妊婦さんの口コミNo,1ナチュラルマーククリームが今なら初回サンプル付きでお得!


妊婦さんが気になる体の変化の一つである「妊娠線」。妊娠線は一度できてしまうと、なかなか簡単に消えることがないだけに、しっかりと予防することが肝心です。

たくさんのマタニティ&ベビー雑誌でも取り上げられ、妊婦さんの口コミNo,1で有名な「ナチュラルマーククリーム」をご存知でしょうか?

助産師さんと先輩ママの協力により生まれた、妊娠ボディ用クリーム「ナチュラルマーククリーム」は、使った人から違いを実感できると、先輩ママたちの間で話題です。

さまざまな妊娠線対策のクリームがある中、なぜ「ナチュラルマーククリーム」がおすすめなのか、なぜ妊婦さんの口コミNo,1なのか、その人気の秘密についてもご説明しますので、ぜひこの機会にお試しください!

ママ&キッズ ナチュラルマーククリーム:公式ページ

妊婦さんの口コミNo,1ナチュラルマーククリーム

・ナチュラルマーククリーム(150g)初回限定サンプル付 2,916円(税込)
・ナチュラルマーククリームお得用サイズ(470g)初回限定スキンケアセット付 7,850円(税込)

ナチュラルマーククリーム」は、妊娠ボディケアに特化した成分を配合した、妊娠ボディ用クリームです。

赤すぐ口コミNo,1育児ブランド妊娠線ケア部門」(2016年8月赤すぐメルマガ会員調べ)、「たまひよ赤ちゃんグッズ大賞妊娠中によかったランキング2017妊娠線ケア部門第1位」(たまごクラブ・ひよこクラブ2017年3月号に掲載のランキング特集)を獲得しているという実績があり、まさに先輩ママたちの口コミNo,1クリームであるといえます。

ママ&キッズ ナチュラルマーククリーム:公式ページ

妊娠線はできたら消えない!?

妊娠線とは、お腹が大きくなり始める妊娠5~7ヶ月頃から、急な成長に皮膚が追い付かずに引っ張られ、コラーゲン繊維が裂けて表面にひび割れができてしまう、真皮の断裂跡のことです。

妊娠線がどの程度できるのかは個人差がありますが、お腹だけでなく、バストや太もも、お尻、二の腕などにもできてしまうため、多くの妊婦さんの悩みの種となっています。

さらに厄介なのが、妊娠線は肌の深い部分が断裂しているため、一度できてしまうと、完全に消すことは非常に難しいという点です。

できてしまった妊娠線に対しては、クリームなどで根気よくセルフケアをするか、コストをかけて病院で治療するなどの方法がありますが、できるだけ薄く、目立たなくすることはできても、100%なかったことにすることは、ほぼできないのです

だからこそ、妊娠線はできる前に予防することが非常に重要です。

そして、そのために一番大切なのが毎日の「スキンケア」。高保湿のクリームで肌の弾力と柔軟性を高め、「妊娠線のできにくいお肌」を作ることなのです。

「ナチュラルマーククリーム」は肌をうるおし、しっとり柔らかく保つ成分をバランスよく配合。優れた保湿力でキレイなおなかキープをサポートします。

ママ&キッズ ナチュラルマーククリーム:公式ページ

先輩ママたちに20年間選ばれ続けている理由

妊娠ボディケアの最大のポイントは「保湿」です。 柔らかく弾力のある肌には妊娠線はできにくいため、高保湿のクリームで、毎日スキンケアを続けることが大切です。

「ナチュラルマーククリーム」は、天然ハーブ(ツボクサエキス)、エラスチン、ダブルコラーゲンがお肌の弾力をサポートし、人気のオーガニックオイルとして有名なアルガンオイルとカレンデュラオイルがお肌を柔軟に導きます。

さらに、8種類のうるおいアミノ酸配合でうるおいをプラスしています。しっとりとうるおうのにベタつかず、のびが良くて塗りやすく、長持ちするので経済的です。

妊娠線予防のスキンケアは毎日続けることが重要ですが、「ナチュラルマーククリーム」は、朝塗ったら夜まで保湿力をキープ(12時間もうるおいが長続き)してくれるため、1日2回のケアでOKなのが続けやすいポイントといえます。

また、中身が空気に触れない二重構造により、使い終わりまでいつも新鮮なままのクリームを塗ることができるため、衛生面でも安心して使用することができます。

ポンプタイプなので、片手でさっと適量を出せるのも便利です。

もちろん、敏感なママの肌に塗るクリームなので、無香料・無着色・低刺激・弱酸性にとことんこだわり、肌に刺激を与えるものはできる限りカットしているため、つわり中や肌が過敏になる時期も使うことができます。

ママ&キッズ ナチュラルマーククリーム:公式ページ

赤ちゃんも使えるクリーム

そんな妊娠線予防をしたいママにとってぴったりの「ナチュラルマーククリーム」ですが、さらに嬉しいポイントが、生まれてくるベビーにも安心して使えるということです。

妊娠線予防のスキンケアは毎日のことなので、自分に合うクリームが見つかれば、あとはいくつかストックしておくか、大容量タイプを購入するママがほとんどです。

ですが、せっかく購入したクリームも、出産までにぴったりと使い切ることは難しく、産後に使えなくなってしまえば無駄になってしまいます。

「ナチュラルマーククリーム」は、産後のママ用、ベビー用と、新たに別々にクリームを購入しなくても、妊娠中から愛用していたママのクリームを無駄にすることなく、そのまま産後のママ&ベビーのボディケアクリームとしてずっと使うことができます

ママ&キッズ ナチュラルマーククリーム:公式ページ

今なら人気のサンプルやスキンケアセット付!

