マタニティブラは妊娠中の必需品!サイズ選びはどうする?

マタニティブラは妊娠中の必需品!サイズ選びはどうする?




女性は妊娠することによって、体つきがどんどん変わってきます。お腹が大きくなるだけでなく、母乳を出すために乳腺が発達しバストサイズも変わってくることになるのですが、妊娠期間中は多くの妊婦さんがマタニティブラを着用することになります。

マタニティブラは妊娠中に大きくサイズが変わっていくバストをしっかりと支えてくれるだけでなく、体に負担をかけないように作られている特徴や、そのほかにも授乳をする際に便利な特徴を持っています。

そこで今回は、

・マタニティブラは必要なもの?
・マタニティブラの種類が知りたい!
・マタニティブラの選び方は?

といった方に、マタニティブラの選び方や妊娠期間中のサイズの変化などについて詳しくご紹介します。

マタニティブラは絶対に必要なの?

マタニティブラは絶対に必要なの

妊娠した女性は必ずしもマタニティブラが必要なのかと疑問に感じる女性もいます。

もちろん義務的なものではありませんので、着用するしないは自由ですが、一般的にブラジャーを身につけるのが難しくなってくるため、授乳のことまで考えると、マタニティブラを着用する方が良いといえます。

妊娠中は肌が敏感になることも多く、これまで使っていたブラの素材が合わなくなることもあります。

そして、妊娠期間中は授乳に向けて乳腺や乳管が発達するため、その発達を妨げないブラジャーをつける必要があります。

マタニティブラは妊婦さんの体にしっかりとフィットし、肌に優しい素材でできており、負担をかけない作りになっていますので、ごく一般的なブラジャーを着用する場合に比べ、窮屈に感じてしまうことがありません。

さらに授乳を考えた場合、一般的なブラジャーではその都度ブラジャーを外さなければならず、非常に面倒な思いをします。

マタニティブラはここまでをしっかりと考えて作られているため、多くの妊婦さんの便利アイテムとなっています。

マタニティブラを着ける時期は?

マタニティブラを着ける時期は

妊娠初期の頃はバストサイズにも変化がありませんが、多くの妊婦さんが妊娠を自覚する頃になると、バストサイズにも変化があらわれてきます。

出産を迎えるまでに、最低でも2カップほどの変化があり、これを意識しながらマタニティブラを着用するタイミングも考えていきましょう。

これまで着用していた普通のブラジャーがきついと感じたら、マタニティブラへの変更をした方が良いです。

大半の妊婦さんは、妊娠5週を過ぎる頃になるとマタニティブラへの変更を考え始めます。

マタニティブラの種類

マタニティブラの種類

マタニティブラはさまざまな種類があります。形状や、その他にも授乳をする際のオーブン方式など、もっとも便利だと思えるようなものを選びましょう。

ブラジャータイプ

一般的なブラジャーと同じように、背中部分にホックが付いているタイプのマタニティブラになります。

ブラジャータイプは、バストサイズが一つ大きくなったあたりで選ぶ妊婦さんがほとんどです。

中には3カップ、4カップものバストアップをする妊婦さんもいますので、妊娠中期まではブラジャータイプを使い、妊娠中期以降は以下でご紹介するハーフトップタイプに変更するという妊婦さんもいます。

また、ワイヤー入りやノンワイヤーのソフトタイプもあるので、外出用や自宅用、体調によって使い分ける妊婦さんもいます。

ハーフトップタイプ

ハーフトップタイプはスポーツブラのような、ワイヤーや後ろホックがなく、ストレッチ素材でできているブラジャーです。

体への圧迫感がなく、非常に楽だという特徴があります。また伸縮性にも優れており、ホックがありませんのでお腹が大きくなってからでも着用しやすくなっています。

お腹が大きくなると背中部分でフックを止めるのも苦しいと感じることが増えるので、ハーフトップタイプの方が人気を集めています。

授乳時のことも考えて選ぶ

授乳時のことも考えて選ぶ

マタニティブラは妊娠中だけでなく産後に授乳をすることも考えて作られています。以下では、授乳しやすいタイプのマタニティブラをご紹介します。

フロントオープンタイプ

中心部分にホックが付いており、このホックを外すだけで簡単に授乳ができるようになっています。

片側のバストが大きく開くので、授乳時に赤ちゃんの顔に当たりづらく、着替えも楽なタイプで、。

クロスオープンタイプ

フロント部分に向けてクロスするようなデザインとなっており、ホックはなく交差された部分を片手でずらすことが可能です。

カップを下にずらすだけでいいため、赤ちゃんを抱っこしたままでも簡単に授乳でき、急な来客時などにもすぐに元通りに直すことができるマタニティブラです。

ウィンドウオープンタイプ

ワイヤータイプになったデザインが多く、カップの部分のみをオープンすることができるようになっています。

そのためストラップなどが外れてしまう心配がなく、授乳中でもバストを固定したまま授乳ができ、ブラジャーのストラップ部分がズレてしまうといった心配や、肩から腕まで落ちてきてしまうことがありません。

