妊娠後期のニキビ

妊娠後期のニキビはなぜ増える?美肌をキープするには?




妊娠後期になると、肌荒れの一環としてニキビが増えてしまう妊婦さんも珍しくありません。

妊娠初期にもホルモンバランスの変化があり、肌荒れを起こすことがありますが、妊娠後期にもニキビが増えてしまうのはなぜでしょうか?

もうすぐ出産というタイミングになってニキビが増えてしまうと、出産に対する不安やさまざまな悩みだけでなく、お肌の悩みも抱えなくてはなりません。

そこで今回は、

・妊娠後期にニキビが増えるのはなぜ?
・妊娠後期にできたニキビはどうすればいい?
・妊娠後期のニキビがどうしても治らないときは?

といった方に、妊娠後期にニキビが増える原因や対策について詳しくご紹介します。

妊娠後期にニキビが増える理由

ニキビが増える理由

妊娠後期に入ってニキビが増えてしまう理由は、とてもたくさん考えられています。以下で1つずつご紹介していきましょう。

食事の変化によるもの

妊娠後期になると食事にさまざまな変化があらわれてきます。特に出産が近づけば近づくほど赤ちゃんが子宮の入り口に向かって下がってくるため、胃が楽になってたくさん食べてしまうことがあります。

ホルモンバランスの変化によって食事の好みが変わることもありますが、今までよりもたくさんの食事を摂ってしまうことや、味の濃いものがたくさん食べたくなるなどといった変化からニキビができやすくなります。

ホルモンバランスの変化によるもの

妊娠後期になると、妊娠初期と同じように再びホルモンに大きな変化があらわれます。妊娠後期に分泌されるホルモンの成分には、皮脂の分泌を増やすというものが含まれており、これが原因でニキビになってしまうのです。

皮脂の分泌が活発になると、毛穴をしっかり綺麗にしていなければ毛穴詰まりを引き起こします。そこに複数の細菌が繁殖し、ニキビの原因菌となるアクネ菌が増えてしまうことがあります。

睡眠不足やストレス

出産へのさまざまな不安や心配をはじめとして、お腹が苦しいといった理由から夜はぐっすりと眠ることができず、睡眠不足になってしまうこともあります。

またストレスを抱えてしまうというケースもあります。睡眠不足やストレスは肌代謝そのものを低下させるため、ターンオーバーのサイクルが乱れてしまい、毛穴詰まりからニキビになってしまうことがあります。

肌がデリケートになる

妊娠後期にはホルモンバランスの変化などがあらわれることによって、お肌の状態も非常にデリケートになります。

そのため、日頃から使用しているコスメでもお肌が敏感になり、炎症を起こしてニキビになってしまうこともあります。

メイクに使用するためのコスメだけでなく、肌のお手入れをする基礎化粧品に関しても敏感になりますので、今まで使っていた化粧品が原因でニキビになってしまうことも考えられるのです。

また、その他にはメイクに使用するスポンジなどが汚れていて、これがニキビの原因になるケースもあります。

乾燥状態が続く

時期的なものも関係してくるのですが、その他にも妊娠後期の妊婦さんの体内では水分不足の状態が続きます。

こまめな水分摂取を行わなければお肌にも乾燥状態が出てきてしまうため、毛穴が開き、ここに皮脂が詰まってニキビとなってしまいます。

妊娠後期のニキビは顔以外にもできる

ニキビは顔以外にもできる

妊娠後期のニキビにはさまざまな原因が考えられるのですが、妊娠後期のニキビは顔だけでなく、その他の部分にもできてしまうことがあります。

肩やデコルテなど

肩周辺やデコルテ部分などにたくさんのニキビができてしまい、炎症を起こして痛みが出てしまうというケースがあります。

背中やお尻

お腹が大きくなることによって、お風呂に入った際には背中やお尻を洗うのが難しくなり、このような部分にもニキビが増えてしまうことがあります。

またボディにできてしまうニキビについては洗いにくいといった原因だけでなく、その他にもさまざまな原因が考えられるので、以下でご紹介していく改善方法を取り入れてみてください。

妊娠後期のニキビ対策は?

