新生児の頃にダウン症はわかる

新生児の頃にダウン症はわかるの?どう接すれば良いの?



これから出産を迎えるママさんは、産まれてくる我が子がダウン症になってしまったらどうしようなど、さまざまな不安を抱えるのではないでしょうか。

近年ではさまざまな場面で、ダウン症についての情報番組なども増えてきました。

ダウン症は、新生児の時に診断ができるものかといった心配や、ダウン症だと診断された場合、その後どう我が子に接していけばよいのかと不安に感じてしまうママさんもいるでしょう。

そこで今回は、

・ダウン症って何?
・ダウン症はどんな特徴がある?
・ダウン症だとわかったらどう接すればいいの?

といった方に、ダウン症についての正しい知識と、ダウン症を持つ新生児に見られる兆候などについて詳しくしご紹介します。

ダウン症についての知識を正しく持つ

ダウン症についての知識

まずはじめに、ダウン症について正しい知識を持っておくようにしましょう。

ダウン症は、染色体そのものが一つ多くなることで発症する、先天性疾患群です。

ダウン症の新生児が生まれる割合は、およそ1000人に1人の確率だといわれています。

ただしこのような確率そのものは、ママの年齢によっても変わってくることがわかっています。

年齢が若いほどダウン症リスクは低くなり、高齢出産になるほどダウン症リスクは高くなるといわれています。

そのため、高齢出産に該当するママは特に敏感になってしまうのではないでしょうか。ダウン症は染色体が一つ多いのですが、それによって外見的にもいくつかの特徴があります。

また、ダウン症は障害者として認識されてしまい、大きな声を出して暴れたり、他人に危害を加えてしまうといった誤解もあります。

ところがダウン症の多くは、とても穏やかな性格をしていますので、大きな声を張り上げながら暴れてしまうようなことは、ほとんどありません。

こういった部分でダウン症についての間違った知識を持っていると、不安や心配も大きくなってしまうのです。

ダウン症は妊娠中に診断できるの?

ダウン症というのはいつから診断できるものなのでしょうか?

こちらについても不安を感じるママが多いですが、ダウン症は妊娠期間中であっても細かな検査をすることによって診断することが可能です。

また、新生児の頃でもDNA検査によって診断することができます。

妊娠中の段階でダウン症といった診断が出た場合、出産までの間に出産するか否かを考えていかなくてはなりません。

多くのママは、ダウン症が分かった段階で産むべきか産まないべきか考えるのではないでしょうか。

場合によってはパパさんの義両親から堕児することを迫られてしまうケースや、離婚を迫られてしまうケースもあります。

しかし、ダウン症に対する正しい知識を持つことによって、新生児の頃からどのように接すればよいのか、またダウン症の新生児はどんな特徴があるのかを把握し、とても楽しい日々を過ごしていくこともできます。

不安ばかりを抱えてしまうのではなく、しっかりとダウン症についての理解をしましょう。

ダウン症の新生児に見られる特徴

ダウン症の新生児に見られる特徴には、以下のようなものがあります。

該当しないケースもありますが、多くのダウン症の新生児に以下のような特徴がみられることが分かっています。

ダウン症と病気

ダウン症の赤ちゃんは、先天性の心臓疾患や、目、耳、内臓などの疾患、白血病や糖尿病などの合併症をあわせもつことがあります。

そして、それらが発達に影響を与える要因にもなっています。

深い二重で舌が長い

顔の特徴として多いのは顔の中心があまり成長しないことから、とても深い二重でつりあがった小さな目あることや、その他にも黒目が大きくて、さらには舌が長いというものがあります。