ストラップオープンタイプ

ストラップオープンタイプは、ストラップの付け根部分からカップが開くようになっています。

ボタンなどがついているタイプと簡単なフックになっているタイプがあり、片方ずつ授乳をする際にはとても便利なデザインです。

マタニティブラを選ぶ際のポイント

マタニティブラを選ぶ際のポイント

マタニティブラにはホック部分だけでもさまざまな種類があるのですが、この他にもマタニティブラを選ぶポイントをいくつかお話していきましょう。

いつからマタニティブラをつけるのか、といったタイミングも合わせながら選んでいきましょう。

素材

素材に関してはできるだけ柔らかいものを選びましょう。マタニティブラは綿素材で作られているものが多く、ポリエステルの割合が高いものは少ないです。

柔らかい素材で作られたマタニティブラは体への負担が少ないだけでなく、サイズが変わるバストにもしっかりフィットしてくれますので、バストに痛みを感じてしまうようなことがありません。

またブラジャーがバストを圧迫してしまい、母乳がダラダラと出てしまうようなことも防いでくれます。

また、伸縮性に優れており、全体的に充分伸びてくれるようなものを選んでください。妊娠中はお腹周りだけでなく、背中部分もある程度は脂肪が増えて体を守ろうとします。

そのため、伸縮性に優れたマタニティブラであれば背中などに食い込んでしまうこともなく快適に着用することができます。

ストラップの作り

マタニティブラのストラップ部分は一般的なブラジャーに比べて太くなっています。大きくなったバストをしっかりと支えなければなりませんので、細いストラップより太いものがおススメです。

ハーフトップタイプのマタニティブラは、ストラップ部分も幅広なデザインばかりとなっていますが、ブラジャータイプのマタニティブラを選ぶ際には、ストラップの太さや素材に関してもしっかりとチェックしましょう。

ストラップが細いと肩に食い込んでしまい、大きくなったバストを支えるため非常に痛い思いをすることがあります。

ホック部分の余裕

ブラジャータイプのマタニティブラは、背中のホックを止めることになりますが、このホック幅には余裕があった方が良いです。

サイズ選びをする際には、必ずホック部分に余裕のあるものを選びましょう。妊娠初期から中期後期と、徐々にバストのサイズは大きくなっていきます。

そういった中、余裕のないマタニティブラを購入してしまうと、すぐに新しいものへと買い換えなければなりません。

しばらくの間は使用することができるように、ある程度の余裕を持っておくことが大切といえます。

カップサイズの余裕

カップサイズに関しても、妊娠中はサイズがどんどん変わりますので、今現在のサイズよりも大きめを選びましょう。

マタニティブラのサイズはS、Lなどといった表記のアイテムもあれば、アンダーサイズとカップサイズが明確に表記されているものがあります。

試着用のマタニティブラが準備されているお店で購入すれば、安心です。授乳が始まると授乳パットなどをつけることになりますので、ここまでの余裕も考えて、カップサイズも選んでください。

アンダーサイズ

マタニティブラのアンダーサイズについても余裕が必要です。伸縮性のある素材で作られているため極端に窮屈ということはありませんが、余裕があればあるほどに締め付けがなく快適なマタニティライフを送ることができます。

眠っている時などもアンダーの締め付けが強いと苦しく感じてしまうことがあるため、締め付けがなく、アンダー部分が柔らかい素材でできており、長時間着用していても負担を感じにくいものを選びましょう。

マタニティブラは妊娠中の買い替えが必要?

