妊娠後期はホルモンバランスが変化する 

妊娠後期はホルモンバランスが変化する?気分の変調の対処法!




妊娠後期は、妊婦さんの体内のホルモンバランスが大きく変化することが知られています。

ですが、具体的にはどのホルモンがどのような変化を見せるのかを知っている妊婦さんは少ないです。

そこで今回は、

・妊娠後期に大きく変化するホルモンの種類とは?
・妊娠後期にホルモンバランスが崩れるとどうなる?
・ホルモンバランスが崩れると赤ちゃんに影響がある?

といった方に、妊娠後期のホルモンバランスの変化と、それによって身体に与える影響や対処法などについて詳しくご説明します。

妊娠後期のホルモンバランスの変化

ホルモンバランスの変化

妊娠後期に分泌量の大きな変化を見せるホルモンは、主に三つあります。ひとつひとつ見ていきましょう。

HCG

HCGというホルモンは、人絨毛性ゴナドトロピンという成分です。このホルモンは妊娠初期でも活発に働いていることが知られています。

受精卵が着床するとき、絨毛部分に着床しますが、このときHCGがたくさん分泌されて子宮筋の収縮を抑え、着床しやすい状態を作ります

つわりがピークを迎える頃になると、一度ホルモン量が減少していきますが、その後再び妊娠後期に入ると出産に向けて分泌量が多くなり、子宮の収縮を抑えながら健康的な妊娠生活を送るために役立ってくれます。

プロゲステロン

プロゲステロンは皮脂の分泌量を増やすことや、メラニン色素の生成を促進してしまい、シミやくすみの原因になるといった側面を持ちます。

妊娠後期にホルモンバランスの変化によってシミができやすくなるのは、このプロゲステロンの働きによるものです。

プロゲステロンが多く分泌されると、精神的にも不安定になり、イライラしてしまうことが知られています。しかし、このプロゲステロンには妊娠後期に大きなメリットとなる働きもあるのです。

よい部分もたくさん持っているホルモンで、妊婦さんの体温を高めて血流を促進してくれる効果もあります。そのため冷えを予防して母体を健康に維持しながら赤ちゃんの成長を見守ってくれるホルモンです。

またプロゲステロンは、乳腺を発達させ、母乳を作るための働きについても非常に大きな作用を持っています。

ほかにも、エストロゲンの過剰な分泌を抑えて乳がんの予防にも役立つことが知られています。

エストロゲン

エストロゲンは女性らしさを維持するために、とても大切なホルモンです。このエストロゲンが持つ働きは、新陳代謝をアップさせお肌のトラブルなどを防いでくれるものです。

また、自律神経をはじめとして骨の形成などにも大きな作用を持っており、このほか水分を保持してくれる働きなどがあります。

ホルモンバランスが変わると何が起きる?

ホルモンバランスが変わると

妊娠後期のホルモンバランスは、前述した三つのホルモンがすべて上昇するといった状況になるわけではありません。

もっとも大きな上昇を見せるのはエストロゲンですが、プロゲステロンやHCGに関しても、上昇したり下降したりを繰り返しながら大きな変化をもたらします。

出産と同時にホルモン量は一気に減っていくのですが、妊娠後期から臨月にかけてどんどん分泌量が増えるため、さまざまな変化が起きます。

妊娠後期に入り、ホルモンバランスに変化が起きると妊婦さんの体内ではどのような影響を受けるのでしょうか。

自律神経の乱れ

自律神経のバランスを維持するために分泌されるホルモンが不安定になると、当然ながら自律神経にも乱れが生じます。

そのため、心拍数や呼吸の回数なども変化がでて、妊娠後期の妊婦さんは突然息苦しくなったり呼吸がしにくくなったりします。

お腹が大きくせり出し始めるので、これによって肺などが圧迫されて息苦しく感じることもありますが、多くはホルモンバランスの変化によるものです。

さらには妊婦さんの体内を流れる血液の量は、1.4倍から1.5倍にもなりますが、赤血球や白血球といった血球成分は余り増加せず、血漿(けっしょう)という水分をとても多く含む血液成分が主に増加していきます。

血中の濃度は普段より薄い血液が妊婦さんの身体を循環しており、妊婦さんに貧血が多いのはこのためです。

血圧についても上昇と下降を繰り返し、不安定な状態となりますので、頻繁に体調や気分が悪くなることも増えるのです。

妊娠後期にあらわれるホルモンバランスの変化は、基本的に血圧をできるだけ低く保つような働きを持ちます。

高血圧になってしまうと妊娠高血圧症候群のリスクが高まり、こういった状況を体内では自然に抑制しているのです。

食事の変化

ホルモンバランスの変化が起きることで、食べたいと思うものにも変化が起きます。過剰に分泌されたホルモンを抑制しようとする体が求めるものや、反対にホルモンの分泌量を高めるために必要とする栄養分が変わってくるためです。

このような栄養分を含む食材というものを体は知っています。そのため、突然甘いものがたくさん食べたくなることや、塩辛いものばかりを食べたくなるといった変化が起きます。

