妊活女子の生理中の過ごし方

妊活女子の生理中の過ごし方!妊娠につなげるためには?



妊活を始めると、毎月生理が来てがっかりしたり、落ち込んだりと憂鬱な気持ちになることもあるでしょう。

また、自分は気にしているのに、旦那さんはのほほんとしていたり、温度差があるとその態度にイライラしてしまうこともあるのでは?

そこで今回は、

・妊活中に生理が来るたびに落ち込んでしまう!
・妊活中の生理期間はどう過ごせばいいの?

といった方に、妊活女子が気になる生理中の過ごし方について詳しくご紹介します。

妊活期間の生理は妊娠のための大事な準備

妊娠のための大事な準備

生理は古くなった子宮内膜を剥がして体外に排出するもの。つまり子宮内のデトックスをする期間。

赤ちゃんのための新しいベッドを作るために、一度子宮内をきれいに掃除していると考えましょう。

ですから、生理が来てしまった悲しみを紛らわせるために暴飲暴食をしたり、残業をたくさんして必要以上に身体を疲れさせたり、夜更かしを続けて不規則な生活をするような無理をすると、子宮内の循環が上手くされず古い内膜が残ったままになったり、次回の排卵に影響する可能性があります

子宮内環境が整わないまま次回の排卵期を迎えるようなことになれば、受精卵の着床率が低くなってしまい本末転倒です。

妊活中の生理期間は、より妊娠しやすい子宮環境を整えるためのチャンス。無理せずに安静に過ごすことも大事にしましょう。

生理期間中にどう過ごす?

生理は次の排卵に必要な大事な準備期間。妊娠していなくて落ち込む気持ちもありますが、その生理期間中に、トラブルなく過ごすことだってとても大切です。

生理期間中に無理をして、今後の妊活に良くない影響が出るようなことのないようしっかりと身体作りを行い、妊娠のための準備を整えていきましょう。

生理中の入浴に注意する

生理期間中は、骨盤の血流が悪くなってうっ血しやすい状態なので、特に腰回りや子宮が冷えやすくなっています。

妊活中の方は、普段から冷え対策を行ったり、身体を温める工夫をしているかもしれませんが、生理期間中身体を温めるための入浴は、自宅だけにしておきましょう。

生理が始まると、ホルモンバランスの関係で普段よりも抵抗力が落ちるため、不特定多数の人が利用する銭湯や温泉、ジムのお風呂などに入ると、雑菌やウイルスによる感染率が高くなります。

また、実家やシェアハウスなどで、家族やシェアメイトと一緒に住んでいる場合も注意しましょう。

湯船に溜めたお湯は時間が経つにつれて雑菌が繁殖しやすく、家族であったとしても複数の人が入った後のお湯は、やはり感染の可能性があります。

残り湯ではなく一番風呂にさせてもらうか、もしくは生理期間中はシャワーだけにするなど、入浴方法やタイミングは考えるようにしましょう。

生理中の子作りは控える

妊娠のために子作りは必要不可欠ではありますが、生理中は気をつけましょう。

もちろん生理中なので子作りしても妊娠には結びつかないということもありますが、本来排出しようとしている経血が、行為によって子宮内に逆流してしまうことで、古い子宮内膜がそのまま残ってしまう危険性があります。

子宮内に古い経血が残ってしまうと、受精卵が着床しにくくなり、妊娠する確率も低くなってしまいます。

また、ホルモンバランスの影響で免疫力も低下しているため、感染症のリスクも高まります

妊活中の身体にとってはデメリットが大きいので、生理期間中のスキンシップは控えるようにしましょう。

長時間同じナプキンを使わない

同じナプキンを長時間使用すると、通気性が悪くなり雑菌が繁殖しやすくなります。

抵抗力が弱くなっている時なのでかぶれたり、炎症を起こしやすくなっていますし、場合によっては、雑菌やウイルスに感染することで子宮内膜症などのトラブルに繋がってしまうことも。

