妊娠後期のつわり

妊娠後期もつわりがくる?後期つわりの症状と対策




妊娠のつわりというのは、多くの方が妊娠初期5~6週頃から症状が出だし、妊娠12~16週頃までにはほとんどの人がその症状が消え楽になります。

つわりはそもそも、妊娠することでヒト絨毛性ゴナドトロピンというホルモンが増加することによって起こるとされています。

一般的な症状としては、吐き気、嘔吐、唾液量の増加、倦怠感、頭痛、眠気、食欲不振、食べ物のにおいに対する変化などがあります。

しかし、妊娠後期と呼ばれる妊娠8ヶ月以降につわりが再発する妊婦さんもいます。

そこで今回は、

・妊娠後期のつわりとは?
・妊娠後期のつわりの特徴を知りたい
・妊娠後期のつわりの対策を知りたい

といった方に、妊娠後期のつわりの原因や症状、どのように対応して乗り切ればよいか詳しくご説明していきます。

出産間近のこの時期、辛いつわりを上手く乗り切り、出産に向けて活動的な毎日を送りましょう。

つわりは再発するの?

妊娠することは非常に嬉しいことですが、妊娠生活がつわりによって苦痛になるという人も珍しくありません。

妊娠中期に入るころには一般的につわりの辛い症状がなくなる人も多いですが、妊娠中期の後半や妊娠後期につわりが再発する人もいます。中には妊娠初期の段階から出産までずっと続くという人もいるのです。

この妊娠後期のつわりを、後期つわり、第二のつわりともいわれます。

妊娠後期のつわりの原因は?

妊娠後期に入ると、どんどんお腹の赤ちゃんは大きくなっていきます。

お腹の下の方で大きくなる赤ちゃんですが、大きくなるにつれて子宮の上にある胃などの内蔵を下から押し上げるようになります。

胃を持ち上げられることによって、胃がムカムカしたり、胃酸が逆流することによって吐き気や胸焼けを起こします。

また、ホルモンバランスの乱れなども妊娠後期のつわりの原因になります。どんどん出産が近づいてくると今度は胎児がお腹の下の方へ下がってくるためにつわりが楽になってきます。

出産まであと少しです。出産が近づくとつわりも治まり、逆に胃が開放されて食欲が増すという人もいます。

妊娠後期のつわりの症状と特徴

赤ちゃんが大きくなることが原因で起こる妊娠後期のつわりには、妊娠初期のつわりとは違った症状や特徴があります。

吐き気、胃のむかつき

妊娠初期のつわり症状と同じですが、赤ちゃんがお腹のなかで大きくなったことが原因のひとつです。

子宮が大きくなることによって胃などの臓器が圧迫され、吐き気や胃のむかつきがあります。

ゲップ、胃酸の逆流

妊娠後期の吐き気のつわりと原因は同じですが、胎児が大きくなることによって胃などの臓器が圧迫されるので、ゲップが出やすくなります。

胃が持ち上げられることで胃酸が逆流する人も多く、食道やのどあたりも常に気持ち悪い状態が続きます。普段よりも消化が悪いので、消化の良い食品を摂るようにしましょう。

胃痛、胸やけ

大きくなった胎児に胃を圧迫されることによって胃が痛くなるという人がいます。また、胃酸の逆流により食道の粘膜を荒らし、胸やけを引き起こしてしまいます。

胃痛や胸焼けは妊娠初期のつわりにはない特徴的な症状です。

倦怠感

つわりというのは吐き気だけの症状ではありません。妊娠後期は出産間近で、お腹に大きなおもりを常につけているという状態ですので、妊婦さんは体が重く思うように身体を動かすことができません。

少し動いただけでドッと疲れが出ますし、倦怠感を感じます。倦怠感や疲れを感じたら無理をせずに出来るだけゆっくり休憩を取るようにしましょう。

体のむくみ

胎児がお腹で大きくなり、母体に負担がかかりやすいので、血行が悪くなるとすぐに足がパンパンに象のようにむくんだり、寝ているときにこむらがえりを起こしやすくなります。

体のむくみのためにも塩分の多い食生活を避けたり、マッサージをしたり、加圧ソックスなどをはいて血流を良くしましょう。

食の趣向が変わる?

つわりの一種で食の趣味ががらりと変ることがあります。特に胎児が大きくなると母体がブドウ糖不足になるせいか、甘いものを大量に食べたくなる人がいます。

しかし、甘いものを必要以上に摂る事で体重管理もできなくなり、体調が悪化する恐れがありますので、どうしても食べたいときをのぞいてはなるべく1日の摂取カロリーの限度内に収まるように食欲のコントロールも必要です。

妊娠後期のつわり対策は?

