妊娠中のマッサージ

妊娠中や妊娠初期にマッサージを受ける時の注意点




妊娠中は肩こりや腰痛など、さまざまな体の痛みや不調が出てくる時期です。ホルモンバランスの変化と赤ちゃんの成長にともなって、妊娠中には色々な場所に痛みが出てくることがあります。

誰にどんなトラブルが出てくるかは、体質や季節、赤ちゃんの成長の状態によってもさまざまですが、痛みが酷い場合はマッサージなどを活用してみるのも一つの方法です。

ただし、マッサージ専門店やエステなどでは、妊婦お断りとしている所も少なくありません。

妊娠中は初期と後期がもっともデリケートな時期で、この期間中は少なくとも施術を断られる可能性があります。

とはいえ肩の痛みや腰痛など、人によっては耐え難いものがありますから、少しでも痛みを和らげるためには無理のない姿勢で安全にマッサージをしてくれる治療院を選びたいものです。

そこで今回は、妊娠してマッサージを受ける場合について、具体的な施術内容や効果、注意点などをご紹介します。

マッサージの種類とお店選び

マッサージには、一般的な整体や指圧のほか、オイルマッサージ、エステ、アロマトリートメントなど施術内容によって違いがあります。

むくみ解消など美容も兼ねて施術を受けるなら、エステやトリートメントなどが良いですが、痛みを和らげて体の内側から整えていくという場合は整体や指圧のほうがシンプルで効果てき面です。

しかしいずれにしても、肩こりや腰痛、神経痛、骨盤や背骨の歪みなどにはアプローチすることができますし、お店によっては気になる妊娠線やつわりをケアできる所もあります。

まずはどんな症状で悩んでいるのかを考え、そこからお店を選んでいきましょう。

人気のむくみ取りマッサージ

肩こりや腰痛を緩和させつつ、むくみを取るためのマッサージも取り入れているメニューは特に人気があります。

妊娠中はお腹が大きくなっていき、上半身が重くなって下半身の血流が滞るため、脚が非常にむくみやすくなります。そこで、マッサージを定期的に施すことによってすっきりとさせ、全身の循環をスムーズにします。

足のむくみが特に気にならない場合でも、放っておくとセルライトとして残りやすくなるので、ぜい肉防止にも効果があります。

アロママッサージがおすすめ

アロママッサージなどは脚を中心にケアしているお店も多く、マッサージに使うオイルは好みの香りを選べるので、リラックス効果も期待できます。

アロマオイルには妊娠中に禁忌とされるハーブもありますが、マタニティエステやマタニティマッサージを行っている店舗ではあらかじめ危険なハーブを避けて使用しています。

心配な場合は店舗に直接確認するか、マタニティマッサージの専門店を利用すると良いでしょう。

症状に合わせて部分施術も有効

部分施術がOKの治療院も数多くあります。

肩だけの治療、あるいは肩から背中まで、腰まで、あるいは肩から腕にかけての一部分など、全身治療が主流の治療院でもマタニティ専用のメニューを設けている所がありますから、どうしてもコリが辛い場合はマタニティ専用の治療院を選ぶと安心です。

ただし、治療院といっても料金や施術内容などは様々。まずは口コミなどを参考に、マタニティにもやさしい治療院を絞り込んで、さらに衛生的に施術が受けられるかどうか、きちんと確認を取るようにしましょう。

対応が疎かであったり、初期のうちはお腹が大きくないから大丈夫といってうつ伏せにさせるような治療院は念のため避け、無理なく通えるところを探しましょう。

妊娠初期にマッサージ施術を受ける場合の注意点

妊娠初期はデリケートな状態であり、赤ちゃんの成長もまだ十分ではありません。

いくら母子ともに健康体とはいっても、初期のうちは頻繁にマッサージに通うのは避けた方が良いとされています。

血行を促進させることは一見プラスに思えますが、促進させすぎても胎児にとってマイナスに作用したり、流産の危険もあるといわれています。

どのタイミングで流産が起きるかは、お母さんの日頃の生活にかかっていますので、本当に痛みを感じた時だけ無理のないポーズでマッサージを受けるように心掛けましょう。

妊娠中の腰のマッサージについての注意点

腰痛のマッサージではうつ伏せになる必要がありますが、ここでお腹を圧迫すると重さがお腹に集中してかかるので、子宮にも重さによる悪影響が考えられます。

妊娠が進むにつれ体重が重くなっていますから、腰を強く押す行為は避ける必要があります。

どうしても施術を受けたい場合は、事前に産婦人科の先生に確認しておきましょう。

医師にどのようなマッサージなら受けられるか、頻度や施術部位などを細かく聞き込んでおけば安心です。

妊娠中の足や足裏のマッサージについての注意点

また、むくみ防止に効果的な足や足裏のマッサージは一見子宮とも赤ちゃんとも関係がなさそうですが、いわゆる「ツボ」が多数存在するため、妊娠中の体に影響を与えることも問題視されています。

