妊活にホットヨガは効果的

妊活にホットヨガは効果的?取り組む上での注意点はある?



妊娠力をアップさせる方法は数多くありますが、その中でも最近はホットヨガを妊活に取り入れる人が増えてきています。

ヨガは妊活に良いという話はありますが、ホットヨガをすることで、どのような効果を期待することができるのか知らないことも多いはず。

そこで今回は、

・ホットヨガは妊活に効果的なの?
・ヨガとホットヨガはどう違うの?
・ホットヨガをするときの注意点は?

といった方に、ホットヨガの妊活効果や、注意点などについて詳しくご紹介します。

ヨガとホットヨガの違い

ヨガとホットヨガの違い

ヨガとホットヨガ、名前は似ていますがその行う環境に違いがあります。

ヨガをする際、行う環境に指定はないのですが、ホットヨガの場合、湿度60%前後の室温39度前後(38~40度)と高温多湿設定で行うことになります。

そのため、通常のヨガと異なり、ちょっと身体を動かすだけで汗をかくのも特徴といえます。

また、高温の環境で行うことから身体が温まり柔らかくなるので、身体が硬い人でも取り組みやすく、怪我をしにくいのもホットヨガのポイントです。

自宅でできるものなの?

通常のヨガであれば、自宅やスタジオなど場所を問わず行うことができますが、ホットヨガの場合は残念ながらできません。

ホットヨガは通常のヨガ(常温ヨガともいう)と異なり、高温多湿という環境で行うため、一般的にホットヨガに取り組む人は、専門のスタジオに通う人がほとんどです。

ホットヨガが妊活に良い理由

ヨガも妊娠しやすい身体作りをする上で良いとされる方法の1つですが、そんな中でホットヨガがピックアップされているのは、ヨガ以上の効果をホットヨガで得ることができるからです。

例えば、安全性。ホットヨガは高温多湿な環境で行いますから、身体も柔らかくなりやすく、怪我をしにくいというメリットを挙げることができます。

次に、安全性の他、ホットヨガを行うことで得られる効果についてまとめましたので確認してみましょう。

冷えの改善

高温多湿の環境で行うホットヨガは、女性の天敵である冷えの改善効果を期待することができます。

もちろん、ヨガを行うだけでも、インナーマッスルが鍛えられることで、身体を温め、冷えの解消に良いといわれていますが、ホットヨガは室温の高い環境の中で行うため、ヨガをよりも身体を内側から、芯から温めていくことができるのです。

冷えは女性にとって天敵であるだけでなく、妊娠しやすい身体を作っていく過程で、子宮などの生殖機能を低下させてしまうため、冷えの改善は必ずしておきたいところです。

ホルモンバランスを整える

ストレスや、生活習慣の乱れなど、ちょっとしたことで女性ホルモンのバランスは乱れてしまいがちです。

ホルモンバランスが乱れてしまうと、生理不順など妊娠しにくい身体になってしまうので、妊活をするならホルモンバランスは日々整えておくようにしたいところ。

ホットヨガはそのゆったりとした動作、深い呼吸から、自律神経を整えてくれる効果があるとされています。

自律神経が整うと、ホルモンバランスも整えることができます。また、ホルモンバランスが整えられると妊娠しやすい身体に近付きますから、妊娠力アップにもつながるのです。

肥満防止

高い室温の中で身体を動かしていくため、ホットヨガは少し身体を動かすだけでも、通常のヨガを行っている時に比べて汗をかく量が違います。

そのため、ホットヨガをすることにより肥満の防止にも効果が期待できます。

通常のヨガと同様、ゆったりとした動きで行うホットヨガですが、高温多湿の環境で行うこともあって、脂肪燃焼効果も高いです。

肥満は妊娠中だけでなく、妊活中も避けたいもの。ちょうど良い体重を維持するためにも、ホットヨガは効果的なのです。

子宮など生殖機能の活性化

ヨガと同様、ホットヨガを行うことで、子宮などの妊娠に欠かせない臓器を活性化させる効果を挙げることができます。

ホットヨガは身体を温める効果があることから、血行やリンパの流れを良くして、冷えの改善だけでなく、子宮などの生殖機能アップに繋げることができるのですが、この他にも身体の筋肉や筋を使って運動をするので、骨盤の歪みを整えて生殖機能の活性化してくれます。

骨盤が歪んでしまうと、いくら血行が良くなっても卵巣や子宮など妊娠に必要な臓器がきちんと動いてくれませんので、ホットヨガで血行促進と骨盤調整の2つの効果が見込めるのは嬉しいポイントです。

