妊娠後期に夜眠れない

妊娠後期に夜眠れないのはどうして?原因と改善策で乗り切ろう




妊娠後期に入ると、夜眠る際に暑苦しく感じてしまうことや体が火照る、さらにはお腹が苦しく感じるなど、多くの不快症状があらわれます。

しかし夜眠れないとストレスになってしまい、さらには体力の消耗にもつながってしまいます。

寝不足になってしまうと眠い目をこすりながら家事や買い物などをすることになり、足元への注意が不足して転んでしまうことなども考えられます。

妊娠後期に夜眠れないと感じる妊婦さんは、とても多くいます。単純にお腹が大きくなってくるだけでなく、その他にも夜眠れない原因があります。

そこで今回は、

・妊娠後期に夜眠れないのはなぜ?
・夜眠れないときはどうすればいい?

といった方に、妊娠後期の夜眠れない原因と対策方法について詳しくご説明します。

妊娠後期の体の変化

妊娠後期の体の変化

妊娠後期の体の変化は、お腹が大きくなるだけではありません。その他にも出産に向けてさまざまな準備を始めているので、今まではおへそを中心に高い位置にあったお腹のふくらみが徐々に下に下がっていくなどの変化が見られます。

また、生まれてくる赤ちゃんのために母乳の生成活動も活発になり、妊婦さんの体内ではフル稼働ともいえるほど色んな機能が活発に働くことになります。

そのため、今までは見られなかったような変化が見られるのも当然なのです。ただ、あまりにも強く気持ち悪いと感じてしまうことや、眠れない日が続いてしまうと、すぐ体調が悪化してしまうこともあります。

眠れない日が続き、なぜ眠れないのかを自分の中で悶々と考えてしまうのはストレスになります。その他、気持ち悪いと感じることがあれば食事量が減ってしまうため、出産に向けての体力づくりをすることができません。

こういった状況が続かないためにも工夫を取り入れていくことが大切です。妊娠後期にこのような不快症状があらわれるのは、非常に多くの妊婦さんが経験することでもあります。

出産まで残り少しですので、長い期間に渡って苦しむわけではありません。できる限り快適に過ごせる方法を、自分なりに見つけていきましょう。

妊娠後期になり夜眠れない原因

夜眠れない原因

妊娠後期になり、夜眠れない原因は1つ2つと限ったものではありません。そのほかにもたくさんの原因が考えられているので、1つ1つご紹介していきましょう。

ホルモンバランスによる影響

妊娠に向けてホルモンバランスがどんどん変わっていますので、この影響によって気持ちが悪いと感じることもあります。

ホルモンバランスは目に見えず、知らないうちに変化しているものですから妊娠後期に入り、出産に向けて大きく変わったホルモンバランスが体内の機能にも影響を及ぼすことがあります。

その結果として消化機能に影響が出てしまい、頻繁に気持ち悪いと感じることも珍しくありません。

頻尿になる

お腹が大きくなることによって膀胱が圧迫され、お手洗いが近くなってしまいます。これによって、眠っている間も頻繁に目が覚めてしまいお手洗いに行くことになります。

これが原因で一度目が覚めてしまうと、なかなか眠りにつくことができず、眠れないことに悩んでしまう妊婦さんもいます。

胎動で目がさめる

お腹の中で赤ちゃんが激しく動いていると、この胎動によって目が覚めてしまうもしくは夜眠れないといった状況になってしまう妊婦さんもいます。

赤ちゃんが元気なことはとても良いことですが、ママが眠る際にはおとなしくして欲しいと思ってしまうこともあります。

胎動によって強い痛みを感じる時にも夜眠れない状態が続くので、赤ちゃんが大きくなればなるほど、妊娠後期に入りこのような原因から夜眠れないことも増えてきます。

動悸が激しくなる、火照る

妊娠後期には妊婦さんの体内で血液の量に大きな変化があります。通常時に比べて1.4倍から1.5倍の血液量となるため、これが原因で動悸が激しくなってしまったり、火照ってしまうといった原因があります。

