妊娠後期、お腹の調子の変化と下痢や便秘で気を付けたいこと

妊娠後期、お腹の調子の変化と下痢や便秘で気を付けたいこと




妊娠生活も終わりに近づいていながら、妊娠後期はお腹が今まで以上に大きくなり、胎動が激しくなる一方です。身体は出産の準備に入り始めていますが、動くのは正直しんどくなります。

そして、精神的に不安定にも陥りやすい時期でもあります。そんな中で、便秘気味だったママのお通じが良くなったり、逆に便秘が酷くなるなど、お腹の調子に変化があるのも妊娠後期に起こりやすい症状の1つ。

便秘で悩んでいたママでも、1日3~4回お通じが来てしまったり、下痢になってしまうママもいます。何故、妊娠後期に入ると快便になったりお腹の調子に変化が見られるのでしょうか?

そこで今回は、


・妊娠中は便秘だったのに、妊娠後期になったら突然快便に!どうして?
・下痢が続いてつらい。なにか良いアドバイスがほしい!
・便秘気味、頑張って出したいけど出産も近いしなんだか怖い。便秘だけで病院に行っても良いの?

といった方に、妊娠後期にお腹の調子が変わる理由と、下痢や便秘で気を付けることについて詳しくご説明します。

関連記事
>>妊婦さんの便秘や下痢にオリゴ糖が良い理由とおすすめのオリゴ糖
>>オリゴ糖で便秘解消!!子供も飲めるオリゴ糖の効果効能
>>妊娠中の便秘対策と妊婦さんが便秘になりやすい理由

妊娠後期に快便、下痢や便秘になってしまう理由は?

妊娠後期に快便、下痢や便秘になってしまう理由は

妊娠中はお腹の調子も崩しやすく、快便や下痢で悩む以前に便秘で悩むママがほとんどです。それが妊娠後期に入ると急にお通じが良くなるので、喜ぶどころか戸惑ってしまうママが増えます。

前触れもなく突然、症状が出てしまうことを考えると、不安にもなってきてしまいます。妊娠後期に下痢や快便になってしまうのに何か理由はあるのでしょうか。

女性ホルモンの影響

女性ホルモンにはエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)の2つのホルモンがあります。妊娠するとプロゲステロンの分泌が増加し始めて、このホルモンの作用で腸の動きが鈍くなります。

そして、妊娠後期に入ると逆に減少していきます。プロゲステロンが過剰に分泌されている間は先に挙げた作用により、ママの身体は便秘が起こりやすくなります。

ですが、妊娠後期はこのホルモンが減ることで便秘だったママのお通じが良くなったり、元々便秘ではないママは腸の働きが良すぎて下痢気味になってしまいます。

腸や膀胱の圧迫

主に下痢に当てはまる理由としては、妊娠後期、特に臨月に入ると身体が、出産の準備に入ることや子宮が大きくなることで、骨盤へ向かって子宮が下がっていきます。

子宮は元気に育った赤ちゃんがいる場所ですから、重さは相当なもので、その重さに腸や膀胱は圧迫されます。出産を迎えるまで腸などは、圧迫された状態のままなので、腸が消化不良を起こし下痢になりやすくなります。

また、消化不良だけでなく、便の排出を妨げるということから、妊娠後期は便秘になるママも増えます。

出産兆候の場合も

快便など、今までなかったことが突然始まると不安になると思いますが、妊娠後期に快便や下痢になってしまう理由の中には、出産の兆候である場合も含まれています。

実際に腹痛を感じて下痢だと思いトイレに行ってみれば、おしるしがあったという話や、トイレに行く間隔が短くなってきたと思っていたら陣痛が始まっていたというケースもあります。

とはいえ、妊娠後期のママ全てに当てはまる理由ではなく、前述の腸などの圧迫にもあるように、出産が近付くにつれ便秘気味になるママもいます。そして、そんな兆しもないまま出産を迎えるママもいます。

こんなママはお腹の調子を崩しやすいかも!

