ハイシートベビーカーの選び方

ハイシートベビーカーの選び方!座面が高くて赤ちゃんも安心!



赤ちゃんとのお出かけのマストアイテムベビーカーには、通常のタイプの他に座面が高く設計されたデザイン、ハイシートタイプのベビーカーも販売されています。

ママパパとの距離が近付くなどのメリットから、数も増えてきているようなのですが、選ぶ場合には、どのような点に気を付けて選べば良いのでしょうか。

そこで今回は、

・ハイシートベビーカーを購入予定!
・どんなハイシートベビーカーをえらべばいい?
・ハイシートベビーカーのおすすめを知りたい!

といった方に、ハイシートベビーカーの選び方や、人気のハイシートベビーカーについてご紹介します。

赤ちゃんに優しいハイシートベビーカーを選ぼう

赤ちゃんに優しいハイシートベビーカー

ハイシートという点で、座面に高さがあるため、赤ちゃんを排気ガスから守ってくれるなど、赤ちゃんに優しいベビーカーではあるのですが、この他にも、走行中に振動があまり感じられないだとか、通気性に優れているなど、赤ちゃんが快適に過ごせるベビーカーを選んであげることもポイントの1つになります。

特に赤ちゃんは、季節問わず汗っかきさんですから、通気性や吸湿性に優れたベビーカーを選んであげましょう。

持ち運びしやすいもの

通常のベビーカーと比較してみると、ハイシートタイプは車体が大きいものが多く、持ち運びをする際や、折り畳む時には手間取る可能性が高いです。

その点を考えて、ハイシートタイプのベビーカーを選ぶ場合には、重量や折り畳み機能が付いているかどうか確認することが大切になります。

最近のベビーカーには、ワンタッチで折りたたむことができるものや、超軽量なものなどママに嬉しい機能が充実していますので、自分の使いやすいと思うベビーカーを選んで下さい。

操作性、使いやすいもの

基本的にハイシートベビーカーというのは、重心が上です。そのため、走行しているとノーマルタイプのベビーカーより転倒しやすいとされています。

また、重量もそれなりにあることから、使ってみると操作しにくいなんてことも少なくありません。

そのほとんどはメーカーごとに改良を加えているので、安全性に問題はほとんどありませんが、以上の点から、選ぶ際には操作性が高いものや、ママが使いやすいものを選ぶようにしましょう。

ハイシートベビーカーおすすめ紹介

それではおすすめのハイシートベビーカーをご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

SiGang ベビーカー

シート部分を調節することができるので、適用年齢が0歳~5歳と長く使えるハイシートベビーカーになります。

足下を調節できるのもポイントです。43cmの高さを持つハイシートなので、赤ちゃんも安心。また、軽量化されているのでママ1人でも簡単に持ち運ぶことができます。

片手で折りたたむことができるのも嬉しいところ。折りたためば収納に困らないコンパクトサイズになり、飛行機のトランクに置くこともできます。

Amazonで商品を見る

Aprica(アップリカ) 3輪ハイシートベビーカー Smooove Premium

パンクしない、パンクレスなタイヤを採用しているので空気入れが不要です。

振動吸収率も高く、エアタイヤと同等のレベルなので、凹凸のある道や不安定な道を走行する際にも赤ちゃんが快適に過ごすことができます。

座面は地上高58cmの高さで、シルキーエアー素材を使用しているから通気性も抜群。触り心地がフワフワなのもポイントです。

赤ちゃんが座るところは取り外しも可能。洗うこともできるから、衛生面も安心です。収納も簡単だから嬉しいです。

Amazonで商品を見る

Richell(リッチェル) ノシェル


 
両対面式のため、赤ちゃんの様子がばっちりわかるのがポイント。ママに嬉しいバスケットも充実しており、その容量は26リットルと国内最大級。

ママバッグくらいの大きさなら余裕で収まります。ベビーカーには珍しい保冷バスケットを備えているのも特徴です。

ママが使いやすいよう工夫されているだけでなく、前後輪振動吸収サスペンションが備えられているなど、赤ちゃんにも嬉しい機能性も充実。

シートには通気調節シートを採用し夏でも快適です。

Amazonで商品を見る

Combi ベビーカー メチャカル ハンディ エッグショック

重量が4.2kgと超軽量設計。ママ1人でも楽に持ち運ぶことができます。

また、折りたたみ時には場所を取らないよう、ハイシートの高さを抑えたコンパクトサイズになるので玄関に置いてもOKです。

さらに、赤ちゃんの頭部がくるところにはWエッグショックを搭載。大きな衝撃から赤ちゃんを守ってくれます。

丸洗いができるのも嬉しいところ。シートには通気性にも優れたエアスルーシートを使用しているので、汗っかきの赤ちゃんでも快適です。

Amazonで商品を見る

Aprica(アップリカ) ハイシートベビーカー カルーンプラスハイシート

ワンタッチ開閉が可能なので、赤ちゃんを抱っこしたまま片手が塞がった状態でも簡単に操作することができます。

また、畳んだらスリムに自立してくれるのも嬉しいところ。3Dサスペンション、高剛性フレームを使っているから、アスファルトで舗装された道でもフレーム自体の振動を軽減。