動悸が激しくなってしまいドキドキすると、何か病気になったのではないか?と不安になることもあります。自分の心拍音が気になってしまい、夜眠れない妊婦さんも少なくありません。

お腹が圧迫される

大きくなったお腹に圧迫されてしまい、夜眠れない妊婦さんはとてもたくさんいます。どのような体勢でもお腹が圧迫されるような感覚になるので、自分の中でベストな体勢を見つけるのも難しくなります。

また、大きくなったお腹に圧迫されて足の付け根がしびれてしまうといった症状や、その他にも夜中に足がつって目が覚めてしまい、これが眠れない原因になってしまうこともあります。

胃が圧迫される

赤ちゃんの成長に伴い、お腹はどんどん大きくなっていきます。大きくなったお腹は胃や腸などを圧迫してしまうため、この影響によって、気持ち悪いと感じるようになります。

食事をしても消化されるまでに時間がかかってしまうことや、圧迫されていることから、少し食べ過ぎただけでも胃もたれを起こして気持ち悪いと感じることもあります。

お腹が張る

仰向けに寝ていたりするとお腹の張りを強く感じてしまい、これが気になって眠れない妊婦さんもたくさんいます。

お腹が張ってしまうのは長時間でなければ特に心配ありませんが、お腹の張りは早産につながる場合もあるので、一度お腹が張り始めると長時間に渡って気になってしまい、そのまま朝まで眠れなくなってしまう妊婦さんもいます。

ストレスや不安

出産が近づいてくるに従って、陣痛の痛みに耐えられるだろうか?出産はどのくらい痛いのだろうか?出産後は無事に子育てができるだろうか?などさまざまな心配事が出てくるものです。

こういった不安を感じることで、そのままストレスになってしまい、夜眠れない妊婦さんもたくさんいます。

精神的に不安な状態が続くとリラックスすることが少なくなるため、どうしても眠りにくくなるのです。

脳の興奮

眠る直前までテレビを見ていたり、スマホ、パソコンなどを触っていると脳の興奮した状態が続きます。

脳が興奮していると体は眠る準備を始めていても、脳そのものが寝る準備をしていないのですぐに眠ることができず、結果的には夜眠れないといった症状に悩まされることになります。

暑くて気持ちが悪い

妊娠後期に入ると、妊婦さんの体には妊娠前に比べて脂肪がつくようになっています。赤ちゃんをしっかりと守っていくため妊婦さんの体は腰周りをはじめ、お尻周りなども脂肪が増えます。

このように脂肪が増えたことによって、少し体を動かすだけでも暑いと感じることがあります。暑いと感じることによって不快症状が続き、これが結果的には気持ち悪いといった気分になることもあります。

季節に関わらずお腹が大きくなり、圧迫される部分が増えれば増えるほど暑くて気持ち悪いと感じることが多いので、速乾性のあるインナーを身につけるなどといった工夫で乗り越えていきましょう。

夜中に足がつって目がさめる

妊娠後期に入ると圧迫されたお腹の影響によって足がつってしまうことがあります。またその他にも、体内では水分不足の状況になることが多く、これが原因となり足がつることも増えてくるのです。

眠りについても、足がつってしまい目が覚めてしまいますので、その後は眠れないという妊婦さんもいます。

この場合には、眠る前に水分補給をすることや、足に対する負担が大きくならないように、クッションや枕などを足の間に入れて横向きの体勢で眠ると効果があります。

夜中に足がつって眠れないのは単純に寝不足を招くだけでなく急激な痛みによって慌ててしまい、ベッドから落ちてしまうといったリスクもあるので、できるだけ予防しましょう。

妊娠後期の夜眠れない症状の乗り切り方

乗り切り方

妊娠後期の夜眠れない症状は、いくつかの工夫点を取り入れて上手に乗り切っていくことが大変です。

もっとも効果的な方法をはじめとして、日常生活の中に取り入れやすいものをご紹介していきましょう。

シムスの体位で眠る

妊婦さんであればシムスの体位をご存知の場合も多いでしょう。これは横向きになって足の重なりを楽にするというものになります。

このシムスの体位は、できるだけ左側を下にして行ってください。あまりにも寝具が柔らかいと、横になった体が沈み込んでしまい、お腹が圧迫されたりすることがあるので弾力のある寝具で眠ることも大切になります。

