あって欲しくない着床トラブル!子宮外妊娠や着床障害について



卵子と精子が受精し、無事着床に至ってくれる妊娠が成立します。しかし、なかには着床トラブルが生じてせっかく受精できていたとしても妊娠に至らないことも…。

そこで今回は、

・受精したから妊娠できたのでは?
・着床トラブルとはどんなもの?

といった方に、着床時に起こりえるトラブルについて、その原因と現代の一般的な対応について詳しくご説明します。

着床トラブル

着床に至るまでには、子宮外妊娠と着床障害という2つの大きな問題が起こりえます。

子宮外妊娠

受精卵は通常、子宮内膜に着床するのですが、子宮外妊娠は卵管など子宮内膜ではない部位に着床してしまう異常妊娠です。全体の0.5~1.51%の確率で起きるとされています。

また、1度子宮外妊娠した場合、再び子宮外妊娠になる確率は通常の10倍以上とも言われています。
子宮外妊娠が起こりやすいのは、今まで下腹部の手術を受けたことがある人や、卵管炎などの炎症がある場合などです。

卵管炎は、性感染症のクラミジアなどでおこります。
その他、度重なる妊娠人工中絶や、子宮内膜症なども、原因としてあげられます。

子宮外妊娠の場合、妊娠尿中検査は陽性となり、初期では自分が子宮外妊娠だと気づきません

通常は妊娠5~6週頃に産婦人科を受診して超音波検査をすると発見されるのですが、受診が遅れた場合は受精卵がどんどん大きくなって卵管が破裂し、お腹の中で大量出血を引き起こして非常に危険な状態となります。

治療法は発見された時期や症状によっても異なりますが、待機療法、薬物療法、手術などがあげられます。

詳しくは、「子宮外妊娠とは?子宮外妊娠について知っておこう」の記事にてご説明しています。

昨今では、次の妊娠に備えてなるべく卵管や卵巣を残すように努力がなされています。

着床障害

着床障害とは、受精卵ができて子宮腔まで進んだにも関わらず、子宮内膜に着床できないことをいいます。

原因として考えられるのは、子宮内膜が着床に適した状態になっていないことがあげられます。

通常、卵胞ホルモンの働きにより子宮内膜は厚くなり、黄体ホルモンの働きによって子宮内膜が着床に適した状態に成熟するのですが、これらのホルモンがうまく分泌されずに、厚さが8ミリ以下だった場合や成熟が行われないとうまく着床することができなくなります。

着床障害は大きな不妊原因の一つです。

このような着床障害にはホルモン注射などの治療法が有効です。

また、ホルモンバランスが、大きく関与してくるので、普段の生活において過度のストレスや疲れ、睡眠不足に気をつけましょう。

photo credit: demandaj via photopin cc

supervisor_image_url_2

監修:成田 亜希子(医師)

プロフィール:弘前大学卒業後、内科医として地域医療に従事。その傍ら、保健所勤務経験もあり、国立保健医療科学院での研修も積む。感染症や医療行政にも精通している。プライベートでは二児の母。

この記事が役に立ったらシェアしよう!


ココマガ編集部厳選サプリ

ココマガが厳選した妊活サプリ、葉酸サプリをご紹介!お得なキャンペーンを実施中の商品もあるので、ぜひチェックしてくださいね。

男性用妊活サプリ「精育支援サプリ」

  • 精子観察キットがついてくる!
  • 定期3,582円
男性の妊活について詳しく知る

米仏でもNo,1獲得の葉酸サプリ「ララリパブリック」

  • 300円OFFクーポン!はこちら
  • 定期2,980円

キングオブ葉酸!ベルタ葉酸サプリ

  • 酵素サプリプレゼント!
  • 定期3,980円
葉酸サプリの選び方を見る

はじめての方はこちら!

妊娠周期ごとのまとめ記事

はじめての妊娠の方に、読んでもらいたい記事をまとめました。周期ごとのママや胎児の様子を把握しておきましょう。


妊活のカテゴリー

子作り・セックス生理妊娠の兆候
着床妊娠検査薬男性の妊活
つわり基礎体温保険
葉酸サプリ
子作り・セックス生理
妊娠の兆候着床
妊娠検査薬男性の妊活
つわり基礎体温
保険葉酸サプリ
目次
をみる
関連記事
をみる