妊娠後期の骨盤サポート!トコちゃんベルトの効果、徹底解説

妊娠後期の骨盤サポート!トコちゃんベルトの効果、徹底解説




『トコちゃんベルト』という名前をあなたは聞いたことがあるでしょうか?

女性は妊娠していると、骨盤が歪んだり緩みやすくなってしまいがちなのですが、トコちゃんベルトはそれらにも効果がある、妊娠初期から産後まで使用できる「万能骨盤ベルト」です。

このトコちゃんベルトは今妊婦さんの間でも大人気で、しっかりと効果が得られると評判です。

そこで今回は、

・トコちゃんベルトは、必ずつけないといけないの?
・トコちゃんベルトの種類は、たくさんあるの?
・歪んだ骨盤などにはやっぱりトコちゃんベルトはおススメなの?
・トコちゃんベルトの付け方を教えてほしい!

といった方に、トコちゃんベルトについての正しい知識と効果や付け方など、骨盤ケアに悩んでいるママに詳しくご説明します。

関連記事
>>産後の骨盤矯正は効果大!産後の骨盤矯正の始め方と基礎知識
>>産後の骨盤矯正・エクササイズに使える6つのおすすめグッズ

トコちゃんベルトって何?

トコちゃんベルトって何

トコちゃんベルト」は産後のゆるんだ骨盤を支えてくれる「骨盤ケア用品」です。女性の妊娠中に効果があるとされている骨盤を矯正するためのグッズなどはたくさん市販されています。

その中でも「トコちゃんベルト」だけが実際に骨盤を安定させる効果があると医学的にも証明されており、産婦人科などでも公認された骨盤ケア用品として販売、使用されています

トコちゃんベルトの種類

トコちゃんベルトにはいくつかの種類があり、用途によって使い分けが必要です。使用用途を間違えると効果を得られなかったり逆に悪い影響を与えてしまう場合もあり、また類似品なども出回っているため注意が必要です。

自分の状況や状態に合わせて適切なものを選んで使用しましょう。

トコちゃんベルトⅠ

トコちゃんベルトのⅠは、トコちゃんベルトのアドバイザーなどからの、指導を受けることが必要なベルトです。

このベルトは骨盤を後ろ側から前に支え、恥骨側をしっかりと引き寄せてくれます。恥骨結合離開や、恥骨結合に凹みやゆるみがある人に最適なベルトです。

トコちゃんベルトⅡ

トコちゃんベルトⅡは、骨盤を前側から後ろに支え、おしり側を引き寄せてくれます。

恥骨結合に凹みやゆるみがない人や、腰痛がある人、おしりや尾骨に痛み、どこにも痛みがない人に適しているベルトです。

マイルドトコちゃんベルトⅡ

マイルドトコちゃんベルトⅡは、普通のトコちゃんベルトⅡと同じで、骨盤を前側から後ろに支え、おしり側を引き寄せてくれます。

やわらかい素材を使用しているので、付け心地がよくズレあがりにくい仕様になっています。

トコちゃんベルトⅢ

トコちゃんベルトⅢは妊婦さんではなく、産後のママさんや中高年の女性、妊活中の女性など妊婦さん以外の、思春期から老年期までの幅広い世代が使用できるバックル式のベルトです。骨盤を後ろ側から前に支えてくれます。

トコちゃんベルトはその種類によって支えてくれる方向が変わります。恥骨結合に凹みやゆるみがあるか、などによっても使用するベルトが変わります。

どのベルトをつけていいのかわからないと困った時は、かかりつけの病院や、トコちゃんベルトのアドバイザーの資格を取得している助産師さんなどに、相談したり指導を受けて自分に合うベルトを選びましょう。

ちなみに中でも1番人気で多く使用されているのが「トコちゃんベルトⅡ」です。幅広い効果があり、コツを掴めば着脱も簡単に行えます。

トコちゃんベルトはどこで購入できる?

トコちゃんベルトを購入したい時は、公式のショップや全国の病院や助産院、治療院などで手に入れる事が可能です。

ですが、中には通院している方のみへの販売をしている所や、規定の説明を受けてからしか購入できない、指導料が必要になる場合も。

きちんと説明を受けられないなど差があったり、販売していない、販売価格が異なる場合もあるので各施設に問い合わせてみましょう。

トコちゃんベルトの効果は?

