妊娠後期のママは座り方も大事!?楽な座り方と注意したいこと

妊娠後期のママは座り方も大事!?楽な座り方と注意したいこと




妊娠中期より、さらにお腹が大きくなる妊娠後期。妊娠生活も後半戦とはいえ、こうもお腹が大きいと何かと不便になってきます。

今まで当たり前のようにできたことも、一苦労です。ちょっと動くだけでも大変になってくるので、座る回数も増えてくることでしょう。しかし、お腹が大きくなってくると、座るのもそれだけで大変です。

そこで今回は、

・妊娠後期はずっと座っていたいけどダメ?
・妊娠後期にあぐらはいいの?
・座る時に便利なグッズを教えてほしい!

といった方に、妊娠後期のママはどんな姿勢でいるのが良いのか、また楽な座り方やダメな座り方、注意することなどについて詳しくご説明します。

座り方って気にするもの?

座り方って気にするもの

ママが楽なら良いのでは、と思いますが妊娠中の座り方は意外と大事です。普段、何気なく座っている姿勢が身体に負担をかけていることがあるからです。

よくいわれているのが、座り方によって引き起こされる骨盤の歪みで、この他にも座り方が良くないと便秘の原因になったり、肩こりにもなりやすいとされています。

また、前屈みの姿勢のようにお腹を圧迫してしまう姿勢でいることで、腹痛など身体に痛みを感じやすくなることもあるので、座り方は気にすることが大切です。

妊娠中の正しい姿勢について

赤ちゃんの成長に伴い、お腹が大きく重くなっていく影響で、妊娠中期~妊娠後期にかけて反り身の姿勢になりがちですが、この姿勢を続けていると腰痛に繋がってしまいます。

そのため、ママは意識して正しい姿勢を心掛けることが大切です。一般的な妊娠中の正しい姿勢は、まず首を伸ばし、下腹部を引っ込めるようにします。

そして、両足は床につけた状態で、臀部(でんぶ)の筋肉を収縮させて骨盤を上方に傾けるようにすると良いです。なるべく、この姿勢を立っている時や歩いている時、座っている時も心掛けましょう。

そうすることで、お腹の中の赤ちゃんの重さを骨盤がしっかりと支えて、赤ちゃんの位置、全身の筋肉のバランスを正しく保ってくれます。

座る時に気を付けたいこと

座る時に気を付けたいこと

とはいえ、正しい姿勢を心掛けている時でも気を付けて欲しいことがあります。椅子、床などの地べたに座る時で分けると以下の通りです。

座る時は前屈みの姿勢でなくても、腰などに負担がかかってきます。

さらに、正しい姿勢でも座る椅子や座ってる時間によって、腹圧がかかってしまい子宮が刺激され、流産や早産の原因になることもあります。

座るというのは、日常で何気なく行われる動作の1つなので、すぐに意識して行うのは大変かもしれませんが、無事に出産日を迎えるためにも、少しずつ意識していきましょう。

椅子に座る場合

自宅だけでなく、外出中もバスに乗っている時など、椅子に座る機会はたくさんあります。

妊娠後期に入ると、お腹も重くなってきますから椅子に座る方が楽というママも少なくないでしょう。

そんな椅子に座る時に気を付けて欲しいのが、ソファーなど柔らかい椅子に座る時です。柔らかい方が身体にも負担が少ないように感じますが、柔らかすぎると臀部が沈みやすく、逆に腹部が圧迫されます

そのため、座る時はあまり柔らかい椅子を選ばないことが大切です。座る時は座る部分に傾斜のついた、腹部に圧迫のない椅子に座ったり、素材にこだわらず座る時はできるだけ深く腰掛けましょう。

また、背骨を伸ばすように、背もたれに身体を預けるように心掛けると良いです。

床、畳などに座る場合

椅子だけでなく、座る時は畳や床の場合もあります。この時、正しい姿勢を保つために正座で座るママも多いですが、気を付けて欲しいのが足のしびれや疲れです。

正座は、骨盤と背骨が正しい位置にくることから良いのですが、妊娠後期の場合、お腹も大きくなっているので、ずっと正座でいるのは足に相当な負担がかかってきます。

また、正しい姿勢であっても、同じ姿勢で長時間いると、血の巡りが悪くなるので注意が必要です。

椅子の場合も、正しい姿勢でも疲れを感じたら、身体の負担にならないうちに姿勢を変えることが大切です。

座り方に悩むママは多い?!

