妊娠中の口臭対策

妊活の時期からお口ケアを!虫歯治療などをしておくべき理由は?



栄養バランスの良い食事を心掛けてみたり、運動をしてみたりと妊活中はすることがたくさんあります。

また、喫煙や飲酒を控えたりとしてはいけないことも頭に入れておかなければならず、妊娠するために活動しているはずが、妊娠後のことをあまり考えられない事態に陥っている人も少なくありません。

その中の1つに虫歯の治療があります。

実は、妊娠へ向けて活動しているのであれば、お口のケアも必ずしておきたい事の1つです。

・妊活中に虫歯治療をしておいた方が良いの?
・妊娠中や産後に歯医者は行けないの?
・妊活中にお口のケアをしておいた方が良い理由は?

といった方に、妊活中に虫歯の治療をはじめとしたお口のケアをした方が良い理由などについて、詳しくご紹介します。

妊活中にお口のケアを勧めるワケ

妊婦 歯 歯痛

何の理由もなく歯医者に行くのは、あまり気が進まない人も多いのではないでしょうか。

ですが、妊活中はお口のケアをした方がいいとされています。その理由についてご紹介していきましょう。

妊娠中は口の中が荒れやすいから

心身の体調を崩してしまうイメージが強い妊娠中ですが、それに伴い口の中の環境も荒れやすくなります。

理由としては、妊娠初期や後期になりやすいつわり

つわりのため、歯磨きをしたくても歯ブラシを口に入れるだけで気持ち悪くなってしまったり、また、吐いた時に逆流する胃液の酸によって歯がボロボロになってしまい、虫歯になりやすいことも原因に挙げられます。

また、妊娠を維持できるように女性ホルモンが増加する傾向があることから、その影響で歯周病や虫歯になりやすく、口内環境が悪くなってしまうのです。

赤ちゃんへの感染

また、妊娠しても虫歯や歯周病を放っておくと、生まれてくる赤ちゃんへ悪影響を与えてしまう可能性が高いです。

代表的なのは感染症で、赤ちゃんの口の中は通常、虫歯も歯周病菌もないクリーンな状態なのですが、虫歯などを放っておいた場合、他の細菌と同様に、ママを介して赤ちゃんへ感染してしまうのです。

また、出産後においても、離乳食の味見で使った食器をそのまま赤ちゃんへ使用すれば、赤ちゃんへ簡単に感染してしまうのです。

早産の原因に

妊活をしている時期に口内ケアを行って欲しい理由には、虫歯だけでなく、歯周病による早産のリスクも挙げられます。

実は、歯周病にママがかかってしまっていると、感染していない人に比べて早産のリスクや、低体重児になってしまう可能性が高くなってしまうのです。

特に早産のリスクに関しては、その原因にサイトカインと呼ばれる歯周病の炎症時に分泌される物質が報告されていて、これにより子宮収縮の原因になる物質の分泌が促進されてしまうことが原因に挙げられています。

赤ちゃんを元気に産むためにも、歯周病は放っておきたくないところです。

妊娠性歯肉炎の恐れ

また、虫歯や歯周病の他にも、妊娠をすると歯肉部分が腫れやすくなってしまうといわれています。

これは、口の中が荒れてしまう原因と同様、女性ホルモンの影響が挙げられ、妊娠性歯肉炎と呼ばれています。

症状としては、歯肉の腫れの他に歯茎の出血が挙げられ、50%の妊婦さんに引き起こされる病気です。

歯茎の出血や歯肉の腫れは歯をみがく際などの妨げともなりますし、歯周病菌も関係するものなので悪循環に陥る前に早め早めの処置が望まれます。

以上の理由から、妊活の時期からお口の中のケア、虫歯や歯周病の疑いがある場合には1度歯医者へ診療に行きたいところ。

妊娠中は唾液量が減るなど、いくら口腔ケアをしていたとしても虫歯ができやすい環境なのですが、少しでも快適に妊娠ライフを過ごすために、妊活から口の中を整えていきましょう。

妊娠してからでは遅いの?

とはいえ、妊娠しやすい身体作りをしている時に、口の中までケアできない人も少なくありません。

実際、何も妊活中に治療やケアを行わなくても、歯医者に関しては妊娠してから行っても構いません。

しかし、妊娠してから歯医者に行くのでは対応が遅くなってしまうこともあります。その理由に関しては次の通り。

妊娠してから歯医者に行くのでは、どうして対応が遅れてしまう可能性があるのでしょうか?