リラックス効果

妊活をする上で、ストレスは避けておきたいところですが、家事や仕事など、常日頃から人はストレスを感じやすい生き物です。

そんな時、ホットヨガは効果的なストレス発散方法の1つ。高温多湿の中で行うホットヨガですが、その動きは通常のヨガと同様、ゆったりとして自分のペースでできるもの。

適度に身体を動かすことができるので、心身をリラックスさせる効果が期待できるのです。

また、激しい運動をした後のように大量に汗をかきますから、スッキリとした爽快感を得ることもできます。

ホットヨガをするときの注意点

ホットヨガをするときの注意点

上記のように、妊活に良い効果が色々期待できるホットヨガですが、持病がある人など、激しい運動が身体に負担をかけてしまう恐れのある人は注意が必要になります。

また、体調や食事の時間、レッスン中にも注意する点がいくつかあります。

ヨガと変わらない運動を行うホットヨガですが、室温の高い環境で行う影響から、汗をかきやすくなるだけでなく、身体にヨガ以上の負担がかかります。

そのため、妊活に良いはずのホットヨガを行うことで、持病が悪化してしまう可能性も否定できません。

ただ闇雲にやるのでは逆効果になってしまうこともあるのです。注意点をきちんと守って、効果を楽しみましょう。

腹圧のかかるポーズは控える

ゆっくりとしたペースで行うホットヨガですが、その内容はスタジオや受けるレッスンによって異なります。

そのため、何も考えずに行ってみたら、内容がすごくハードだったということも珍しくありません。

また、ホットヨガは妊活の人専用の運動というわけではないことから、取り組む際には内容をしっかりと確認し、インストラクターに妊活中であることを伝えておくことが大切になります。

さらに、ポーズによってはお腹に負担がかかってしまうものもあります。

絶対にしてはいけないというわけではないのですが、腹圧をかけすぎて生殖機能に負担をかけてしまったり、排卵前後など卵胞が作られる時期は、卵胞が壊れてしまうこともあるので、お腹に負担をかけるポージングは控えることも必要です。

水分補給を怠らない

ほとんどの場合、ホットヨガはスタジオで行うことになるため、取り組む人の中にはレッスン中にお手洗いに行きたくないからと、水分補給を怠ってしまう人もいるかもしれません。

しかし、それはNGです。むしろ、高温多湿の中で汗を大量にかいてしまうホットヨガで水分を控えてしまうのは、脱水症状を起こしてしまう危険性があります。

そのため、水分補給は怠らないことが大切です。とはいえ、一気飲みをするとお腹が苦しくなってしまうので、補給をする際には小まめに、1レッスンにつき500~1000mlは準備しておくと安心です。

高温期は控えること

妊活中、基礎体温を毎日測っている人もいるでしょうが、その記録からもわかるように、基礎体温には低温期と高温期の2つの時期があります。

基礎体温はこれが交互に繰り返しており、排卵が行われた日から、次の生理がくるまでの期間は高温期と呼ばれ、体温が高い日が続くのですが、ホットヨガを行う際にはこの高温期は控えるように注意しましょう。

ただでさえ高くなっている体温に、ホットヨガでさらに身体が温まってしまうことで、妊娠のプロセスの1つである、着床を妨げてしまう恐れがあるからです。

無事、受精卵になれたとしても、上手く着床できなければ妊娠に繋がりませんので、時期は自分でも気を付けるようにして下さい。

食事は時間を空けて

ヨガに比べ、身体に負担のかかるホットヨガのことを考え、食事をしっかり摂って体力をつけておこう、と考える人もいるはず。

でしが、ホットヨガを行う際には、食事の時間にも注意する必要があります。特に、レッスン前後の食事は禁物

ホットヨガには、先にも触れたようにお腹周りに負担がかかるポージングや、負担とはいわないまでも、お腹周りを動かすものもあります。

その分、内臓も活発になるため、食事は時間を空けて摂ることが大切です。

目安としては、レッスン前なら1時半から2時間位、レッスン後であれば2時間程度は空けるようにしましょう。特にレッスン前は少しつまむくらいで、満腹は避けるようにしたいところです。