肌の変化

ホルモンバランスの変化によってお肌にも変化があらわれます。新陳代謝を高めてくれるホルモンなどもたくさん分泌されるのですが、その一方で妊婦さんは赤ちゃんにたくさんの栄養を送り、母体の栄養素が足りなくなってしまいます。

また、体の機能が低下することで、さまざまな肌トラブルが起きます。さらに皮脂の分泌量が多くなり、妊娠後期にはニキビが増えてしまうこともあります。

このようにホルモンバランスの変化によって妊婦さんの体内には多くの変化が起きます。また、はっきりとわかるような体内の変化だけではなく、精神面でも変化が起きてきます。

ストレスを感じやすくなる

ストレスを感じやすくなる

妊娠後期のホルモンバランスの変化は、精神的にも悪影響を及ぼしてきます。ささいなことにストレスやイライラを感じ、ストレスを発散したいと思うことが増えてくるのです。

日々の小さなことでイライラする

妊娠後期の体調がよくない体で生活していると、とても小さなことが気になってしまい、その都度イライラするという症状があらわれます。

気持ちの中では冷静にいたいと思っていても、ホルモンバランスの変化によって自律神経がバランスを崩し、冷静になるためのコントロールをするのがとても難しくなります。

出産への不安

妊娠後期から臨月にかけては出産が徐々に近づいてくることから、出産に向けての不安がストレスのたまる原因となります。

ホルモンバランスが大きく変化し精神的に不安定になっている中、さらに妊娠への不安が大きくなればそれがストレスになってしまうのは当然のことです。

体の変化にイライラする

妊娠後期に入ると赤ちゃんの成長とともにお腹が大きくなります。その反面で動きにくくなったり、スピーディに動作が行えないと感じることも増えてきます。

ほかにもさまざまな変化が体にあらわれてくるため、こういった体の変化そのものが不愉快でイライラしてして、すべてがストレスにつながってしまうのです。

ホルモンバランスの変化に対応するには?

対応するには

妊娠後期にはホルモンバランスが変化し、体には本当にたくさんの変化があらわれます。精神的でもストレスを感じやすくなるので、出産を迎える当日までがとても長く感じます。

妊娠後期のホルモンバランスに対応するためには、どのような工夫を取り入れればよいのでしょうか?

好きなことをして過ごす

できるだけストレスをため込まない生活をするために、好きなことをして過ごすのが1番です。

妊娠後期には妊婦さんもつわりが落ち着き、お料理などもできる状態になっているケースもあるので、お料理が好きな方であれば、さまざまなお料理のアレンジを考えるなどの方法があります。

またDVDの鑑賞や、音楽を聴く、さらには適度な運動をしてみるなどといった方法で自分の好きなことをどんどん取り入れましょう。リラックスできて集中できるものであればどんなことでも構いません。

お喋りをして紛らわせる

パートナーやお友達などとお喋りをして、気分を紛らわせることも大切です。さまざまなお喋りをしていると、知らず知らずのうちに気分が紛れてイライラやストレスも減ります。

また自分が抱えている出産への不安などについても、誰かに聞いてもらうことによって気分が紛れていくものです。

出産にまつわる楽しい話を探す

出産について不安を抱えていると妊娠後期の大きなストレスになります。そこで、出産に対する不安ではなく楽しかったエピソードなどを探してみるのもおススメです。

インターネットではたくさんの体験談が読めるので、笑ってしまうエピソードを探してみましょう。

出産に対して楽しい話や面白い話を知ると、自分の中で抱えている不安も徐々に小さくなっていきます。少しでも笑顔で過ごせる時間を増やすのは、ストレスの軽減にもつながります。

食事内容を見直してみる

ホルモンバランスは、食事内容でも大きな影響を与えることがわかっています。そのため食事内容を見直し、ひとつの食材ばかりに偏っていないか、味付けの濃いものばかりを食べていないかなどをしっかりとチェックしてみましょう。

日光浴をする

毎日自宅の中でばかり過ごしていると、太陽の日差しを浴びる時間が減ります。

ホルモンバランスは太陽の日差しを浴びることによって整うことがあり、さらにはストレスの軽減にもつながります。そのため適度な日光浴を取り入れることは大事です。

睡眠時間を増やす

睡眠時間が短い状態で日々を過ごしてしまうと、これがそのままストレスになります。睡眠不足はイライラするだけでなく、肌荒れの原因になります。

そのため少しでも睡眠時間を増やして夜だけでなく、日中でも眠くなったらお昼寝を取り入れましょう。

そうすることでストレスを軽減しイライラも減ります。またホルモンバランスも整いますので、妊娠後期のホルモンバランスの大きな変化に体が順応しやすくなります。

ホルモンバランスの変化は赤ちゃんに悪影響?

赤ちゃんに悪影響

妊娠後期のホルモンバランスの変化は、お腹の赤ちゃんにも悪影響を及ぼしてしまうのでしょうか?

