。

そこで今回は、

・おむつのサイズはどうやって選べばいい?
・おむつをサイズアップするタイミングは?
・おむつのタイプチェンジや外す頃はどうすればいい?

といった方に、おむつのサイズアップのタイミングや、おむつのチェンジアップのタイミング、トイレトレーニングが始まる頃について詳しくご紹介します。

おむつ選びに大切なこと

おむつ選びに大切なこと

初めてドラッグストアや、赤ちゃん用品の店でおむつのエリアに行ったときは、いろいろなオムツがあることにびっくりしたという人も多いのではないでしょうか。

たくさんのメーカーから、生まれたての新生児の時期から始まって、徐々に大きいサイズや、タイプの違うおむつが発売されています。

おむつを選ぶ時の目安としては、赤ちゃんが今どれぐらいの体重であるかということを一番重視します。

体重は個人差がありますので、月齢が同じでも何キロも体重が違うという場合もあります。また、同じ体重でも個人によって体型が違います。

体は細くても、男の子などは筋肉質で、意外と体重が重い赤ちゃんもいますし、体型がぽっちゃりした女の子などは見た目より体重が少ない場合もあります。

赤ちゃんは、新生児の時はもちろん小児科へ検診に行ったりする機会もありますので、頻繁に今現在の体重を量る機会が多くあります。

個人差はありますが、まずは赤ちゃんの今現在の体重を把握することが大切です。

おむつのサイズはいろいろ

メーカーごとに発売されているおむつにもよりますが、一般的なおむつとしては、

・ 新生児用・・・(5キロまで)
・ Sサイズ・・・(4~8キロ)
・ Mサイズ・・・(6~11キロ)
・ Lサイズ・・・(9~14キロ)
・ LL(ビッグ)サイズ・・・(12~22キロ)
・ More Big(モアビッグ)サイズ・・・(15~28キロ)

という具合にサイズが分かれているものが多いです。

おむつのサイズと月齢(年齢)

おむつ選びの基本は、やはり赤ちゃんの今現在の体重というのが大切ですが、あまり体重を頻繁に量っていないので、今現在の体重が分からないという人は、月齢を基準にしておむつのサイズを選ぶことも可能です。

各メーカーごとにおむつの形状などが異なり、まったく一緒ではありませんので、購入しようとしているおむつメーカーの月齢(年齢)基準を目安にしてください。

・ 新生児サイズ・・・生後1ヶ月
・ Sサイズ・・生後1~3ヶ月
・ Mサイズ・・・生後3~1歳3ヶ月
・ Lサイズ・・・生後1歳~3歳
・ LLサイズ・・・生後3歳以上

サイズアップするタイミング

おむつのサイズアップについてですが、今使っているおむつがそろそろ小さくなってきているなという頃になると、赤ちゃんの体を毎日見ているお母さんには、そのサインが充分出てくるので安心してください。

まず、テープタイプのものでも、パンツタイプのものでも、小さくなってくると赤ちゃんのウエストや太ももの部分のゴムが強く体を締め付けてくるので、赤くなってきたり、ゴムの痕が残ります

おむつが小さかったり、苦しいと赤ちゃんも何となく不機嫌になったり、痒がったり、痛がったりしますので、赤ちゃんからのサインも見落とさないようにしましょう。

テープタイプのものは、お腹の部分が小さくなってくると、しっかりお腹を包むようにテープで固定できなくなり、テープで止める部分がどうしても体側に近くなります。

おむつでしっかり背中からお腹を包んでおかないと、漏れの原因になります。

パンツタイプを使っている赤ちゃんは、ウエストのゴムに少しゆとりがあること、おなかがしっかり隠れているぐらいというのがジャストサイズです。

ウエストのゴムが食い込んだり、お臍までしっかりパンツが上がっていない場合も、漏れの原因になり、屈んだり座ったときにおむつが徐々に破けてきてしまいます。

ゴムが食い込んで赤くなっていたり、痒そうにしていたらサイズアップのタイミングであると考えてよいでしょう。

体型によるおむつのサイズアップ

同じ体重の赤ちゃん、同じ月齢の赤ちゃんだからといって、同じメーカーの同じサイズのものが適しているということはありません。

赤ちゃんでも徐々に個人差が出てくるので、月齢の割には大きい赤ちゃん、小さめの赤ちゃん、ぽっちゃりした赤ちゃん、痩せ型の赤ちゃん、お尻の大きい赤ちゃん、小さなお尻の赤ちゃん、足の細い赤ちゃん、太めの赤ちゃんなどさまざまです。