無理をしない

ホットヨガを行う際には注意をした方が良い人もいますが、共通認識として無理は絶対にしてはいけません

高い室温の中で行うホットヨガは、通常のヨガを行うよりも効果が高い分、身体にも負担がかかりやすのは先にも触れた通り。

つまり、体調がよくない時に行うと、体調を崩す可能性が高くなります。高温多湿のため、軽度の熱中症や酸欠になる恐れもあるのです。

たとえ体調が良い時でも、取り組んでいて不調を感じるようであれば無理をせず、ストップするようにして下さい。

継続することも大事

どんな運動でもいえるように、ホットヨガの場合も継続して行うことが、効果を実感する上で大事になってきます。

だからといって、毎日行う必要はありません。むしろ、頻繁に行ってしまうと体調を崩してしまう可能性が大。

ホットヨガは最低でも3ヶ月は継続すると良いとされていますが、その頻度に関しては、慣れないうちは週1程度でも充分とされています。

だんだん慣れてきてレッスンを増やしたいと思っても、週2~3回くらいに留めておきましょう。

病院の先生に相談しよう

ホットヨガは通常のヨガに比べて身体に負担がかかりやすく、また、その行う環境から相性が悪いという人も少なくありません

そのため、身体に合わないと思ったら、無理をしないことが大切です。もしくは、通常のヨガなど、他の運動をした方が良いかもしれません。

また、ホットヨガは、心臓や肺に負担がかかってしまいやすいともいわれています。

そのため、肺や心臓に持病がある人はもちろん、不安がある場合には自己判断せずに、医師に相談するようにして下さい。

過剰な期待は禁物

妊娠力アップが期待できるホットヨガは取り組む人も多く、妊娠できたという声も少なくありませんが、ホットヨガに取り組んだからといって必ず妊娠できる、というわけではありません。

いつか妊娠できる、という過度な期待も禁物です。ホットヨガはあくまで妊活をする上で、妊娠しやすい身体作りを手助けしてくれる民間療法のようなもの

例えば、不妊治療と並行して行っていても、成功率が上がるといった医学的根拠はまったくありませんので、注意するようにして下さい。

ホットヨガにプラスしよう

繰り返しになりますが、ホットヨガをしたからといって必ずしも妊娠できるとは限りません。むしろ、ホットヨガを行うだけでは、妊娠にすぐ繋がるとは言い難いでしょう。

そのため、妊活でホットヨガに取り組む場合には、さらに何かをプラスして並行して行うようにすることが大切です。

例えば、ウォーキングや水泳など、自分のペースでできる適度な運動を小まめに行ったり、栄養バランスの良い食事を心掛けたりすることもその1つです。

とはいえ、この場合にも無理をしないことが大切になります。無理をしてしまうと、ストレスにもなりやすく心身に良くありません。

ホットヨガに何かをプラスするにしても、自分に無理のないものを選んで下さいね。

この記事が役に立ったらシェアしよう!


おすすめアイテム&おすすめ記事

妊婦さんの口コミNo,1
ナチュラルマーククリームが今なら初回サンプル付きでお得!
妊娠中〜産後の肌荒れはこれひとつでOK!?人気のオールインワンゲルの秘密とは
お肌のお手入れ楽々!
妊娠中〜産後の肌荒れはこれひとつでOK!?人気のオールインワンゲルの秘密とは
ララリパブリック新パッケージ
お得なキャンペーン開催中!
葉酸サプリの失敗しない選び方と葉酸サプリおすすめランキング!
LINEでお得な情報をGET!
ココマガ公式「LINE@」始まりました!お得な情報をGETしよう!

葉酸サプリタイアップキャンペーン開催中

人気ブランドの葉酸サプリをお得にGETする大チャンス!ココマガ読者さまだけの限定特典をご用意していただきました。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 300円OFFクーポン!はこちら
  • 定期2,980円

キングオブ葉酸!ベルタ葉酸サプリ

  • 酵素サプリプレゼント!
  • 定期3,980円

妊活におすすめ!ママナチュレ

  • たんぽぽ茶プレゼント!
  • 初回3,980円
葉酸サプリの選び方を見る

はじめての方はこちら!

妊娠周期ごとのまとめ記事

はじめての妊娠の方に、読んでもらいたい記事をまとめました。周期ごとのママや胎児の様子を把握しておきましょう。



妊活・妊娠超初期のカテゴリー

妊活妊娠超初期妊娠初期
妊娠へ向けての体づくり不妊の原因不妊治療
アルコールカフェインストレス解消
つわり産院選び妊婦検診・検査
高齢出産出産費用保険
基礎体温排卵日流産
出産男女の産み分け・胎児の性別双子
男性の妊活葉酸葉酸サプリ
妊活妊娠超初期
妊娠初期妊娠へ向けての体づくり
不妊の原因不妊治療
アルコールカフェイン
ストレス解消つわり
産院選び妊婦検診・検査
高齢出産出産費用
保険基礎体温
排卵日流産
出産男女の産み分け・胎児の性別
双子男性の妊活
葉酸葉酸サプリ
目次
をみる
関連記事
をみる