快適な乗り心地を演出します。さらに、ベビーカーには前後2ヵ所にメッシュウィンドウを用意。帆を下ろした時でも赤ちゃんの様子を確認することができます。

Amazonで商品を見る

Newwox ベビーカー ハイシートベビーカー

収納を簡単にすることができ、ママだけでも2秒で収納することができます。片手で開閉ができるのも嬉しいポイント。

ハイシートベビーカーながら、軽量な4.9kgなので持ち運ぶ時も楽チンです。シートクッションは通気性が良く、取り外して洗えるものを採用しているので、いつも清潔に使うことが可能。

また、赤ちゃんを直射日光から守ってくれる幌は、段階で調節することができるから、天気が急変した場合でも赤ちゃんを雨や雪から守ってくれます。

Amazonで商品を見る

ピジョン ソラチカ

ハンドルには回転式アジャストハンドルを使用しているから、ママやパパの身長に合わせて使いやすい高さに調節することができます。

さらに、高剛性フレームを採用しているので操作性が軽いのもポイントです。両対面式でハイシートだから、赤ちゃんをしっかり確認できて安心。

幌を下ろした場合でも、ハローウィンドウ付きで赤ちゃんの様子を見ることができます。サスペンション付きの大型タイヤなので走行中の段差も楽々。安定感も抜群です。

Amazonで商品を見る

newjp b型ベビーカー

5点式シートベルトを採用しているため、走行中も赤ちゃんをしっかりホールド。赤ちゃんによるいたずらを防止してくれる効果もあります。

ベビーカーの下には、大容量の物置袋が付いているから収納をたくさんすることができ、お出かけの時も楽チンです。

収納は片手ですることが可能で、電車などの乗り降りの際にも大変便利な作り。ハンドルの角度調節で自立することもできます。

シートは取り外しもでき、丸洗いできるから衛生面も安心です。

Amazonで商品を見る

ピジョン Premige プレミージュ

ママに抱っこされているような優しい乗り心地が特徴のハイシートベビーカーです。座面シート下にはサスペンションが搭載されているから、ちょっとした衝撃も吸収。

タイヤも18cmと大型のタイヤなので、段差などにつっかえることなくスムーズに走行することができます。中を空洞にすることで振動を吸収してくれるのも嬉しいところ。

オート4輪切り替えなので、狭い場所を走行中の時も対面・背面ハンドル関係なく自由に操作することができます。

Amazonで商品を見る

Aprica(アップリカ) ハイシートベビーカー

シートクッションには、熱がこもりがちな背中とお尻部分にブレスエアーを採用。通気性に優れ、蒸れにくいから長時間座っていても、赤ちゃんが快適に過ごすことができます。

また、座面はフルリクライニングタイプなので、生後1か月から使うことが可能。角度調節も片手でワンタッチ操作だから、とても簡単です。

日差し除けの大きなフードは紫外線を99%以上カット。左右のボタンを下げればすっぽりと全体を覆うことができます。

Amazonで商品を見る

この記事が役に立ったらシェアしよう!


おすすめアイテム&おすすめ記事

妊婦さんの口コミNo,1
ナチュラルマーククリームが今なら初回サンプル付きでお得!
妊娠中〜産後の肌荒れはこれひとつでOK!?人気のオールインワンゲルの秘密とは
お肌のお手入れ楽々!
妊娠中〜産後の肌荒れはこれひとつでOK!?人気のオールインワンゲルの秘密とは
ララリパブリック新パッケージ
お得なキャンペーン開催中!
葉酸サプリの失敗しない選び方と葉酸サプリおすすめランキング!
LINEでお得な情報をGET!
ココマガ公式「LINE@」始まりました!お得な情報をGETしよう!

葉酸サプリタイアップキャンペーン開催中

人気ブランドの葉酸サプリをお得にGETする大チャンス!ココマガ読者さまだけの限定特典をご用意していただきました。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 300円OFFクーポン!はこちら
  • 定期2,980円

キングオブ葉酸!ベルタ葉酸サプリ

  • 酵素サプリプレゼント!
  • 定期3,980円

妊活におすすめ!ママナチュレ

  • たんぽぽ茶プレゼント!
  • 初回3,980円
葉酸サプリの選び方を見る

はじめての方はこちら!


産後・育児のカテゴリー

産後授乳・母乳育児
新生児赤ちゃんとお出かけ赤ちゃんのお世話
赤ちゃんのスキンケア赤ちゃんの成長赤ちゃんの病気
育児グッズ寝かしつけ幼児教育
しつけ・コミュニケーション子育費用・助成金マタニティブルー・産後うつ
産後ダイエット・骨盤矯正産後の仕事産後の手続き
産後の抜け毛産後の美容産後の食事
産後授乳・母乳
育児新生児
赤ちゃんとお出かけ赤ちゃんのお世話
赤ちゃんのスキンケア赤ちゃんの成長
赤ちゃんの病気育児グッズ
寝かしつけ幼児教育
しつけ・コミュニケーション子育費用・助成金
マタニティブルー・産後うつ産後ダイエット・骨盤矯正
産後の仕事産後の手続き
産後の抜け毛産後の美容
産後の食事
目次
をみる
関連記事
をみる