母子ともに危険!?常位胎盤早期剥離の原因や症状・予防策とは

常位胎盤早期剥離は腹痛や出血を伴う?原因や対策・予防策は?




妊娠中にお腹が痛いと感じることはよくある症状ですが、同時に不正出血が続くときには「常位胎盤早期剥離」を引き起こしている可能性が高いです。

常位胎盤早期剥離とはお腹に赤ちゃんがいるにもかかわらず、子宮壁から胎盤が剥がれてしまう疾患です。産科疾患の中では超緊急となる疾患で、最悪の場合、妊婦さんも赤ちゃんも死亡する危険性があります。

妊娠32週~36週に起きやすいとされており、安定期であっても決して油断はできません。

そこで今回は、

・常位胎盤早期剥離は妊娠何週ごろが多いの?
・常位胎盤早期剥離は妊娠中に治らないの?
・常位胎盤早期剥離を起こさないように気を付けることはできる?

といった方に、常位胎盤早期剥離の前兆を見逃さないためにも、どのような症状があらわれるのか、何が原因で疾患が起こるのか、予防策も含め詳しくご紹介します。

常位胎盤早期剥離とは?

常位胎盤早期剥離とは

常位胎盤早期剥離は、赤ちゃんがまだ子宮にいるにもかかわらず、何かしらの原因で胎盤が子宮壁から剥がれてしまう状態のことをいいます。母体だけでなくお腹の赤ちゃんにも危険が及ぶ大変危険な疾患です。

常位胎盤早期剥離が起こるとどうなる?

常位胎盤早期剥離が起こると、胎盤が剥がれ落ち子宮壁から出血します。出血した血の塊が子宮と胎盤の間にできると、赤ちゃんへ流れていた血流が急激に減少し、栄養や酸素が届かなくなります。

さらに、胎盤が剥がれた箇所から母体に悪影響のある分子が入り込み、傷ついた子宮壁の血が固まりにくくなる「播種性血管内血液凝固(はしゅせいけっかんないけつえきぎょうこ)症候群(DIC)」という症状が起こります。

この症状を引き起こすと、患部から出血したままの状態が続くため、出血多量によるショックや肝臓・腎臓などの臓器障害が起こる可能性が高くなります。

そして症状が悪化した場合には、赤ちゃんの命に危険があるだけでなく、自力で回復できなくなってしまった子宮を摘出しなければならなかったり、妊婦さんが命を落とす危険性もあります。

常位胎盤早期剥離が起こる原因は?

常位胎盤早期剥離が起こる原因は

常位胎盤早期剥離が起こる大きな原因をいくつか挙げてみましょう。要因となるリスクをできる限り排除することが、常位胎盤早期剥離の一番の予防となります。

妊娠高血圧症候群

妊娠高血圧症候群は、常位胎盤早期剥離を引き起こす原因の3分の1〜3分の2を占めており、また常位胎盤早期剥離が重症化しやすい疾患です。

早産を引き起こす原因にもなるので、妊娠中はこの疾患を発症しないよう特に注意が必要です。

慢性的な高血圧も常位胎盤早期剥離の原因とされているため、妊娠中は塩分の摂り過ぎや食生活に気をつけ、血圧のコントロールをしっかりと行いましょう。

絨毛膜羊膜炎

絨毛膜羊膜炎は、赤ちゃんを包んでいる脱落膜・絨毛膜・羊膜の3層の膜のうち、絨毛膜と羊膜に炎症が起こる病気です。

炎症に気がつかずにいると、子宮が収縮して破水を起こし、切迫早産や早産・流産・常位胎盤早期剥離を引き起こす原因になります。

胎児奇形・子宮内胎児発育遅延

胎児奇形の場合、胎盤の構造異常が一緒に指摘されることがあり、常位胎盤早期剥離を引き起こすリスク要因として考えられています。

子宮内胎児発育遅延の症状が重篤な場合には、その原因として妊娠高血圧症候群を発症していることが可能性として挙げられます。

常位胎盤早期剥離の既往

一度常位胎盤早期剥離を引き起こすと次回の妊娠でも起こりやすく、その再発率は10%前後と高めです。

最初の妊娠で発症した場合、次の妊娠時にはより注意をする必要があります。

前期破水(子宮内圧の低下)

