春夏生まれの赤ちゃんのお部屋作り

春夏生まれの赤ちゃんのお部屋作りのポイント!暑さ対策は?



赤ちゃんと一緒に生活していく上でのお部屋づくりで大切なことは何でしょう?

赤ちゃんと暮らしたことのない人にとっては、完全に未知の世界で何に気をつけるべきなのか分かりません。

赤ちゃんの生活する空間は、大人だけが生活している空間よりも気をつけることがたくさんあります。

そこで今回は、

・春生まれや夏生まれの赤ちゃんの部屋作りとは?
・春夏生まれの赤ちゃんの部屋に必要なものは?
・赤ちゃんの部屋の暑さ対策で気を付けることは?

といった方に、春から夏にかけて生まれた赤ちゃんのいるお部屋の作り方のポイントについて調べてみました。

赤ちゃんは体温調節が苦手

体温調節が苦手

大人は季節ごとの気温の変化や室温の変化などをしっかり感じながら、体調を壊さないように体温を変化させて生活しています。

しかし、生まれてから特に1歳前後までの赤ちゃんは、体温調節を行う自律神経がまだ発達できていないので自分で体温を調節することが苦手です。

温度が低い場所にいると、自然と体温は下がってきますし、暑い場所にいると体温が上がってきます。

赤ちゃん自身も不快に思っていますが、まだまだ上手に自分の意思表示ができないので、お母さんや周りの家族がしっかり体温調節を手伝ってあげないと、風邪を引いたり、全身汗だくになったりして体調を崩してしまいます。

このため、周りの大人は、大人があまり不快に思っていないような室温や外気の温度であっても赤ちゃんの全身の状態、機嫌などをしっかり見極めてあげることが大切です。

見るだけではなく手足を触って冷たくないか確かめたり、背中に手を入れて汗だくになっていないか確認しましょう。

赤ちゃんのいる空間の温度や湿度を把握する

1歳前後までの赤ちゃんは、自分で適切な体温に調整できないので、周りの大人が常に部屋の温度や湿度を把握して、赤ちゃんが不快に感じることがないかどうか気にかけておくことが大切です。

同じ部屋の中でも、天井付近と床の近くでは室温が変わってきます

赤ちゃんを布団で寝かせているのか、ベビーベッドで寝かせているのかということでも、赤ちゃんの体感温度が変わってくるということです。

このため、室温や湿度を測るための温度計や湿度計などは、できるだけ赤ちゃんの体の近くに設置して、できるだけ赤ちゃんの周りの状態を把握するようにします。

赤ちゃんがリビングにいたり、寝室にいたりすることがありますが、赤ちゃんがいる場所すべてに計器を設置するのがベストです。

日本の春

日本の春は、まだまだ寒い日もあれば、温かい日もあり、日によって外気だけでなく、家の中や部屋にいっても様子が大きく違います。

日本の春を、3月の終わりから梅雨の頃までと考えると、気温や湿度に大きな変化がある時期です。

南北に長い日本列島なので、一概に月ごとの気候を表すことはできませんが、一般的に3月などは真冬のように雪が降って寒い日もありますし、サクラの花が咲き暖かな春を感じる日も有ります。

また、4月、5月でも肌寒い日がありますし、6月の梅雨は雨が続いてじめじめしています。

極端に寒い日や暑い日が少ない春という季節ですが、部屋の中は暖房が必要なこともありますし、じめじめした日などは除湿機能を使っている日もあります。

朝晩の寒暖差が激しいので、穏やかな春であっても体調を壊しやすい気候でもあります。

また、春は花粉症を発症する人が多い季節でも、一年を通して一番紫外線が強い時期でもあります。

春生まれの赤ちゃん

春生まれの赤ちゃん

四季を通じて、春生まれの赤ちゃんが一番育てやすいといわれることもあります。

5月あたりなどに生まれた赤ちゃんは、極端に暑い日や寒い日もなく、爽やかな日も多く、外の気候だけでなく、家の中も温度や湿度を神経質に気にしなくても、自然の状態で赤ちゃんに快適な状態であるということから、育てやすいとされている部分があります。

