妊娠後期に酸欠になるのはなぜ!?息苦しさの原因と対処法

妊娠後期に酸欠になるのはなぜ!?息苦しさの原因と対処法




妊娠後期を迎えると、出産はもうすぐそこです。

ママの中には、出産にむけて準備を始めている人もいるのではないでしょうか?しかし、出産を目前に控えた妊娠後期は、心身の不調が再びあらわれやすくなる時期でもあります。

つわりなど、妊娠初期に苦しめられた症状が再発してしまう人もいますし、何よりこの時期に入ると息苦しさを覚え始めるママも多くいます。

実は、妊娠後期に入ると酸欠の症状にも悩まされるようになってきます。個人差はありますが、ママの中にはその息苦しさから眠れなくなってしまう人もいるほどです。

そこで今回は、

・妊娠後期に酸欠になるのはどうして?
・酸欠になると赤ちゃんにも影響があるの?
・妊娠後期になる酸欠の予防や対策を知りたい!

といった方に、妊娠後期に酸欠になってしまう原因と対策について詳しくご説明します。

関連記事
>>妊婦さんと貧血の関係と妊娠中の貧血への対処法
>>疲れやすい妊娠後期!!原因と対処法を知って乗り切ろう!
>>妊娠中の動悸や息切れなど、息苦しく感じる原因と対処法
>>葉酸サプリの正しい選び方とおすすめの葉酸サプリランキング

妊娠後期にどうして酸欠になってしまうの?

妊娠後期にどうして酸欠になってしまうの

通常、激しい運動のし過ぎや空気が薄い高山、地下工事現場などの通気が悪い場所などにいることで酸欠になってしまいます。

ですが、身体とお腹の中の赤ちゃんのことを考えると、外出中に通勤ラッシュに巻き込まれるといったことでもない限り、まず妊娠後期のママがそういった場所に行くことはあり得ません。

では何故、妊娠後期のママは酸欠になってしまうことがあるのでしょうか。考えられる原因としては以下の通りです。原因を知って、酸欠の対策に役立てましょう。

貧血により血が酸欠状態

妊娠初期症状の1つでもある貧血は、妊娠後期でも起こりやすい症状です。

妊娠初期が、胎盤などを作るのに血液を必要とするのに対して、妊娠後期を含む妊娠中期以降は、胎児の成長に合わせて栄養と酸素が沢山必要になってくるからです。

そのため、自然と血液の生産量が増えることになるのですが、血液が増えても酸素などを運ぶ赤血球が増えるわけではありませんから、血は薄くなってしまいます。

つまり、赤血球の濃度が低下してしまうことになるので、ママの身体に酸素が運搬されにくくなり、血液が酸素不足になり、酸欠を起こしてしまいます

参考記事>>妊婦さんと貧血の関係と妊娠中の貧血への対処法

大きなお腹による圧迫

妊娠後期の酸欠の原因として、特に多いとされているのが急激に大きくなったお腹、つまり、子宮による臓器の圧迫です。

赤ちゃんの成長に伴い、子宮の大きさはピークに達します。

それに合わせて、身体の中の肺などの臓器は押し上げられたり、腸や膀胱などの臓器のように、下へ圧迫されてしまうことになるので、胃に苦しさを感じ、息苦しさを覚えてしまいます。