最近のナプキンは吸収性も良く、サラサラの状態が続く商品も多数ありますが、いずれにしても同じナプキンを使用し続けるのは肌にも負担がかかります。

なるべくこまめにトイレに行き、交換するようにしましょう。かゆみや蒸れが気になる方は、100%コットン素材の、使い捨てナプキンも販売されているので一度試してみるのも良いでしょう。

もしくは、紙ナプキンではなく布ナプキンに変えてみるなど、これを機に生理用品を見直してみてはいかがでしょう。

布ナプキンは身体を温める作用もあるため冷え性の方にもおすすめです。

生理痛の痛みレベルを確認する

生理痛は、婦人科系の病気のサインとしてあらわれていることも。子宮内膜症や子宮筋腫といった病気が隠れている可能性もゼロではありません。

生理痛がひどいと、痛みを抑えるために鎮痛剤を飲んでしまうことはあるでしょうが、妊活中はできるだけ薬は飲まないようにしたいところ。

もしも病気が隠れていた時、鎮痛剤で症状を和らげ続けていたとしたら、病気に気付かず悪化し、そのまま不妊症になる可能性もあるからです。

また、生理痛があること自体何かしら身体に不調があるサインなので、鎮痛剤で痛みを和らげたい気持ちは分かりますが、あまりにも痛い時には、薬を飲むより先に病院で診断を受けた方が懸命です。

痛みの原因を特定し、不妊症になる可能性がある要因はなるべく排除していくようにしましょう。

激しい運動はしない

適度な運動は妊活中にも必要ですが、過度な運動は生理期間中できるだけ行わないようにしましょう。

マラソンや筋トレなどで極端に身体に負荷をかけすぎると、ホルモンバランスが変化することがあります。

子宮はダイレクトにホルモンの影響を受けるので、衝撃で急に生理が止まってしまったり、安定しなくなったりと、悪影響を受けることもしばしば。

生理期間中は身体に余計な負担をかけないようにするため、激しい運動は控えるようにしましょう。

暴飲暴食はしない

生理が始まると急に食欲が増したり、甘いものや脂っこいものをたくさん食べたくなったりすることがあります。

妊活中の食事は、妊娠しやすい身体づくりのために、できるだけ栄養バランスの取れた身体を冷やさない食材を選ぶようにするのが本来は良いのですが、生理期間中だけは偏った食事をとってしまいがちです。

子宮は、古くなった子宮内膜を剥がし排出するというデトックス中で、そのための相応のエネルギーが必要になるにも関わらず、胃に大量の食べ物が運ばれてくると、身体は食物の消化に必要なエネルギーを送らなければならなくなります。

そのため、子宮のデトックスに必要なエネルギーが割かれてしまい、しっかりと循環することができなくなってしまいます。

妊活中の栄養摂取は大事ですが、暴飲暴食をすると身体の負荷をかけるだけでなく、妊活の準備にあたる生理活動に支障が出てしまうので、生理期間中も食事量や内容には配慮しておきましょう。

良質な睡眠をとる

睡眠時間が短いと、満腹信号を送るレプチンが減少してしまうため、必要以上に食べ過ぎるなど、暴飲暴食に繋がる要因になりかねません。

睡眠不足が原因で食べすぎてしまい、子宮の動きが悪くなってしまう場合があります。

生理期間中は、子宮をきれいにするための大切な期間なので、しっかりと睡眠時間も確保し、特に午後10時から午前2時までのゴールデンタイムには、良質な睡眠がとれるようにしましょう。

