赤ちゃんの首すわり確認方法は

赤ちゃんの首すわりの確認方法は?いつから縦抱っこして良い?




生まれたばかりの赤ちゃんは、まだ首がすわっていない状態ですので首をしっかりと支えて、抱っこをしてあげなければなりません。

ママは出産した後に病院で助産師さんなどから、このような抱っこの仕方のアドバイスを受けます。

赤ちゃんは成長していく中で徐々に首がすわっていきますが、どのタイミングで首がすわったと安心して縦抱っこができるようになるのでしょう。

そこで今回は、

・首がすわってない赤ちゃんに気をつけることは?
・首がすわった判断はどこですればいいの?
・首がすわらない場合は受診したほうが良い?

といった方に、赤ちゃんの首すわりはどこで判断できるのか、チェック方法や首がすわらない原因などについて詳しくご紹介します。

生まれたての赤ちゃんは首がすわっていない

首がすわっていない

生まれたての赤ちゃんは首がすわっていませんので、抱っこをする際には注意が必要です。イメージだけで抱っこしてしまうと、赤ちゃんの首に大きな負担がかかりますので気をつけましょう。

抱っこの際には必ず首を支える

生まれたばかりの赤ちゃんを抱っこする場合には、必ず首を支えてあげなくてはなりません。

横向き抱っこで、赤ちゃんの首の下にママの手のひらを添えたり、ママの腕で赤ちゃんの首を支えます。

首を支えてないと赤ちゃんの首は後ろにだらんと落ちて、とても苦しい思いをするので、首のすわっていない赤ちゃんは常に首を支えてあげなければなりません。

首のすわっていない赤ちゃんに抱っこ紐を使用する際には、縦抱っこがででるものではなく横向きのまま抱っこができるタイプのものを使いましょう。

縦抱っこだと赤ちゃんに負担がかかる

首のすわっていない赤ちゃんを縦抱っこしてしまうと、赤ちゃんの首には非常に大きな負担がかかります。

赤ちゃんは体に対しての頭の比率が大きいので、無理に縦抱っこすると首への負担がとてもかかります。

今後の首のすわりにも悪影響を及ぼすことがありますので、無理に縦抱っこはやらないようにましょう。

うつ伏せに寝かせない

しっかりと首のすわっていない赤ちゃんを、うつ伏せに寝かせることも避けてください。首がすわっていないというのは、自分で首を支えることができない状態です。

そのため、うつ伏せに寝かせてしまうと首を支えることができず、お布団などに顔が埋まって呼吸ができなくなる場合があります。

これまでにも、赤ちゃんをうつ伏せ寝にしたことで多くの事故が起きています。

こういった理由からも首のすわっていない赤ちゃんを、うつ伏せにすることは避けましょう。どうしてもうつ伏せ寝にする必要があるときには、必ず側について見守っていてください。

赤ちゃんの首がすわるのはいつ?

首がすわるのはいつ

生まれてしばらくの間は赤ちゃんの首がすわっていない状態ですので、抱っこをする際にも気を配らなければなりません。では、赤ちゃんの首がすわるのは、いつ頃なのでしょう。

個人差はありますが、ある程度の目安がありますので参考にしてください。

2ヶ月を過ぎる頃から少しずつ

1ヶ月健診が終わり、その後2ヶ月を過ぎる頃になると少しずつ赤ちゃんの首はすわり始めます。

ただし、まだまだ完全に首がすわったと言い切れる状態ではなく、徐々に首の筋肉が発達し、ちょっとずつ自分で首を支えることができるようになった状態です。

完全に首がすわったと勘違いをして、縦抱っこをしないように注意しましょう。うつ伏せについても事故を防ぐため避けたほうが安全です。

3ヶ月で安心感も大きくなる

3ヶ月が過ぎる頃には、赤ちゃんの首もだいぶ安定しているので、少しずつ縦抱っこをしても大丈夫になってきます。またうつ伏せに寝かせても自分で首を起こせる赤ちゃんも増えてきます。

仰向けに寝ている状態でも、ママの声などをしっかりと聞き分け、声が聞こえる方向に顔を向けることもあります。またおもちゃを持たせると、このおもちゃを追いかけて首を右左に動かすこともできるようになります。

4ヶ月には縦抱っこできる赤ちゃんも増える

4ヶ月を過ぎる頃には、ほとんどの赤ちゃんはしっかり首がすわりますので縦抱っこができます。また、縦抱っこをしてあげるとたくさんの景色が見えて、横抱きを嫌がる赤ちゃんも多くなります。

これらを目安にして、赤ちゃんの成長に合わせながら首のすわりについてもしっかりとチェックしていきましょう。赤ちゃんの首がしっかりとすわらない状態で縦抱っこをすると、大きな負担がかかるのでくれぐれも注意してください。

首すわりの確認方法は?