しかし、春先の頃は1日の中でも朝晩と日中も温度差が大きいので、部屋の中でも寒さを感じるときも多くなります。

ですから、油断をしていると熱を出したり、風邪を引くこともあります。

6月は初夏のような暑さを感じたり、梅雨によって湿度が高い日もありますので、赤ちゃんによっては体温調節が上手く行かずに、あせもなどになることもあります。

また、赤ちゃんでもアレルギーがある赤ちゃんは花粉症になることもあります。

春生まれの赤ちゃんの快適室温は?

春生まれの赤ちゃんがいる家庭での平均的な室温は20~25度ほどです。

春の外気温と室内の温度が春は比較的近いので、あまり神経質にならなくても赤ちゃんが快適そうにしていれば、特にエアコンなどを利用して温度管理が必要な日は少なくなります。

部屋の温度が気になって、エアコンをずっと付けっぱなしにしている家庭もありますが、天気が良く気持ちの良い日は、窓を開けて空気を入れ替えたりしながら、赤ちゃんにも外の新鮮な空気を感じさせてあげましょう

赤ちゃんは基本的に、短肌着、長肌着、ロンパースで部屋の中で過ごさせてあげましょう。

お昼寝をしている時などは、タオルケットやブランケットなどでお腹が冷えないように配慮します。

厚着にさせすぎない

赤ちゃんに寒い思いをさせてはいけないと考えているので、ついつい赤ちゃんには厚着をさせてしまいがちですが、外気が気持ちよい春の日であれば、極端に厚着をさせないようにしましょう。

赤ちゃんは暑いとすぐに全身汗だくになってしまいます。汗をかかない程度に部屋着を着させておいて、温度調節を靴下などでしましょう。

春の室内においては、裸足でも大丈夫です。手足を触って少し冷たいと感じるときは靴下を履かせてあげましょう。

赤ちゃんは体温調節をする時に、手足の先から温度を逃したりして調節しています

寝ている時は寝冷えしないか心配かもしれませんが、靴下などで足先を覆っていると体温調節が上手くいかないので、靴下は控えて掛け布団などで調節してあげましょう。

春は紫外線対策をしよう

春は1年の中で紫外線が一番強い時期です。

春に生まれた赤ちゃんはまだ外に出ることは少ないですが、太陽の光に当たるときは紫外線のことを考えてあげましょう。

お出かけする時は、日焼け止めやバギーの日よけなどを利用して紫外線対策をしますが、部屋の中での紫外線対策も大切です。

夏ではありませんので、まだ太陽の光も部屋の奥まで入ってくるという部屋もあります。

赤ちゃんがいる場所や、寝ている場所は窓際にせずに、直射日光のあたらない場所にしましょう。

部屋の中にいるときは日焼け止めクリームなどは使う必要はありませんが、紫外線をカットするカーテンを利用したり、窓ガラスに紫外線をカットするフィルムなどを張っておくと安心です。

花粉対策をしよう

春は、スギ花粉やヒノキ花粉のアレルギーを起こして花粉症になる人が多くいますが、アレルギー体質が懸念される赤ちゃんは、花粉の多い時期は部屋の中でも花粉対策をしましょう