原因としては稀ですが、破水によって子宮内圧が急激に減少することから常位胎盤早期剥離を引き起こすケースがあります。

喫煙

喫煙は常位胎盤早期剥離のリスクを高めます。その発生頻度は、喫煙しない方と比較すると2倍近く差があります。

また喫煙は赤ちゃんの発育不全につながるため、妊婦さんはもちろん、旦那様にも禁煙してもらうのがベストです。

外的刺激(交通事故などによる腹部への刺激)

交通事故などで受けた外的な刺激や衝撃も、常位胎盤早期剥離の原因となる場合があります。可能性としては低いですが、常位胎盤早期剥離が起こる原因の1〜2%ほどを占めます。

刺激や衝撃を受けた後すぐに発症するケースと、ある程度時間が経ってから発症するケースがあります。

万が一腹部に外的な衝撃を受けた場合には、少なくとも4時間ほどは胎児心拍モニタリングや経過観察を行うようにします。

他にも、感染症や子宮筋腫などの合併症も常位胎盤早期剥離の原因になる可能性があるため、妊娠中に発症しやすい疾患に知識を持ち、対応できるようにしておくことが大切です。

常位胎盤早期剥離が起こる確率は?

常位胎盤早期剥離が起こる確率は

常位胎盤早期剥離は全妊娠の0.3〜0.9%ほどの確率で、頻度自体はそれほど多くはありません。

しかし、ここで挙げた以外の原因からでも引き起こされる可能性はあり、妊婦検診でも事前に発見するのは難しいため注意が必要です。

また、常位胎盤早期剥離は臨月に突然に発症することもあれば、分娩の経過中に産院で突然起こることもあります。進行状況だけではなく発生するタイミングもはっきりとは把握できません。

そのため、常位胎盤早期剥離とはどのような疾患なのか、自分でもよく理解しておくことが大切です。

疾患に重症や軽症はある?

重症か軽症かは、胎盤の剥離した面積によって変わってきます。剥離面積が30%以下は軽症、30%〜50%ほどであれば中等症、50%以上で重症と判断されます。

しかし、あまりにも軽症の場合には、不正出血や腹痛などの症状が出ないことも多く、胎児心拍数モニターやエコーで確認しても、赤ちゃんの異常が見つからないために発見が遅れる場合があります。

通常、胎児心拍数モニターと超音波検査での診断を行いますが、これらの検査では症状が見受けられない方も多くいます。常位胎盤早期剥離は早期発見することが重要です。

治療で進行を遅らせたり出血を止めることが不可能なため、赤ちゃんと妊婦さんを救うには迅速な対応が求められます。

常位胎盤早期剥離が起こる前触れや症状はある?

常位胎盤早期剥離が起こる前触れや症状はある

症状の重症度だけでなく進行速度によっても異なりますが、次のような症状が疾患の前触れとしてあらわれる時があります。

強い腹痛

妊娠中はお腹の張りや腹痛はつきものですが、常位胎盤早期剥離で起こる腹痛は、継続的で起きていられないほどの痛みが続きます。痛みに耐え切れず失神して運ばれる妊婦さんもいるため、通常の腹痛とは異なります。

動けなくなるほどの腹痛の場合は、すでに重症で進行速度も速いです。症状が軽い場合、強い腹痛が起こる確率は低いですが、お腹が硬くなることがあるので「お腹が痛い」もしくは「お腹が硬い」と感じたら、早めに病院の指示を仰ぎましょう。

不正出血

常位胎盤早期剥離の前触れとして、不正出血があります。ただし出血量が少ないので、そうとは気がつかない妊婦さんもいます。

見た目に出血している量は少なくても、子宮の中では大量出血していることもあり、貧血を起こす場合もあります。いずれも軽症の場合にはわかりにくいことがあります。

胎動がなくなる

通常は妊娠後期に近づくにつれて胎動は大きく激しくなるものですが、常位胎盤早期剥離を引き起こしているときには、子宮壁が剥がれて赤ちゃんへ酸素や栄養が届かなくなっているため胎動が少なくなっていきます。