また、身体的な理由だけでなく妊娠後期に入ってから食欲が増したママや、ストレスを溜めやすい傾向がある場合には快便どころか、便秘や下痢などお腹の調子を崩しやすいかもしれません。

出産が近くなり、子宮が下がってくることで腸が圧迫されるのは先に示した通りですが、その状態で過剰摂取をしてしまうママは消化不良に陥りがちです。

また、ストレスは腸などの臓器をコントロールしている自律神経に悪影響を与えることがわかっています。その結果、腸が活発になり過ぎたり、逆に働かなかったりと消化機能が乱れます。

妊娠後期に快便ならまだしも、下痢や便秘では悩みたくないところです。以上の特徴に当てはまるママは気を付けるようにしましょう。

下痢の場合に気を付けたいことは?

下痢の場合に気を付けたいことは

便秘に悩まされていたママが快便になるなら未だしも、下痢が続いてしまうのは出産兆候の可能性もあるとはいえ、それが連日のようにあるのは体力的に疲れてしまいます。

基本的に下痢になっても、妊娠中のママの場合は、市販の薬は自己判断で服用しないことが安全です。

しかし、出産までの辛抱とはいえ下痢が続くのは身体的に辛いところ。下痢の症状を緩和するために、普段から気を付けられることはあるのでしょうか。

食べ方に気を付ける

下痢になる原因には、腸の圧迫による消化不良が挙げられます。つまり、普段よりも消化しにくい状態になっているので、食事をする際には、食べ方に気を付けることがポイントになります。

胃や腸など消化の負担にならない雑炊やうどん、脂身が少ない物など消化に良い食事を心掛けたり、1度に大量に摂取してしまうのも消化に悪いので、食事は少量に抑え、ひと口ずつよく噛んで食べることも大切です。

身体を冷やさない生活習慣を心掛ける

下痢を招いてしまう原因として、真っ先に挙げられるのは冷えです。そのため、身体を冷やさないように普段から身体を温める習慣をつけておくと、下痢の緩和が期待できます。

腹巻をしたり、湯たんぽの使用、カイロを貼るといった対策や、飲み物にしても食べ物にしても冷たい物をなるべく選ばないこと、生野菜など身体を冷やしてしまう食材を控えることも大切です。

身体から熱を逃がさないことがポイントなので、靴下を履いて足元を冷やさないようにするのも下痢に良いとされています。

食物繊維の多い食べ物は控える

便秘に良い食物繊維は、お腹の調子を整えるいう共通点から下痢にも良さそうなイメージがありますが、種類によっては控えた方がよい物もあります。それが不溶性食物繊維です。

水に溶けにくい上に水分を保持してしまう特徴があるので、腸を刺激して、下痢に対しては便がさらに緩くなってしまうからです。

この食物繊維はごぼうや豆類、サツマイモ、納豆などに多く含まれているので、下痢に悩むママは食べるのを控えましょう。

便秘の場合に気を付けたいことは?

便秘の場合に気を付けたいことは

快便や下痢っぽくなってしまうだけでなく、便秘も妊娠後期のママに起こりやすい症状です。その確率は約70%で、そのままにしておくのはママと赤ちゃんの健康に良くありません。

主な症状としては便が固くなってしまったり、何日間もお通じがこないことが挙げられます。下痢と同様に妊娠後期では珍しくない症状ですが、便秘になった際に気を付けられることはあるのでしょうか。

参考記事
>>つわりや便秘にも効果的!妊婦さんにおすすめの果物
>>妊娠中の便秘対策と妊婦さんが便秘になりやすい理由

便意がなくてもトイレへ!

