秋冬生まれの赤ちゃん

秋冬生まれの赤ちゃんのお部屋作り!気を付けるポイントは?




赤ちゃんが生まれて、赤ちゃんと生活していくということが、出産前はなかなか想像ができないかもしれません。

ですので、大人だけで気ままに過ごしていたという人は、赤ちゃんにとって快適な部屋を作るにはどのようにすれば良いのかがなかなか分かり辛いかもしれません。

そこで今回は、

・秋生まれや冬生まれの赤ちゃんの部屋作りとは?
・赤ちゃんの部屋に必要なものは?
・赤ちゃんの部屋の寒さ対策は必要?

といった方に、秋から冬にかけて生まれた赤ちゃんのお部屋作りのポイントについて詳しくご紹介します。

赤ちゃんの体温調節について

赤ちゃんの体温調節

生まれて間もない赤ちゃんは、まだまだ体温調節をつかさどる自律神経が発達していないので、大人のように自分で調節ができません

特に1歳を迎えるころまでは、体温調節が上手にできませんし、暑い、寒いという気持ちも上手く表現できないので、お母さんを中心とした家族が、常に部屋の温度や服装などに配慮して赤ちゃんの体温を適温にしてあげることが重要です。

大人が暑く感じていなくても、赤ちゃんは全身汗だらけということも珍しくありません。

また、手足やお腹がひんやりと冷えてしまっていることもありますので、汗をかいていなか、顔が火照っていないか、手足が冷たくなりすぎていないかというように、体を良く見たり、触ったりして赤ちゃんの状態をチェックすることも大切です。

赤ちゃんの周りには室温計と湿度計を置く

赤ちゃんは自分で自分の体温を調整するのがまだまだ苦手ですので、家族の人は赤ちゃんが寝ている部屋や場所を、季節ごとに赤ちゃんが快適とする環境に近づけることが大切です。

空気は暖かくなると天井付近へ、冷たくなると足元へと流れますが、赤ちゃんがいる同じ高さで赤ちゃんがいる場所の湿度をしっかり管理しましょう。

そのためには、できるだけ赤ちゃんに近い安全な場所に、室温計と湿度計を設置しましょう。

まだ動くことのできない赤ちゃんを寝かしておく場所は、家の中の数ヶ所に限定されていることが多いですが、各エリアにそれぞれ室温計や湿度計を設置しておくようにしましょう。

最近はデジタル表示の室温計、湿度計がたくさん出回っています。目盛りを読む室温計よりも使い勝手が良い場合もありますし、赤ちゃんに快適な室温が分かるような商品もありますので探してみましょう。

日本の秋について

四季がはっきりしている日本において、秋から冬というのは家の中、部屋の状態というのは大きく違ってきます。

一般的に秋を9月から11月終わりころ、秋のはじめの9月などは、秋といっても名ばかりでまだまだ暑い日が続きますが、9月の中ごろあたりの長雨の時期を乗り越えると、朝晩がぐんと冷え込み、10月に入るころには一気に気温が下がるという日もあります。

台風の通過時期でもありますので、雨が降りやすいですが、日中は爽やかな秋晴れの日も多くあり、少し涼しくなって過ごしやすい日が続きます。

日本列島は南北に長いので、北の地方と南の地方ではまったく気温が違いますが、平均気温でいえば日中は20度前後あります。

部屋の中では暖房も冷房も要らないという時期ですが、朝や晩になると寒さを感じるほど冷え込むこともあります。

秋生まれの赤ちゃん

秋生まれの赤ちゃん

9月から11月頃に生まれる赤ちゃんを秋生まれの赤ちゃんとします。

四季のある日本において、比較的過ごしやすい秋という季節に生まれたということは、赤ちゃんにとって過ごしやすいので、育児をするお母さんにとって少しは楽になるかもしれません。

生まれたての赤ちゃんは、自分で体温調節することもまだまだ難しいので、赤ちゃんのいる部屋の温度や湿度をしっかりお母さんが管理する必要があります。

秋生まれの赤ちゃんの場合は外気の温度が暑くもなく、寒くもないという状態であることが多いので、部屋の中は比較的赤ちゃんにとって快適であることが多いのです。

しかし、秋生まれの赤ちゃんにとって一番難しいのは、比較的暖かい秋口から、初冬にかけての気温の冷え込みです。

1日のうちでも朝晩の寒暖の差が激しく、突然気温が下がって冷え込む日があるので体調を崩しやすくなることもあります。

秋生まれの赤ちゃんの快適な室温は?