新生児は口も非常に小さいため、舌の比率が大きくなってしまい、舌を出しているような表情をすることも増えてきます。

耳の変形が見られる

ダウン症の新生児は耳の変形が見られる事も多く、耳が数字の3のような形になっているや、やや下についているケースが特に多くあります。

もちろんこの状態であっても、聴覚はしっかりと発達していくケースがほとんどですので、ママの声をはじめとしてさまざまな音を聞き分けています。

手足の指が短い

ママやパパの遺伝によるものも考えられていますが、特にダウン症の場合、新生児の手足の指が短いという特徴もあります。

こちらについては必ずしも限ったものではありませんが、三ヶ月健診などに出かけた際には他のお子さんと比べて、明らかに指が短いと感じるケースが多くなっています。

泣き声がとても小さい

新生児は、ミルクが欲しい時やお尻が汚れている時などは、比較的大きな声で泣くことがあります。

もちろんか細い声で泣きますが、本格的にお腹がすいてしまった時や、突然の音に驚いてしまった時などは大きな声で泣きます。

ダウン症の場合は、このように新生児の頃大きな声で泣くということが少なく、静かな環境でなければ、新生児が泣いていることにママさんも気がつかないこともあるほどです。

オギャーオギャーと泣くよりも、声を絞り出すように泣くケースが多いため、最初は泣いているのか、単純に声を出しているのか見極めるのが難しかったというママさんもいます。

母乳の飲みが悪い、上手に飲めない

生まれて間もない新生児は母乳を飲むのも上手ではありません。

少しずつ上手になっていくのですが、ダウン症の場合には母乳の飲みが悪く、上手に飲むことができないという日々が続いてきます。

生後ニヶ月、三ヶ月が経過しても母乳やミルクの飲みが悪いため、体重の増え方が弱いというのもひとつの特徴です。

また、母乳やミルクなどを上手に飲むことができないため、不機嫌になってしまったり、授乳時間がとても長くなるということもあります。

手足を動かすことが少ない

新生児は言葉こそ話しませんが、手足を活発に動かしながら自分の気持ちを表現していたり、その他にも運動をしながら筋肉を発達させていきます。

ダウン症の新生児はこのような手足の動きが、さほど活発ではなく大人しく感じられるケースが多く、手足をほとんど動かさないため、動かすことができないのではないかと心配してしまうこともあります。

首のすわりが遅い

ダウン症の私生児は、首のすわりが遅いのも大きな特徴です。

一般的には生後三ヶ月を迎える頃になるとしっかりと首もすわってくるのですが、ダウン症の新生児は生後六ヶ月を過ぎても首が座っておらず、八ヶ月くらいになってようやく首がすわりはじめることも珍しくありません。

睡眠時間が長い

新生児は基本的に、ニ時間おきから三時間おきにはお腹をすかせて目を覚まし泣くことになります。

しかし、ダウン症の新生児は睡眠時間が長く、ニ時間から三時間で目を覚ますことの方が少ないのです。

五時間から六時間程度ぐっすり眠ってくれることが多いため、ママも睡眠不足になりにくく、うちの子はとてもよく眠ってくれるので助かるという感覚を覚えるママさんもいます。

ダウン症は普通の生活ができないの?

普通の生活ができないの

上記のように、新生児の頃からダウン症にはさまざまな特徴があります。

新生児の頃をはじめとして、ダウン症と診断された場合、日常生活を送る中で他の人と同じような生活をするのは無理なのでしょうか?

感性豊かで優しい

ダウン症の子は新生児の頃こそさまざまな感情を表に出しませんが、本来はとても感性が豊かで可愛らしい特徴を持ちます。

また人に対して非常に優しく温和ですので、穏やかな日々が送れるという特徴もあります。

ヒステリー起こしてしまうことや、大きな声を出しておもちゃを投げてしまうようなことが少なく、静かな毎日を過ごすことができます。

物覚えがよく好奇心が強い

物覚えが良く、好奇心が強いのもダウン症に見られる大きな特徴となります。

新生児の頃は自分で動くこともありませんが、徐々にハイハイをする、そして自分の足で歩くようになるといった成長の中で、さまざまなものに強い興味を示し、好奇心からどんな事にもチャレンジしようと頑張ります。

途中で諦めてしまうようなこともなく、最後まで一つの事をやり遂げるといった特徴もありますので、とても上手に絵を書く、ピアノの練習を何時間も集中して行う、などといった生活になることも多いです。

最初でも話しているとおり、ダウン症は大きな声を出して暴れることや誰かに危害を加えてしまうなどということは、ほとんどありません。

反対にとても優しくて穏やかな性格の持ち主が多いので、多くの人とコミュニケーションをとりながら、その愛嬌でたくさんの人々を魅了していく傾向にあります。

新生児でダウン症だとわかったら、どう接すれば良いの?

