吸引分娩って自然分娩とどう違うの?後遺症やリスクは大丈夫?

吸引分娩って自然分娩とどう違う?後遺症やリスクは?費用は?



出産を控え、赤ちゃんの誕生を心待ちにしているママは、自然分娩を望む方が大多数だと思います。ですが、時には状況によって吸引分娩を選択せざるを得ないこともあります。

しかし、意外と吸引分娩について知らない妊婦さんも多いのではないでしょうか?

そこで今回は、

・吸引分娩とは自然分娩と何が違うの?
・吸引分娩による後遺症はママや赤ちゃんにはあるの?
・吸引分娩によるリスクは大きいの?

といった方に、吸引分娩とはなにか、吸引分娩による後遺症・リスクなどについて詳しくご紹介します。

吸引分娩とは

吸引分娩とは

自然分娩は聞いたことがありますが、吸引分娩はあまり聞きなじみのない分娩方法かもしれません。しかし、実際に吸引分娩による出産も多くされています。

吸引分娩は、赤ちゃんや妊婦さんの状態を把握したうえで、赤ちゃんを速やかに出産させた方がいいと判断した場合に行われます。

どんな分娩方法

吸引分娩とは、具体的にどんな分娩方法なのでしょう。簡単に説明すると、シリコンや金属製のカップを赤ちゃんの頭に付けて、吸引圧をかけることによって赤ちゃんを引き出すのです。

また、産道を広げてカップを挿入するので会陰切開をする場合が多いです。

場合によっては、鉗子分娩や帝王切開となることもありえます。吸引カップでうまくいかないと鉗子分娩を選択し料理に使うトングのような器具によって赤ちゃんを引っ張り出すのです。

また、吸引分娩・鉗子分娩でうまくいかなかった場合には、帝王切開を選択することもあります。お医者さんの判断によっては吸引分娩がダメならすぐに帝王切開に切り替える場合もあります。

どちらにしても、安全でスムーズなお産ができるための方法だと考えて下さい。

吸引分娩を選択する理由

吸引分娩を選択する理由

吸引分娩は赤ちゃんがうまく出てこれないときに、スムーズに出てこれるよう手助けする出産方法です。

お産に長い時間かかってしまうと、赤ちゃんの心拍数が下がり危険な状態になります。時間がかかってしまう原因には、回旋異常や微弱陣痛などが考えられます。

そのような場合、安全なお産をするのに吸引分娩が必要であるとお医者さんが判断し、吸引分娩が行われます。吸引分娩を選択する理由は赤ちゃん・妊婦さんの安全を期するためです。

吸引分娩を成功させるための条件

吸引分娩を選択するためには条件があります。

・子宮口が全開になっている
・赤ちゃんの頭が見えるくらいまで下降している
・破水している
・骨盤と赤ちゃんの頭の大きさがつりあっている

上記の条件を満たした上で、お医者さんがさまざまな状況を考慮し吸引分娩が必要なのかを判断します。

吸引分娩による妊婦さんのリスク・影響

吸引分娩を選択した場合には、妊婦さん自身にもリスク・影響があるのでしょうか。

残念ながらリスクは完全にないとはいえませんが、過度な心配は必要ありません。ですが、出産前から緊急時については、お医者さんと相談して、信頼関係を築いておくことは大切です。

会陰裂傷

会陰とは肛門と膣の間の部分です。会陰裂傷とは文字通り、会陰が裂けてしまうことです。

吸引分娩では会陰裂傷となるリスクが高くなるとされています。そのため事前に会陰切開を行うことが多いです。

膣壁裂傷

会陰裂傷が生じた場合には、膣壁裂傷も生じていることが考えられます。膣壁裂傷とは、無理な力が加わった時に女性の膣壁が裂けて出血する状態のことです。性交による膣壁裂傷と、分娩(ぶんべん)時に発生する膣壁裂傷とがあります。

吸引分娩や鉗子分娩のように急速な分娩方法だと膣を傷付け、膣壁裂傷となりやすく、分娩直後から膣壁裂傷を生じた部分から持続的な出血があります。

会陰裂傷も膣壁裂傷も、縫合処置を行うことが多いです。現在は、とける糸やホッチキスを使うことが多く、抜糸の痛みから解放されています。トイレや座るときなどに痛みがあるので、円座を使ったりもします。

吸引分娩による赤ちゃんのリスク・影響

吸引分娩による妊婦さんのリスク・影響

やはり気になるのは赤ちゃんへのリスク・影響でしょう。吸引分娩による赤ちゃんへのリスク・影響は心配になります。

残念ながら、赤ちゃんへのリスク・影響も少なからずあるのが現状です。もちろん最新の医療技術により、リスク・影響は昔よりも減っているとはいえ、完全にリスクがないとはいえません。

