高齢出産において必要な覚悟とは?不安にならないための心構え

高齢出産において必要な覚悟とは?不安にならないための心構え



高齢出産には、さまざまなリスクがあります。しかし、晩婚化が進む現代では高齢出産の方も多く、さまざまなことに注意しながら妊娠・出産に望まれる方も多くいます。

高齢出産だからこその注意点もあれば、高齢出産の方でなくても注意すべきこともあります。

そこで今回は、

・高齢出産だから色々と不安になる
・高齢出産において必要な注意点とは?
・妊娠出産に向けてどのような心構えをしておけばいいの?

といった方に、妊娠や出産に関わるさまざまな注意点の中でも、とくに高齢出産の方に着目して、詳しくご紹介します。

高齢出産っていくつから?

高齢出産っていくつから

「高齢出産」という言葉をよく耳にするようになりましたが、一体いくつからが高齢出産なのでしょうか。

日本産婦人科学会が定義している高齢出産では、「35歳以上の初産の方」となっています。

女性の社会進出やそれに伴う晩婚化、少子化などもあって、高齢出産に臨む方は、年々増加の傾向にあります。

1993年以前では、高齢出産の定義も30歳以上とされていましたが、社会の情勢を鑑みて、35歳以上に変更になりました。また、とくに40歳を超えた方の妊娠や出産には、リスクがより高まるともいわれています。

最近では、医療技術の進歩などにより、50歳を超えても無事に出産を迎え、待望の赤ちゃんを我が手に抱く方も増えていますが、その一方で、さまざまなトラブルを抱えてしまう方もいます。50歳以上の高齢出産の方たちを総称して、「超高齢出産」とも呼ばれることもあります。

高齢出産は、リスクが多い?

高齢出産は、リスクが多い

高齢出産の方は、若い方の妊娠に比較しても、さまざまなリスクを伴うとこが多いものだといわれています。

もちろん、高齢出産の方全員に何らかのリスクがある訳ではありませんが、若い方の妊娠、出産と比べてみて、年齢が高くなればなるほど、トラブルを抱えてしまう方が多くなることは否めません。

それは、「妊娠高血圧症候群」などのような、お母さんご自身のリスクであったり、「染色体異常」などのような、おなかの赤ちゃんの異常であったりする場合もあります。

それぞれのリスクを考えてみても、高齢出産の方の妊娠や出産には、若い方に比べてみて、ちょっとした心構えが必要になってくるのも否めません。

妊娠前から妊娠中に必要な覚悟

妊娠前から妊娠中に必要な覚悟

妊娠中にはたくさんの悩みや体の不調などを体験しますが、早めにたくさんの小さな心構えを重ねていくことで、妊娠中や出産にも落ち着いて臨めるようになることもあります。

ここでは、妊娠についてのさまざまな心構えについてご紹介します。

妊娠率の低下

自然な妊娠を希望する方の中でも、なかなか妊娠ができずに、悩んでいる方は多くいます。とくに高齢出産を希望する方には、年齢を重ねるごとに自然妊娠率は低下していきます。

年齢が高くなればなるほど、体が衰えるばかりではなく、卵子も老化していき、妊娠しにくく、妊娠するまでにかかる時間も長くなってしまうといわれているのです。

自然妊娠できる確率についてあるデータを見てみると、20歳代では25~30%であった確率も、30歳代前半では20~25%、30歳代後半では18~22%、40歳代前半では5~8%、40歳代後半ではわずか1~3%にまで落ち込んでしまいます。

自然に妊娠できることに対して、自然に妊娠することが難しいかもしれないという覚悟も必要です。

流産率の上昇

待望の赤ちゃんをおなかに宿して、喜びもつかの間、さまざまな心配が胸をよぎることでしょう。中でも高齢出産の方は、妊娠に流産のリスクが伴う割合も、年齢に応じて多くなります。

流産してしまう確率を年齢別に見てみましょう。体外受精や顕微授精などの生殖補助医療を行った場合の流産率ですが、30歳前半までは20%前後だった数値も、40歳だと40%、50歳に近付くと70%へと上がってしまいます。

これは、年齢が高くなるに伴い、染色体異常が増えること、妊娠に伴う女性ホルモンの増加が正常に起こらないことなどが原因として考えられます。 年齢が若い程、妊娠する確率は高く、逆に流産してしまう確率は低くなるといえます。