胎動は2〜3時間で10回以上感じるのが正常です。何時間も胎動を感じない場合には、お腹の中で赤ちゃんが弱っていることがあります。

また、臨月になると出産を控えて赤ちゃんが子宮口へ降りてくるので「胎動が少なくなる」とされています。

しかし、あまりにも胎動が少ないときには注意が必要です。陣痛が起きてから常位胎盤早期剥離であることが発覚して、緊急帝王切開になる妊婦さんもいるので、胎動を感じるようになってからは毎日動きを確認しましょう。

切迫流産の兆候があるとき

実際の症例としてありますが、切迫流産の兆候があったときに常位胎盤早期剥離の症状が認められることが多いです。

切迫流産とは?

切迫流産とは、流産が差し迫っている妊娠22週未満の状態をいいます。といっても、すべてが流産につながるわけではありません。安静などの適切な治療を受け、赤ちゃんの心拍が確認されれば、そのほとんどが妊娠を継続できます。

切迫早産とは?

早産の一歩手前の状態で、赤ちゃんが妊娠22週~36週の間に生まれそうになることです。正期産ではないのに子宮収縮が起こり、子宮口が開いて破水することもあります。このように赤ちゃんが生まれてこようとしている状態が切迫早産です。

常位胎盤早期剥離の検査方法は?

常位胎盤早期剥離の検査方法は
通常の検査は胎児心拍数モニターと超音波検査で行います。これらに加え、必要なときは血液検査をします。

超音波検査では、胎盤が剥がれ出血した血が塊となり、子宮壁と胎盤の間に挟まっていないか、胎盤が厚く肥大して映っていないかを確認します。

しかし、超音波検査で所見が認められる確率はかなり低く、この検査で明らかな出血形跡があるときには、すでに重症で超緊急の状態です。

早期発見のためには、超音波検査と併せて胎児心拍数モニターで心拍数が正常かを確認し、血液検査の数値も見た上で総合的な判断を行うことになります。

常位胎盤早期剥離は、腹痛・不正出血・胎動の減少などの症状があらわれるものの、軽症の場合にはその症状がはっきりと出ないため、疾患の疑いがあるときには万が一のことを考えて入院管理を行うしかありません。

また、これらの検査では症状が見受けられない方も多くいるので、妊婦さん自身だけでなくお医者様も「剥離の可能性がないかどうか」という視点での観察がとても重要となります。

常位胎盤早期剥離の赤ちゃんへの影響は?

常位胎盤早期剥離が重症化すると、赤ちゃんの死亡率は50%になるとされています。

また、助かったとしても胎盤が剥がれ酸素が送られなかった影響で、胎児機能不全になる可能性が高いです。低酸素症の影響は重く、麻痺などの後遺症が残ることもあります。

常位胎盤早期剥離の妊婦さんへの影響は?

赤ちゃんを娩出した後、出血がおさまらない場合には子宮を摘出する処置を施すことがあります。

胎盤が剥がれ落ちることで大量出血を引き起こしたり、出血により血圧が下がり意識が朦朧(もうろう)とするなど、手術中に危険な状態に陥る可能性もあります。

常位胎盤早期剥離の出産への影響は?

常位胎盤早期剥離で一番多いのは、症状が中等症のケースです。症状と進行状況にもよりますが、緊急帝王切開で赤ちゃんを速やかに娩出することが大半です。

しかし、常位胎盤早期剥離の症状が軽症の場合には、入院して安静に努めることで自然分娩が可能です。妊娠34週以降に発見されたとしても、赤ちゃんがお産に耐えられる体力があれば、陣痛促進剤などを使って分娩できます。

これらはごく稀なケースですが、早期発見と安静によって自然分娩できる確率があがるのです。

常位胎盤早期剥離は治療できる?