花粉が多い時期は、外気が気持ちよい日でも窓を開けていると部屋の中にどんどん花粉が入ってきます。

部屋の空気を入れ替えるためにも窓を開けることも大切ですが、場合によっては窓を開けずに空気清浄機を置いて空気の入れ替えをする必要がある場合もあります

花粉の時期は、窓や扉の開閉で花粉が家の中に侵入します。また、外に出た場合でも家に入る前に、しっかり花粉を落として入るというような手間も必要です。

赤ちゃんでも花粉症になるという場合がありますので、赤ちゃんの部屋をマメに掃除したり、空気清浄機のフィルターなどをしっかり掃除しましょう。

カーテンなども花粉対策ができるものがありますので、そのようなグッズも利用してみましょう。

梅雨の時期の除湿

梅雨の時期は、どうしても雨が続くせいで赤ちゃんの部屋も湿度がぐんと上がって、じめじめしています。

赤ちゃんを床に近い場所で寝かせているという場合は、赤ちゃんは不快に感じているかもしれません。

快適な湿度は40~60パーセントほどとされていますが、湿度の高い日はエアコンの除湿機能や除湿を使って部屋の空気を除湿することが大切です。

日本の夏

地球温暖化の影響からか、日本の夏の気温はぐんぐん上がっています。

日本の夏は暑く、湿度が高くじめじめとして、大人にとっても不快ですし、気温が暑いので熱中症になったり、食欲不振になったりします。

また、外気温が朝から晩まで非常に高いですので、エアコンを24時間可動させているという家庭も多くあります。

エアコンをずっとつけていると快適ですが、温度が低いと夏でも体が冷えてしまったり、乾燥が酷くなったり、外気との温度差があるので体調を崩すことも多くあります。

夏生まれの赤ちゃん

夏生まれの赤ちゃん

日本の夏は大人でも体調を崩しやすい時期ですので、1年のうちでも夏生まれの赤ちゃんのいる家庭では、非常に気を使うことも多くなります。

赤ちゃんのいる部屋では、エアコンなどを利用して室温を27~28度くらいにしましょう。

外気は35度を超える日も珍しくありませんが、27度を下回ると少し肌寒く感じるときもあります。

赤ちゃんは汗かきですので、夏の服装はロンパース1枚という場合が多いですが、薄着をさせている場合は、室温を下げすぎると寒いので気をつけることが大切です。

28度以上だと暑さを感じますが、エアコンと扇風機を利用したり、除湿機などを使うと温度を下げすぎることなく、快適に過ごすことができます。

夏の暑い日は、室内でも赤ちゃんや子どもはすぐに熱中症になったり、脱水症状になりますので、部屋の温度とともに水分の補給をしっかりできるようにしましょう。

夏の夜間は冷えすぎないように注意する

赤ちゃんが寝ている部屋は、夜中でもエアコンで室温を一定に保つようにしましょう。

夏の夜中でも、熱帯夜などに熱中症になることもありますし、部屋が暑いと赤ちゃんも不快で良く眠れませんので、日中の機嫌が悪くなったり、寝不足で体調を崩したりします。

ずっとエアコンをつけていると逆に心配になるお母さんもいますが、どうしても気になるときは、朝方の比較的涼しい時間だけは窓を開けて、外気を入れて温度管理してみましょう。

大人でも、夏の部屋は寒いほどに冷やした方が眠れるという人がいて、寝室の室温をぐんと下げて設定している人もいますが、赤ちゃんが一緒に寝ている場合はやはり27度以下にはせずにタオルケットをかけて眠るぐらいの温度に設定することをおすすめします。

赤ちゃんは寝ている間も良く動きますので、気がつけばタオルケットもはだけて何もかぶらずに眠っていることもあります。

お母さんがゆっくり赤ちゃんと安心して眠るためにも、夏の夜間は冷えすぎない温度に設定することが大切です。

温度調節できるものを近くに置いておく

夏は暑いのでエアコンをずっとつけているという家庭が多いですが、赤ちゃんは体温調節があまり上手ではないので、大人が快適な温度でも暑がったり、寒がったりします。

暑い、寒いということを認識もしていませんし、訴えることもないので突然体調を崩したりしてびっくりします。

夏の暑い時期でも寝冷えして夏風邪を引くことも多いので、赤ちゃんのいる部屋にはタオルケットやブランケット、着替えなどがすぐに使えるように用意しておきましょう。

エアコンの風が直接当たらないようにする

同じ部屋にいても、エアコンの風が直接当たる場所とあたらない場所では、体感温度がまったく違います。

特にエアコンの風が直撃する場所は、他の場所よりも極端に温度が低くなる場合がありますので、エアコンからの風が直接赤ちゃんに当たらないように赤ちゃんを寝かせる場所は工夫しましょう。

