妊娠後期のお風呂は安全に!快適に過ごしてリフレッシュ!

妊娠後期のお風呂は安全に!快適に過ごしてリフレッシュ!




妊娠後期に入るとお腹もどんどん大きく目立ちはじめ、ママは一つ一つの動作をするのも大変になります。

足元にも注意が必要ですが、特に気をつけたいのがお風呂。妊娠後期はお風呂に入る際、季節にもよりますが注意点がたくさんあります。

そこで今回は、

・妊娠後期のお風呂は何度くらいがいいの?
・妊娠後期のお風呂は何時ごろに入るのがベスト?
・妊娠後期にお風呂に入るときの注意点を教えてほしい!

といった方に、妊娠後期にお風呂について、メリットやデメリットも含め詳しくご説明します。

妊娠後期のお風呂はメリットがたくさん

妊娠後期のお風呂はメリットがたくさん

お風呂にゆっくり浸かると、疲れもとれ気持ちのいいものです。妊娠後期にもお風呂にゆっくりと入るのは、たくさんのメリットがあります。一つ一つご紹介していきましょう。

血行を促進して便秘の予防

お風呂に入ることによって、血行が促進されるのは誰もが知っていることです。妊娠後期のママはお腹が大きくなり、子宮がどんどん大きくなることから、胃や腸などが圧迫され血行不良から冷えにつながります。

ゆっくりとお風呂に入ることによって冷えを防ぎ、さらには便秘の解消につながります。特にお腹が大きくなり、腸が圧迫されて便秘に悩まされるママはとても多いので、入浴を便秘の改善に役立てましょう。

血流が良くなり胎動を感じやすい

妊娠後期になると、胎動をしっかりと感じられるようになり、胎動はママの血流が良くなるとさらに活発になります。お風呂に入りママの血流が良くなると胎動を感じやすいといったメリットがあるので、ゆっくりとお風呂に入り赤ちゃんにも心地よさを与えてあげましょう。

赤ちゃんはお腹の中でママの血流をしっかりと聞いています。この血流が良くなると、たくさんの音が聞こえて赤ちゃんの安心感が大きくなり、胎動が活発になるといわれています。

代謝が上がり肌荒れを防ぐ

妊娠後期には、肌荒れを起こしてしまうママも少なくありません。ホルモンバランスが変わることがもちろん影響してきますが、妊娠初期や中期に比べ、より多くの栄養素を赤ちゃんに供給するためです。

そのため肌荒れを起こし、さまざまなスキンケアをしても中々改善されないといった状態になってしまいます。入浴は基礎代謝を上げ、お肌の代謝もよくしてくれるので、肌荒れを防いでくれることにつながります。

体内の代謝が活発になれば、お肌の表面に蓄積された古い角質などもしっかりと落ち、新しいお肌細胞との入れ替わりも活発に行われるようになります。

気分的なリフレッシュになる

お風呂に入ることは、気分的にも大きなリフレッシュになります。シャワーだけで済ませるのではなく、しっかりと浴槽に浸かることで前述のようなメリットがあり、リラックスした時間を過ごせます。

妊娠後期は、出産が近づいてくるとともに、出産に対する不安も大きくなってきます。お風呂に入り気分的にリラックスをすれば、そういった不安な気持ちも小さくなり、精神的に不安定な状況を迎えることも少なくなります。

妊娠後期のお風呂の注意点

妊娠後期のお風呂の注意点

妊娠後期は上記のようにお風呂に入ることのメリットがたくさんあります。こういったメリットのためにも適度な温度や時間を守り、ゆっくりとお風呂に入りましょう。

ただし妊娠後期のころは最初にもお話しているとおり、注意点も存在しています。続いて注意点について具体的にご紹介していきましょう。

熱い温度でお風呂に入らない

お風呂に入る際には、お湯の温度が暑すぎてしまうととても危険です。お湯の温度が熱いと一気に体温が上昇して、血液の流れもその分激しく変わってしまうため、気分が悪くなる時あります。

ただでさえ、めまいや立ちくらみなどが増える妊娠後期ですので、お風呂に入る際の温度は低めに設定しましょう。

半身浴などをする場合には、低めの温度で長時間お風呂に入ると風邪をひくこともあるので、足湯に切り替える方法もおすすめです。

足元に気をつける

お風呂場は水分や石鹸などの成分によって、とても滑りやすく危険です。妊娠後期は、大きくなったお腹で自分の足元が見えにくく、バランスを崩しやすいです。

万が一滑って転倒するようなことがないように、足元には十分気をつけましょう。お風呂場の床部分には、滑り止めのマットを敷いたり手すりを付けるなどの工夫も大事です。

脱衣所との温度差

脱衣所とお風呂場の温度差があまりにも大きくなると、妊娠後期のママの体には大きな負担となります。極端な温度差によって、めまいや立ちくらみを起こす、さらには気分が悪くなり吐き気を催す、頭痛が起きるといった多くのデメリットがあります。