また、子宮が大きくなることで、下半身から心臓への血流を妨げてしまうともいわれており、このせいで血液の循環が上手くいかず、酸欠に繋がるとされています。

鉄欠乏性貧血、葉酸欠乏性貧血

お腹の中の赤ちゃんの血液を作る材料となる鉄分は、妊娠中期以降、もっとも必要になる成分です。

そのため、ママに必要な鉄分が不足してきてしまうことから、鉄欠乏性貧血になりやすいといわれています。

この貧血は主に妊娠初期に起こりやすいとされていますが、妊娠後期を含む妊娠中期にも多く、通常の貧血と同様に、酸欠の原因にもなってしまうので注意が必要です。

また、鉄分の他に不足してしまうことで、酸欠状態になってしまいがちなのが葉酸です。

葉酸は赤血球を作るのに必要な成分なのですが、赤ちゃんの脳や脊髄を作るのに欠かせない成分になります。

そのため、妊娠中は葉酸欠乏性貧血にも陥りやすく、酸欠の原因にもなるとされているので気を付けましょう。

参考記事
>>妊娠後期に陥りやすい氷食症!氷が無性に食べたくなったら要注意

ストレスによる自律神経の乱れ

妊娠後期に入ると、出産への恐怖や新生活への不安から、ママがストレスを感じやすくなる時期です。

また、つわりの再発など身体が不調になってしまうことも、ストレスの原因に挙げられます。

このストレスは、感情の制御や臓器のコントロールなどを司る自律神経に影響を与え、不安定にさせてしまいます。

ストレスから自律神経が乱れてしまうと、血管が細くなって血行を妨げてしまったり、呼吸器の働きにも悪影響を与えてしまうので、酸欠を起こしてしまいます。

酸欠の症状は息苦しさだけじゃない!?

酸欠の症状は息苦しさだけじゃない

酸欠と聞くと、息苦しさや呼吸がしにくいというイメージがありますが、酸欠が原因で起こる症状はこれだけではありません。

気にしていないことが酸欠の前触れであることも考えられるので注意が必要です。

酸欠の原因は、子宮が大きくなることによる圧迫もあるとはいえ、原因に貧血が考えられることもあり、放っておくと症状の進行や重症化してしまうケースもあります。

あらかじめ酸欠が原因で起こりうる症状を知って、早期発見に役立てましょう。

動悸

酸欠による息苦しさと一緒に起こりやすい症状が動悸です。

心臓の働きが増すことで、心拍数が上がり、胸がドキドキしてしまう症状で、主に激しい運動をした後などに見られます。

妊娠後期のママの場合には、酸欠の原因にも挙げられる、お腹が大きくなることによる臓器の圧迫により、横隔膜が押されてしまうことで肺が押されてしまうこと、また赤血球が減少し、それでも酸素をママの身体に回そうとするために、普段以上に呼吸を多くして心臓を早く動かしてしまうことから起こるとされています。

関連記事妊娠中の動悸や息切れなど、息苦しく感じる原因と対処法

めまい、肉体的な疲労

貧血や鉄分が不足してしまうことにより、酸欠状態になってしまうのは前述にもある通りですが、血液の循環がお腹に集中してしまうことで、脳へ送られる血液が減り脳内が酸欠状態になってしまい、めまいを起こしやすくなります。

急に立ち上がると、立ちくらみを起こしてしまうこともあります。

この脳貧血は、鉄分不足だけでなく自律神経が不安定な場合でも起こるとされているので注意が必要です。

また、脳だけでなく筋肉に酸素が上手く行き渡らないことで、肩こりや疲れが取れないといった、肉体的な疲労も感じやすくなります。

妊娠後期でもお散歩やウォーキングなどの軽い運動をすることはありますが、少しだけ運動をしただけなのに疲れを感じてしまう場合もあります。

酸欠時の赤ちゃんへの影響

酸欠時の赤ちゃんへの影響

酸欠になってしまうと、苦しいのはママだけではありません。ママが息苦しいと思っている時、赤ちゃんも同様に酸欠になっていることが考えられます。

また、赤ちゃんは血液から酸素だけでなく、栄養も運んでもらっているので、赤ちゃんが酸欠になってしまうことは、栄養が滞り、赤ちゃんの成長にも影響が出る恐れがあります。

ママが酸欠になってしまうことで、赤ちゃんに起こってしまう可能性のある影響は以下の通りになります。影響は妊娠中だけでなく産後にも及ぶ可能性があるので、注意しましょう。