このため、体重だけや月齢だけを目安におむつを選ばない、ということも大切な要素になってきます。

漏れることが多い場合

おむつをしていると、ウンチやおしっこが漏れてしまうという経験は誰にでもあります。

ウンチやおしっこが漏れてしまった場合は、どうして漏れてしまったのかという原因をしっかり把握することも大切です。

おむつのメーカー各社は、できるだけおむつからの漏れがないように、いろいろと商品を研究開発し、月齢や体重を考慮して、おむつのサイズやゴムのサイズを決めています。

おむつがしっかり付けられていなかったり、赤ちゃんの動きが予想以上に大きくて外れてしまったということが原因の場合の漏れはさほど問題ありません。

ですが、何となく小さいような気がしているおむつの隙間から漏れたり、背中やお腹などから漏れてくるというような場合は、おむつが体にフィットしていないという可能性が高いので、おむつのサイズアップのタイミングと捉える必要があります。

成長するとおしっこやウンチの状態や量が変わる

生まれたての赤ちゃんは、1回のおしっこの量もとても少ないですが、成長してくるとしっかりおしっこをためることもできるようになるので、1回のおしっこの量が増えてきます。

また、ウンチの形状も、最初は柔らかいウンチで少量だったのが、離乳食を食べるようになると固形になってきたり、量も増え、匂いも出てきます。

成長にともなって、おしっこやウンチの状態や量が変わってくるということも考えられて作られているおむつは非常に優秀です。

成長して大きいサイズのおむつになると、中の吸収剤の量も増えますし、漏れないように形が工夫されています。

それでも頻繁におむつから漏れが起こる場合は、形が体に合っていないか、サイズが合っていないと考えられます。

このような場合は、サイズアップを考えたり、他のメーカーで形状や材質の違うおむつを試してみましょう。

赤ちゃんの行動とおむつのタイプ

赤ちゃんの行動

各メーカーから、いろいろなサイズやタイプのおむつが出ていますが、赤ちゃんのおむつを選ぶ場合、体重や月齢だけで選ぶのではなく、赤ちゃんの行動を観察することも大切です。

生まれたばかりの赤ちゃんは、自分で寝返りすることもできませんので、赤ちゃんの動きでおむつが取れてしまうということは少ないですが、寝返りができるようになってくると、テープが取れてしまうこともあります。

その場合は、月齢が3ヶ月ほどのSサイズのおむつの赤ちゃんが使えるようなパンツタイプのものにチェンジすることもあります。

また、寝ている時は寝返りしないことが多いので、日中だけパンツタイプで、夜はテープタイプと、使い分ける場合もあります。

同じように、ハイハイができるようになると、自分で場所の移動を容易にできるようになるので、テープタイプからパンツタイプにする場合も多いです。

赤ちゃんは好奇心旺盛なので、ハイハイも結構早いスピードで動くようになります。

おむつ交換をしたくても、興味が他にたくさんあるので、じっと仰向けに寝てくれないという赤ちゃんも多くなりますので、この時期にパンツタイプのおむつにチェンジするという人もたくさんいます。

ハイハイをして、タッチ、つたい歩き、歩くという頃には、昼も夜もパンツタイプのおむつをしている人がほとんどになります。

大きくなったらパンツタイプという人もいますが、テープタイプが慣れていておむつ交換しやすいので、ずっとテープタイプという人もいます。

お母さんや赤ちゃんが付けやすい便利なタイプを使うことが大切です。

おむつが外れるとき

今は非常に便利で優秀な紙の使い捨ておむつが主流になっていますので、昔に比べてお母さんはとても楽になりました。

その反面、おむつをしていること、おむつの中で用を足すということに抵抗のない赤ちゃんも増えています。

優秀な紙おむつは蒸れることもなく、漏れることもなく、吸収が良いのでおむつの中が不快にならないようにできています。

このため、おむつの中がおしっこやウンチで汚れていても、赤ちゃんが泣いたり、不快を感じることが少なくなり、おむつ外れが遅くなるということも増えてきました

おむつを外してトイレトレーニングをするというタイミングは、個人差が大きいですが、2歳前後で始めるという人も増えてきています

最初はおしっこが出るタイミングが分からず、赤ちゃんもお母さんも失敗することもありますが、徐々に慣れていき、できるようになります。

あまり周りの赤ちゃんと比較して、心配や不安を持たずに、ゆったりした気持ちでトイレトレーニングをすることが大切です。

おむつもいろいろな赤ちゃんの状態や成長に対応して、さまざまなおむつが発売されています。

本来は、赤ちゃんが不快に感じないようなおむつが良いとされてきましたが、トイレトレーニングの時期になると、おむつの中で用を足すとおむつの中が不快で気持ち悪いと教えるためにわざと、しっかり不快感を覚えるようにできたトレーニング用のおむつパンツがあります