トコちゃんベルトの効果は

今回は妊娠後期の方向けのため、一番この時期にも適している、トコちゃんベルトⅡについて効果を解説していきます。

トコちゃんベルトⅡは骨盤を前側から後ろ側へと支えて、おしり側を引き寄せることで、下記のような効果が期待できます。

→腰痛・恥骨痛・尾骨痛・子宮脱・逆子・切迫早産のケア・O脚改善・下半身のシェイプアップ

など、幅広くさまざまな効果をもたらしてくれます。

妊娠している時は、ホルモンの変化の影響もあ、り関節をつなぐ靭帯がゆるむため、骨盤や骨盤低筋が歪みやすくなっていたり、子宮や胃腸などの内臓が下垂する傾向があります。

トコちゃんベルトⅡをつけることで、妊娠中の骨盤や関節のゆるみを防いでくれたり、痛みを押さえたり回復を促進させる効果が期待できます。

トコちゃんベルトⅡはどのタイミングで使用する?

トコちゃんベルトⅡは、基本的には妊娠していても、していなくてもいつでも使用でき、寝るときにも着用できます。ですが妊娠初期や後期の間でつけはじめて、出産後三ヶ月程度まで付けているママさんが多いです。

女性は妊娠すると出産に備えて骨盤を緩めて広げていくために「リラキシン」と呼ばれるホルモンが分泌されだします。

このホルモンは出産が終わると一ヶ月から二ヶ月程度で減少し、それと共に骨盤も妊娠前の状態へと時間をかけて戻っていきます。

この時しっかり骨盤が元に戻らず歪んでたりゆるんだままだと、将来的にダメージを受ける原因にもなり、早い段階での骨盤ケアは大変効果的です。また出産後は、恥骨痛や腰痛が起こりやすいため、積極的にベルトを使用しましょう。

そして、適度な運動をすることで、トコちゃんベルトがなくても大丈夫なレベルに、筋力を回復させてやりつつ、徐々にベルトの使用時間や回数を減らしていけるのが理想です。

トコちゃんベルトは使うべき?

トコちゃんベルトの使用は病院でも推奨されている所も多いですが、必ず使用しないとダメなものではありません。トコちゃんベルトを使用していても、していなくても何も変わらない人もいれば、劇的に効果を得られる人もいます。

使用は強制ではないので基本的に自由です。ですが興味があり、自分が使用するかどうかを悩んでいる方のために「トコちゃんベルトの使用をオススメする人」について説明します。使用や購入を悩んでいる場合は是非参考にして下さい。

腰痛や尾骨痛を感じる人

妊娠中は赤ちゃんの出産に向けて、だんだんと骨盤や関節が開いたり緩んでいっています。

その際に腰痛や尾骨痛を感じるママには、トコちゃんベルトの使用をオススメします。骨盤を安定させることで痛みを抑えたり、痛みの予防になります。

おしりを大きくしたくない人

出産を終えた後、おしりが大きくなってしまったと思う女性は多いです。

これは出産の際、赤ちゃんが通るために骨盤が最大限に広がっている状態から、骨盤がゆるんだままの状態や、骨盤の広さがうまく戻っていないせいで、大尻になってしまっているのです。

きちんと骨盤が妊娠前の状態に戻せれば、おしりが大きくなるのは防げます。おしりが大きくなるのに不安がある方や、出産後骨盤に負荷がかかる生活をしなくてはならない場合は、トコちゃんベルトを使用して、関節を元に戻りやすくしてあげましょう。

頻尿や尿漏れが気になる人

妊娠中や出産後、頻尿や尿漏れで悩まされる女性は大変多いです。

これは出産の際に膀胱を支えている「骨盤低筋」が大きく関わっており、出産の際に傷ついてしまったりゆるくなってしまったものが完全には回復しきらず、頻尿や尿漏れに繋がっています。

