勉強のファーストステップ

勉強のファーストステップ!幼児ドリルの選び方とおススメ紹介



小さいころから勉強を楽しく、積極的にしてもらうための教材のひとつに、幼児ドリルがあります。

勉強を習慣づけるためのドリルなわけですから、がっつりと勉強をさせたいというママも少なくないはず。

しかし、幼児ドリルにチャレンジするのは子どもたちですから、やはり子どもが興味を持たなくては意味がありません。

そこで今回は、

・こどもに勉強を楽しくやってもらいたい!
・どんな幼児ドリルがいいの?
・人気の幼児ドリルを教えて欲しい!

といった方に、幼児ドリルの選び方と、おすすめの幼児ドリルをご紹介します。

どんな幼児ドリルを選べばいいの?

どんな幼児ドリルを選べばいいの

ではまず、どんな幼児ドリルを選べばいいのか、そのポイントについて見ていきましょう。

子どもが興味を持つもの

この年齢までに数字を自分で数えられるようにしたいとか、ひらがな・カタカナを書けるようにしたいなど、ママなりの計画があるでしょうが、子どもがやりたいと思うことが重要です。

せっかく幼児ドリルにチャレンジする気持ちがあっても、まったく興味のない分野や、好みでないものを無理にやらせてしまうと、ドリルや勉強すること自体が嫌いになってしまいかねません。

まずは、子どもが興味を持ったドリルを選んであげることが何よりも大切です。

年齢を参考にする

幼児ドリルにはそれぞれ対象年齢というものがあります。

年齢に合ったものより少し先の内容をやらせたいと思うのが親心かもしれませんが、あまり先取りをしてしまうと中途半端になってしまったり、子どもがドリルに興味を無くしてしまう可能性も少なくありません。

子どもが興味を持つ内容と合わせて、年齢に合ったドリルを選んで少しずつステップアップしていきましょう。

無料ドリルを試す

以上の2点からわかるように、幼児ドリルを選ぶ際には年齢を確認しつつ、子どもと一緒に内容を見て選ぶことが大切になってきますが、出版社の数だけ幼児ドリルはあるので選ぶのに迷ってしまう人も多いはず。

そんな時、無料ドリルを選ぶというのも、幼児ドリルを選ぶポイントの1つです。

無料ドリルというのは、基本的に自宅で無料プリントできる幼児ドリルのこと。

気になった内容のものを印刷して、子どもの反応を見てから幼児ドリルを選ぶのもアリです。

口コミでみる人気の幼児ドリル10

それでは、人気のある幼児ドリルをご紹介します。ぜひドリル選びの参考にしてみてください。

3歳 もじ かず ちえ

タイトルにある通り、文字と数、知恵の3分野をまとめた幼児ドリルになります。対象年齢は3歳。

通常のドリルのように、物を覚えさせようという感じではなく、お子様のドリル、ワークデビューにもぴったりな内容となっています。

内容としては、文字であれば優しいひらがなを中心にした書き物、線を引いたりする運筆練習、数であれば10までの数字の読み書き、知恵であれば絵探しや工作など、バラエティーに富んだ内容となっています。

Amazonで商品を見る

5歳 めいろ

迷路と聞くと、学習ドリルというより遊び感覚のイメージが強くなってしまうと思いますが、一般的な平面の迷路に加えて、立体的な迷路も説いていくことになりますので、遊びながら洞察力、思考力などを自然に高めていってくれます。

立体的な迷路だけでなく、「果物の落ちてる道だけしか通れない」など、条件付きの迷路や、数字の順番に進む迷路など文字・数の要素が入った迷路もあり、数や文字を覚えさせたいというママにもぴったりです。

Amazonで商品を見る

かいて けせる ひらがな

ひらがな練習に興味を持ってくれない、鉛筆をまだ上手く握れないなど、書くことが苦手・続かない、といったお子様にぴったりの一冊です。

ポイントは、クレヨンやホワイトボード用のマーカーを使えば、湿らせた布やティッシュなどで簡単に消せてしまうこと。

さらに、ひらがな46文字と濁音・半濁音の練習だけでなく、子どもに嬉しいお絵かきやぬりえ、迷路のおけいこページもあるから、練習に飽きやすい子どもの心をがっちりと掴んで、練習を習慣づけます。

Amazonで商品を見る

3歳 できるかなシールブック

可愛らしい絵が特徴で、シールを貼ったり剥がしたりすることができます。シールの種類は150枚以上。

ただ、シールを貼って遊ぶだけでなく、各ページごとに「思考力」「弁別力」「言語力」「創造力」「推理力」が養われる工夫がされているので、遊びながら学習に必要な力を培っていくことができます。

ただし、対象年齢は3歳から。二歳半の子でもできなくはないですが、口コミによっては2歳のお子様には少し早い内容という意見も。

Amazonで商品を見る

はじめてのきくきくドリル

ママが幼児期から学習させたいと思うのは、ひらがなの読み書きや数字の数え方などが挙げられますが、この幼児ドリルは、ずばり子どもの聞く力を育てるものになります。

専用のCDが2枚付属されており、さまざまなパターンの問題が収録されています。とはいえ、内容はとても簡単!