おむつの中は不快ですが、外には漏れないようにできていますので、トイレトレーニングには安心です。

トレーニング用のパンツは、サイズは豊富ではありませんが、赤ちゃんの体調などを良く観察して、温かい季節などに、トイレトレーニング用おむつを利用して、おむつ外れにチャレンジしてみるのもおすすめです。

まずは、昼間だけのトレーニングから始めて、夜はいつもどおりのしっかり吸収してくれるおむつを利用し、ゆっくりスタートしましょう。

大きくなってからのおむつ

トイレトレーニングができてくると、トイレで用を足すことは気持ちいいと感じるようになりますので、おむつが突然外れたという人もいます。

また、幼稚園、小学校に入っても、昼間はパンツだけど、夜はどうしてもおねしょしてしまうので、一番大きいタイプのパンツタイプのおむつをしているという子どもも、実際に多くいます。

本人も親も、努力はしてもなかなかおむつが手放せずにいる人は、30キロぐらいまでの幼児なら使える、パンツタイプのおむつを利用するようにして様子を見ましょう。

多くの場合は、徐々におねしょの回数が減ってきたり、突然おねしょしなくなったりすることもありますが、焦らず、怒らずにじっくり取り組みましょう

小学校の中学年を越えてもおむつが手放せないという場合は、あまり深刻にならずに、かかりつけの小児科医などに相談してみましょう。

体が大きくなってくると、モアビッグの規格の赤ちゃん用のおむつもきつくなり、おしっこの量が増えてくるので漏れの原因になります。

きつくなってきた場合は、大人の女性用のおむつなどで代用している人もいますので、試してみましょう。

パッドタイプのおむつ

ほとんどトイレトレーニングが完了しつつある赤ちゃんなどでも、まだちょっと不安と感じている場合、パンツタイプの大きなオムツは本人も嫌がったり、外出するときなどは荷物になり、コストもかかるので、長方形のパッドタイプのおしっこ吸収シートを利用している人もいます。

パッドをしていると、もし失敗した場合でも被害が少ないので安心できますし、ごみも減ります。外出先などでも非常に便利ですので利用してみましょう。

まとめ

まとめ

赤ちゃんにとっておむつはなくてはならないものです。

さまざまなタイプ、大きさのオムツが発売されていますが、個人差がありますので、赤ちゃんにピッタリのおむつを見つけることが大切です。

体重や月齢、体型などを考慮すること、赤ちゃんが気持ちよく過ごせているかということなどからサイズアップしたり、タイプチェンジしていきましょう。

この記事が役に立ったらシェアしよう!


おすすめアイテム&おすすめ記事

妊婦さんの口コミNo,1
ナチュラルマーククリームが今なら初回サンプル付きでお得!
妊娠中〜産後の肌荒れはこれひとつでOK!?人気のオールインワンゲルの秘密とは
お肌のお手入れ楽々!
妊娠中〜産後の肌荒れはこれひとつでOK!?人気のオールインワンゲルの秘密とは
ララリパブリック新パッケージ
お得なキャンペーン開催中!
葉酸サプリの失敗しない選び方と葉酸サプリおすすめランキング!
LINEでお得な情報をGET!
ココマガ公式「LINE@」始まりました!お得な情報をGETしよう!

葉酸サプリタイアップキャンペーン開催中

人気ブランドの葉酸サプリをお得にGETする大チャンス!ココマガ読者さまだけの限定特典をご用意していただきました。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 300円OFFクーポン!はこちら
  • 定期2,980円

キングオブ葉酸!ベルタ葉酸サプリ

  • 酵素サプリプレゼント!
  • 定期3,980円

妊活におすすめ!ママナチュレ

  • たんぽぽ茶プレゼント!
  • 初回3,980円
葉酸サプリの選び方を見る

はじめての方はこちら!


産後・育児のカテゴリー

産後授乳・母乳育児
新生児赤ちゃんとお出かけ赤ちゃんのお世話
赤ちゃんのスキンケア赤ちゃんの成長赤ちゃんの病気
育児グッズ寝かしつけ幼児教育
しつけ・コミュニケーション子育費用・助成金マタニティブルー・産後うつ
産後ダイエット・骨盤矯正産後の仕事産後の手続き
産後の抜け毛産後の美容産後の食事
産後授乳・母乳
育児新生児
赤ちゃんとお出かけ赤ちゃんのお世話
赤ちゃんのスキンケア赤ちゃんの成長
赤ちゃんの病気育児グッズ
寝かしつけ幼児教育
しつけ・コミュニケーション子育費用・助成金
マタニティブルー・産後うつ産後ダイエット・骨盤矯正
産後の仕事産後の手続き
産後の抜け毛産後の美容
産後の食事
目次
をみる
関連記事
をみる