妊娠期間中の検査でもダウン症を診断することができますが、出産後、新生児でダウン症だと言われた場合には、赤ちゃんに対してどのように接していけばよいのでしょうか。

ここでも深く悩んでしまうママが多くいます。とはいえダウン症とわかったからといって、特別な接し方が必要になるわけではありません。

身構える必要はない

ダウン症と診断された場合でも、強く身構えてしまうような必要はありません。

外見的な特徴などは持っていますが、しっかりと穏やかな感情を持っており、ママの話すことやその他多くのことを覚えながら成長していきます。

もちろんダウン症の新生児が成長し、下のお子さんが生まれれば、妹や弟を深い愛情で可愛がってくれるのです。

健常者そして障害者という言葉が存在しているため、どうしても特別な存在に思ってしまいがちですが、ダウン症は一つの個性としてとらえながら接していくことができます。

新生児の頃は体の成長が遅い、そして言葉の発達が遅いなど、いくつかの悩みを抱えてしまいますが、そういった時期を過ぎれば、教育場面を除き、ごく普通の生活を送る事も可能です。

周りの目に対する心構え

ママさんやパパさん、そしてご親族の中であれば、ダウン症を持つ子に新生児の頃から接してきているので、他の子供たちと大きな変化はなく、毎日の生活をすることができます。

しかし、周りの目というのは必ずしも同じではありません。周りからは冷たい言葉をぶつけられてしまったり、心無い言動をとられてしまうようなこともあるでしょう。

このような部分については、ママがしっかりと心構えをしておきましょう。

新生児に対する接し方を何日も悩んでしまうよりも、外からの目に対し強い心をもって接していくという心構えの方が大切になります。

ママがダウン症について正しい知識を持ち、新生児の頃から接していれば、周りに何を言われても振り回されることはありません。

自分を責めるようなことはしない

ダウン症は、後天的な原因ではなく染色体が一つ多いという先天的な障害になります。

気性の荒い子供もいれば、穏やかでとてもにこやかな子供もいます。

これはすべて個性になりますが、ダウン症の新生児に対してもまったく同じといえるのです。

そのため、ママさん、パパさんは、新生児の段階でダウン症と診断された場合、自分たちを責めるようなことはせず、子供としっかり向き合いながら、楽しい日々を過ごしていきましょう。

次の妊娠を考えるときは夫婦で話し合う

高齢出産をした場合、初めての出産でダウン症の子供を持つと、次の妊娠に関しても怖くなってしまうものです。

年齢を重ねるほどに、ダウン症リスクは高くなりますので、ニ人目を出産した場合にもダウン症になってしまうのではないかと不安に感じることでしょう。

また一人目のお子さんがダウン症であった場合、日常生活の中でダウン症の子供に対する時間も大きく割いていかなくてはなりません。

そういった状況から、ニ人目を妊娠することについて悩んでしまいますが、こちらについては夫婦でよく話し合った上で決めることが大切になります。

一人目がダウン症だったからといって、ニ人目も必ずダウン症になるとは決まっていません

すでに生まれているダウン症のお子さんは、新生児の頃からママとパパの愛情を受けて育ち、ニ人目が生まれたときには他のご家庭の兄弟と変わらずに下の子をかわいがってくれます。

また赤ちゃんがえりをしたり、やきもちを焼いて下の子に意地悪をすることもあるのです。

このような部分についても、しっかりと感情が発達しており、何一つ不思議なことはありません。

あくまでも染色体が一つ多いことによって、感受性が豊かであることや、外見的な特徴があるというだけなのです。

新生児でダウン症だと差別を受けるの?