首すわりの確認方法

赤ちゃんの首がすわったかどうかを確認する方法がいくつか存在しています。定期健診などでもこのような方法を用いることがあるので、ぜひとも覚えておきましょう。

仰向けに寝かせて起こしてみる

赤ちゃんを仰向けに寝かせた状態で、赤ちゃんの両腕を引き上げるといった確認方法があります。

赤ちゃんの両手首をしっかりとつかんで、優しく引っ張って起こしてみましょう。このとき首が一緒についてくるようであれば、首がすわっていると判断できます。

一生懸命に顔を持ち上げて首を支えようとする赤ちゃんの顔はとても可愛いです。これが可愛らしくて、何度も確認するつもりで繰り返ししてしまうママもいるほどです。

ただし、しっかりと首がついてこないようであればまだ首はすわっていませんので、そのままの体勢は赤ちゃんに負担をかけます。すぐに仰向けの状態に戻しましょう。

うつ伏せにしてみる

赤ちゃんをうつ伏せにしたときに、赤ちゃんが自ら首を持ち上げたり、首を持ち上げて周りを見渡すような仕草を見せるようであれば、徐々に首がすわってきている証拠です。

しっかりと首がすわると、赤ちゃんが自分から右、左と周囲を見渡すように首を動かすこともできます。

またこのようにうつぶせ寝をさせたとき、懸命に首を上げてママに向かって微笑んでくれることもあります。

首のすわっていない赤ちゃんは、首だけでなく腕や肩の力などを使いながら首を支えることになるので、苦しそうな表情を見せることもあります。

抱っこして後ろに負荷をかけてみる

縦抱っこをした状態からママは少し腕を伸ばし、赤ちゃんとママの体を離してください。そして赤ちゃんの体を斜め後ろに倒すようにしてみます。

このとき赤ちゃんの首だけがしっかりと支えられ残っているようであれば、赤ちゃんの首はすわっていると確認することができます。体を倒した際に赤ちゃんの首が一緒に倒れるようであれば、まだ首はすわっていないと判断できます。

赤ちゃんの首すわりが遅いと感じたら?

首すわりが遅いと感じたら

赤ちゃんの首すわりは、2ヶ月3ヶ月4ヶ月と少しずつ筋肉の発達によってできるようになりますので、基本的には赤ちゃんの成長をゆっくり待ってあげることが大切です。

もしも赤ちゃんの首すわりが遅いと感じるようであれば、その赤ちゃんに合った方法で首すわりの練習を始めていくとともに、赤ちゃんの月齢に合わせて必要であれば受診を考えましょう。

4ヶ月までは待ってみる

赤ちゃんの首がすわるのは平均して4ヶ月から5ヶ月前後といわれています。そのため最低でも4ヶ月までは赤ちゃんの首がすわっていなくても、焦らなくて大丈夫です。

4ヶ月を過ぎるあたりで急にしっかりとしてくることも少なくありません。4ヶ月を過ぎても首がすわらないようであれば、首すわりの運動を少しずつ練習として取り入れてみましょう。

うつ伏せにして首すわり練習

赤ちゃんの首すわりを確認する方法と同じように、うつ伏せ寝にして、赤ちゃんが少しずつ首を持ち上げる練習を繰り返します。

毎日繰り返していくことによって徐々に首の筋肉が発達するので、首のすわりもしっかりと安定してきます。

縦抱っこで周りを見せて首すわり練習

運動にはうつ伏せ以外にも、縦抱っこをすることで練習できます。赤ちゃんの首が倒れてしまっても大丈夫なように、ママは必ず首の後ろ部分に手を添えておきましょう。その状態で周りの景色をたくさん見せてあげると良いです。

周りの景色に興味を持った赤ちゃんは、キョロキョロとゆっくり首を動かしながら見渡すようになります。これを毎日繰り返すことで、首の筋肉が発達していきますので首すわりをサポートしてあげることになります。