エアコンの清掃はマメにする

夏は1年のうちで一番エアコンを使用する時期です。

赤ちゃんがいる家庭では24時間フル稼働していることも珍しくありませんが、エアコンのフィルターの掃除はしっかりすることが大切です。

使用時間が長いとホコリもたくさん溜まっていますが、そのままエアコンを使用するとあまり室温が冷えないだけでなく、ホコリを部屋中に拡散することになります。

汚れた空気を赤ちゃんのいる部屋に送り出す事によって、赤ちゃんがダストによるアレルギーになるということもあります。

定期的にエアコンのフィルターを掃除することは大切です。エアコンの深部の掃除は専門家でないとできない場合が多いので、汚れている場合は委託して綺麗にしましょう。

まとめ

春生まれの赤ちゃんは、1年のうちでも過ごしやすい時期なので、比較的育てやすい時期の赤ちゃんです。

しかし、春は朝晩の温度差も激しい時期ですし、強い紫外線が部屋の中まで差し込んできたり、外気を部屋に入れることで花粉がたくさん部屋に入ってきてしまいます。

夏生まれの赤ちゃんは、蒸し暑い時期で体調を崩しやすい時期ですし、エアコンの使用が欠かせない時期です。

周りの大人は赤ちゃんの様子を常に観察して、赤ちゃんが元気に機嫌よく過ごせる快適なお部屋作りをしましょう。

この記事が役に立ったらシェアしよう!


おすすめアイテム&おすすめ記事

妊婦さんの口コミNo,1
ナチュラルマーククリームが今なら初回サンプル付きでお得!
妊娠中〜産後の肌荒れはこれひとつでOK!?人気のオールインワンゲルの秘密とは
お肌のお手入れ楽々!
妊娠中〜産後の肌荒れはこれひとつでOK!?人気のオールインワンゲルの秘密とは
ララリパブリック新パッケージ
お得なキャンペーン開催中!
葉酸サプリの失敗しない選び方と葉酸サプリおすすめランキング!
LINEでお得な情報をGET!
ココマガ公式「LINE@」始まりました!お得な情報をGETしよう!

葉酸サプリタイアップキャンペーン開催中

人気ブランドの葉酸サプリをお得にGETする大チャンス!ココマガ読者さまだけの限定特典をご用意していただきました。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 300円OFFクーポン!はこちら
  • 定期2,980円

キングオブ葉酸!ベルタ葉酸サプリ

  • 酵素サプリプレゼント!
  • 定期3,980円

妊活におすすめ!ママナチュレ

  • たんぽぽ茶プレゼント!
  • 初回3,980円
葉酸サプリの選び方を見る

はじめての方はこちら!


産後・育児のカテゴリー

産後授乳・母乳育児
新生児赤ちゃんとお出かけ赤ちゃんのお世話
赤ちゃんのスキンケア赤ちゃんの成長赤ちゃんの病気
育児グッズ寝かしつけ幼児教育
しつけ・コミュニケーション子育費用・助成金マタニティブルー・産後うつ
産後ダイエット・骨盤矯正産後の仕事産後の手続き
産後の抜け毛産後の美容産後の食事
産後授乳・母乳
育児新生児
赤ちゃんとお出かけ赤ちゃんのお世話
赤ちゃんのスキンケア赤ちゃんの成長
赤ちゃんの病気育児グッズ
寝かしつけ幼児教育
しつけ・コミュニケーション子育費用・助成金
マタニティブルー・産後うつ産後ダイエット・骨盤矯正
産後の仕事産後の手続き
産後の抜け毛産後の美容
産後の食事
目次
をみる
関連記事
をみる