特に冬場は脱衣所とお風呂場の温度差が大きくなるので、脱衣所をしっかりと温めてからお風呂に入りましょう。お風呂から出る際に脱衣場が寒くなっていると、お風呂で温まった体が急に冷えることでお腹が張ったり下腹部痛になることもあります。

前かがみの姿勢

お風呂では、前かがみの姿勢で顔を洗うことやシャンプーをすることも少なくありません。しかし、妊娠後期のママはお腹がどんどん大きくなり、前かがみの姿勢をとるのも苦しくなります。

シャンプーをする際などには、できるだけ前かがみではなく、上を向いて行う方法やご家族の協力を得て、シャンプーをするといった方法も取り入れていきましょう。

前かがみになると赤ちゃんが窮屈な思いをするので、ここで胎動が激しくなり胎動による痛みが強くなることがあります。

体を洗う際にも、前かがみになることが少ないように、ボディブラシなどを活用しながら洗いやすい方法を考えましょう。

水分不足による脱水

長時間お風呂に入っていると代謝が上がり、たくさんの汗が出てきます。これがとても気持ちよくリフレッシュにもつながりますが、妊娠後期はむくみなどを引き起こしやすくなります。理由はママが、日頃からたくさんの水分を赤ちゃんに使っているからです。

そのためお風呂に入り、水分不足になる場合もあるのです。お風呂に入る前とお風呂から出た後には、必ず水分摂取を行うことも忘れないでください。水分不足によって脱水症状を起こしてしまうと危険です。

長風呂による貧血、のぼせ

お風呂に長く入ることによる脱水症状も危険ですが、のぼせや貧血を起こすことが考えられます。長風呂を避けて短時間でお風呂がおすすめです。

日頃からお風呂が大好きなママは、妊娠後期でものんびり30分程度お風呂に入っていたいと思うことがあります。しかし、のぼせや貧血を防ぐためには10分程度に抑えた方が良いです。

妊娠後期は上記の注意点から、万が一お風呂に入っていて気分が悪くなったり転倒や強い痛みに襲われ、非常に危険な状態の時もあります。
ママが1人だけで居るときにお風呂に入ることは避け、すぐに助けを呼ぶことができるように必ずご家族がいる時間に入りましょう。

妊娠後期のお風呂、その他の注意点

妊娠後期のお風呂、その他の注意点

妊娠後期のお風呂で注意することの他にも、気になることがあります。いくつかあげてみましょう。

妊娠後期のお風呂で入浴剤やアロマオイルは?

妊娠後期になってお風呂に入る際に、入浴剤などを使用しても大丈夫かと心配になるママもいます。入浴剤やアロマオイルを使用した場合、特にママの体への悪影響や赤ちゃんへの悪影響などはありません。

香りの効果でリラックスできたり、お肌に潤いを与えてくれるなどもあるので、お好きな入浴剤またはアロマオイルを使用しましょう。ただし、香りが強すぎると気分が悪くなることもあります。

ハーブの中には妊娠中に危険とされるものもあります。特にアロマオイルを使用する際には注意をして使用しましょう。

妊娠後期はお風呂掃除にも気をつけて!

妊娠後期はママがお風呂に入る際に、気をつけることはたくさんありますが、お風呂掃除をする際にも同じように気をつけなければなりません。

特にお風呂掃除をする際に、熱い温度のシャワーを使って浴槽内や壁の汚れを落とすママもいますが、シャワーであっても熱い蒸気が出ていますので、長時間にわたりお風呂掃除をしていると、それだけでも気分が悪くなることがあるので注意しましょう。

さらにかがんだ状態でお風呂掃除を行うと、立ちくらみやめまいによってクラクラしたり、実際に転倒することもあります。かがんだ姿勢がお腹を圧迫することもあるのでお風呂掃除をする際には、無理をしないこと。

難しいと感じる時にはご家族に協力してもらい、お風呂掃除をお願いすることも考えましょう。

妊娠後期のお風呂は何時がよいの?