首すわりの練習は1分程度から

赤ちゃんの首がすわるように練習を取り入れるのであれば、4ヶ月を過ぎたあたりから行うのがベストです。またその都度練習をする時間は1分程度にしましょう。

それ以上長い時間の練習をしてしまうと、赤ちゃんに負担がかかってしまいます。

5ヶ月を過ぎても首がすわらなければ受診

首がすわらなければ受診

首すわりの練習を取り入れながら、4ヶ月以降は赤ちゃんの首がすわるのを待ってみましょう。ただし5ヶ月を過ぎてもまったく首がすわらないといった状況であれば受診することも必要です。

頚椎に異常が起きていたり、何かしら原因が考えられるので、まずは受診してその上で原因を探ってみましょう。

首すわり練習を続けてみる

5ヶ月を過ぎた赤ちゃんの首がすわらない場合には受診も必要ですが、そういった中でも練習を続けることは大切です。

受診した際にドクターからアドバイスをいただくこともあるので、ドクターからのアドバイスを最優先にしましょう。

毎日少しずつの練習を重ねていくことで赤ちゃんの筋力も強くなるため、最終的にはしっかりと首がすわりママも安心できるケースがほとんどです。

受診して原因を探ってみる

受診することによって、首のすわりが遅い原因を知ることができます。ただし頚椎に異常があったり首の骨や組織に異常が見られるという場合には検査が必要になることもあります。

受診をした後、必要であれば検査をおこなってしっかりと原因を探りましょう。どのような原因なのかを知ることで、首のすわりが遅い赤ちゃんへの対応方法が見つかります。

赤ちゃんの首がすわらない原因は?

首がすわらない原因

赤ちゃんの首がなかなかすわらないと、どうしても心配になってしまうものです。明らかに赤ちゃんの首がすわるタイミングが遅いと感じる場合には、どのような原因が考えられるのでしょうか?

脳性麻痺

非常にまれなケースとなりますが、脳性麻痺を起こしている赤ちゃんは、首のすわりが遅いといわれています。

首の筋肉などをしっかりと支えるための神経伝達に異常が生じてしまうため、首のすわりが遅くなってしまいます。検査をすれば原因を知ることができます。

脊髄性筋萎縮症

脊髄性筋萎縮症とは、脊髄や脳、心筋細胞などが変異してしまい、極端な筋力低下を引き起こすことです。そのため赤ちゃんの首すわりもなかなか安定しない状況になります。こちらについてもしっかりとした検査で知ることができます。

筋肉の発達がゆっくり

病気のケースも考えられますが、単純に筋肉の発達がゆっくりだということもあります。成長そのものが非常にゆっくりで、首がすわる、寝返りなどについて、とてもゆっくりなお子さんのケースです。

この場合は筋肉の発達などには特に問題がなく、単純に周りの子と比べてゆっくりなだけですので、のんびりペースで成長していくことを見守ってあげましょう。

赤ちゃんの首すわりは焦らずに待つこと

焦らず待つこと

赤ちゃんの成長は、首すわりをはじめ、個人差があります。赤ちゃんの首すわりが遅いと感じても、ほかの子と比べないようにしましょう。

赤ちゃんの首がすわると安心して縦抱っこができたり、抱っこする際に気を遣わなくて良いといった部分もあります。

しかし、ママが抱っこするのに助かる、さらにはうつ伏せにしても少しなら目を離しても大丈夫、などといったママの都合を目的として赤ちゃんの首すわりを待つのは間違いです。

赤ちゃんの首すわりは成長度合いをしっかり見守っていくものですから、焦らずに優しく自分の赤ちゃんの成長を待ちましょう。

この記事が役に立ったらシェアしよう!


はじめての方はこちら!

葉酸サプリタイアップキャンペーン開催中

人気ブランドの葉酸サプリをお得にGETする大チャンス!ココマガ読者さまだけの限定特典をご用意していただきました。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 300円OFFクーポン!はこちら
  • 定期2,980円

キングオブ葉酸!ベルタ葉酸サプリ

  • 酵素サプリプレゼント!
  • 定期3,980円

妊活におすすめ!ママナチュレ

  • たんぽぽ茶プレゼント!
  • 初回3,980円
葉酸サプリの選び方を見る

関連するカテゴリー
育児

スポンサードリンク

目次
をみる
関連記事
をみる