横向きになって足を曲げて眠ることになるため、圧迫感が少なくなり寝やすいと感じる妊婦さんがたくさんいます。

また足のむくみなどについても予防するメリットがあります。足の角度については特に決まったものがありませんので、もっとも自分の中で楽だと思う角度を探しましょう。

お昼寝で睡眠をとる

夜眠れない時には睡眠不足となってしまうため、お昼寝を取り入れると良いです。お昼寝をしてしまうことによって夜は眠りづらくなると考える人もいるようですが、無理にお昼寝を我慢してしまい、夜は夜で眠れなくなってしまうと睡眠不足がどんどんひどくなります。

そのため昼間の内に眠くなったら、ぐっすりと眠り体を休めることを考えましょう。

抱き枕やクッションを使う

お腹が苦しくなり眠れないと感じる時には、抱き枕やクッションなどを上手に使ってみましょう。

このようなクッションを足の間に挟んでみたり、お腹の下に置いて体を横に向けて眠ってみることにより、圧迫感がなくなって眠れる場合も非常に多いです。

低反発などの素材を使用すると、反対にお腹や足が圧迫されてしまうことがあるので、柔らかい綿を使ったものを選びましょう。

部屋の温度調節に気をつける

暑苦しくて夜眠れないと感じることも多い妊娠後期は、眠る際の温度調節に気をつけてください。眠っている間に汗をかいてしまい、暑くなって目が覚めることも増えるため、少し涼しいと感じる程度の室温で眠ると良いです。

また、お布団などをかける際にも、足首だけはお布団の外に出しておくというのもおすすめ。お腹や足を冷やさないためにも、足首だけを出しましょう

こうすることによって足の裏がしっかりと体温調節などを行ってくれるため、暑すぎて目が覚めることを防ぎます。

胎動が激しいときは話しかける

お腹の中で赤ちゃんが激しく動いており、この胎動によって眠れないと感じるときにはお腹をさすりながら赤ちゃんに話しかけてみてください。

また妊婦さんがリラックスできるような、ゆっくりとした音楽を聞かせてあげるのも良いです。赤ちゃんに話しかけることによって、お腹の中で赤ちゃんはママの声を聞いてとても安心します。

また、赤ちゃんもお腹の中でベストな体制が見つからず動き回っていることがあるので、しばらくの間は赤ちゃんの動きを感じながら待ってあげることも大切です。

イライラしてしまうと心拍数が上がることなどから、赤ちゃんの動きが激しくなることがあります。胎動が激しくて夜眠れないときには、できるだけリラックスした状態を心がけて赤ちゃんに話しかけてみましょう。

夜眠る前に足のリラックス

妊娠後期の妊婦さんはお腹が大きくなり、さまざまな臓器が圧迫されることによって下半身の血流が悪くなることがあります。

これによって、夜中は足がつってしまうこともあるため、夜眠る前に足をリラックスさせてあげましょう。簡単なマッサージをしてあげることや、冷たい水分を取らないといった工夫が必要になります。

夜眠る前に冷たいものを飲んでしまうと、これがむくみの原因となってしまいますので、冷たいものはくれぐれも避けてください

また、足元が冷えていると眠れないことがあるので、特に足の指をたくさん動かしましょう。できるだけ足の指をたくさん動かすことで、下半身から上半身に送られる血液の量が増えます。

大きなお腹を抱えて足の指を自分で触るのは難しいことですので、単純に足の指を動かすだけで良いです。

これだけでしっかりとした効果があり、足がリラックスしたりむくみの予防、さらには血行促進の働きによってぐっすりと眠れるようになります。

とにかく横になってダラダラ過ごす

気持ち悪い時には、とにかく横になってダラダラと過ごすことも大切です。ダラダラ過ごすことでリラックスした状況となり、さらには胃腸の圧迫も軽減されるので、少しずつ体調も回復してくるケースがほとんどです。