秋は過ごしやすい日が多いのですが、赤ちゃんの快適な室温は22~25℃程度であるとされています。

部屋の中で過ごすことの多い赤ちゃんですので、あまり厚手の服装は不用ですが、日によっては肌寒さを感じることもあるので窓を閉めて室温を調整したり、お昼寝などをしている時は肌掛けのタオルケットやブランケットなどで適温にしてあげることが重要です。

多くの地域ではまだ本格的に暖房を使うことは少ないので、快適な室温を保ちつつ、服装や肌掛けなどで室温を工夫しましょう。

秋でも場合によっては加湿が必要

晩秋から初冬にかけての時期は朝晩の冷え込みもあるので、マンションなどに暮している赤ちゃんなどは、エアコンの効いた部屋にいることもあるでしょう。

エアコンは空気が汚れないという点で非常に優れていますが、気をつける必要があるのは乾燥です。

あまり強くエアコンを効かせていなくても、長時間エアコンを付けっぱなしにして、空気の入れ替えなどをしていない部屋の中は、予想以上に部屋の湿度は下がっています。

赤ちゃんが快適な湿度は40~60%とされていますので、湿度が下がってしまわないように注意しましょう。

秋になってくるとインフルエンザなどの感染症が出てきます。まだ小さな赤ちゃんなどは、外に出かけることも少ないので、感染症にならないと思っていてはいけません。

部屋の湿度が低いと、感染症が一気に広まります。部屋の中に洗濯物を干したり、加湿器などを使って加湿する工夫も必要です。

日本の冬について

日本の一般的な冬を12月から3月はじめとすると、1年でもっとも寒い季節ということになります。

12月はじめのころは、まだ紅葉の時期でもある地方もありますが、雪が降るという地方もあります。

また、日本海側の多くの地域では、1年で一番厳しい雪の季節を迎えます。

春の雪解けまで、空がずっと暗いという地方もありますが、太平洋側の多くの地域では雪も降らず、乾燥した冷たい風が吹くという地方もあります。

一般的に日本の冬は気温が低く、空気が乾燥していますが、雪の積もる地域では湿度が高い地域もあります。

部屋の中は、暖房がなければかなり冷え込むので、エアコンやストーブなどの暖房器具で室温を調整することが多くなります。

冬生まれの赤ちゃん

冬生まれの赤ちゃん

冬生まれの赤ちゃんは1年の中でもっとも寒い季節なので、赤ちゃんを寒さから守るために家族は配慮が必要です。

冬生まれの赤ちゃんは、特に初めての子育てを経験する家族にとっていろいろな失敗も起こりやすい時期です。

自分で体温管理ができない状態の赤ちゃんのことが心配であるという理由からか、部屋の中でも常に厚着にさせられている赤ちゃんがいます。

赤ちゃんは過度の厚着をさせられると、今度は体温が上がりすぎて顔が火照ってきたり、頭や背中が汗だくになってしまいます。

厚着のせいで汗を大量にかいたままにしておくと、今度はその汗が冷えて体温を奪ってしまい、風邪を引く原因にもなりかねません。

難しいのですが、部屋の中で赤ちゃんが快適になる服装をさせておくことが大切です。重ね着したり、脱がせたりが簡単にできると体温調整しやすくなります。

また、外出する時などは、しっかり防寒着を用意して出かけるようにしましょう。

外から帰ってきたら、急激な温度変化に対応できるように着替えさせるなどすることも大切です。

冬生まれの赤ちゃんの快適な室温は?