よく眠ることで細胞の再生能力も高まり、卵子の成長も促します。

身体を冷やさない

身体を冷やすと生理痛もひどくなります。

妊活中改善対策をしていた冷え性が、症状が元に戻ってしまったり悪化してしまったりしないよう、生理期間中は特に意識して身体を温める努力をしましょう。

経血が気になるなど、入浴による温め方法が難しい場合は、食べるもので身体の中から温めていきましょう。

カフェインの入った飲み物や砂糖は身体を冷やすので、生姜湯やほうじ茶など身体を温める飲み物や、かぼちゃや根菜などの食材を積極的に取り入れるようにします。

血行を良くするために、マッサージやリフレッシュを兼ねて軽めの運動をするのもおすすめです。

ヨガはゆっくりと身体を温めてくれますし、ストレッチ効果もあるので生理期間中でも楽しく取り組めます。

ただし、ヨガでも生理期間中は避けた方がいい動きやポーズもあるので、きちんと確認して取り組みましょう。

葉酸のサプリを摂取する

妊活中から妊娠初期、産後を通して必要な葉酸。緑黄色野菜や海藻、レバーや大豆食品に多く含まれていますが、このビタミンは赤ちゃんの神経を作るためには欠かせない栄養素です。

葉酸が不足していると、胎児は無脳症や二分脊椎、脳瘤になる可能性が高まり、葉酸を必要量摂取していることで、神経管閉鎖障害などのリスクを減らすことができます。

そのため、妊活を始めると多くの方が葉酸を摂取するようになります。厚生労働省の推奨量は1日に400μg

野菜でいえば350g以上食べなければいけない量になり、食事での摂取が難しいため、サプリメントを活用する方が多く、さまざまな商品が展開されています。

葉酸サプリの失敗しない選び方と葉酸サプリおすすめランキング!にておすすめのサプリメントをご紹介していますので、ぜひ参考にしてみて下さい。

生理期間中は妊娠のための準備期間なので、積極的に妊活を進めていきましょう。

生理期間中は心の準備期間でもある

生理期間中は心の準備期間

生理期間中は妊娠しやすい身体づくりを継続して行うための準備期間ですが、身体のことだけでなく心の準備期間でもあります。

一般的には、半年から1年くらいは様子をみながらタイミング法などで妊活を行い、その期間で妊娠しなければ、病院で検査をするなどして第二段階へと移ることが多いですが、赤ちゃんは授かりものなので、確実に妊娠できるという保証はありません

妊活を開始してすぐに妊娠するかもしれませんが、逆に長い年月がかかる可能性もあります。

ですので、気長に取り組む姿勢が必要となってもきますし、妊娠までの不安な気持ちや気分の落ち込みを上手にコントロールすることも不可欠となります。

妊活女子にとって生理期間中を気持ちの面でどのように過ごしていくかはとても重要な問題なのです。

心身ともにナーバスになっているので安静にする

今回は妊娠してるかも!と期待しているからこそ生理が来ると落ち込むもの。早く赤ちゃんが欲しいと思う気持ちと、なかなか妊娠できない気持ちで焦ってしまいます。

妊活中の生理期間は、心も身体もナーバスになっています。そんな時は無理をせず安静にするのが一番。

好きな音楽を聴いたり映画を観たり、趣味に没頭するのも良いでしょう。気分転換とリフレッシュで気持ちを休めてあげてください。

アロマやお香など香りでリラックスするのも精神的な安心感を得られます。特に気持ちが不安定になる生理期間中は、無理をしないのが大事。この時だけは休んでも良いことにしましょう。