妊娠後期に入ってからお風呂の時間は何時くらいがベストなのかと悩むママもいます。特に決まった時間はありませんが、あまりにも遅い時間になるとご家族が寝てしまうこともあり、やはり万が一の際にはとても心配です。

夕食の後という意見もありますが、食事の後にお風呂に入ることで気分が悪くなるママもいます。そのためベストなのは夕飯前です。

お休みの日などは、日中の間にゆっくりとお風呂に入り、その後夜までの時間をリラックスして過ごす方法もあります。絶対にこの時間と決まったものはありませんが、冬場であれば極端に冷え込む日没後などを避けて入ることも検討しましょう。

遅くても夜の9時までにはお風呂に入り、その後はのんびりとリラックスタイムを過ごし睡眠をとる方法がベストになります。真夜中や明け方などは多くのリスクを考えて避けた方が良い時間帯です。

妊娠後期、上の子のお風呂はどうする?

妊娠後期、上の子のお風呂はどうする

妊娠後期にお風呂に入る際には前述した注意点を守りながら、ということになりますが初めての妊娠ではなく、すでに上のお子さんがいるご家庭では、ママが上の子さんをお風呂に入れることが多くなります。

ママだけがお風呂に入るといった状況ではなく、上のお子さんをお風呂に入れなければならないといった状況になってしまった場合、どうするのが1番良いのでしょうか。

パートナーやご家族にお願いする

ママはできるだけ負担を抱えることがないように、パートナーやご家族にお願いをするのが1番です。お腹が大きくなり上のお子さんを一緒にお風呂に入れるのは、ママが一人でお風呂に入るときよりも危険が伴います。

また、お腹の大きくなったママと上のお子さんが一緒に浴槽に入ると狭くなってしまうため、ママは浴槽に入らず寒い中で我慢をするといった状況になることもあります。

このような状況を避けるためにもパートナーをはじめ、ご家族に協力してもらい、上の子さんの入浴は任せるのが1番の方法です。

側について子供だけを入れてあげる

上のお子さんのお風呂をご家族に任せるのが難しいときには、子供だけをお風呂に入れる方法をとりましょう。もちろん、このときママはすぐ側について体を洗うことや浴槽に入る子供を見守る形です。

この方法であればママは洋服を脱ぐこともなく、体が冷えてしまうことも防げるので安心です。

妊娠後期はお風呂も大変!少しでも快適な時間を過ごす工夫を

妊娠後期はお風呂も大変!少しでも快適な時間を過ごす工夫を

妊娠後期は風呂に入る場面でもさまざまな工夫が必要になります。大きなお腹を抱えてお風呂に入るときには、とても大変だと感じるママは少なくありません。

しかし、快適にお風呂に入れる工夫を取り入れることによって、素敵なリフレッシュタイムにつながり気分的にも大きなメリットを与えてくれます。どうすればお風呂がもっとも快適になるのかを考えながら、妊娠後期のバスタイムを過ごしましょう。

この記事が役に立ったらシェアしよう!


はじめての方はこちら!

葉酸サプリタイアップキャンペーン開催中

人気ブランドの葉酸サプリをお得にGETする大チャンス!ココマガ読者さまだけの限定特典をご用意していただきました。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 300円OFFクーポン!はこちら
  • 定期2,980円

キングオブ葉酸!ベルタ葉酸サプリ

  • 酵素サプリプレゼント!
  • 定期3,980円

妊活におすすめ!ママナチュレ

  • たんぽぽ茶プレゼント!
  • 初回3,980円
葉酸サプリの選び方を見る

妊娠周期ごとのまとめ記事

はじめての妊娠の方に、読んでもらいたい記事をまとめました。周期ごとのママや胎児の様子を把握しておきましょう。



妊娠初期・中期・後期のカテゴリー

妊娠初期妊娠中期妊娠後期
アルコールカフェインストレス解消
つわりマタニティブルー・産後うつ便秘・下痢
冷え・むくみ腹痛・お腹の張り妊婦検診・検査
妊娠中のおしゃれ妊娠中のスキンケア妊娠中の仕事
妊娠中の体重管理妊娠中の外出・旅行妊娠中の家での過ごし方
妊娠中の病気妊娠中の運動妊娠中の食事
妊娠中の栄養葉酸サプリ妊娠線・妊娠線予防
出産出産予定日出産準備
陣痛・おしるし高血圧・低血圧高齢出産
妊娠初期妊娠中期
妊娠後期アルコール
カフェインストレス解消
つわりマタニティブルー・産後うつ
便秘・下痢冷え・むくみ
腹痛・お腹の張り妊婦検診・検査
妊娠中のおしゃれ妊娠中のスキンケア
妊娠中の仕事妊娠中の体重管理
妊娠中の外出・旅行妊娠中の家での過ごし方
妊娠中の病気妊娠中の運動
妊娠中の食事妊娠中の栄養
葉酸サプリ妊娠線・妊娠線予防
出産出産予定日
出産準備陣痛・おしるし
高血圧・低血圧高齢出産

スポンサードリンク

目次
をみる
関連記事
をみる