もちろん、元気に出産を迎えることができるお母さんもたくさんいますので、主治医の指示のもと、しっかりと定期的な妊婦健診を受診するように心がけましょう。

妊娠中のお母さんの体調不良

高齢出産の方は、おなかの赤ちゃんだけではなく、お母さんご自身にも、かなりの体力的、精神的に負担がかかります。

高齢出産の方は、妊娠高血圧症候群(以前は、妊娠中毒症と呼ばれていました)になってしまう割合も高くなっていますが、その他にも、年齢が高くなると、甲状腺の異常や子宮筋腫の発症、卵巣の異常など、さまざまなからだの病気による妊娠・出産のトラブルも生じる可能性があります。

定期的な検診はもちろんのこと、ちょっとした体調の変化に敏感になり、心配に思った時には、かかりつけの病院を受診しましょう。

おなかの赤ちゃんの異常

お母さんの年齢が高くなればなるほど、卵子の状態も悪くなり、老化してしまいます。卵子の老化は、卵子そのものの質の低下にもつながってしまいます。

お母さんの年齢に対して、おなかの赤ちゃんが染色体異常になってしまう割合は、20歳代では1300~1500分の1であるのに対して、30歳代前半では1000分の1、35歳以上では380~400分の1、40歳代になると100分の1、45歳以上では、25~301分の1にまで上がってしまうというデータもあります。

もちろん、どの年代での妊娠であっても赤ちゃんに異常が見つかるケースはありますが、高齢になるほど、先天性異常になってしまう危険性があることもしっかり覚えておかなければなりません。

ダウン症へのリスク

妊娠が分かると誰でもが「五体満足で、元気で丈夫な赤ちゃんが産まれてくるように」と願うものです。しかし、高齢出産の方にとってやはり気になってしまうことの1つに、染色体の異常で起こるダウン症があります。

近年マスコミなどでも話題になっている「新出生前診断」(無侵襲的出生前遺伝学的検査「NIPT」)は、お母さんの血液検査でも分かる検査です。

日本産婦人科学会倫理委員会は、平成25年3月に「母体血を用いた新しい出生前遺伝学的検査に関する指針」を発表しました。

もちろん、妊婦健診の中での胎児超音波検査で、おなかの赤ちゃんの染色体異常の可能性が疑われた場合や、高齢出産の方などそのリスクが高い可能性のある方に、担当の医師から検査について説明がある場合があります。

この検査は、わずか20㏄ほどの採血による血液検査だけですので、お母さんのからだへの負担も少なく、検査することが可能なものですが、検査を受けることによって、命の選択や選別をおこなってしまう可能性があることへの、倫理面での心構えも持っておかなければなりません。

ご夫婦でよく相談して、安易な検査にならないようにしなければなりません。

もちろん、主治医の先生とも、よく相談することが必要ですし、万が一の結果が出た時の覚悟もしなければなりません。

妊娠に関わる費用

高齢出産の方だけでなく、妊娠をすると、お母さんご自身の健康と、おなかの赤ちゃんの健やかな成長を維持するためにも、定期的な妊婦健診が欠かすことはできません。

妊婦健診は、一般的に異常が見られない場合には、妊娠6ヶ月までは4週間に1度、妊娠9ヶ月までは2週間に1度、臨月に入ると毎週受診するようになります。

また、何らかの異常やその予兆が見られる場合には、更に妊婦検診を受ける間隔は短く、その回数も増えてしまいます。

もちろん、健診の内容によっても、毎回かかる費用も異なってはきますが、健診の回数が多くなると自治体からの補助券が不足するため、その分は実費になり経済的な負担になります。

また、先天性疾患やその他に特別な検査が必要な場合には、保険が効かないものもありますので、新出生前診断のように10万円以上もしてしまうような検査もあります。

妊娠することで、それなりに費用に対する覚悟が必要になります。

出産時に必要な心構え

出産時に必要な覚悟

出産時には、入院費や分娩費用がかかります。最近では、個人病院でホテル並みの環境や待遇の整っている産婦人科もありますので、入院にかかる費用もまちまちです。

また、高齢出産の場合には、何らかのトラブルによって、自然分娩ではなく帝王切開をおこなわなければならない場合も多々あります。

その場合には、入院期間も長くなりますので、、出産にかかる費用は多めにみておきましょう。

また、自然分娩ができるお母さんであっても、子宮口の柔軟性が乏しく、出産に多く時間がかかって難産になってしまうこともあります。

さまざまな点で、高齢だからこその不安や心配は尽きませんが、その時々に応じたちょっとした覚悟を決めることで、出産においても冷静に対応できるようになります。

出産後のからだの変化に関する心構え

出産後のからだの変化に関する覚悟

高齢出産を無事に終えたお母さんの中には、からだの痛みや不調に悩まされている方も、けっして少なくはありません。

もともと腰痛持ちのお母さんにとっては、妊娠期間中の腰やからだへの負担は計りしれませんし、筋肉の衰えから来るその後の不調も出てくる場合があります。

また、妊娠期間中には決まった運動を行う機会も少なくなりますので、より筋力も衰えてしまっています。

その上、妊娠、出産によって開いたり歪んでしまったりした骨盤は、とても不安定な状態になります。年齢によっては、ホルモンバランスの急激な変化による更年期障害の懸念も徐々に出てきます。