これは出産が終わっても将来的にも続き苦労する女性が多いため、妊娠中の段階で、頻尿や尿漏れが気になっている場合は是非トコちゃんベルトを使用するのをオススメします。

トコちゃんベルトを着用することにより、骨盤を安定させ下垂している臓器をあげ、しっかりもとの状態に戻れる環境を整えてあげましょう。

上記のような不安や症状を抱えており、使用を悩んでいる方には是非、トコちゃんベルトの使用をオススメします。

骨盤や筋肉、臓器などを産後しっかり、妊娠前の状態に戻せる環境を作ってあげることで、出産の時だけではなく、出産後や将来的な健康にも繋がります。

逆をいえば、しっかりと出産後、妊娠前の状態に近づけることができないと、体のさまざまな場所に痛みを感じたり、体調を崩す原因となったり、更年期の辛い影響を与えてしまう恐れも高いので注意が必要です。

トコちゃんベルトの付け方と注意点

トコちゃんベルトの付け方と注意点

では、トコちゃんベルトの付け方と注意する点を、それぞれ詳しく見てみましょう。

自分にあったサイズを選ぼう

トコちゃんベルトには4種類のサイズが存在しています。サイズは立った時の姿勢と、骨盤高位の姿勢でヒップサイズを測定してその平均から選びます。

せっかく効果があるものでもサイズを間違っては意味がないので、正しく測って、しっかり自分の身体にあったサイズのものを選んで使用しましょう。

《トコちゃんベルトのサイズ》
・Sサイズ:70~80cm
・Mサイズ:80~88cm
・Lサイズ:88~100cm
・LLサイズ:100~120cm

《サイズの図り方》

①しっかりと前を向きまっすぐ立った状態でヒップサイズを測定します。
②そのままメジャーを押さえ、おしりの下にざぶとんなどを敷き、仰向けに寝転がり骨盤高位の姿勢をとってください。
③その体勢で安静にしたり、ゆっくり膝を左右に揺らしたりを5分程度続けて下さい。
④メジャーがゆるんでくるので再度おしりのサイズを測定して下さい。

今測定した2つのサイズの平均がサイズを選ぶ時の目安となります。トコちゃんベルトは特殊な素材を使用しており伸縮しにくいので、きちんと正確なサイズを測ってから購入して下さい。

トコちゃんベルトの正しい付け方

トコちゃんベルトを着用する場合は、素肌の上から腹巻などを巻き、トコちゃんベルトを装着してからショーツを身につけてください。

①最初に穴にベルトを通してやり、輪っかの状態を作って下さい。そしてそれを床かイスにきちんと座った状態で足から通していきます。

②引っ張りすぎに注意しながら膝立ちになり、両サイドの縫い目が左右に均等になるように位置を調整して下さい。そして面ファスナーを止めます。この時の装着位置を間違わないようにしっかり確認して下さい。

③ざぶとんなどを下に敷き、骨盤高位の姿勢をとって5分ほど横になって下さい。ゆっくりと膝を左右に揺らしたり安静にしたりを繰り返しながらゆるみがでてくるのを待ちましょう。

④ゆるみが出来たらそっとベルトを引いて、おしりに触れたと感じたら面ファスナーを止めてください。この時、手でもつのは面ファスナーに近いところを持ちましょう。引っ張りすぎてはいけません。

⑤おしりを床にしっかりつけて足を伸ばして下さい。そして片手を足の付け根に沿って差し込んでいきます。この時の目安は手首近くまでが程よく楽に入るくらいの強さです。

手首より上に楽に入ってしまったり、指先までしかキツくてはいらない場合は調整して下さい。

⑥次にベルトの強さを確認するために正座になって下さい。座って丁度良いと感じ、立つと少しゆるい、物足りないくらいかなと感じるくらいの強さがベストです。キツかった場合はひざ立ちになってベルトをゆるめて調節してください。