赤ちゃんの成長が遅れる、脳への障害

先にも触れたように、赤ちゃんは血液から酸素だけでなく栄養も運んでもらっています。

つまり、赤ちゃんが酸欠になってしまうということは、同時に栄養の供給もストップ、もしくは不足した状態になってしまうのです。

そのため、赤ちゃんが酸欠になってしまうと、発育不全や低出生体重児、未熟児で生まれてきてしまう可能性も出てきます。

また、酸素が不足してしまっていることも事実ですから、脳に酸素が回らずに脳機能への悪影響、自閉症などの障害が出てしまうケースも高くなります。

赤ちゃんが虚弱体質に

酸欠による悪影響は、赤ちゃんがお腹にいる時だけではありません。

酸素や栄養が不足してしまうことで、未熟児の可能性が高くなってしまう可能性がありますが、産後の影響として虚弱体質になってしまうこともあります。

虚弱体質であるということは、病気に対抗する免疫力が弱いということでもあるので、産後はすぐに集中治療室に入れられたりと、赤ちゃんが苦しい思いをしてしまいます。

また、酸欠の原因として貧血が挙げられますが、ママが貧血を原因に酸欠になってしまっていた場合、生まれてくる赤ちゃんも貧血になってしまうといわれているので、注意が必要です。

早産や流産の危険性も

酸素が不足して酸欠状態になると、息苦しさを覚えるのは赤ちゃんも一緒です。

そんな呼吸がしにくい場所に、ずっと留まっているというのは難しいもので、結果的に酸欠状態が続くと、赤ちゃんはお腹の外へ早く出ようとする傾向があります。

つまり、酸欠状態になってしまうと、早産や流産のリスクが高くなってしまうのです。

もちろん、少し酸欠になったからといって、全ての赤ちゃんがお腹の外に出ようとしてしまうわけではなく、頑張ってお腹に留まる赤ちゃんも中にはいます。

しかし、赤ちゃんへの悪影響は避けられませんので、酸欠になる前に対策を取りましょう。

酸欠でパニック障害になってしまうことも

酸欠でパニック障害になってしまうことも
酸欠は、特に息苦しさや動悸といった症状など、何の前触れもなく起こることも多くあります。

そのため、原因がわかっていても、いつやってくるかわからない恐怖から、パニック障害になってしまうママも少なくありません。

息苦しさを感じると個人差があるとはいえ、呼吸がしにくくなってしまうママもいるので不安に思ってしまうのは仕方のないことですが、一度、パニック障害を発症してしまうと今度は、パニック障害への恐怖心が芽生え、最悪の場合、うつ病まで発展してしまう可能性があります。

そうならないためにも、酸欠の症状を感じたら、早め早めの対策に乗り出すことが大切です。

酸欠への対処法

酸欠への対処法

妊娠後期の酸欠は、子宮が大きくなってしまうといった避けられない原因もありますが、きちんと対処法を行うことで、症状を軽減したり予防することができます。

そのためにも、酸欠の原因が何なのかを知っておくことが大切です。原因には個人差がありますので、原因を見極めて自分に合った対処法を見つけましょう。

酸欠の対処法については以下の通りになります。ただし、症状が辛い場合には我慢せず病院に相談するようにして下さい。

鉄分、葉酸などを摂る

酸欠が起こってしまう原因の1つに、血液を作るのに必要な成分である鉄分や、酸素を運ぶ赤血球を作るのに欠かせない葉酸の不足が挙げられます。

そのため、鉄分や葉酸など貧血の防止になる栄養素を、食事などで小まめに摂取するのが酸欠の対策になります。

また、赤血球に含まれるヘモグロビンという成分があることによって、赤血球は酸素を運ぶことができるので、ヘモグロビンの成分にもなる鉄分の他、タンパク質や鉄分を吸収してくれるビタミンCも合わせて摂取しましょう。

酸欠防止のために、積極的に摂れるように心掛けましょう。

サプリメントで補う場合

妊娠後期に入ると、お腹も更に大きくなりママは動くのも一苦労です。

食事の栄養バランスを毎日考えるのは難しいということで、サプリメントで栄養を補うママもいるかもしれません。

ただし、サプリメントの場合は用法用量を守ることが大切です。

過剰に摂取し過ぎたりすると、身体に毒になってしまうこともあるので注意が必要です。

また、個人差はあるものの体質的に合わない、副作用が出てしまう恐れもあるので、身体に不調を感じる場合にはすぐに使用を止めるようにして下さい。

葉酸サプリの正しい選び方とおすすめの葉酸サプリランキングの記事では、妊娠中の栄養素をカバーしたサプリメントについて詳しくご紹介していますので、参考にして下さい。

身体を横にしてみる

妊娠後期の酸欠は、食後や寝る時に感じやすい人も多くいます。

食後に関しては、食べた物を消化する時に、胃などの消化器官に血液を送ることにより、心臓に負担がかかりやすく、寝る時はお腹が大きくなってしまっていることで、臓器などを圧迫してしまうことが原因に挙げられます。