便秘になると、ついトイレの利用回数も減ってしまいがちです。しかし、妊娠後期は便意がなくてもトイレに座る習慣をつけておくことが、便秘に良いとされています。

毎日、決まった時間にトイレへ行く習慣をつけることで、時間を身体が覚え、条件反射で便意もくるようになる可能性があるからです。おススメの時間帯は朝食の後。

この時間がもっとも便意を催しやすい時間帯とされています。慣れないうちは習慣付けをするのは難しいかもしれませんが、気を付けてみましょう。

ウォーキングなど軽めの運動をする

血の巡りも悪くなっているとされる便秘には、軽い運動などで血行促進することで便意を促す効果があります。下痢の時と同様に温かい物を飲んだり食べたり、お風呂に入って身体を温めるのも効果的です。

また、便秘は精神的なストレスから起こることもあるので、ウォーキングなどの軽めの運動はストレス解消にも良く一石二鳥です。

ただし、妊娠後期は激しい運動は控えた方が良いので、ママの身体に無理のない運動を自分のペースで行いましょう。

妊婦さんにおすすめの運動については、運動不足の妊婦さんにおすすめの簡単運動法の記事にて詳しくご紹介していますので参考にしてください。

下痢でも便秘でも心掛けたいこと

下痢でも便秘でも心掛けたいこと

下痢でも便秘でも、特に心掛けて欲しいのが小まめに水分補給をすることです。その理由としては、例えば下痢の場合、身体に必要な水分まで便と一緒に排出されているので、脱水症状が起こりやすく、ママに良くありません。

また、便秘の場合には、水分を小まめに摂ると、固くなってしまった便を柔らかくする効果があるので、便秘を解消するがめに必要不可欠です。

ただし、冷たい水の一気飲みは、身体を冷やしてしまう原因になるのでおススメできません。水分を摂る場合には、温かい白湯などを飲むようにしましょう。

水分補給をする際には無理をせず、通常よりも多めに摂るくらいの気持ちで大丈夫です。

また、腸内環境を整えるためには乳酸菌やオリゴ糖を摂ることも効果的です。妊婦さんの便秘や下痢にオリゴ糖が良い理由とおすすめのオリゴ糖や、オリゴ糖で便秘解消!!子供も飲めるオリゴ糖の効果効能の記事にて妊娠中でも飲める安心なオリゴ糖について詳しくご紹介しています。

赤ちゃんに影響はないのか?

快便である分には、お腹の中の赤ちゃんへの影響は心配する必要はありません。下痢に関しても、ウイルス性でもなければ基本的に、出産の準備が順調に進んでいる証拠ですので、そこまで神経質になる必要はないとされています。

しかし、妊娠後期にお腹の調子を崩してしまうのは早産が心配なところ。下痢や便秘の場合でも赤ちゃんへの影響は心配ないのでしょうか。

下痢の場合

下痢に関しては症状が酷かったり長く下痢が続いてしまうと、子宮の収縮を起こしてしまったり、お腹の張りや子宮周辺に痛みを感じてしまうママもいます。

ただし、下痢が続いたからといってダイレクトに赤ちゃんへ影響があるわけではありません。その程度であれば早産の心配はないとされています。

ただし、不安を解消できることに越したことはありません。ウイルスの可能性もなくはないので、不安な症状がある場合にはかかりつけの医師に相談しましょう。

便秘の場合

便秘に関しては、妊娠中に関しては直接的な影響は赤ちゃんにはないとされていますが、下痢とは異なり、分娩時の影響が心配されています。

放っておくといざ陣痛が始まった時に、便が子宮を圧迫して微弱陣痛になってしまうこともあります。出産時には赤ちゃんと一緒に排便してしまい、赤ちゃんに感染してしまうケースもあります。

また産後、赤ちゃんも便秘や下痢になりやすかったり、アトピーなどのアレルギーの原因になることもありますので、出産時と産後は注意が必要になります。

安心とはいえない!?注意したい症状

ほとんどのママは妊娠後期に快便などお腹の調子に変化があったとしても、あまり心配する必要はないとされていますが安心はできません。

ただ、お通じが良くなった、下痢が続くだけなら良いかもしれませんが、それと同時に以下の症状がある場合には注意が必要になります。

以下の症状に当てはまらなくても不安を感じる場合にはかかりつけの医師に相談して欲しいのですが、次の症状が見られる場合にはすぐに病院へ行くようにしましょう。

腹痛が規則正しい

便意を感じる時、腹痛が起こる人もいます。妊娠中のママも例外ではないのですが、特に妊娠後期の場合に、その腹痛を感じる間隔が規則的な時は、陣痛や分娩前に起こる前駆陣痛の可能性もあります。