ニキビ対策

妊娠後期になってニキビが増えてしまった、またはニキビが頻繁にできてしまうといった状況になったら、いくつかの対策を取り入れていくことが大切です。

お顔だけでなく体にできてしまうニキビについてもしっかりと対策をしながら、キレイなお肌を維持するように心がけましょう。

とてもたくさんの改善方法や対策などがありますので、一つ一つできるものから始めていくきましょう。

洗顔料を変えてみる

今まで使っていた洗顔料がお肌に合わなくなってしまうことがあります。しっかりとお肌の汚れを落としながらも、お肌に必要な皮脂などは残してくれるようなナチュラル成分の洗顔料に変えてみましょう。

人工的な保存料などが加わっている洗顔料ではお肌に対する刺激が強く、これがニキビを招いてしまうこともあります。

また洗顔を行う際には、洗顔料を肌の上で泡立てるようなことはせず、必ずネットを使ってしっかり泡立ててからお肌の上に泡を乗せて洗いましょう。お肌に強い刺激を与えてしまうのはお肌を敏感にして、ニキビの原因を作ってしまうことにも繋がります。

保湿を十分に行う

肌の乾燥状態が続いてしまうと上でもお話した通り、毛穴が開いてしまうことになります。また、お肌を潤わせるために皮脂の分泌が活発になってしまうことも考えられます。毛穴をしっかりと塞いでおくためにも、保湿がとても重要

ここでオススメになるのが、お肌にはダメージは与えない「お砂糖」を使う方法です。洗った後のお肌に、お湯を混ぜてペースト状にしたお砂糖をしばらくの間乗せましょう。

5分程度お肌にお砂糖ペーストを乗せたら綺麗にぬるま湯で洗い流します。その後いつもと変わらないスキンケアを行いましょう。

お砂糖には非常に優れた保湿効果がありますので、潤いを与え毛穴を引き締めてくれます。また、この他には化粧水などで炎症が起きるといった状況でなければ、コットンパックを行い、保湿するといった方法もおすすめです。

食事の内容を見直してみる

食事の内容を見直してみるのも妊娠後期に増えるニキビの対策となります。油っぽいものを避けることはとても大切ですが、お料理としてだけでなく、生クリームやその他にも、バターなどがたっぷりと含まれたスイーツも控えましょう。

さらに、塩分の濃いものは血行を悪くしてしまい、お肌の代謝そのものが低下することになります。脂っこいものや塩辛いものは避け、ヘルシーでさっぱりとしたものを食べるように心がけてください。

ソフトピーリングで毛穴をキレイにする

ターンオーバーのサイクルが乱れてしまい、古くなった角質などがお肌の表面に残ると、これが毛穴詰まりの原因となってしまうことがあります。

毛穴詰まりはニキビの大敵ですので、ソフトピーリングをしましょう。ソフトピーリングを行いお肌に逆効果となってしまうことを避けるため、ここでオススメなのは「ヨーグルト」です。

お砂糖が含まれているものであれば更に効果がありますが、お砂糖の含まれていないものでも構いません。

ヨーグルトを洗顔後の肌に塗り、5分から10分程度パックします。その後しっかりと洗い流し、スキンケアを行いましょう。

ヨーグルトに含まれている乳清はソフトピーリングの効果があり、古い角質などをしっかりと取り除いてくれます。

また、余分な皮脂に関してもダメージを与えず取り除いてくれるのでニキビ予防としては、とてもオススメな方法になります。

コスメは無添加を使う

スキンケアを行うコスメに関しては、可能な限り無添加のものに変更してください。メイク用品と同じように人工的な成分が含有されているものは、妊娠後期の妊婦さんの肌には刺激が強すぎることがあります。