差別を受けるの

ダウン症の赤ちゃんを出産した場合、新生児として病院に入院している期間などには差別を受けてしまうのではないかと心配になるママさんもいるようです。

しかし医療機関ではダウン症に関しての知識をしっかりと持っており、さらにはダウン症の新生児に対し差別をするなどということはありません。

ダウン症であっても他の大きな病気であっても、一つの命には変わりがなく、可愛らしい赤ちゃんということにも変わりがないのです。

そのため、ダウン症だと分かった段階で差別をされるのではないか、といった不安は持たないようにしましょう。

このような不安が出てきてしまった時には、本当に信頼のおけるクリニック探しを行い、心から安心できる状況の中で出産するということが必要になります。

近年では、ダウン症に関する知識等もしっかりと広がってきていますので、ダウン症の新生児に見られる特徴などを、クリニックの看護師さんや助産師さんが自らママに教えてくれたというケースも増えてきました。

ダウン症を怖がらず幸せな生活を送りましょう

ダウン症というのは、どうしても大きな障害といったイメージがあるので、もし自分の子がダウン症だったらどうしよう、と考えてしまうのは仕方がありません。

しかし正しい知識を持つことによって、ダウン症そのものが、決して特別視するものではないということがわかります。

ダウン症を恐れるのではなく、万が一ダウン症であったとしても、新生児の頃からたくさんの愛情を注ぎ、綿密な時間を持ちながら幸せな日々を過ごしましょう。

監修:Etuko(産婦人科歴12年)

プロフィール:産婦人科医は「女性の一生の主治医である」と考える医師のもと看護師として12年勤務。述べ18万人の妊婦さんのサポートにあたる。筋肉、骨フェチで体幹バランス運動にて機能訓練をおこなっています。

この記事が役に立ったらシェアしよう!


ココマガ編集部厳選サプリ

ココマガが厳選した妊活サプリ、葉酸サプリをご紹介!お得なキャンペーンを実施中の商品もあるので、ぜひチェックしてくださいね。

男性用妊活サプリ「精育支援サプリ」

  • 精子観察キットがついてくる!
  • 定期3,582円
男性の妊活について詳しく知る

米仏でもNo,1獲得の葉酸サプリ「ララリパブリック」

  • 300円OFFクーポン!はこちら
  • 定期2,980円

キングオブ葉酸!ベルタ葉酸サプリ

  • 酵素サプリプレゼント!
  • 定期3,980円
葉酸サプリの選び方を見る

はじめての方はこちら!

赤ちゃんの基礎知識のカテゴリー

新生児(生後0ヶ月)生後1・2・3・4ヶ月生後5・6・7・8か月
生後9・10・11・12か月赤ちゃんのスキンケア赤ちゃんとの家での過ごし方
赤ちゃんとのお出かけ赤ちゃんの成長・発達寝かしつけ・夜泣き
離乳食・赤ちゃんの食事育児に便利なサービス・アプリ二人目育児
赤ちゃんの便秘ベビーカー抱っこ紐・おんぶ紐
絵本ベビー服ベビーシート・チャイルドシート
おもちゃ保険
新生児(生後0ヶ月)生後1・2・3・4ヶ月
生後5・6・7・8か月生後9・10・11・12か月
赤ちゃんのスキンケア赤ちゃんとの家での過ごし方
赤ちゃんとのお出かけ赤ちゃんの成長・発達
寝かしつけ・夜泣き離乳食・赤ちゃんの食事
育児に便利なサービス・アプリ二人目育児
赤ちゃんの便秘ベビーカー
抱っこ紐・おんぶ紐絵本
ベビー服ベビーシート・チャイルドシート
おもちゃ保険
目次
をみる
関連記事
をみる