マタニティブラは妊娠中の買い替えが必要

マタニティブラはバストのサイズが変わり始めたら準備することになりますが、妊娠中でも買い替えをする必要があるのでしょうか。

人によって妊娠中のバストサイズの変化は違っているものですが、どのようなタイミングで買い換えるのがベストなのでしょうか。

最低二回は買うことを考えておく

マタニティブラは、今まで着用していた一般的なブラジャーがきつくなったと感じ始める頃に、一度購入することになります。

このように初期から中期の段階で購入したマタニティブラは、再びサイズがきつくなってしまうこともあります。

妊娠中期から後期にかけてバストサイズはどんどん大きくなりますので、この段階で2度目の買い替えをする妊婦さんがほとんどです。

ここで買い替えをせず出産を迎えた場合であっても、授乳が始まると母乳の影響でバストが張り痛みを感じることもあるので、少し余裕のあるマタニティブラに買い換えるといった妊婦さんもいます。

ですから、妊娠してから出産、さらには授乳を考えると、最低でも2回の買い替えを考えていおきましょう。またお洗濯などをすることも考え、マタニティブラは数枚準備しておきましょう。

特に授乳が始まると、母乳で汚れてしまうことなどもあります。最低でも3枚から4枚程度は準備しておくと安心ではないでしょうか。

ご家庭でリラックスしている時に着用するマタニティブラと、外出をする際に着用するブラを使い分けるという妊婦さんも少なくありません。

産後もしばらくは着用する

前述の通りマタニティブラは産後もしばらくの間は着用することになります。妊娠中もバストサイズが変わるため、マタニティブラは必要になるのですが、特に産後の授乳においてはマタニティブラがなければ不便に感じてしまうことばかりです。

そのため出産が終わればすぐに一般的なブラジャーに戻るわけではありません。ある程度は長期間にわたって着用することを考えながら、素材やデザインのセレクトしてください。

マタニティブラは下着メーカーが良いの?

マタニティブラは下着メーカーが良いの

マタニティブラを購入する際には、有名な下着メーカーなどが良いのかと疑問に感じる妊婦さんもいます。

しかし、下着メーカーが販売しているマタニティブラというのは少なく、一般的にはベビー用品や、その他にもマタニティ用品専門で販売しているメーカーの商品が多くなっています。

また、メーカーにこだわるのではなく、本当に自分自身が気に入ったマタニティブラを着用することが1番ですので、あまりメーカーを意識する必要はありません。

マタニティブラの価格帯を教えて

マタニティブラの価格帯を教えて

マタニティブラの価格帯についてですが、商品によって多少の幅があります。リーズナブルなものであれば、2000円前後と考えておきましょう。

また、少し高機能になっているものや、素材が高級であるものは3000円から4000円が一つの相場となっています。

わざわざ買い替えるのが面倒に感じてしまう妊婦さんもいるようですが、妊娠中には体の変化がありますので、これに応じてブラジャーを買い換えるのも必須です。

マタニティブラはおしゃれ?

マタニティブラはおしゃれ

マタニティブラのデザインに関してですが、一般的なブラジャーのようにレースがついているものやラメがついているものなどは、ほとんどありません。

基本的にはシンプルで柔らかい素材にこだわったものとなっています。

マタニティブラはオシャレさが足りないといった声もありますが、オシャレさよりも、やはり機能性を重視して作られていますので、派手さや飾りなどに関してはこだわらず、お気に入りのマタニティブラを見つけてください。

マタニティブラは母親として選びましょう

マタニティブラは母親として選びましょう

妊娠中はさまざまなアイテムを揃えていかなくてはなりません。その中の一つにマタニティブラも含まれています。

マタニティブラは派手なデザインなどはありませんが、オシャレな女性としてではなく母親として、マタニティブラを選んでいくようにしましょう。

どのようなマタニティブラが良いのか悩んだ時には、先輩妊婦さんに聞いてみることや、実際に売り場に出かけ、複数のマタニティブラを手に取って素材などを確かめみましょう。

この記事が役に立ったらシェアしよう!


はじめての方はこちら!

葉酸サプリタイアップキャンペーン開催中

人気ブランドの葉酸サプリをお得にGETする大チャンス!ココマガ読者さまだけの限定特典をご用意していただきました。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 300円OFFクーポン!はこちら
  • 定期2,980円

キングオブ葉酸!ベルタ葉酸サプリ

  • 酵素サプリプレゼント!
  • 定期3,980円

妊活におすすめ!ママナチュレ

  • たんぽぽ茶プレゼント!
  • 初回3,980円
葉酸サプリの選び方を見る

妊娠周期ごとのまとめ記事

はじめての妊娠の方に、読んでもらいたい記事をまとめました。周期ごとのママや胎児の様子を把握しておきましょう。



関連するカテゴリの記事一覧を見る
妊娠

スポンサードリンク

目次
をみる
関連記事
をみる