常位胎盤早期剥離は治療できる
常位胎盤早期剥離は治療することで症状を抑えたり、進行を遅らせることが不可能です。

また、処置が遅れることで母子ともに命の危険があるので、その対応は時間との戦いになります。陣痛とは異なる強い腹痛が続き、少量でも継続して出血が認められるような場合には、至急産婦人科を受診しましょう。

常位胎盤早期剥離はどうやって予防する?

常位胎盤早期剥離の予防には、今回ご紹介した剥離の原因となる病気や症状を、引き起こさないようにすることが大切です。原因となる要因の一つひとつに対策できることは何かしらあります。

また、何よりも普段の生活を気をつけることが予防につながります。中でも妊娠高血圧症候群を予防することは、常位胎盤早期剥離を引き起こさないためにも大変重要なことです。

そして、常位胎盤早期剥離は、早期発見できることで軽症に抑えることは可能です。そのために定期的な妊婦健診は一番大切です。

健診までに出血があった場合には、日時や量、頻度などをメモしておきましょう。お医者様と密な相談ができることも早期発見につながります。

外的な衝撃や刺激も大目に見ず、転倒したり下腹部をぶつけるなどした際には、目立った外傷がなくても念のために受診しましょう。また禁煙も早めに始めることでリスクは低下します。

異常があれば早めに受診しましょう

異常があれば早めに受診しましょう

常位胎盤早期剥離は、妊娠32~36週頃に起きやすいといわれており、たとえ安定期であったとしても油断はできない疾患です。

早期発見により妊婦さんと赤ちゃんの命が左右されるといっても過言ではないので、異変にいち早く気がつけるかどうかも鍵となります。

また、病態がゆっくり進行することは稀で、進行の早いものだと発症してから数時間で母子が死亡するケースもあります。妊娠したら体の異常に敏感になりましょう。

そして、お腹の痛みやお腹が硬いと感じるときには、症状が我慢できるほどの軽いものであったとしても、お医者様に伝えるようにしてください。

この記事が役に立ったらシェアしよう!


はじめての方はこちら!

葉酸サプリタイアップキャンペーン開催中

人気ブランドの葉酸サプリをお得にGETする大チャンス!ココマガ読者さまだけの限定特典をご用意していただきました。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 300円OFFクーポン!はこちら
  • 定期2,980円

キングオブ葉酸!ベルタ葉酸サプリ

  • 酵素サプリプレゼント!
  • 定期3,980円

妊活におすすめ!ママナチュレ

  • たんぽぽ茶プレゼント!
  • 初回3,980円
葉酸サプリの選び方を見る

妊娠周期ごとのまとめ記事

はじめての妊娠の方に、読んでもらいたい記事をまとめました。周期ごとのママや胎児の様子を把握しておきましょう。



妊娠初期・中期・後期のカテゴリー

妊娠初期妊娠中期妊娠後期
アルコールカフェインストレス解消
つわりマタニティブルー・産後うつ便秘・下痢
冷え・むくみ腹痛・お腹の張り妊婦検診・検査
妊娠中のおしゃれ妊娠中のスキンケア妊娠中の仕事
妊娠中の体重管理妊娠中の外出・旅行妊娠中の家での過ごし方
妊娠中の病気妊娠中の運動妊娠中の食事
妊娠中の栄養葉酸サプリ妊娠線・妊娠線予防
出産出産予定日出産準備
陣痛・おしるし高血圧・低血圧高齢出産
妊娠初期妊娠中期
妊娠後期アルコール
カフェインストレス解消
つわりマタニティブルー・産後うつ
便秘・下痢冷え・むくみ
腹痛・お腹の張り妊婦検診・検査
妊娠中のおしゃれ妊娠中のスキンケア
妊娠中の仕事妊娠中の体重管理
妊娠中の外出・旅行妊娠中の家での過ごし方
妊娠中の病気妊娠中の運動
妊娠中の食事妊娠中の栄養
葉酸サプリ妊娠線・妊娠線予防
出産出産予定日
出産準備陣痛・おしるし
高血圧・低血圧高齢出産
目次
をみる
関連記事
をみる