楽しみながら聞き取り練習を行うことができるので、お子様も取り組みやすくなっています。対象年齢は主に4歳が対象ですが、もう少し小さいお子様でも十分楽しめます。

Amazonで商品を見る

なぞらずにうまくなる子どものひらがな練習帳

イラスト付きで、ひらがなが上手くかける鉛筆の動かし方を学べるようになっています。文字を覚えるだけでなく、きれいな文字を練習させたいというママにおすすめです。

このドリルは、ただ文字の書き順を説明しているわけではなく、一字一字にストーリーがあり、お子様が飽きないよう工夫がされています。

基本、文字の練習はなぞることが多いですが、なぞる練習がないのもこのドリルの特徴で、年長さんから小学校一年生の字を覚えたい時期が対象。

Amazonで商品を見る

音楽の基礎学習プリント 書いて覚える徹底!!譜読

幼稚園から小学生までと広く対応した幼児ドリルです。

五線譜や音符記号など、音楽は難しそうなイメージがありますが、内容自体はとてもシンプルで、音楽に触れたことのあるママは簡単に思えてしまうかもしれませんが、その分、お子様には継続のしやすい、分かりやすい内容になっています。

スピードに個人差はありますが、このドリルをはじめて、楽譜読みが苦手だったお子様が読めるようになったという口コミも多数。副教材として利用されることも。

Amazonで商品を見る

100てんキッズドリル 幼児のいちとくうかん

位置と空間という算数的要素も含みつつ、お子様の空間把握能力を育てます。

また、シリーズの特徴として、内容は文章問題が多いですが、きちんとイラストが描かれており、問題自体も、鏡写しから見た左手と右手の違いなど難し過ぎず、簡単すぎない問題をメインにしているため、慣れてくるとハマるお子様は多くいます。

少しひねった問題が大半な分、お子様だけで解くのは難しいかもしれませんが、親子で一緒に学べるという楽しさがあります。

Amazonで商品を見る

2~4歳 はじめてのおけいこ

基本的な迷路をはじめ、簡単な文字・数字を書いたり、基本運筆能力を養う線描きワークなど、さまざまなおけいこが収録されています。

対象年齢は2~4歳ですが、もっともハマるのは2歳半~3歳半という意見も。シールもたくさん付いているので、シール好きなお子様にもおススメです。

イラストはカラフルで大きく、問題の中に知恵を絡めるなど、お子様の興味を持続させるような工夫が至るところに凝らされています。ママに対してのお子様への指導ポイント付き。

Amazonで商品を見る

きって はって こうさくブック

お子様の中には、はさみやのりに興味を示す場合も少なくないはず。そんなお子様にオススメなのが、この幼児ドリルです。

タイトルからわかる通り「切ったり貼ったり」する技術を身に付けられるようになっています。オールカラーでかわいいイラスト付き。

練習といっても作業ははさみで切る、それをのりで貼るだけ。対象年齢は2~4歳くらいです。

はさみを自分でしっかり持てて、工作などに興味があるようであれば、親子でとても楽しめる一冊です。

Amazonで商品を見る

この記事が役に立ったらシェアしよう!


おすすめアイテム&おすすめ記事

妊婦さんの口コミNo,1
ナチュラルマーククリームが今なら初回サンプル付きでお得!
ララリパブリック新パッケージ
お得なキャンペーン開催中!
葉酸サプリの失敗しない選び方と葉酸サプリおすすめランキング!
LINEでお得な情報をGET!
ココマガ公式「LINE@」始まりました!お得な情報をGETしよう!

葉酸サプリタイアップキャンペーン開催中

人気ブランドの葉酸サプリをお得にGETする大チャンス!ココマガ読者さまだけの限定特典をご用意していただきました。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 300円OFFクーポン!はこちら
  • 定期2,980円

キングオブ葉酸!ベルタ葉酸サプリ

  • 酵素サプリプレゼント!
  • 定期3,980円

妊活におすすめ!ママナチュレ

  • たんぽぽ茶プレゼント!
  • 初回3,980円
葉酸サプリの選び方を見る

はじめての方はこちら!


産後・育児のカテゴリー

産後授乳・母乳育児
新生児赤ちゃんとお出かけ赤ちゃんのお世話
赤ちゃんのスキンケア赤ちゃんの成長赤ちゃんの病気
育児グッズ寝かしつけ幼児教育
しつけ・コミュニケーション子育て費用・助成金マタニティブルー・産後うつ
産後ダイエット・骨盤矯正産後の仕事産後の手続き
産後の抜け毛産後の美容産後の食事
産後授乳・母乳
育児新生児
赤ちゃんとお出かけ赤ちゃんのお世話
赤ちゃんのスキンケア赤ちゃんの成長
赤ちゃんの病気育児グッズ
寝かしつけ幼児教育
しつけ・コミュニケーション子育て費用・助成金
マタニティブルー・産後うつ産後ダイエット・骨盤矯正
産後の仕事産後の手続き
産後の抜け毛産後の美容
産後の食事
目次
をみる
関連記事
をみる