つわりがひどいと本当に辛いものです。妊娠初期のつわり対策とはどう違うのか、出来るだけ妊娠後期のつわりをやわらげるにはどうすればいいのでしょうか。

食後30分以内には横にならないようにする

食後すぐは胃の中が満タンになっています。その状態ですぐに身体を横にすると胃の内容物が食道の方向に流れ出てくるので気持ち悪くなります。

最低食後30分は疲れていても眠くても、身体を横にして寝るのは避けましょう。どうしても眠い時などは、ソファなどの背もたれにもたれるようにして休憩しましょう。

完全に横にならなくてもある程度は楽になります。要は上半身を起こした状態で楽な姿勢をとるとよいのです。

夜寝る前にムカムカして眠れない場合は、枕などで頭を高くして眠ったり、妊娠後期で色々な体勢が難しいので、抱き枕やクッションなどで楽な姿勢をとりましょう。

眠る時間を想定して食事をしたり、食事量をコントロールするなど、つわりで寝つきが悪くならないように注意しましょう。

炭酸飲料を飲まない

炭酸飲料を飲むと気分も良くなるということを妊娠初期で経験した人は、妊娠後期のつわりの時も、炭酸飲料が効果的と思って飲んでしまう場合があるのですが、妊娠後期のつわりには炭酸飲料は逆効果です。

吐き気があるときは確かに気分がすっきりするので効果的ですが、妊娠後期のつわりの多くは子宮が大きくなってくることによって胃が圧迫されて起こります。圧迫された普段よりも小さい胃の中で、炭酸ガスが膨らむとより一層吐き気が増すことになりかねません。

どうしても飲み物ですっきりしたい場合は、炭酸飲料ではなく、レモンを絞ったレモン水や梅のシロップを水で薄めた梅ジュース、フルーツ酢などを使ったサワーなどで対応した方が良いでしょう。

胃を驚かせるようなものを食べない

極端に辛かったり、甘かったりという刺激物は胃を驚かせて消化を悪くしますので、濃い味付けのものや、刺激物は妊娠後期には控えましょう。

食事中の飲み物を控える

食事中に水分を多く摂ると、胃の許容量をすぐに越えてしまい、胃酸の濃度が薄まるのでかえって消化が悪くなります。

飲み物を多く取らなくても食べられるよう濃い味付けのものを避けたり、さっぱりした味付けのものを取るようにすると、食事中に水分をあまり摂ることなく食事ができます。

また、食後すぐも胃酸が薄まるので水分を控えましょう。妊婦さんにとって水分補給が出来ていないことは危険ですので、食事の前後以外はなるべく小まめに水分補給をしましょう。

食事は少しずつ小分けにして何度も食べるようにする

子宮が大きくなって胃が圧迫されて持ち上げられているので、胃の中に入る量が本来の量よりも少なくなっています。

ですから、妊娠後期に今までと同じ食事の量を一度に食べようとすると、小さくなった胃から食べ物があふれ出てきて胃酸が逆流します。胃酸が逆流すると胸焼けもしますので、常に気持ち悪い状態になります。

しかし、妊娠後期ともなると出産に向けて体力もつけなければいけませんし、赤ちゃんに十分な栄養も届ける必要があります。

食べないというわけにはいきませんので、胃の許容量を下回る量の食事を1日に何度も食べるという食事方法にすると、つわりを辛く感じることなく栄養も摂取できます。

食事を少量ずつに分けて何度も食べるということを心がけましょう。

お腹に優しいものを食べよう

油っぽいものや、固いもの、味が濃いもの、辛いものなどは消化に時間がかかり、胃に負担がかかりやすくなります。胃での消化時間が長いと胃酸が逆流する原因にもなります。

逆にお粥や雑炊、煮込みうどん、野菜スープなどは非常に消化が良い食べ物です。消化が良い食べ物を食べると、胃への負担が少なくなりますし、短時間で消化できます。

そうすることによって、吐き気や胃のむかつきができるだけ少なくすることができます。

食後にガムを食べよう

食事の後にガムを噛むと唾液の分泌量が増えるので消化を助けることになります。

つわりの時は気分もすっきりしない場合が多いので、ミントガムやレモンガムなど、すっきり爽やかな気分になる味を選ぶと吐き気もあまり感じなくなります。

お腹を締め付けない

妊娠後期にもなると大きくなったお腹をサポートするために、お腹の周りに巻く腹巻やガードルをつけている人も多くなります。

お腹を冷やさないようにしたり、お腹を守ってくれるという重要な役割がありますが、お腹を強い力で締めていると余計に気分が悪くなる場合があります。

お腹をサポートする際は、おへそよりも上の方をあまり圧迫しないように気をつけましょう。

妊娠後期のつわりに薬はあり?

妊娠後期に入ると、薬による胎児への影響が少なくなるために服用できる薬が増えてきます。胃痛や胸焼けは薬で楽になるものがありますので、無理せずに担当の医師に相談して薬を処方してもらいましょう。

普通のドラックストアでも胃腸薬は市販されています。最近ではインターネット上で妊娠後期に服用してもよい薬などの情報も簡単に得ることができますが、自己判断で勝手に薬を飲むのではなく、担当の医師に相談してその状態を確認してもらってから、しかるべき薬を処方してもらい服用するほうが安心できます。

妊娠後期でつわりになっても、赤ちゃんは大丈夫?