妊婦に危険な足のつぼを充分に把握している治療院かどうか確認することが大切です。

マッサージに適した時期

赤ちゃんへの負担を考えると、妊娠初期のマッサージは控え、16週目以降の安定期からお腹が大きくなってくる8か月目より前の時期を目安にマッサージを受けるようにしましょう。

お腹が大きくなると動くのも大変になり、施術を受ける際にも体勢をキープすることが困難となります。

もちろん事前にかかりつけの産婦人科医に許可を頂いてから施術を受けてください。

厳密には、妊娠10ヶ月目でもマッサージを受けることはできるのですが、この頃になると早産などのリスクが考えられるため、体調をみながら施術を受ける必要が出てきます。

妊娠初期でも、10ヶ月目でも妊婦さんOKのマッサージ店もありますので、お店ではご自身の妊娠週数と痛みのある部位を伝え、安全に治療してもらうようにしましょう。

もしも医師が「お腹の状態を考えると行かない方が良い」と忠告された場合には、痛みを取り除く方法を聞いたり、自宅でマッサージ器具を使うなどして他の方法に変える必要があります。

同じ妊婦さんでも千差万別ですから、医師のアドバイスには従っておきましょう。

赤ちゃんの健やかな成長と、産後のスムーズな回復のためにも、マッサージを最適なタイミングで取り入れて、リラックスを心がけた日々を過ごしてみましょう。

何を目的にマッサージを行うのかを明確に説明し、施術の途中であっても体調がおかしい、つらいなど感じたら我慢せず、施術を中止してもらえるよう事前にしっかりと話しておくことが重要です。

この記事が役に立ったらシェアしよう!


はじめての方はこちら!

葉酸サプリタイアップキャンペーン開催中

人気ブランドの葉酸サプリをお得にGETする大チャンス!ココマガ読者さまだけの限定特典をご用意していただきました。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 300円OFFクーポン!はこちら
  • 定期2,980円

キングオブ葉酸!ベルタ葉酸サプリ

  • 酵素サプリプレゼント!
  • 定期3,980円

妊活におすすめ!ママナチュレ

  • たんぽぽ茶プレゼント!
  • 初回3,980円
葉酸サプリの選び方を見る

妊娠周期ごとのまとめ記事

はじめての妊娠の方に、読んでもらいたい記事をまとめました。周期ごとのママや胎児の様子を把握しておきましょう。



妊娠初期・中期・後期のカテゴリー

妊娠初期妊娠中期妊娠後期
アルコールカフェインストレス解消
つわりマタニティブルー・産後うつ便秘・下痢
冷え・むくみ腹痛・お腹の張り妊婦検診・検査
妊娠中のおしゃれ妊娠中のスキンケア妊娠中の仕事
妊娠中の体重管理妊娠中の外出・旅行妊娠中の家での過ごし方
妊娠中の病気妊娠中の運動妊娠中の食事
妊娠中の栄養葉酸サプリ妊娠線・妊娠線予防
出産出産予定日出産準備
陣痛・おしるし高血圧・低血圧高齢出産
妊娠初期妊娠中期
妊娠後期アルコール
カフェインストレス解消
つわりマタニティブルー・産後うつ
便秘・下痢冷え・むくみ
腹痛・お腹の張り妊婦検診・検査
妊娠中のおしゃれ妊娠中のスキンケア
妊娠中の仕事妊娠中の体重管理
妊娠中の外出・旅行妊娠中の家での過ごし方
妊娠中の病気妊娠中の運動
妊娠中の食事妊娠中の栄養
葉酸サプリ妊娠線・妊娠線予防
出産出産予定日
出産準備陣痛・おしるし
高血圧・低血圧高齢出産

スポンサードリンク

目次
をみる
関連記事
をみる