さまざまなトラブルやリスクはあることは覚悟の上で、パートナーの方との良い関係を築きつつ、たまには育児を離れてのんびりし、リフレッシュする時間を持つことも大切です。

出産後の育児に必要な心構え

出産後の育児に必要な覚

高齢出産の方にとっての出産やその後の育児には、お母さんご自身の産後の肥立ちの良し悪しも大きく影響してきますが、若いお母さんに比べて、体力的に弱い点は否めません。

しかし、万が一体力的に少しきついと感じる育児であっても、赤ちゃんを授かった喜びに変えられるものはありませんし、年齢を重ねたからこそできる判断や対応が必ずあるはずです。

また、お子さんが大きくなるにつれて、よそのお母さんとのかかわりも多くなってきます。もちろん、若いお母さんもたくさんいますから、その中に入っていくことに、抵抗を感じる方もいらっしゃいます。

また、ご自身の年齢を、否が応でも感じなければならない機会も、増えてくるかもしれません。

若いお母さんだからできる冒険もありますが、年齢を重ねたお母さんだからできる育児もあります。自分自身、楽しくしかもしっかりと赤ちゃんを育てていく覚悟さえあれば、若いお母さんの中だろうと、年配のお母さんの中だろうと、関係なく自然でいられるはずです。

あまり気負うことなく、自然体での育児を心がけていきましょう。そうすることによって、肩の力も抜け、ゆったりとした赤ちゃんのための育児に専念できます。

高齢出産にもたくさんのメリットがあります

高齢出産にもたくさんのメリットがあります

高齢出産というと、とかくリスクばかりが思い浮かび、不安に思う方も多くいます。しかし、高齢出産ならではのメリットもたくさんあることを忘れてはいけません。

高齢出産の方にとっては、待ち望んだ待望の赤ちゃんですので、我が子を手にした時の喜びは、想像を絶するほどです。

また、子育てをおこなうには、どうしても経済的な負担も増えていくものですが、高齢出産の方は、社会的にも活躍している方も多く、この点では問題のないという方も多いでしょう。

さらに、妊娠や出産、子育てと、今までの生活とは180度異なる生活になっていきますが、その点でも、人生経験の豊富な分、若い方の妊娠や出産に比べてみても、比較的に悩みも少なく、解決方法も持っている方が多いともいわれています。

高齢出産であってもそうでなくても、妊娠・出産に対する不安や心配はあります。そして何よりも待望の赤ちゃんに対する喜びは同じです。さまざまな覚悟が必要な場面もありますが、家族や周囲の協力も得ながら、素敵なマタニティライフと育児生活を過ごしてください。

この記事が役に立ったらシェアしよう!


葉酸サプリタイアップキャンペーン開催中

人気ブランドの葉酸サプリをお得にGETする大チャンス!ココマガ読者さまだけの限定特典をご用意していただきました。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 300円OFFクーポン!はこちら
  • 定期2,980円

キングオブ葉酸!ベルタ葉酸サプリ

  • 酵素サプリプレゼント!
  • 定期3,980円

妊活におすすめ!ママナチュレ

  • たんぽぽ茶プレゼント!
  • 初回3,980円
葉酸サプリの選び方を見る

はじめての方はこちら!

妊娠周期ごとのまとめ記事

はじめての妊娠の方に、読んでもらいたい記事をまとめました。周期ごとのママや胎児の様子を把握しておきましょう。


出産・産後のカテゴリー

出産の兆候出産準備出産費用
保険陣痛分娩
帝王切開早産高齢出産
出産予定日産後の手続き出産祝い・出産内祝い
産後のダイエット・骨盤矯正産後のスキンケア産後の栄養・食事
授乳・母乳・ミルク産後のファッション産後うつ
妊娠線新生児(生後0ヶ月)
出産の兆候出産準備
出産費用保険
陣痛分娩
帝王切開早産
高齢出産出産予定日
産後の手続き出産祝い・出産内祝い
産後のダイエット・骨盤矯正産後のスキンケア
産後の栄養・食事授乳・母乳・ミルク
産後のファッション産後うつ
妊娠線新生児(生後0ヶ月)
目次
をみる
関連記事
をみる