それらが原因の場合に効果があるとされる対策が、身体の左側を下にして横になることです。

この体勢をとることで、右側の大静脈が体重に押しつぶされずに済むので、血流が阻害されず、呼吸が楽になるとされています。

また、この体勢の他に寝る時に良いとされる姿勢が「シムスの体位」と呼ばれる姿勢です。

片膝を曲げた状態でゆったりと横になるというものですが、妊婦さんがもっともリラックスできる体位といわれているので、酸欠の対策に試してみましょう。

シムスの体位には抱き枕が便利です。抱き枕で安眠!お腹が大きくなった妊婦さんの抱き枕の選び方の記事にて、抱き枕選びの参考にしてください。

無理せず休む

息苦しさを感じてしまう原因として、ストレスもその中の1つに挙げられます。

そのため、酸欠で苦しくなってきたら椅子に座ったり、ソファに横になるなどして休んでリラックスする時間を作ることも酸欠の対策になります。

椅子に座れるようでしたら、呼吸が楽になる姿勢が一番ですが、前かがみにならず背筋を伸ばすと肺などの呼吸器が働きやすくなり、息苦しさが緩和されやすいです。

休みを小まめに入れて、リラックスできる時間を作ることで、自律神経の乱れにより細くなった血管を広げてくれるとされています。

自分がリラックスできる方法で休む時間を過ごしましょう。

まとめ

まとめ

3つほど酸欠の対策を挙げましたが、上記の対策を行ったからといって、酸欠にならないというわけではありません。

効果には個人差があること、また原因が異なれば、望む効果が得られない場合もあるので注意が必要です。

症状が辛い場合には、我慢をせず病院へ相談するようにしましょう。

妊娠後期の酸欠は、赤ちゃんが順調に成長している証でもあります。あまり気に病まないようにして、自分に合った対策で妊娠後期の酸欠と向き合っていきましょう。

この記事が役に立ったらシェアしよう!


はじめての方はこちら!

葉酸サプリタイアップキャンペーン開催中

人気ブランドの葉酸サプリをお得にGETする大チャンス!ココマガ読者さまだけの限定特典をご用意していただきました。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 300円OFFクーポン!はこちら
  • 定期2,980円

キングオブ葉酸!ベルタ葉酸サプリ

  • 酵素サプリプレゼント!
  • 定期3,980円

妊活におすすめ!ママナチュレ

  • たんぽぽ茶プレゼント!
  • 初回3,980円
葉酸サプリの選び方を見る

妊娠周期ごとのまとめ記事

はじめての妊娠の方に、読んでもらいたい記事をまとめました。周期ごとのママや胎児の様子を把握しておきましょう。



妊娠初期・中期・後期のカテゴリー

妊娠初期妊娠中期妊娠後期
アルコールカフェインストレス解消
つわりマタニティブルー・産後うつ便秘・下痢
冷え・むくみ腹痛・お腹の張り妊婦検診・検査
妊娠中のおしゃれ妊娠中のスキンケア妊娠中の仕事
妊娠中の体重管理妊娠中の外出・旅行妊娠中の家での過ごし方
妊娠中の病気妊娠中の運動妊娠中の食事
妊娠中の栄養葉酸サプリ妊娠線・妊娠線予防
出産出産予定日出産準備
陣痛・おしるし高血圧・低血圧高齢出産
妊娠初期妊娠中期
妊娠後期アルコール
カフェインストレス解消
つわりマタニティブルー・産後うつ
便秘・下痢冷え・むくみ
腹痛・お腹の張り妊婦検診・検査
妊娠中のおしゃれ妊娠中のスキンケア
妊娠中の仕事妊娠中の体重管理
妊娠中の外出・旅行妊娠中の家での過ごし方
妊娠中の病気妊娠中の運動
妊娠中の食事妊娠中の栄養
葉酸サプリ妊娠線・妊娠線予防
出産出産予定日
出産準備陣痛・おしるし
高血圧・低血圧高齢出産

スポンサードリンク

目次
をみる
関連記事
をみる