ストレスは血流を悪くする

妊娠後期のホルモンバランスの変化はストレスの原因になってしまうことがわかっています。妊婦さんがストレスを感じることはお腹の赤ちゃんにも悪影響を与えます。

ストレスを感じると血行が悪くなるため、お腹の赤ちゃんへの栄養素がたっぷり届かない状態となるのです。

睡眠不足による転倒や怪我

ホルモンバランスの変化によってイライラしてしまい、夜眠れないことが増えると睡眠不足になります。このような睡眠不足は集中力の欠落を招いてしまい、妊婦さんの転倒や怪我につながります。

妊婦さんが転倒することや怪我をすることはもちろん、お腹の赤ちゃんにも何かしらダメージが加わることがあります。こういった部分ではお腹の赤ちゃんへの悪影響があると考えられます。

ただし、しっかりと対応するための工夫を取り入れながら生活をしていれば、基本的には悪影響を及ぼしてしまうことはなく、お腹の赤ちゃんも健康に育ってくれます。

妊娠後期は赤ちゃんグッズに意識を向けよう

赤ちゃんグッズに意識を

妊娠後期は、ホルモンバランスの変化でのストレスを感じにくい生活をすることが大切です。そこでおススメなのは、赤ちゃんグッズを購入しに出かけたり、どんな赤ちゃんグッズがあるのかを調べたりすることです。

赤ちゃんグッズに意識を向けることが、妊娠後期のストレスを抱えた妊婦さんにはよい効果があるのです。

買い物に出かけてアイテムを見る

お買い物に出かけてたくさんの赤ちゃんグッズを見ることは、とても楽しい時間となります。実際に目にしてみることによってこれが欲しい、あれが欲しい、と考えていると楽しくなりストレスを感じることもなくよい時間を過ごすことができます。

妊婦さんが多く集まり気がまぎれる

赤ちゃんグッズの販売コーナーには妊婦さんがとても多く、こういった部分からも自分と同じように大きなお腹を抱えた妊婦さんを見ることで気が紛れます。

自分ばかりが大変な思いをしているわけではない、といった安心感がありストレスも軽減されます。

ママとしての意識が強くなる

赤ちゃんグッズの購入などに出かけてみると、ママになるといった実感が強くなり、妊娠後期のホルモンバランスの変化によるストレスなどが、どんどん軽減されていきます。

ママになるためにはここで泣き言をいっている場合じゃない!と自分に言い聞かせることもできます。

そういった意味ではママとしての意識が強くなり、少しのイライラなどは気にせず過ごせるようになるメリットがあります。

妊娠後期は適度な発散で上手に乗り越える

適度な発散で

目には見えないホルモンバランスの変化に対応していくのは難しいと感じてしまいます。しかし、妊娠後期にどのような生活を送るのかで、しっかりと対応することができるのです。

ストレスを感じにくくするための工夫や、イライラしないための工夫を取り入れながら上手にストレスを発散し乗り越えていきましょう。

この記事が役に立ったらシェアしよう!


はじめての方はこちら!

葉酸サプリタイアップキャンペーン開催中

人気ブランドの葉酸サプリをお得にGETする大チャンス!ココマガ読者さまだけの限定特典をご用意していただきました。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 300円OFFクーポン!はこちら
  • 定期2,980円

キングオブ葉酸!ベルタ葉酸サプリ

  • 酵素サプリプレゼント!
  • 定期3,980円

妊活におすすめ!ママナチュレ

  • たんぽぽ茶プレゼント!
  • 初回3,980円
葉酸サプリの選び方を見る

妊娠周期ごとのまとめ記事

はじめての妊娠の方に、読んでもらいたい記事をまとめました。周期ごとのママや胎児の様子を把握しておきましょう。



妊娠初期・中期・後期のカテゴリー

妊娠初期妊娠中期妊娠後期
アルコールカフェインストレス解消
つわりマタニティブルー・産後うつ便秘・下痢
冷え・むくみ腹痛・お腹の張り妊婦検診・検査
妊娠中のおしゃれ妊娠中のスキンケア妊娠中の仕事
妊娠中の体重管理妊娠中の外出・旅行妊娠中の家での過ごし方
妊娠中の病気妊娠中の運動妊娠中の食事
妊娠中の栄養葉酸サプリ妊娠線・妊娠線予防
出産出産予定日出産準備
陣痛・おしるし高血圧・低血圧高齢出産
妊娠初期妊娠中期
妊娠後期アルコール
カフェインストレス解消
つわりマタニティブルー・産後うつ
便秘・下痢冷え・むくみ
腹痛・お腹の張り妊婦検診・検査
妊娠中のおしゃれ妊娠中のスキンケア
妊娠中の仕事妊娠中の体重管理
妊娠中の外出・旅行妊娠中の家での過ごし方
妊娠中の病気妊娠中の運動
妊娠中の食事妊娠中の栄養
葉酸サプリ妊娠線・妊娠線予防
出産出産予定日
出産準備陣痛・おしるし
高血圧・低血圧高齢出産

スポンサードリンク

目次
をみる
関連記事
をみる