さっぱりとしたものを食べてみる

少しでも食欲があり、何かを食べられるようであれば、さっぱりとしたものを口にするといった方法もおすすめです。

柑橘類のフルーツや、その他にもサラダ、糖分の少ない炭酸水などを口にすることで胃のむかつきがおさまり、回復することがあります。

気持ち悪い時には無理に食事を取ろうとするのではなく、食べられるものを優先して取り入れるようにしてみましょう。

お風呂に入る時間を早くする

気持ち悪いと感じることが増えてきたら、お風呂に入る時間を早めてみましょう。夜遅い時間にお風呂に入り血行が促進されると、この影響から気持ち悪いと感じることもあります。

そのためできるだけ早い時間にお風呂に入り、寝る時間が近づいてきたらある程度体温が下がり、体が眠る準備を始める状況を自発的に作っていくことも効果的です。

お風呂に入った後は体温も高い状態となり、気持ち悪くなってしまうことも多いので、早めにお風呂に入ることを意識した生活リズムに変えてみましょう。

また、お風呂に入る際の温度が高い場合にも気持ち悪くなってしまうことがあります。湯船に浸かる際には低めの温度に設定し、短時間での入浴がおすすめです。

ホットミルクやココアを飲む

ホットミルクやホットココアにはリラックス効果があり、その他にも安眠効果があります。夜眠る前にこのようなドリンクをコップ一杯ゆっくりと飲み、その後お布団に入りましょう。

ホットミルクやココアなどを飲んでから時間が経過してしまうと効果が薄れますので、ベッドに入る食前に飲むのがおすすめです。熱すぎるものは避けて、人肌程度に温めたものを飲みましょう。

枕元にカットした玉ねぎを置く

少々匂いが気になってしまう方法ですが、夜眠れない時にはカットした玉ねぎを枕元に置くといった方法もおすすめです。

玉ねぎには安眠作用を持つ成分が含有されていますので、これを枕元に置くだけでぐっすり眠れるようになるのです。

お部屋の中に玉ねぎの匂いが充満してしまいますが、時間が経過するとともにこの匂いはなくなっていきますので、髪や体に良いが付着してしまう心配はありません。

妊娠後期であればつわりの症状などもほとんどありませんので、チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

アロマを使用する

アロマにはリラックス効果がありますので、自分のお気に入りの香りを見つけて夜眠る前にはアロマデュフューザーなどを使ってリラックスをえてみましょう。

入浴する際にアロマオイルを使うというのも良い方法になります。特に安眠効果を持っているアロマオイルを使用することによって、ぐっすりと眠れるようになる妊婦さんもたくさんいます。

日光浴や運動を取り入れる

昼間のうちに、ある程度の日差しを浴びない生活が続いてしまうと、昼夜の区別がつかなくなってしまい、夜眠れない状態になることがあります。そのため日中はお散歩に出かけることや日光浴などを心がけましょう。

近所をお散歩するだけでなく、お買い物に出かける、その他にもしばらくの間ベランダやテラスなどで日光浴をするといった方法があります。

日差しが強いときには日焼けやシミソバカスを防ぐため日傘などを用いて適度に日差しを浴びましょう。日差しを浴びることによって体内環境が整い、夜はぐっすり眠れるようになります。

リラックスできる音楽を聴く

神経がピリピリとしていると、眠れないといった状態もさらに悪化してしまうことがあります。

そのため、リラックスするために好きな音楽を聴いてみるといった方法などはいかがでしょうか。

自分の好きな音楽を聴くことは、そのままリラックスに直結してくれます。眠る前にはリラックスできる音楽を聴き、気分を落ち着けてみましょう。

好きなことに集中する

自分の好きなことに集中するというのもストレスを感じにくく眠りのサイクルを安定させるためにはおすすめです。

DVD 鑑賞をするといった方法や美味しい紅茶を飲みながらゆっくりとテレビ番組をみるなど、本当に自分が好きなことを取り入れていきましょう。

寝る前は電磁波を浴びない

眠る前には電磁波を浴びないことも重要です。夜遅い時間までテレビを見てしまうことやスマホを触ることは避けなければなりません。

これを避けるだけでも夜は眠れるようになったという妊婦さんもたくさんいるのです。どうしても電磁波は脳を興奮させてしまいますので、眠る前に調べ物をしたり遅い時間までテレビを見てしまうといった生活は改善していきましょう。