つわりは妊婦さんにとっては辛いものですが、吐き気がありながらも食べられる状態であれば特に赤ちゃんに影響はありません

しかし、重症の人は水分でさえ受けつけないという人がいます。水分を取れないとなると脱水症状になるおそれがありますので、非常に危険です。

後期つわりで食べ物が全く食べられず、水分しか受けつけないという状態になったら、専門の医師を受診して対処してもらう必要があります。

最悪の状態は水分を飲んでも受け付けずに吐いてしまうと水分が取れないので、尿も出なくなり脱水症状を起こすことです。

このような状態になるまで放置することなく自分の体調をよく観察しましょう。つわりを訴えても、単なる甘えという捉え方をする人も中にはいますが、つわりが重症化すると母子共に危険な状態になりますので、我慢することなく早めにかかりつけの医師に相談しましょう。

つわりが重症化すると

妊娠後期のつわりの再開はよくあることです。しかし、重症化して食べ物が食べられず、水分を受け付けない、体重が5キロ以上減る、尿に吐き気があるときにでるケトン体が出る、1日に5回以上吐くという症状があるときは、妊娠悪阻(にんしんおそ)と診断され、つわりとは区別されます。

妊娠悪阻(にんしんおそ)にも段階があり、はじめは尿淡白が出始めて脱水症状をおこし、さらに悪化すると代謝異常で中毒症状が出て入院が必要になります。

もっともひどくなると、めまいや幻聴、幻覚が現れ、妊娠を継続することが難しくなり、母体を守るために中絶手術をしなければならなくなります。

入院を必要とする人は重症妊娠づわりといわれ、妊婦さんの中に1パーセント弱います。

妊娠後期は胎児も大きくなり、妊婦さんに必要な栄養の量も増えていく時期ですので、つわりが重症である場合は入院して点滴を打ち、栄養と水分補給をします。基本的には安静にしておく必要があります。

残念ながら、つわりそのものを治療する方法は入院してもありません。入院期間も個人差がありますが、栄養が全く取れないという場合は出産まで入院という人もいます。

妊娠悪阻(にんしんおそ)は病気であるということで、入院治療費などには保険適応されます。

妊娠後期の吐き気は陣痛の兆候?

出産が間近の妊娠後期では、理論的には胃の圧迫はなくなりますので吐き気はあまりなくなってくるというのが一般的な考えですが、中には今にも生まれそうな時期に吐き気があるという人もいます。

これはつわりからくる吐き気というよりも、精神的な事に起因している吐き気である場合が多いです。出産が近づくと知らず知らずのうちに身体に力が入ったり、精神的に非常に不安になったりします。

そのことで自律神経が乱れ、吐き気をもたらす場合があります。特に出産が初めての人は、精神的にも不安定になりがちです。

自分はちゃんと出産できるだろうか、赤ちゃんは無事だろうか・・・と毎日そればかりを考える日々が続くと精神的に参ってきますので、不安なことばかりを考えず、生まれてくる赤ちゃんにもうすぐ会える喜びを感じながら、できるだけ明るくポジティブに過ごしましょう。

この記事が役に立ったらシェアしよう!


はじめての方はこちら!

葉酸サプリタイアップキャンペーン開催中

人気ブランドの葉酸サプリをお得にGETする大チャンス!ココマガ読者さまだけの限定特典をご用意していただきました。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 300円OFFクーポン!はこちら
  • 定期2,980円

キングオブ葉酸!ベルタ葉酸サプリ

  • 酵素サプリプレゼント!
  • 定期3,980円

妊活におすすめ!ママナチュレ

  • たんぽぽ茶プレゼント!
  • 初回3,980円
葉酸サプリの選び方を見る

妊娠周期ごとのまとめ記事

はじめての妊娠の方に、読んでもらいたい記事をまとめました。周期ごとのママや胎児の様子を把握しておきましょう。



妊娠初期・中期・後期のカテゴリー

妊娠初期妊娠中期妊娠後期
アルコールカフェインストレス解消
つわりマタニティブルー・産後うつ便秘・下痢
冷え・むくみ腹痛・お腹の張り妊婦検診・検査
妊娠中のおしゃれ妊娠中のスキンケア妊娠中の仕事
妊娠中の体重管理妊娠中の外出・旅行妊娠中の家での過ごし方
妊娠中の病気妊娠中の運動妊娠中の食事
妊娠中の栄養葉酸サプリ妊娠線・妊娠線予防
出産出産予定日出産準備
陣痛・おしるし高血圧・低血圧高齢出産
妊娠初期妊娠中期
妊娠後期アルコール
カフェインストレス解消
つわりマタニティブルー・産後うつ
便秘・下痢冷え・むくみ
腹痛・お腹の張り妊婦検診・検査
妊娠中のおしゃれ妊娠中のスキンケア
妊娠中の仕事妊娠中の体重管理
妊娠中の外出・旅行妊娠中の家での過ごし方
妊娠中の病気妊娠中の運動
妊娠中の食事妊娠中の栄養
葉酸サプリ妊娠線・妊娠線予防
出産出産予定日
出産準備陣痛・おしるし
高血圧・低血圧高齢出産

スポンサードリンク

目次
をみる
関連記事
をみる