正しい姿勢がわかっていても、妊娠後期に入ると座り方に悩むママが少なくありません。やはり、座っていると大きいお腹の影響で座っていても苦しかったり、圧迫感を感じるママが多いです。

また、お腹だけでなく横腹や腰などが痛くなってしまうママもいます。酷い場合には、正しい姿勢を心掛けているにも関わらず体調が悪くなることもあります。

その他、デスクワークなどの仕事上、座っていなければならないのに、辛くて長時間座っていられないというケースもあります。

妊娠後期の楽な座り方

妊娠後期の楽な座り方

前述からもわかるように、正しい姿勢を保ち続けるのは結構大変なことです。特に妊娠後期はお腹も大きくなっているので、背筋を真っ直ぐにするだけでも疲れてしまいます。

休むために座っているにも関わらず、疲れが取れなければ意味がありません。しかし、赤ちゃんのことを考えると、正しい姿勢を保つのが大変だとしても、我慢してしまうママもいます。

身体に悪影響がなく、ママも楽に座れる方法はないのでしょうか。妊娠後期に楽とされる座り方については以下の通りです。

ただし、楽な姿勢はママによって人それぞれです。色々な座り方を試してみて、自分に合った楽な座り方を見つけましょう。

低めの椅子を選ぼう

楽な座り方の1つに挙げられるのが、低い椅子を選んで座ることです。お腹が大きくなっていることを考えると、座高が高い椅子の方が足も伸ばすことができて楽なイメージがあります。

しかし、そうした椅子に座っていると、時間が長ければ長いほど腰に負担がかかり腰痛を引き起こします。

正しい姿勢をとる際に、床に両足をつけるのは先にも触れた通りですが、膝の位置より腰が低くなる椅子の高さを選ぶと両足の裏がつけやすくなります。

つまり、身体を支えやすくなるので、腰などの負担が軽減され、姿勢をとるのが楽になるのです。

あぐらをかく

床や畳など地べたに座る時に、楽なのがあぐらです。あぐらをかくのは、骨盤に良くないイメージがありますが、むしろ、あぐらをかくことで骨盤が広がり、また関節が柔らかくなる効果が期待できるので良いとされています。

骨盤が広がると、出産の際に赤ちゃんも出てきやすく、あぐらの姿勢は妊娠後期の大きくなったお腹を圧迫しないので、お腹の中の赤ちゃんにとっても嬉しい姿勢になります。

ただし、あぐらをかく時は背中を丸めないように背筋を伸ばし、膝はしっかり外側に向けるようにしましょう。

バスタオルを使用する

妊娠後期に楽な座り方をする際に活用したいのが、バスタオルです。これは椅子だけでなく床や畳などに座る際にも使用できます。

椅子に座る際には、バスタオルをお尻の後ろ側(尾てい骨あたり)に当てるようにし、それができたら少し腰を前にずらして、肩を後ろ側に傾けるようにすると良いです。もしくは椅子に敷いて座るのも良いとされています。

床や畳みなどに座る場合でも、椅子と同様にタオルをお尻の下に敷いたり、またはタオルをロール状にして両足の間に入れるようにすると、座る時に楽になるといわれています。

タオルだけでなくクッションや座布団を代用しても良いので、高さを自分の好みに調節して試してみましょう。

逆にしない方が良座り方は?

逆にしない方が良座り方は

妊娠後期は座っているのも疲れる時があります。座る時はママが少しでも休めるように、楽な姿勢でいて欲しいですが、中にはママにとっては楽でも、しない方がよい座り方もあります。

代表的なのはパソコンもしくはスマホ座りと呼ばれる、前屈みになってしまう座り方。赤ちゃんのいるお腹や骨盤を圧迫してしまい、骨盤が開く原因にもなるので良くないです。

この他、しない方が良いとされる座り方は以下の通りです。何気なくしている座り方がNGの場合も多いので、注意しましょう。

足を組む

椅子に座っている人でよく見かける座り方です。後述する横座りと同様に、見た感じが格好良く見えるので、女性でも男性でもこの座り方をしている人は多く、ママも妊娠前の癖でついやってしまう人は少なくありません。

妊娠後期に入るとお腹も大きくなっているので、さすがに足を組むのは難しくなりますが、足を組むという座り方は骨盤が歪み、ズレを生じさせる原因になります。

出産を無事に迎えるためにも、足を組んだ座り方は控えましょう。

横座り

正座の足を横に出して、姿勢を崩すような座り方で、女座りやお姉さん座りと呼ばれることもあります

。特に床や畳などに座る時にやってしまう座り方で、一見すると上品に見えることから、この座り方をしているママは多いです。

しかし、実際には横座りでいると、左右どちらかに重心を置くことになり身体に良くないです。特に骨盤にズレが生じやすく、酷くなると背骨もS字に曲がってしまうので注意が必要です。