両親からのプレッシャーが辛い時

両親に悪気があるわけではないでしょうが、時に心ない一言をかけてくる場面もあるでしょう。

それが実の両親の場合は言い返すことができるかもしれませんが、相手の両親の場合はそうもいきません。

無下にできない分、傷ついてしまうケースの方が多いです。そんな時は、両親や義母・義父と思い切って距離をとりましょう。積極的に連絡を取らないのも一つです。

妊娠できない期間が長くて、一番不安に感じているのは他でもない自分自身のはずなのに、これ以上傷つく必要はありません

何を言われても「気長に待っててください」と笑ってかわす余裕がない時は、近づかないことです。

もし彼の両親から色々と言われて辛い時は、義母・義父にではなく、まずは旦那さんに相談してみましょう。彼を味方につけるのが一番です。

そして彼から両親に話をしてもらうのが角も立ちません。決して両親を責めたりせず、ただ言われて辛い気持ちを伝えるようにすれば、旦那さんは理解してくれるはずです。

旦那さんとの温度差がある時

生理が来て落ち込んでいるのは自分だけで、旦那さんはなんとも思っていないように感じる時もあるかもしれません。

そんな態度に腹が立ったり、怒りが込み上げてくることもあるでしょう。ただ、ここで喧嘩してしまっては、これからの妊活に支障が出るかもしれません。

旦那さんんがどう思っているのか、何を考えているのか話し合ってみてください。彼の気持ちも聞いてみましょう。

妊活は、まだまだ女性だけがするように思われている節がありますが、パートナーと一緒に行うのが妊活です。

一般的に、男性が不妊の原因になっているケースも少なくありません。男性不妊治療の専門機関が増えて来ているのも事実です。

もしかしたら旦那さんには、そのような意識がなく、妊活を女性任せにしているのかもしれません。

妊活の時点でお互いの認識不足があった時、もし妊娠したとしても、出産や育児の中で早いうちに意見がぶつかるでしょう。

そうならないためにも、今から旦那さんとはコミュニケーションの中で、妊娠に対して話をしておくのがベストです。

妊活仲間を作る

どんなに仲の良い友人でも、立場が違うとなかなか理解してもらえないもの。妊活の悩みは同じ妊活中の仲間に相談するのがおすすめです。

情報収集もでき、お互いに励まし合えるのも支えになります。

生理期間中には、その友達と一緒に買い物したりお茶をしたりして気分転換するのもいいですし、不安な気持ちを聞いてもらったりアドバイスし合ったりと、仲間が入ればきっと穏やかに過ごすことができることでしょう。

気を楽にして生理中を過ごしていけるのが一番ですね。

この記事が役に立ったらシェアしよう!


おすすめアイテム&おすすめ記事

妊婦さんの口コミNo,1
ナチュラルマーククリームが今なら初回サンプル付きでお得!
妊娠中〜産後の肌荒れはこれひとつでOK!?人気のオールインワンゲルの秘密とは
お肌のお手入れ楽々!
妊娠中〜産後の肌荒れはこれひとつでOK!?人気のオールインワンゲルの秘密とは
ララリパブリック新パッケージ
お得なキャンペーン開催中!
葉酸サプリの失敗しない選び方と葉酸サプリおすすめランキング!
LINEでお得な情報をGET!
ココマガ公式「LINE@」始まりました!お得な情報をGETしよう!

葉酸サプリタイアップキャンペーン開催中

人気ブランドの葉酸サプリをお得にGETする大チャンス!ココマガ読者さまだけの限定特典をご用意していただきました。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 300円OFFクーポン!はこちら
  • 定期2,980円

キングオブ葉酸!ベルタ葉酸サプリ

  • 酵素サプリプレゼント!
  • 定期3,980円

妊活におすすめ!ママナチュレ

  • たんぽぽ茶プレゼント!
  • 初回3,980円
葉酸サプリの選び方を見る

はじめての方はこちら!

妊娠周期ごとのまとめ記事

はじめての妊娠の方に、読んでもらいたい記事をまとめました。周期ごとのママや胎児の様子を把握しておきましょう。



妊活・妊娠超初期のカテゴリー

妊活妊娠超初期妊娠初期
妊娠へ向けての体づくり不妊の原因不妊治療
アルコールカフェインストレス解消
つわり産院選び妊婦検診・検査
高齢出産出産費用保険
基礎体温排卵日流産
出産男女の産み分け・胎児の性別双子
男性の妊活葉酸葉酸サプリ
妊活妊娠超初期
妊娠初期妊娠へ向けての体づくり
不妊の原因不妊治療
アルコールカフェイン
ストレス解消つわり
産院選び妊婦検診・検査
高齢出産出産費用
保険基礎体温
排卵日流産
出産男女の産み分け・胎児の性別
双子男性の妊活
葉酸葉酸サプリ
目次
をみる
関連記事
をみる