寝不足が続いてしまうようならドクターに相談してみる

長期間にわたって寝不足が続いてしまうようであれば、夜眠れないということをドクターに相談してみましょう。あまりにも寝不足で体力を消耗してしまうようであれば、必要に応じて眠りやすくなるお薬が処方されることもあります。

もちろんお腹の赤ちゃんには悪影響を与える薬ではなく、安心して服用できるものが選ばれます。一時的にこのようなお薬に頼って体を休めるということも検討していきましょう。

ただし、これはあくまでも最終手段となりますので、まずは前述したような工夫点を取り入れながら眠れる努力をしてみてください。

妊娠後期に夜眠れないのはもうすぐ赤ちゃんに会える証

赤ちゃんに会える証

妊娠後期に夜眠れなくなってしまうと、いざ陣痛がきて出産を迎えたときに体力が心配になってしまう妊婦さんもいます。

しかし、妊娠後期に夜眠れなくなるのはさまざまな理由があるのです。このような症状が出てくるのは出産が近づいている証拠です。期間限定だということを意識しましょう。このような不快症状は短期間しか続きませんので、上手に乗り切っていく方法を考えましょう。

そのため、まずは赤ちゃんに会えるということを意識しながら頑張って乗り切っていきましょう。

ちょっとした工夫だけでも夜はぐっすりと眠れるようになります。無理に寝よう寝ようと意識してしまうのではなく、リラックスして過ごしながら、眠くなったらその時横になるといった生活を心がけてみてくださいね。

この記事が役に立ったらシェアしよう!


はじめての方はこちら!

葉酸サプリタイアップキャンペーン開催中

人気ブランドの葉酸サプリをお得にGETする大チャンス!ココマガ読者さまだけの限定特典をご用意していただきました。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 300円OFFクーポン!はこちら
  • 定期2,980円

キングオブ葉酸!ベルタ葉酸サプリ

  • 酵素サプリプレゼント!
  • 定期3,980円

妊活におすすめ!ママナチュレ

  • たんぽぽ茶プレゼント!
  • 初回3,980円
葉酸サプリの選び方を見る

妊娠周期ごとのまとめ記事

はじめての妊娠の方に、読んでもらいたい記事をまとめました。周期ごとのママや胎児の様子を把握しておきましょう。



妊娠初期・中期・後期のカテゴリー

妊娠初期妊娠中期妊娠後期
アルコールカフェインストレス解消
つわりマタニティブルー・産後うつ便秘・下痢
冷え・むくみ腹痛・お腹の張り妊婦検診・検査
妊娠中のおしゃれ妊娠中のスキンケア妊娠中の仕事
妊娠中の体重管理妊娠中の外出・旅行妊娠中の家での過ごし方
妊娠中の病気妊娠中の運動妊娠中の食事
妊娠中の栄養葉酸サプリ妊娠線・妊娠線予防
出産出産予定日出産準備
陣痛・おしるし高血圧・低血圧高齢出産
妊娠初期妊娠中期
妊娠後期アルコール
カフェインストレス解消
つわりマタニティブルー・産後うつ
便秘・下痢冷え・むくみ
腹痛・お腹の張り妊婦検診・検査
妊娠中のおしゃれ妊娠中のスキンケア
妊娠中の仕事妊娠中の体重管理
妊娠中の外出・旅行妊娠中の家での過ごし方
妊娠中の病気妊娠中の運動
妊娠中の食事妊娠中の栄養
葉酸サプリ妊娠線・妊娠線予防
出産出産予定日
出産準備陣痛・おしるし
高血圧・低血圧高齢出産

スポンサードリンク

目次
をみる
関連記事
をみる