もちろん、ここでも顔だけでなくボディについての対策が必要になるため、保湿のためのボディクリームなどについても無添加の商品を選びましょう。

グッスリと眠ることを心がける

睡眠不足やストレスが蓄積されることを防ぐため、ぐっすり眠ることを心がけてみてください。夜になるとぐっすり眠れないという妊婦は、昼寝をしてみましょう。

少しずつでも眠る時間を増やすことによって、ホルモンバランスが極端に乱れてしまうことを防ぎニキビの予防につながっていきます。

洗濯の洗剤や柔軟剤を変える

お洗濯に使用する洗剤や柔軟剤にも人工的な成分が加わっていることがあり、無添加に変えることによってお顔をはじめ、ボディにできてしまうニキビを予防することにつながっていきます。

お洗濯用の洗剤や柔軟剤に含まれた成分が、お肌に刺激を与えてニキビができていることもあるので、このような部分の見直しも行い、お肌に対する刺激となる人工的な成分が含有されてないものを使いましょう。

無添加の洗濯用洗剤や柔軟材に関しては出産後、赤ちゃんの衣類などをお洗濯する際にも活用することができます。

寝具を洗濯する

妊娠後期のニキビに悩まされている妊婦さんの中には、寝具の洗濯などをうっかり忘れているというケースがあります。毎日自分が眠っている寝具について、清潔な状態を保ちましょう。

寝具が汚れていると、それだけでも肌には大きなダメージとなります。特に妊娠後期は汗の分泌量や皮脂の分泌量が増えるので、眠っている間に分泌された皮脂や汗が寝具に染み込んでいることがあります。

ここに細菌が繁殖していると、ニキビの原因となるのです。もちろん寝具だけでなくパジャマに関しても常に清潔な状態を維持しましょう。

ボディソープを変える

顔にできてしまうニキビに関しては、洗顔料を変えてみるといった方法がありますが、ボディにできてしまうニキビの改善についてはボディソープの見直しが大切になります。

ここでもやはり基本的には無添加のものを選んでいきましょう。また体を洗う際には、タオルでゴシゴシと擦ってしまうことを避けて、できるだけ優しく洗うことが大切です。

妊娠後期のお肌を守りニキビを防ぐため短期間であっても出産を迎えるまではタオルなどを使わず、柔らかいスポンジを使うことや、その他にも手でしっかりと泡立てた状態で体全体を綺麗にしましょう。

シャンプーの洗い残しに気をつける

シャンプーをした際に、シャンプーの洗い残しやコンディショナーの洗い残しなどがあると、これが背中や肩の部分などの毛穴をふさいでしまい、ニキビの原因になってしまいます。

そのためシャンプーをする際には必ず洗い残しがないように、しっかりとすすいでください。香りを残すためコンディショナーなどは簡単なすすぎを行うだけといった妊婦さんもいますが、にきび予防、そして対策のためには徹底的に洗い流すことが大切です。

また、整髪料を使用する妊婦さんの場合は整髪料が刺激になってしまうこともあるので、できるだけ使用することは控え、髪の毛を一つにまとめておくなどといった工夫をしましょう。

便秘の改善をする

便秘をすることは体内にたくさんの老廃物が蓄積されてしまうことになります。このような老廃物からは活性酸素が生まれ、活性酸素がお肌の代謝を低下させてしまうのです。

妊娠後期の肌に良い状態をキープするためにも、便秘の改善に取り組んでいきましょう。食生活の見直しだけでなく水分をしっかりと摂取することや、お天気の良い日のお散歩をして腸の働きを活発にしてあげることも大切です。

また、便秘の改善にはオリゴ糖も効果的です。妊婦さんの便秘や下痢にオリゴ糖が良い理由とおすすめのオリゴ糖の記事にておすすめのオリゴ糖をご紹介していますので、参考にしてみましょう。

セルフケアで治らないニキビはどうする?