⑦調節ができたらゆっくりと起き上がって、ベルトの下に余った腹巻を折り上げてください。そしてその上からショーツを身に付ければ終わりです。

慣れるまでは難しく感じるかもしれませんが、正しく使いこなすことでしっかりと骨盤をサポートして良い影響を与えてくれるでしょう。

間違った付け方をさけるためにも、助産婦さんに正しい付け方をきちんと教わったり、うろ覚えなときは、しっかりと手順を確認しながら着用して下さい。

トコちゃんベルトをつける時の注意

トコちゃんベルトは正しく装着することによって、さまざまな効果を得ることができますが、うろ覚えや自己流で誤って使用すると逆効果です。

トコちゃんベルトを装着することで、気持ちよさや楽さを感じられた場合はそのまま着用して大丈夫ですが、下記の症状を感じた場合は付け方が正しくないか、他の問題が起きている場合があるので使用を中止し、病院を受診してください。

→トコちゃんベルトを着用しているのに腰痛や尾骨痛が全く改善しない。
→トコちゃんベルトを巻くと他の場所が痛くなる。
→ベルトを着用すると気分が悪くなったり症状が悪化してしまう。

これらの場合、トコちゃんベルトの着用を続けてしまうと、さらに状態が悪化してしまう場合がありますので注意してください。受診してみて原因が着用方法だった場合は、改めて正しい着用方法を覚えなおし再チャレンジしてみてください。

トコちゃんベルトを正しく着用して快適な妊婦ライフを送りましょう

トコちゃんベルトを正しく着用して快適な妊婦ライフを送りましょう

トコちゃんベルトを正しく使用することで、妊娠中や出産後にもたくさんの嬉しい効果があることがわかりました。

妊娠や出産は思わぬトラブルがつき物だったり、ささいな事で不安になりがちですが、トコちゃんベルトを着用することで色んな悩みや不安を改善したり予防することが可能です。

慣れるまでは着用も大変かもしれませんが、コツを掴んでしまえばそれ程難しい物ではありません。自分の体調に合わせてうまくトコちゃんベルトを使用し、大変なマタニティライフを少しでも楽しく快適に乗り切りましょう。

公式ページ>>トコちゃんドットコム

妊娠中から産後まで継続的に使用して骨盤ケアを行うことで、ママの将来的な健康にも繋がります。

この記事が役に立ったらシェアしよう!


はじめての方はこちら!

葉酸サプリタイアップキャンペーン開催中

人気ブランドの葉酸サプリをお得にGETする大チャンス!ココマガ読者さまだけの限定特典をご用意していただきました。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 300円OFFクーポン!はこちら
  • 定期2,980円

キングオブ葉酸!ベルタ葉酸サプリ

  • 酵素サプリプレゼント!
  • 定期3,980円

妊活におすすめ!ママナチュレ

  • たんぽぽ茶プレゼント!
  • 初回3,980円
葉酸サプリの選び方を見る

妊娠周期ごとのまとめ記事

はじめての妊娠の方に、読んでもらいたい記事をまとめました。周期ごとのママや胎児の様子を把握しておきましょう。



妊娠初期・中期・後期のカテゴリー

妊娠初期妊娠中期妊娠後期
アルコールカフェインストレス解消
つわりマタニティブルー・産後うつ便秘・下痢
冷え・むくみ腹痛・お腹の張り妊婦検診・検査
妊娠中のおしゃれ妊娠中のスキンケア妊娠中の仕事
妊娠中の体重管理妊娠中の外出・旅行妊娠中の家での過ごし方
妊娠中の病気妊娠中の運動妊娠中の食事
妊娠中の栄養葉酸サプリ妊娠線・妊娠線予防
出産出産予定日出産準備
陣痛・おしるし高血圧・低血圧高齢出産
妊娠初期妊娠中期
妊娠後期アルコール
カフェインストレス解消
つわりマタニティブルー・産後うつ
便秘・下痢冷え・むくみ
腹痛・お腹の張り妊婦検診・検査
妊娠中のおしゃれ妊娠中のスキンケア
妊娠中の仕事妊娠中の体重管理
妊娠中の外出・旅行妊娠中の家での過ごし方
妊娠中の病気妊娠中の運動
妊娠中の食事妊娠中の栄養
葉酸サプリ妊娠線・妊娠線予防
出産出産予定日
出産準備陣痛・おしるし
高血圧・低血圧高齢出産

スポンサードリンク

目次
をみる
関連記事
をみる