妊娠中に歯医者に行けない時期がある

絶対にできないというわけではないのですが、大半の妊婦さんは特に妊娠初期、つわりなど身体に不調が出やすい時期ですから、ほとんどの場合、治療をしたくてもできない場合が多いのです。

それでも治療をするとしたら、妊娠中期の症状が落ち着く頃。妊娠5~7ヶ月頃が良いとされています。

これ以降の時期になると、今度はお腹が大きくなってしまい、仰向けになるのが苦しくなってしまうなど、同じ体勢でいるのが辛くなってしまう時期のため治療が難しく、本格的に治療をするのは出産後になってしまうといった、治療対応が遅れてしまうことが考えられます。

虫歯の進行が早い

また、妊娠中は口内環境が荒れやすく虫歯などの細菌が繁殖しやすいため、普段以上に症状の進行が早い恐れがあります。

さらに、前述にもある通り、妊娠中の時期によっては治療をするのが難しい場合もありますので、治療ができない間に症状が重くなってしまうリスクも充分に考えられるのです。

どれだけ小さな虫歯でも、妊娠を機に大きくなってしまうケースは珍しくありませんので、心当たりがある場合には、妊活の時期に徹底的に治療をしておきたいところです。

通院が大変

診察だけで済むなら良いですが、万が一、虫歯が見つかってしまった場合、その治療は1日では終わりません。

軽度~重度と、その症状の重さによって変わってきますが、完治するまでに軽度でも1~2回、中度で2~3回、重度になってしまえば4~5回は通院することを余儀なくされるのです。

特に虫歯の治療は、段階を踏んで進めていかなければいけませんし、重症になればなるほど、その段階も増えていきます。

妊娠中は、赤ちゃんの成長と共にお腹も大きくなります。さらに、歯医者に通いやすい妊娠中期の頃は、お腹も目立ち始める時期。通うのも大変になってきますので、注意するようにしましょう。

出産後でも治療は難しい!?

出産後でも治療は難しい

妊娠中に虫歯などの治療をすることが難しくても産後ならどうでしょうか。

妊活中は不妊治療に取り組んでいる人もいますので、これ以上の病院通いは嫌と後回しにする人も珍しくありません。

しかし、産後の場合は治療をすることはできますが、妊娠中とはまた違った意味で治療をするのが難しくなります。

それは、育児です。産後は家事に育児に忙しくなってしまうため、治療やお口のケアをさらに後回しにしてしまったり、歯医者へ行くこと自体を忘れてしまっていることもあります。

結果的には、妊娠時と同じように対応が遅れて、歯がボロボロになってしまうことも珍しくないのです。つまり、後回しにすればするほど治療が遅れてしまうことになるのです。

ほとんどの人が歯周病にかかっている

歯医者へ行くというのは、症状に気付いた場合がほとんど。症状がないうちは、妊活中に歯科検診へ行く必要性がないと考える人もいるかもしれません。

しかし、虫歯などお口の中のトラブルは、自覚がないだけですでに発症してしまっている可能性も高いです。

特に歯周病に関していえば、成人の80%以上がかかっているとされています。

症状がないにしても、トラブルの種は小さいうちから対処しておきたいところ。これは自分のためだけでなく、後々赤ちゃんのためにもなりますから、面倒臭がらず、歯科検診を受けに行って下さい。

虫歯の治療にはどんなものがあるの?

では、お口のケアをする場合、どのような治療法があるのでしょうか。虫歯を例にとって、治療方法を2つご紹介します。

神経を抜く

主に、虫歯の症状が重い場合に行われる方法で、文字通り歯の神経を抜いてしまいます。

そのまま抜くというのでは、凄まじい痛みを伴いますので、ほとんどの場合は麻酔を使用して行います。

ここで麻酔薬の影響が心配になってきますが、歯の治療で使用するのは局所麻酔であり、またこの麻酔は一般的に無痛分娩でも使用される、キシロカインと呼ばれる麻酔を使用しているので、妊活中でも、妊娠中でも赤ちゃんへの影響もなく問題なく使用することができます

詰め物をする

虫歯の治療で一般的に行われることの多い治療法で、虫歯になった部分を削った後、詰め物をします。

これは、妊活中であっても妊娠中であっても変わらず、同じような方法で治療が行われます。

ただし、妊娠中の場合には時期によって控えた方が良い治療法でもあるので、場合によっては応急処置のみで、本格的な治療は産後に回されることもあります。

とはいえ、産後は産後で忙しいため、治療に中々いけないことも少なくありません。そう考えると、虫歯の治療は妊活中から早め早めに治療を済ませた方が楽かもしれません。

治療による赤ちゃんへの影響は?

治療による赤ちゃんへの影響

お口の中をケアする方法は、その時の口内環境の状態によってさまざまですが、ここで1つ心配になってくるのが赤ちゃんへの影響です。

妊娠しやすい身体作りをしている最中、赤ちゃんへ悪影響がありそうなことはなるべく避けたいです。実際のところ、妊活中に歯の治療をする分には問題ありません。

歯の治療には麻酔の他、レントゲンを使うこともあるのですが、被爆を避ける専用のエプロンを着用するなど、身体へ影響がないよう対策が取られているので安心しましょう。

妊活中に済ませておきたい治療について

妊活中にする分には問題ないものの、妊娠してから治療するのは避けたほうが良い治療法もあります。

その1つが抜歯です。親知らずの治療などで行われることが多いこの治療法は、抜歯後、麻酔や痛み止めといった抗生物質が必要になってくるため、妊活中に済ませておきたい治療法の1つに挙げることができます。

