人気のレトルト離乳食

人気のレトルト離乳食!離乳食の時期に役立つアイテム紹介



育児だけでなく、家事やお仕事など何かと忙しいママにとって、離乳食の準備は大変です。

時には、メニューを考えるのが面倒臭い日もあるのではないでしょうか。そんな日に是非利用してみて欲しいのがレトルト離乳食。

そこで今回は、

・どんなレトルト離乳食があるの?
・レトルト離乳食の選び方は?
・おすすめのレトルト離乳食が知りたい!

といった方に、レトルト離乳食の中でも人気のある商品をご紹介します。

選び方についてもまとめてみましたので参考にしてみて下さいね。

レトルト離乳食の選び方

レトルト離乳食の選び方

便利なレトルトですが、赤ちゃんの口にいれるものですので、素材や品質などは必ずチェックして購入しましょう。

対象年齢の確認

ベビーフードとも呼ばれるレトルト離乳食には、それぞれ対象年齢があります。

年齢に合わせて、素材の種類を初め、味付けや素材の歯ごたえ、大きさなどが変わってくるのです。

記載はパッケージにされているので、選ぶ際には必ず確認するようにしましょう。

ただし、記載された年齢は絶対というわけではなく、あくまで目安のものです。

年齢の範囲であれば食べさせても問題はありませんが、赤ちゃんの離乳食の進みも参考にしながら選んで下さい。

用途から選ぶ

瓶やプラスチックに入った容器入り、すぐに食べることができるレトルトタイプ、お湯で溶かすだけでOKな粉末タイプなど、レトルト離乳食には大きく分けて3つの種類があります。

そのため、離乳食が必要に迫られるシチュエーションに合ったものを選ぶことも大切です。

種類が違うからといって味に良し悪しが出るわけではありませんので、それぞれの長所短所を知った上、好みに合うものを選んでみましょう。

赤ちゃんに優しい素材

赤ちゃんが口に入れるものですから、やはり素材にこだわったものを選ぶのもポイントの1つといえます。

詳しくみて見ると、国産有機野菜を使用したものや、化学調味料を一切使用していない無添加のものなど、素材にこだわったレトルト離乳食は数多くあります。

原材料の一覧表などを確認しながら、赤ちゃんに優しいレトルト離乳食を選びましょう。また、口コミの確認も参考になるのでおすすめです。

人気のレトルト離乳食の紹介!

それでは、人気の高いおすすめのレトルト離乳食をご紹介します。

手作り応援 コシヒカリの米がゆ

1つ1つ包んで包装されているので、お出かけにも利用できます。

お湯を加えるだけでふっくらとしたお粥ができるので、誰でも簡単に作ることが可能。熱々のお湯でなくても作れるから嬉しいところです。

お米だけのシンプルなタイプなので、このレトルト離乳食にもう一品加えたり、すり潰した野菜を入れたりするなど、メニューの幅も広がります。

実際、口コミによると野菜をすり潰して入れたり、もう一品おかずを作ったりするママも。

Amazonで商品を見る

キユーピーベビーフード レトルトパウチハッピーレシピ バラエティセット

鮭のクリームシチューや、たらと野菜の中華どんなど、6種類のベビーフードがセットになった商品です。

材料は検査機と人の目のダブルチェックで、独自の厳しい基準をクリアしたものだけを使用。

着色料や保存料などは一切使っていないから安心して赤ちゃんに食べてもらえます。

味は、赤ちゃんが食べることを意識して基本は薄味。そのため、素材本来の味が生かされています。さらに具材の大きさや固さも月齢に合わせ、噛む力も育てます。

Amazonで商品を見る

手作り応援 野菜がゆ

にんじん、ほうれんそう、たまねぎにじゃがいもなど、国産100%の野菜がたっぷり入っています。

赤ちゃんに合わせて作られているので塩分も控えめ。しかし、その分素材本来の味を楽しむことができます。

お湯を入れた後、蓋をして30秒から1分ほど蒸らせば完成するのも嬉しいところ。個別に包装がされているので、外出をする時も簡単に持ち運ぶことが可能。

カバンに入れていても、場所を取りません。賞味期限も1年位と長持ちするから嬉しいです。

Amazonで商品を見る

ピジョン 管理栄養士さんのおいしいレシピ 鯛の五目炊き込みごはん

パウチタイプのベビーフードです。そのため、忙しい時でも離乳食を簡単に作ることができます。

味は薄めにできており、この商品をメインにスープや副菜をつけるママも。

原材料には鯛の他、たまねぎやキャベツ、にんじん、えだまめ、しいたけと野菜も豊富。

大人だと柔らかく感じますが、具材の大きさや固さにもこだわり、赤ちゃんの噛む力の発達に合わせて調理されています。

容器を移し替える必要がありますが電子レンジにも対応可です。

Amazonで商品を見る

栄養マルシェ 鮭のまぜごはんランチ

すでに調理済みなので、温めずにそのまま食べることが可能。電子レンジにも対応しているので、温めて食べることもできます。

お皿もいらない便利なカップタイプだから、ママの後片付けも楽チン。使い捨てスプーンも付いているので、お出かけの先でも便利です。

帰りの際には荷物にならないのも嬉しいところ。具の野菜も100%国産で、7大アレルゲンも不使用だから、安心して赤ちゃんに食べさせることができます。

Amazonで商品を見る

キューピーベビーフード 瓶詰 バラエティセット

キューピーが販売する「瓶詰シリーズ」の中から、厳選して選んだ6種類が2個ずつセットになっています。

離乳食としてだけでなく、離乳食を手作りする際の素材として使うことも可能。

すべて瓶詰されているから、お出かけの際にも便利です。さらに瓶自体は透明度が高く、中身の確認が簡単。

保存性もあり美味しさも長持ちしてくれます。使用する原料も公的基準、キューピー独自の基準をクリアしたものだけを使用するなど、強いこだわりも特徴です。

Amazonで商品を見る

とうもろこしフレーク 無添加・無着色!北海道産!