快便などが起こる理由にもあるように、妊娠後期のママが快便になったりする理由には、出産兆候である場合も考えられます。経産婦よりも初産のママが間違えやすいので注意しましょう。

もし、陣痛であった場合には慌てずに、かかりつけの産院に電話して指示を仰ぐようにして下さい。

吐き気、発熱がある

元々快便の傾向であったママが下痢になっただけだとしても、下痢に加えて嘔吐や発熱などの症状が同時に見られる場合には、妊娠後期特有の下痢ではない恐れがあります。

妊娠中は赤ちゃんを育てるにあたり、お腹の中の赤ちゃんを異物と認識して攻撃をしないように、免疫が普段よりも下げられているので、その分、細菌やウイルスにかかりやすい状態です。

下痢時に嘔吐や発熱が伴う場合には、ウイルス性の胃腸炎などの可能性もあるので、病院へ相談するようにしましょう。水のような下痢の場合にも感染症の疑いが考えられるので注意が必要です。

快便の秘訣ってあるの?

快便の秘訣ってあるの

妊娠後期に快便になる秘訣は、個人差があるので絶対効果がある対策は残念ながらありません。生理的な要因で快便になるママもいれば、上記に挙げたような身体を冷やさない生活習慣や、軽い運動などを心掛けることで改善するママもいます。

下痢にしても便秘にしても、乱れた生活習慣やストレスでなりやすいので、食事、運動、睡眠をしっかりして規則正しい生活を送り、ストレスフリーを目指すこともポイントです。

ただし、自分でできる対策にも限界があります。症状が改善しなかったり、不安があるのであれば迷わず病院を受診をおススメします。

診断によっては、浣腸をしてくれたり妊娠中のママでも使用できる、整腸剤を処方される場合もあります。快便などお腹の調子の変化は出産が迫っている合図です。慌てず、ゆったりと出産に構えていきましょう。

この記事が役に立ったらシェアしよう!


はじめての方はこちら!

葉酸サプリタイアップキャンペーン開催中

人気ブランドの葉酸サプリをお得にGETする大チャンス!ココマガ読者さまだけの限定特典をご用意していただきました。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 300円OFFクーポン!はこちら
  • 定期2,980円

キングオブ葉酸!ベルタ葉酸サプリ

  • 酵素サプリプレゼント!
  • 定期3,980円

妊活におすすめ!ママナチュレ

  • たんぽぽ茶プレゼント!
  • 初回3,980円
葉酸サプリの選び方を見る

妊娠周期ごとのまとめ記事

はじめての妊娠の方に、読んでもらいたい記事をまとめました。周期ごとのママや胎児の様子を把握しておきましょう。



妊娠のカテゴリー

妊娠初期妊娠中期妊娠後期
アルコールカフェインストレス解消
つわりマタニティブルー・産後うつ便秘・下痢
冷え・むくみ腹痛・お腹の張り妊婦検診・検査
妊娠中のおしゃれ妊娠中のスキンケア妊娠中の仕事
妊娠中の体重管理妊娠中の外出・旅行妊娠中の家での過ごし方
妊娠中の病気妊娠中の運動妊娠中の食事
妊娠中の栄養葉酸サプリ妊娠線・妊娠線予防
出産出産予定日出産準備
陣痛・おしるし高血圧・低血圧高齢出産
妊娠初期妊娠中期
妊娠後期アルコール
カフェインストレス解消
つわりマタニティブルー・産後うつ
便秘・下痢冷え・むくみ
腹痛・お腹の張り妊婦検診・検査
妊娠中のおしゃれ妊娠中のスキンケア
妊娠中の仕事妊娠中の体重管理
妊娠中の外出・旅行妊娠中の家での過ごし方
妊娠中の病気妊娠中の運動
妊娠中の食事妊娠中の栄養
葉酸サプリ妊娠線・妊娠線予防
出産出産予定日
出産準備陣痛・おしるし
高血圧・低血圧高齢出産

スポンサードリンク

目次
をみる
関連記事
をみる