ぺしゃんこ座り

女の子座りとも呼ばれる座り方で、正座した状態から両足を外へ出して、お尻をぺしゃんと床に付けてしまう座り方です。

床や畳など、地べたに座る際に女性がしやすい座り方なのですが、この座り方も骨盤に悪影響を与えるとされています。

骨盤が緩みやすくなる座り方といわれています。骨盤が緩んでしまうと、お腹の中の赤ちゃんが下がりやすくなるので、出産間近の妊娠後期は特に注意したいです。

また、猫背にもなりやすくお腹を圧迫する原因にもなりますので、赤ちゃんのためにも避けるようにしましょう。

長時間座らないことも大切

長時間座らないことも大切

正しい姿勢や、身体に負担のない楽な座り方をしていても、長い時間座り続けないこともポイントになります。

ずっと座っていると、いくら姿勢を良くしていても血管が圧迫されやすく、足のしびれやむくみを起こしやすくなります。

また、血管が圧迫されると、血液の流れも悪くなるでお腹の中の赤ちゃんにも悪影響が出てしまいます。

そのため、仕事などで長時間座る必要があったとしても、目安として1時間に1回は立って身体を伸ばしたり、立てなくても5分程度足腰を伸ばしたり、動かしてあげることが大切です。

座る時に役立つアイテム

自分に合った楽な姿勢で座る他にも、妊娠中のママが座る時に役立つアイテムもあります。特に事務など仕事を臨月に入るギリギリまでやっているママは、仕事中は姿勢を正して行わなくてはいけません。

長時間座ってはいけないといわれても、身体を伸ばしたり動かすのが難しい場合も考えられます。妊娠後期を含め、妊娠中のママが座る際に役立つアイテムは以下の通りです。

もちろん、アイテムは以下のもの以外にも、さまざまな種類がありますので、自分に合ったアイテムを探してみましょう。

携帯クッション

仕事をしているママや、外出の時に役立つアイテムです。名前の通り携帯できるタイプのクッションであり、妊娠中のママが座る場合でも身体に負担がかからないような工夫が施されています。

椅子や床などの地べたで使用しても、お尻をしっかりと支えてくれるので便利です。また、デザインも丸形の物から低反発素材、折りたたみができる物とさまざまな種類があります。

妊娠後期に入っても外出する機会が多いママは、持っていると便利なアイテムです。

ビーズクッション

自宅での利用になってしまいますが、ビーズクッションも妊娠中のママが座る時に便利なアイテムです。

椅子や地べたに座るのと異なり、ビーズ素材が体重を分散させる構造なので腰やお尻に負担をかけずに座ることができます。

また、ボディラインにピッタリ沿ってくれるので、座り心地も抜群です。ゆったりとした姿勢で座れるのも嬉しいところ。

携帯クッションと同様に、ビーズクッションもデザインが豊富にあり、またサイズも沢山ありますので、自分が座りやすいビーズクッションを選んでみましょう。

まとめ

まとめ

正しい姿勢や妊娠後期でも楽に座れる方法について紹介してきましたが、楽だなと思う座り方はママによってそれぞれ違います。

そのため、アイテムなどを駆使しながら自分にとって楽な座り方を見つけましょう。ただし、先にも触れたようにママにとっては座りやすくても、骨盤に悪影響を与えてしまう座り方もあります。

出産予定日の近い妊娠後期、出産が安心してできるように座り方には気を付けていきたいですね。

この記事が役に立ったらシェアしよう!


はじめての方はこちら!

葉酸サプリタイアップキャンペーン開催中

人気ブランドの葉酸サプリをお得にGETする大チャンス!ココマガ読者さまだけの限定特典をご用意していただきました。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 300円OFFクーポン!はこちら
  • 定期2,980円

キングオブ葉酸!ベルタ葉酸サプリ

  • 酵素サプリプレゼント!
  • 定期3,980円

妊活におすすめ!ママナチュレ

  • たんぽぽ茶プレゼント!
  • 初回3,980円
葉酸サプリの選び方を見る

妊娠周期ごとのまとめ記事

はじめての妊娠の方に、読んでもらいたい記事をまとめました。周期ごとのママや胎児の様子を把握しておきましょう。



妊娠初期・中期・後期のカテゴリー

妊娠初期妊娠中期妊娠後期
アルコールカフェインストレス解消
つわりマタニティブルー・産後うつ便秘・下痢
冷え・むくみ腹痛・お腹の張り妊婦検診・検査
妊娠中のおしゃれ妊娠中のスキンケア妊娠中の仕事
妊娠中の体重管理妊娠中の外出・旅行妊娠中の家での過ごし方
妊娠中の病気妊娠中の運動妊娠中の食事
妊娠中の栄養葉酸サプリ妊娠線・妊娠線予防
出産出産予定日出産準備
陣痛・おしるし高血圧・低血圧高齢出産
妊娠初期妊娠中期
妊娠後期アルコール
カフェインストレス解消
つわりマタニティブルー・産後うつ
便秘・下痢冷え・むくみ
腹痛・お腹の張り妊婦検診・検査
妊娠中のおしゃれ妊娠中のスキンケア
妊娠中の仕事妊娠中の体重管理
妊娠中の外出・旅行妊娠中の家での過ごし方
妊娠中の病気妊娠中の運動
妊娠中の食事妊娠中の栄養
葉酸サプリ妊娠線・妊娠線予防
出産出産予定日
出産準備陣痛・おしるし
高血圧・低血圧高齢出産

スポンサードリンク

目次
をみる
関連記事
をみる