もう1つが外科的な処置。簡単なことであれば行われることもありますが、緊急性がない場合には、治療はしない場合が多くなっています。そのため、インプラントなど、必要がある場合には妊活前に済ませておきましょう。

特に治療後に処方されることもある鎮痛剤は、妊娠中の場合、種類によって使用できないものがあるだけでなく、仮に服用してしまうと死産に繋がってしまうこともあります。

基本的に、妊娠中に処方される鎮痛剤などは、赤ちゃんへの悪影響がないものなので心配はありませんが、不安を感じる場合、鎮痛剤が必要になる治療は妊活中にすませておくのが賢明です。

歯医者に行く以外にできること

妊活中から歯医者に行くなど、お口の中をケアしていくことが大切なのはわかりましたが、歯医者に行く以外にできる対策はないものなのでしょうか。

次に、自宅でもできる対策を3つまとめてみましたので、一緒に確認してみましょう。

毎日のブラッシング

当たり前すぎて拍子抜けしてしまうかもしれませんが、毎日の歯のブラッシングは立派な対策の1つです。

また、ブラッシングする際には、歯だけでなく一緒に歯茎も磨いてあげると良いです。細かいことをいえば、歯磨きが終わった後にフロスや歯間ブラシなどで歯の間のお手入れもしておくとベストです。

こうすることで、細かい食べかすなどの汚れもきちんと除去できるので、歯周病菌など菌の繁殖を抑えることに繋がります。

口をゆすぐだけでも違う

とはいえ、人によっては毎食後ブラッシングをしていられない人もいるはず。その場合には、口をゆすぐだけでもするようにしましょう。

できるのであればブラッシングをするのが望ましいですが、口をゆすぐだけでも効果があります

この時、ゆすぐ回数を多めにしたり、うがいをするとさらに良いです。ただし、うがいをする場合には食後10~20分より前に。それ以上過ぎると口の中が酸性になってしまい効果があまり期待できません。

用途に合った歯ブラシを選ぶ

一般的に歯ブラシは、1人につき1本が普通ですが、対策をする上では用途に合わせて歯ブラシを使い分けることも大切になります。

例えば、硬い歯ブラシが好みな人でも、歯茎に腫れの症状が見られる場合、そこに当たれば間違いなく歯茎が傷付いてしまいます。

また、幅の大きい歯ブラシでは磨きやすいかもしれませんが、奥歯を上手く磨けない恐れもあるのです。

面倒かもしれませんが、歯茎が腫れている場合には柔らかい毛先のものを使用したりするなど、用途に合わせて歯ブラシを使い分けるようにすると口の中を傷付けず、より綺麗な状態を保つことができます。

数本使用することに抵抗がある場合には、硬さや幅など自分の口に合った歯ブラシを見つけておきましょう。

この記事が役に立ったらシェアしよう!


おすすめアイテム&おすすめ記事

妊婦さんの口コミNo,1
ナチュラルマーククリームが今なら初回サンプル付きでお得!
妊娠中〜産後の肌荒れはこれひとつでOK!?人気のオールインワンゲルの秘密とは
お肌のお手入れ楽々!
妊娠中〜産後の肌荒れはこれひとつでOK!?人気のオールインワンゲルの秘密とは
ララリパブリック新パッケージ
お得なキャンペーン開催中!
葉酸サプリの失敗しない選び方と葉酸サプリおすすめランキング!
LINEでお得な情報をGET!
ココマガ公式「LINE@」始まりました!お得な情報をGETしよう!

葉酸サプリタイアップキャンペーン開催中

人気ブランドの葉酸サプリをお得にGETする大チャンス!ココマガ読者さまだけの限定特典をご用意していただきました。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 300円OFFクーポン!はこちら
  • 定期2,980円

キングオブ葉酸!ベルタ葉酸サプリ

  • 酵素サプリプレゼント!
  • 定期3,980円

妊活におすすめ!ママナチュレ

  • たんぽぽ茶プレゼント!
  • 初回3,980円
葉酸サプリの選び方を見る

はじめての方はこちら!

妊娠周期ごとのまとめ記事

はじめての妊娠の方に、読んでもらいたい記事をまとめました。周期ごとのママや胎児の様子を把握しておきましょう。



妊活・妊娠超初期のカテゴリー

妊活妊娠超初期妊娠初期
妊娠へ向けての体づくり不妊の原因不妊治療
アルコールカフェインストレス解消
つわり産院選び妊婦検診・検査
高齢出産出産費用保険
基礎体温排卵日流産
出産男女の産み分け・胎児の性別双子
男性の妊活葉酸葉酸サプリ
妊活妊娠超初期
妊娠初期妊娠へ向けての体づくり
不妊の原因不妊治療
アルコールカフェイン
ストレス解消つわり
産院選び妊婦検診・検査
高齢出産出産費用
保険基礎体温
排卵日流産
出産男女の産み分け・胎児の性別
双子男性の妊活
葉酸葉酸サプリ
目次
をみる
関連記事
をみる