すでに加熱済みなので、すぐに調理することが可能。水やお湯、ミルク、スープに入れて混ぜれば30秒で離乳食ができます。

北海道産のとうもろこしを裏ごしし、乾燥させたそのままの加工だから赤ちゃんに食べさせても安心。

原料となるものは無添加・無着色、遺伝子組み換えを一切行っていないのもポイントです。赤ちゃんが離乳食を卒業しても、お料理やお菓子作りに使うことができます。

3分あれば、野菜スープや野菜サラダにも。

Amazonで商品を見る

無添加仕上げの離乳食・赤ちゃんのためのお粥

生後5~6ヶ月頃の離乳食初期から使うことができます。

目安としては、母乳から離乳食へ以降する時期、「食べる」を始める時期がおすすめです。

材料には、兵庫県三田産のコシヒカリと水のみを使用。お米に関しては放射能検査、残留農薬検査をしたものだけを使っているので、安心して赤ちゃんの口に入れることができます。

トロトロで雑味のないお粥は、すでに調理済みの状態なので、開封すればすぐに食べることができます。

Amazonで商品を見る

オーガニックベビーフード 有機無農薬のお野菜と手仕込み天然だし ほうれん草と小松菜おじやタイプ

賞味期限が製造後から12ヶ月と長持ちする、オーガニックなベビーフードです。

本体は減菌パウチ構造で、アルミが食品に付かないようになっています。

商品名にオーガニックとあるように、野菜は農家さん限定。有機&無農薬で土作りからこだわっています。

対象年齢は6ヶ月頃からですが、幅広い年齢の赤ちゃんに食べてもらえるよう、具材やお米は柔らかい仕上がり。

容器からそのままスプーンに乗せられるので移動中でも食べることができます。

Amazonで商品を見る

有機JAS認定 有機まるごとベビーフード

有機JAS認定のベビーフードです。素材には国産有機素材、国産天然素材に食品添加物無添加というこだわりよう。

そのため、赤ちゃんのお口に入れても安心です。すべて瓶詰されているので、外出する際でも持ち運びに便利。

バッグに入れても邪魔にならないのも嬉しいところです。レトルト殺菌と呼ばれる加圧加熱殺気を施しているので、常温で長期保存できるのもポイント。

電子レンジ対応の容器に移してラップをすれば、温めることも可能です。

Amazonで商品を見る

この記事が役に立ったらシェアしよう!


おすすめアイテム&おすすめ記事

妊婦さんの口コミNo,1
ナチュラルマーククリームが今なら初回サンプル付きでお得!
妊娠中〜産後の肌荒れはこれひとつでOK!?人気のオールインワンゲルの秘密とは
お肌のお手入れ楽々!
妊娠中〜産後の肌荒れはこれひとつでOK!?人気のオールインワンゲルの秘密とは
ララリパブリック新パッケージ
お得なキャンペーン開催中!
葉酸サプリの失敗しない選び方と葉酸サプリおすすめランキング!
LINEでお得な情報をGET!
ココマガ公式「LINE@」始まりました!お得な情報をGETしよう!

葉酸サプリタイアップキャンペーン開催中

人気ブランドの葉酸サプリをお得にGETする大チャンス!ココマガ読者さまだけの限定特典をご用意していただきました。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 300円OFFクーポン!はこちら
  • 定期2,980円

キングオブ葉酸!ベルタ葉酸サプリ

  • 酵素サプリプレゼント!
  • 定期3,980円

妊活におすすめ!ママナチュレ

  • たんぽぽ茶プレゼント!
  • 初回3,980円
葉酸サプリの選び方を見る

はじめての方はこちら!


産後・育児のカテゴリー

産後授乳・母乳育児
新生児赤ちゃんとお出かけ赤ちゃんのお世話
赤ちゃんのスキンケア赤ちゃんの成長赤ちゃんの病気
育児グッズ寝かしつけ幼児教育
しつけ・コミュニケーション子育費用・助成金マタニティブルー・産後うつ
産後ダイエット・骨盤矯正産後の仕事産後の手続き
産後の抜け毛産後の美容産後の食事
産後授乳・母乳
育児新生児
赤ちゃんとお出かけ赤ちゃんのお世話
赤ちゃんのスキンケア赤ちゃんの成長
赤ちゃんの病気育児グッズ
寝かしつけ幼児教育
しつけ・コミュニケーション子育費用・助成金
マタニティブルー・産後うつ産後ダイエット・骨盤矯正
産後の仕事産後の手続き
産後の抜け毛産後の美容
産後の食事
目次
をみる
関連記事
をみる