分娩損傷

分娩損傷といわれてもピンとこない人が多いと思いますが、分娩損傷とは分娩により赤ちゃんが被る損傷のことです。

吸引分娩では分娩損傷のリスクが高くなるといわれています。とはいえ、吸引分娩のリスクよりも、自然分娩によるリスクの方が高い場合に吸引分娩を判断します。

医師とともに状況を把握しながら分娩していきましょう。

頭血腫

吸引分娩では頭血腫になりやすくなります。骨は表面に骨膜という薄い膜があり、その骨と骨膜が剥がれると、剥がれた場所に血腫ができるのです。

簡単にいってしまうと内出血です。名前を聞いただけでは恐ろしく感じますが、致命的なものではないので安心してください。

治療方法も特にありません。自然に体に吸収されて治っていきます。ですので、頭血腫だとわかっても心配しなくても大丈夫です。

帽状腱膜下出血(ぼうじょうけんまくかしゅっけつ)

帽状腱膜は頭皮の下にあり、帽子のように頭蓋骨を包んでいる組織のことです。吸引分娩や鉗子分娩では大きな力が外から頭皮にかかることにより、帽状腱膜と骨膜の間で出血し、帽状腱膜下血腫となることがあります。

出産後数時間から1日のうちに出血がすすみ、腫れは骨縫合をこえて頭全体に広がり、頭がひとまわり大きくなったようになることがあります。

場合によっては赤ちゃんが貧血・ショック状態となることもあるので、早期の対応が必要です。最悪の場合、播種性(はしゅせい)血管内血液凝固症候群をおこし、出血が止まらずに死亡することもあります

血腫と違い、頭全体が大きくふくらむので、不安に思ったらすぐに医師や看護師に相談しましょう

また、大量の血液の破壊と吸収によって、強い黄疸をおこす原因ともなるので注意が必要です。

産瘤(さんりゅう)が大きくなる

吸引分娩では産瘤が大きいことがあります。そもそも産瘤とは、頭皮と頭蓋骨の間にできるむくみのようなもののことですが、産瘤が大きくても大丈夫です。

産瘤は自然分娩でも起こることはあり、自然になくなるものです。とくに治療する必要もないので心配ありません。

頭蓋骨内出血

吸引分娩によるリスクで危険なのが頭蓋骨内出血です。頭蓋骨内出血は、急な血圧の変化や頭への圧迫が原因で起こります。場合によっては大出血を起こし、障害が残ることも考えられ危険です。

もちろんお医者さんも、そのことは承知しているので慎重に分娩してくれます。また、医療技術の発達によりリスクは低くなっていますが、少なからずリスクが付いていることは理解しておきましょう。

吸引分娩による後遺症・障害

吸引分娩による後遺症・障害

吸引分娩によるリスク・影響の中でも後遺症・障害についても気になる部分だと思います。自分の赤ちゃんが後遺症・障害に悩まされるのは辛いはずです。

吸引分娩による後遺症・障害の症状では“脳性麻痺”が起こる危険性があります。脳性麻痺が発症すると精神発達障害や運動発達障害などの後遺症・障害が残る可能性があります。

医療の発達により、吸引分娩による脳性麻痺は減っていますが、吸引分娩した赤ちゃんが脳性麻痺を起こした事例はまだあるのが現状です。

吸引分娩を回避する方法

吸引分娩を回避する方法

吸引分娩を知れば知るほど、回避したいと思う人は多いのではないでしょうか。吸引分娩は安全に分娩できない場合の処置ですから、回避できるに越したことはありません。

吸引分娩をするということは、早急に赤ちゃんを取り出さなければいけない状況だということです。しかし、逆に言えば、早急に赤ちゃんを取り出さなければならない状況にならなければいいのです。

次に、吸引分娩の可能性を低くするための方法を紹介しましょう。

バルーン

バルーンは誘発分娩の方法の1つです。バルーンは文字通り小さな風船のようなものを子宮に入れます。バルーンを入れることで子宮口を刺激し、子宮口が開くように促すのです。

この方法により分娩が促されて、危険な状態になる前に出産ができれば、吸引分娩をしなくても大丈夫です。また、バルーンは子宮口が固いときにも使われることが多いのが特徴です。

陣痛促進剤

陣痛促進剤を利用するのも、危険な状態での出産を回避させるために分娩を促す方法の1つです。陣痛が弱い状態であるときに陣痛促進剤を使うことが多いです。

陣痛が弱い状態が続くことを“微弱陣痛”といい妊婦さんの体力は、消耗され危険になることがあります。という理由から、陣痛促進剤によってお産を早めるのです。

しかし、陣痛促進剤にもリスクがあり“過強陣痛”になることがあります。これは陣痛促進剤による投与の結果、陣痛が強くなり子宮が収縮して締め付けがきつくなりすぎてしまうのです。