治らないニキビ

さまざまな対策を行うことによって、妊娠後期のニキビを予防することになります。またニキビがたくさんできている状態であっても、少しずつ改善していくことができます。

しかし、上記したようなセルフケアでニキビの改善が見られない場合、どうすればよいのでしょうか。

ドラックストアなどではニキビの改善薬などが販売されていますが、こうしたお薬を使ってもよいのでしょうか。

市販薬などを使わず皮膚科を受診する

妊娠後期を迎えた妊婦さんは、独断で市販薬などを使用するのは避けた方が良いです。お肌に塗布するタイプの薬であっても妊娠後期の肌の状態には合わず、炎症を起こしてしまうことも考えられます。

そのためセルフケアで良くならない場合には皮膚科を受診して、適切な対処法を求めましょう。必要に応じてお薬が処方されるので、ここで処方された薬を使っていく、もしくは服用していくのがもっと安全です。

ニキビを潰すことはしない

妊娠後期をはじめとして、どのようなタイミングでも同じことがいえますが、ニキビができてしまった時には、決して潰さないようにしてください。

気になるのでどうしても触れたくなりますが、触ってしまいニキビが潰れると、その後ニキビ跡としていつまでも残ってしまうことがあります

そのためニキビを潰すことはせず、セルフケアを行い、必要に応じて皮膚科を受診してニキビの改善に取り組みましょう。

妊娠後期のニキビは産後に綺麗になることが多い

産後にキレイになる

妊娠後期のニキビは悩みの種になってしまうものです。しかし、しっかりとした対策で綺麗になるケースがほとんど。

体内の環境などによってニキビがなかなか治らないといった状況が続いても、産後では綺麗になるケースがほとんどです。

妊娠後期にニキビが増えてしまうのは確かに気が重いことですが、出産すればその後は綺麗に治っていくといった気持ちを持ち、過度にニキビを触らないことや、ニキビケアばかりに意識を向けてしまうことは避けましょう。

あまりにも気にするとストレスになるので、適度な対策とケアを行いながら出産後に治ることを願いましょう。

この記事が役に立ったらシェアしよう!


はじめての方はこちら!

葉酸サプリタイアップキャンペーン開催中

人気ブランドの葉酸サプリをお得にGETする大チャンス!ココマガ読者さまだけの限定特典をご用意していただきました。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 300円OFFクーポン!はこちら
  • 定期2,980円

キングオブ葉酸!ベルタ葉酸サプリ

  • 酵素サプリプレゼント!
  • 定期3,980円

妊活におすすめ!ママナチュレ

  • たんぽぽ茶プレゼント!
  • 初回3,980円
葉酸サプリの選び方を見る

妊娠周期ごとのまとめ記事

はじめての妊娠の方に、読んでもらいたい記事をまとめました。周期ごとのママや胎児の様子を把握しておきましょう。



妊娠初期・中期・後期のカテゴリー

妊娠初期妊娠中期妊娠後期
アルコールカフェインストレス解消
つわりマタニティブルー・産後うつ便秘・下痢
冷え・むくみ腹痛・お腹の張り妊婦検診・検査
妊娠中のおしゃれ妊娠中のスキンケア妊娠中の仕事
妊娠中の体重管理妊娠中の外出・旅行妊娠中の家での過ごし方
妊娠中の病気妊娠中の運動妊娠中の食事
妊娠中の栄養葉酸サプリ妊娠線・妊娠線予防
出産出産予定日出産準備
陣痛・おしるし高血圧・低血圧高齢出産
妊娠初期妊娠中期
妊娠後期アルコール
カフェインストレス解消
つわりマタニティブルー・産後うつ
便秘・下痢冷え・むくみ
腹痛・お腹の張り妊婦検診・検査
妊娠中のおしゃれ妊娠中のスキンケア
妊娠中の仕事妊娠中の体重管理
妊娠中の外出・旅行妊娠中の家での過ごし方
妊娠中の病気妊娠中の運動
妊娠中の食事妊娠中の栄養
葉酸サプリ妊娠線・妊娠線予防
出産出産予定日
出産準備陣痛・おしるし
高血圧・低血圧高齢出産

スポンサードリンク

目次
をみる
関連記事
をみる