そんな先輩ママたちに20年間選ばれ続けている「ナチュラルマーククリーム」。価格もお求めやすくリニューアルされ、

2,916円(税込)のナチュラルマーククリーム(150g)には、
・ニプルベールサンプル1包
・ビーアップホワイトサンプル1包
・ファーミングリフトサンプル1包
※お一人様1セット限り

7,850円(税込)のナチュラルマーククリームお得用サイズ(470g)には、
・マタニティトライアルセット
・ナチュラルマーククリームサンプル1包
・ビーアップホワイトサンプル1包
※お一人様1セット限り

と、人気のナチュラルマーククリームをはじめとして、デリケート肌の大人から赤ちゃんまで使える「ママ&キッズ」のフェイスケアが試せる、嬉しいサンプルやスキンケアセット付き。

気軽に試せるサンプルや、ちょっとしたおでかけに持ち運びやすいサイズのスキンケアセットがおまけでもらえるのは、ママにとって非常に嬉しいものです。

ぜひこの機会に「ナチュラルマーククリーム」をお試し下さい!

ママ&キッズ ナチュラルマーククリーム:公式ページ

全身ケアには大容量タイプがおススメ!

妊娠線は、お腹だけでなく、バストや太もも、お尻、二の腕などにもできるため、全身のケアが必要になります。

妊娠線予防のケアは、体調が安定してくる妊娠5ヶ月頃から始めるのがいいとされていますが、妊娠線のできる度合いや、できる時期は個人差があり、早い段階で妊娠線ができてしまう方もいますので、つわりなどで体調が悪くなければ、妊娠2~3ヶ月頃からケアを始めても大丈夫です。

とにかく、

・なるべく早い段階でケアを始めること
・毎日続けること

が、妊娠線を予防するポイントですので、ケアに使用するクリームは大容量のものを選んだ方がコスパも良く、何度も買い直さなくていいため便利です。

そこで、ナチュラルマーククリームを使ってみてよかったのでこれからも続けたい、ナチュラルマーククリームで全身ケアしたい、という方には、大容量タイプをおすすめします。

「ナチュラルマーククリーム」は、デリケートな日本人の妊婦さんにうれしい無香料・無着色・低刺激処方のため、つわりでにおいに敏感になりがちな妊娠初期からでもたっぷりケアできるようになっています。

ママ&キッズ ナチュラルマーククリーム(150g)は30g増量して2,916円(税込)、ママ&キッズ ナチュラルマーククリーム お得用サイズ(470g)は250円お得の新価格7,850円(税込)となり、さらにお求め安くなっています。

お得用サイズでも、フレッシュポンプボトルで最後まで新鮮に使い切ることができて安心です。

そして、もし妊娠中に余ってしまっても、産後はママと赤ちゃんの全身保湿クリームとして使うことができるので、無駄になることなくコスパに優れています。

初回限定でお得なスキンケアセットも付くので、気になる方はぜひ大容量タイプをお試しください!

Mama&Kids ナチュラルマーククリーム【お得なサイズがお得な価格】

まとめ

いかがでしょうか?妊娠線予防に「ナチュラルマーククリーム」がぴったりなこと、そして妊婦さんの口コミNo,1の人気の秘密がお分かりいただけたでしょうか。

超定番の大人気クリームを、ぜひこの機会にトライしてみてくださいね。

ママ&キッズ ナチュラルマーククリーム:公式ページ

この記事が役に立ったらシェアしよう!


はじめての方はこちら!

葉酸サプリタイアップキャンペーン開催中

人気ブランドの葉酸サプリをお得にGETする大チャンス!ココマガ読者さまだけの限定特典をご用意していただきました。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 300円OFFクーポン!はこちら
  • 定期2,980円

キングオブ葉酸!ベルタ葉酸サプリ

  • 酵素サプリプレゼント!
  • 定期3,980円

妊活におすすめ!ママナチュレ

  • たんぽぽ茶プレゼント!
  • 初回3,980円
葉酸サプリの選び方を見る

妊娠周期ごとのまとめ記事

はじめての妊娠の方に、読んでもらいたい記事をまとめました。周期ごとのママや胎児の様子を把握しておきましょう。



関連するカテゴリー
妊娠

目次
をみる
関連記事
をみる