これにより、赤ちゃんを圧迫することになり“胎児機能不全”や“子宮破裂”などを起こす場合があるのです。ですので、陣痛促進剤を使用するときにも注意が必要なのです。

帝王切開

どちらかというと吸引分娩を回避する方法というよりは、吸引分娩でも赤ちゃんが生まれなかった場合の最終手段が帝王切開です。

帝王切開とは、子宮を切開して赤ちゃんを直接取り出すことで、帝王切開には“予定帝王切開”と“緊急帝王切開”があります。

予定帝王切開では、自然分娩に適さないと判断した場合に選択されることが多く、緊急帝王切開では赤ちゃん・妊婦さんが危険と判断した場合に選択されることが多いです。

帝王切開というと危ない、怖いイメージの人も多いと思いますが、現在では出産の約2割の人が帝王切開にて出産しています。医療技術は進歩しており、帝王切開でも安全に出産ができるのです。

吸引分娩の費用は?保険は使える?

吸引分娩に保険は使える

吸引分娩となっても健康保険・医療保険は適用されますので安心してください。吸引分娩を行うと、通常のお産にかかった費用に加えて、吸引分娩の処置費用が請求されます。この吸引分娩処置費用は保険適用されるので3割負担です。

一般的な処置費用は病院によって異なりますが、保険適用されて6000円~15000円ほどです。

また、医療保険では吸引分娩は異常分娩に含まれます。ですから、保険金がおりる可能性が高いです。もちろん、保険内容にもよるので保険金が必ずおりるかはわかりませんので、保険会社に連絡して確認することをおススメします。

早めに医療保険には加入を

吸引分娩をはじめ、出産では何が起こるかわかりません。そんな中でも医療保険に入っておくことは、安心できる材料の1つです。

医療保険に入っておけば、緊急の事態でも安心して医療処置が受けられます。また、医療保険の内容によっては吸引分娩でなくとも、早産で入院・手術や帝王切開などの場合に給付金がでるものもあります。

しかし、妊娠して27週が過ぎると“部位不担保”と条件付きの加入になってしまいます。この場合保険会社によっては異常分娩が保険適用外になることもあるので要注意です。

このような理由から、何かあった時のために早めに医療保険に加入して、出産を迎えられるように準備しておくことをおすすめします。

監修:Etuko(産婦人科歴12年)

プロフィール:産婦人科医は「女性の一生の主治医である」と考える医師のもと看護師として12年勤務。述べ18万人の妊婦さんのサポートにあたる。筋肉、骨フェチで体幹バランス運動にて機能訓練をおこなっています。

この記事が役に立ったらシェアしよう!


おすすめアイテム&おすすめ記事

妊婦さんの口コミNo,1
ナチュラルマーククリームが今なら初回サンプル付きでお得!
妊娠中〜産後の肌荒れはこれひとつでOK!?人気のオールインワンゲルの秘密とは
お肌のお手入れ楽々!
妊娠中〜産後の肌荒れはこれひとつでOK!?人気のオールインワンゲルの秘密とは
ララリパブリック新パッケージ
お得なキャンペーン開催中!
葉酸サプリの失敗しない選び方と葉酸サプリおすすめランキング!
LINEでお得な情報をGET!
ココマガ公式「LINE@」始まりました!お得な情報をGETしよう!

葉酸サプリタイアップキャンペーン開催中

人気ブランドの葉酸サプリをお得にGETする大チャンス!ココマガ読者さまだけの限定特典をご用意していただきました。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 300円OFFクーポン!はこちら
  • 定期2,980円

キングオブ葉酸!ベルタ葉酸サプリ

  • 酵素サプリプレゼント!
  • 定期3,980円

妊活におすすめ!ママナチュレ

  • たんぽぽ茶プレゼント!
  • 初回3,980円
葉酸サプリの選び方を見る

はじめての方はこちら!

妊娠周期ごとのまとめ記事

はじめての妊娠の方に、読んでもらいたい記事をまとめました。周期ごとのママや胎児の様子を把握しておきましょう。



出産のカテゴリー

出産出産予定日出産準備
陣痛・おしるし高血圧・低血圧高齢出産
早産・晩産逆子出産祝い
妊娠後期授乳・母乳育児
産後の美容産後の食事産後ママの体の変化
出産出産予定日
出産準備陣痛・おしるし
高血圧・低血圧高齢出産
早産・晩産逆子
出産祝い妊娠後期
授乳・母乳育児
産後の美容産後の食事
産後ママの体の変化
目次
をみる
関連記事
をみる