冬の赤ちゃんのいる部屋の快適温度は20~23℃ほどといわれています。冬の産院などでも、22℃に室温が設定されていることが多くなっています。

外に比べると随分温かく感じる部屋ですが、体温調節できない赤ちゃんにとっては一番過ごしやすい室温でしょう。

日中に、リビングルームなどの片隅に赤ちゃんをベッドに寝かせているというご家庭も多いことでしょうが、エアコンで20~23℃程度の室温に一定に設定しておきましょう。

室温がある程度あるので、部屋での服装は短肌着、長肌着、ロンパースという具合で充分温かく過ごせます。

冬はお風呂がスムーズにできるように工夫する

冬生まれの赤ちゃんで気をつける必要があるのは、お風呂タイムです。

特に新生児をお風呂に入れるときは気を使いますが、冬のお風呂タイムは室温も低いので注意が必要です。

赤ちゃん用のバスを部屋で使うという場合は、お風呂タイムの時は20~23℃ほどであった室温を少し高めにして部屋を温めておくことが大切です。

また、お湯の温度も熱過ぎず、ぬる過ぎずという温度が重要です。お湯の温度もすぐにさめてしまったりするので、常にお湯の温度を快適にしましょう。

そして、お風呂あがりもしっかりタオルで水分をふき取って、すばやく着替えをさせることも大切です。

バスタブ、広げたタオル、肌着、湯冷ましなどを完全に用意して、赤ちゃんが寒い思いをしないように工夫しましょう。

ただし、いろいろなものが赤ちゃんの周りにあっては危険なので、できるだけ広い場所を確保することも大切です。

冬は加湿が重要なポイント

日本の冬は寒いので、暖房を常に使っている家庭も多いのですが、冬は空気が乾燥している上に、暖房器具を使っているので部屋の中が非常に乾燥していることが多くあります。

大人でも乾燥している部屋にいるとのどが痛くなったり、風邪にかかりやすくなりますし、インフルエンザなどの感染症のリスクも高まりますので、赤ちゃんのいる家庭で暖房器具を長時間つけてるという家庭は、加湿器などで湿度を下げないように対応しましょう。

加湿器がない場合でも、おけに水を張ったり、濡れたタオルなどを室内に干しておくと湿度が上がります。

寝室はオイルヒーターがベスト

赤ちゃんの体温の管理は非常に気を使いますが、夜に赤ちゃんやお母さんが寝ている部屋の室温や湿度を管理するためにエアコンではなく、オイルヒーターを使っている場合も多くあります。

エアコンは手軽で温度が管理できますが、湿度が管理しにくいので、夜中はつけていないという家庭も多いのですが、夜中に赤ちゃんが起きたり、ミルクや授乳をするお母さんや赤ちゃんにとっては、温度管理ができていない冬の部屋というのは過酷な状況です。

オイルヒーターは部屋の空気を優しく温めます。エアコンのような手軽さがないのですが、オイルを温めることで、その周りの空気を温め、湿度を下げません

エアコンに比べて音も静かですので、就寝中の部屋の暖房には適しています。

ただし、オイルヒーターは省エネ系のエアコンに比べて電気代がかかるのが難点ですので、夜間だけ寝室でオイルヒーターを使うという工夫もできます。

エアコンの清掃をしっかりと

秋から冬にかけては、リビングや寝室など赤ちゃんが寝ている部屋に暖房を使うことが多い
のですが、使用する暖房器具には使用する前、使用中など細心の注意を払うことが大切です。

エアコンなどを利用する家庭が増えていますが、エアコンを使用する場合は中のフィルターを定期的にしっかりと掃除することが大切です。

掃除をしていないとフィルターに溜まったダストを、赤ちゃんの上にばら撒くことになります。

アレルギーなどの原因にもなりますので、定期的に時期を決めてしっかり掃除をしましょう。

また、エアコンの深部などは家庭では掃除できない部分もあるので、汚れが気になる場合は専門の業者に掃除を委託することも必要です。

石油ストーブなどは設置する場所を考える

赤ちゃんのいる部屋で、火を起こす石油ストーブ、ファンヒーター、ガスストーブなどを使って暖房する時は、赤ちゃんに危険がないように、できるだけ安全な場所や距離を置いて設置しましょう。

まだ自分で動けない赤ちゃんだからといって、石油ストーブなどを赤ちゃんの近くに置くのは危険です。

突然地震が起きたり、家族に当たったりしてストーブが倒れるということも考えられます。

特に動けるようになった赤ちゃんの周りでは、大人の目がない場所でこれらの暖房器具を使うのは危険です。しっかり安全を確保することが大切です。

まとめ

秋から冬にかけて生まれる赤ちゃんのお部屋作りには、特に室温や湿度設定が重要になってきます。

多くの時間、部屋で過ごす赤ちゃんが快適に感じる空気の状態を、常にキープできることが赤ちゃんの健康に直結します。

また、寒さから赤ちゃんを守るために、夜間でも寒い部屋にならないように工夫したり、すぐに体温調節ができるように、タオルケットやブランケットなどを近くに用意しておくことも大切です。

この記事が役に立ったらシェアしよう!


はじめての方はこちら!

葉酸サプリタイアップキャンペーン開催中

人気ブランドの葉酸サプリをお得にGETする大チャンス!ココマガ読者さまだけの限定特典をご用意していただきました。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 300円OFFクーポン!はこちら
  • 定期2,980円

キングオブ葉酸!ベルタ葉酸サプリ

  • 酵素サプリプレゼント!
  • 定期3,980円

妊活におすすめ!ママナチュレ

  • たんぽぽ茶プレゼント!
  • 初回3,980円
葉酸サプリの選び方を見る

関連するカテゴリー
産後育児

スポンサードリンク

目次
をみる
関連記事
をみる